« タイカレー職人とプリン職人がいるお店 「絲cafe(いとcafe)」 | トップページ | 長い間ご愛読ありがとうございました »

はいさい! 村風!! 「沖縄料理 村風(むらかじ)」

自分が過去、好きだった漫画に石垣ゆうき先生の「MMR マガジンミステリー調査班」という漫画がありまして、いまでも単行本を実家に大切に全巻保管してあると思います。たまに、当ブログでも、アスキーアートにてネタに使わせていただくくらい思い入れのある漫画です。

若かりし頃は真剣にノストラダムスの予言を信じており、ノストラダムスの予言を扱った「MMR」は最高の漫画だったといっても過言で無いくらい愛読しておりましたよ。

で、なぜ、突然、その「MMR」の話をしたかと申せば、なんとあの石垣ゆうき先生による「MMR」が再始動したのです!!残念ながら週間マガジンにて再始動ではなく、講談社さんのウェブサイト「プロジェクト・アマテラス」の中で、読者参加型企画としてしてですが、そこには確かに石垣ゆうき先生によるまごうことなき「MMR」がございました。無駄に熱いところと、あふれる行動力はまさしく「MMR」でした。復活をまっていたファンとしては、今後の「MMR」から目が離せませんねヽ(´▽`)/

さて、今回は富山市下大久保に平成24年2月にオープンされました「沖縄料理 村風(むらかじ)」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H240712_000

検索用ワード 富山で沖縄料理 島らっきょう ゴーヤチャンプルー

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

のれんをくぐると「めんそーれ♪」と店員さんから挨拶がありました。「めんそーれ」の挨拶が沖縄料理屋さんであることをアピールしていますね。「めんそーれ」と言われたら、お客の側からは「はいさい(◎´∀`)ノ」、といいながら入っていけばいいのでしょうかね?

お店の名前は「村風」とかいて「むらかじ」と読むそうです。平成24年の2月に下大沢野にオープンしたお店だそうです。

店内は4人用テーブル2つ、2人用テーブル1つ、6人用の小上がりの席、カウンター席だけのこじんまりしたお店のように見えましたが、なんと、隠し部屋が一つ有り、マスター曰く11人入ったこともある宴会用の席がもう一つあるそうです。あとは店内にオリオンビールの提灯がたくさんつるされていて、沖縄料理屋さんの雰囲気をばっちり醸し出しておりました。店内にかかっている曲が沖縄民謡とかなら完璧でしたが、沖縄出身のアーティストさんの曲がかかっておられるようでした。

H240712_001

メニュー。代表的な沖縄料理の数々。

H240712_002

見慣れない?聞きなれない?メニューもちらほらと。

H240712_003

★印の付いたメニューがお勧めメニューのようです。

H240712_004

オリオンビール(550円)と烏龍茶(300円)、「沖縄料理屋にきたらオリオンビールを飲まないとね」は嫁の台詞。ついこないだのアジア料理のときとはちょっと違いませんか?

H240712_005

この日のお通しはミミガー。お金の有無はともかく、ちゃんと烏龍茶の自分にもお通しを頂けたのは何気に嬉しいですね。

H240712_006

このミミガーが美味しい。はむはむとした噛み応えにじんわりと染み出てくる肉の旨味、味付けも沖縄料理の味だけど、どこか富山県民の口にあるようにアレンジされている感じで美味しいですね。

H240712_007

島らっきょ(380円)

H240712_008

沖縄産の島らっきょを「村風」さんにて漬けたものだそうで、味付けが変に沖縄風でなくて大変食べやすく、美味しかったです。島らっきょは苦味があると思っておりましたが、あっさりとした透き通ったらっきょに、ほのかな酢の風味がきいていて、これは美味しい島らっきょでした。

H240712_009

うみぶどうサラダ(680円)

H240712_010

サラダの上には山盛りうみぶどう。

H240712_011

味付けのマヨネーズがちょっと辛味があってまた美味しく、アボガトのはいったサラダにつぶつぶのうみぶどうがたまらんですね。うみぶどうの下味もいい感じでうみぶどうだけでも美味しく、また下のマヨネーズとサラダを絡めても美味しい、めっさ美味しいサラダでした。これはまた食べたいですね。

H240712_012

ラフテー(680円)二人前。

H240712_013

豚の三枚肉を使った沖縄の代表的な豚肉料理。

H240712_014

しっかり煮込まれて柔らかくなった豚肉に、たっぷりの出汁が染み込んでいて美味しいですね。本州で食べる豚の角煮とはまた違った味わいが、珍しさともなって味覚を刺激してより美味しくいただけますね。

H240712_015

ヤンバル若鶏唐揚げ(680円)

H240712_016

やんばると聞いて思い出すのは、ヤンバルクイナですが、やんばるとは山原とかいてやんばると呼び、沖縄北部の地名だそうで、そこでそだった鶏のことをやんばる若鶏というそうですね。しかし、唐揚げにかけられたソースがめっさ香ばしくて、また、刺激的なくらい辛味があって、それでいて鶏肉に非常にってめっさ美味しいです。

H240712_017

この味はテーブルにも置いて有りましたが「島唐辛子」を使用されたソースでしょうか?辛いけれど刺激的で唐揚げを食べるスピードが落ちませんね。こちらのマスターのつくる沖縄料理はどれも食べやすく、また沖縄を感じさせてくれますが、富山県民の口にもあった味付けだと思いました。

H240712_018

ゴーヤチャンプルー(630円)

H240712_019

これまた沖縄の代表的な料理、ゴーヤチャンプルー、沖縄の島とうふがしっかり使われているところに好感が持てます。

H240712_020

ゴーヤは苦いのですが苦すぎず、しっかり下処理されて調理されていることがうかがえますね。「村風」さんの料理はどれも丁寧に作られていて美味しいです。ゴーヤチャンプルーも塩味がいい感じでパクパクと食べれてしまう美味しさでした。

H240712_021

嫁の二杯目は泡盛ハイボール(500円)、泡盛のほかにも沖縄独自のお酒やカクテルが置いてあって、お酒を楽しむ人にもお勧めのようでした。

H240712_022

そして自分の2杯目はDr.ペッパー(300円)、今では関東圏一部と沖縄でしか販売されていないというDr.ペッパー、チェリーコークともに自分は好きなのですが、嫁は二度目はないといっておりましたcoldsweats01

H240712_023

沖縄ケチャップ焼きそば(680円)

H240712_024

沖縄そばにも使われる独特の沖縄の麺を、これまたこちらのケチャップではないケチャップで味付けされたケチャップ焼きそば。一言で感想を言えばナポリタン、それもどこか懐かしい感じのするナポリタンですね。麺の食感ももちもちしていてたまらなくいいですし、このナポリタン的な味付けも美味しいですね。

H240712_025

ポークおにぎり(580円)

H240712_026

沖縄でポークと言えば、SPAMでしょう。豚肉をハムのように加工したポークランチョンミートですね。このSPAMがなんともいえない味で好きです。これを食べると沖縄って感じがするのは自分だけでしょうかね。

お店の雰囲気は居酒屋で客層は若い人が多い感じでしたが、活気があって沖縄料理を見事に富山県民に食べさせてくれるお店として、今後も通いたいお店ですね。いや、むるまーさんお店やたん!!

お店情報

沖縄料理 村風(むらかじ

H240712_027

住所 富山市下大久保1907-14


大きな地図で見る

TEL (076)481-6544

定休日 火曜日

営業時間 PM17:30~AM0:00(平日)
       PM17:30~AM3:00(金、土、祝前日)

駐車場はお店の前に数台停められれそうです。場所は下大久保にある洋菓子店「CAKE HOUSE UKIPAPA」さんのお隣になります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« タイカレー職人とプリン職人がいるお店 「絲cafe(いとcafe)」 | トップページ | 長い間ご愛読ありがとうございました »

コメント

唐辛子の瓶、泡盛に浸けてある島唐辛子では?
ソーキそばなどに入れると香りとピリ辛さが増す調味料で、うちも物産展などで見かけると時々買います。

タバスコがわりに使ったり、ラーメンにかけたりして食べると美味しいですよ。

投稿: ゆか | 2012年7月14日 (土) 23時58分

>ゆか さん

そうです、その島唐辛子ですhappy01
えっ?ピリ辛さ?
自分とってはかなりの辛さで
かけるのに戸惑うほどですcoldsweats01

タバスコ代わり…
たしかにピザにかけると美味しいかもしれませんね
試してみたいのですが
一瓶買うほどの勇気が自分にはありません(。>0<。)

投稿: zen_aiba | 2012年7月15日 (日) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/46295625

この記事へのトラックバック一覧です: はいさい! 村風!! 「沖縄料理 村風(むらかじ)」:

« タイカレー職人とプリン職人がいるお店 「絲cafe(いとcafe)」 | トップページ | 長い間ご愛読ありがとうございました »