« まったりするほどねっとりと 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 | トップページ | 駆け抜けていくマンゴーの季節 「Art&Cafe 胡風居」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 去年食べたあの蕎麦が忘れられなくて ~

今年はロンドンオリンピックでしたね。そういえば、自分の勤める会社はオリンピックイヤーの年には何故か忙しいとの伝説がありましてね…自分の入った平成12年、平成16年、平成20年とそれはもう忙しい年でした…そっか、今年はオリンピックイヤーですか、ならこの忙しさも納得できたような気がします(;´▽`A``

それでも椅子に座ったまま意識を失うように寝てしまうほど、肉体を酷使する忙しさは勘弁して欲しいですね。゜゜(´□`。)°゜。

肉体的にはぼろぼろでも精神的な安らぎを求めて先週の土曜日に長野県に遊びに行ってまいりました。

AM8:00
富山

↓ rvcar

富山IC 北陸、上信越自動車道経由 信州中野IC 175.7km
ETC休日特別割引 2100円

↓ rvcar 6km

AM10:15
長野県中野市吉田 「小野りんご園」
aiba家のこの時期の定番 さくらんぼ狩り
AM11:00

↓ rvcar 11km

AM11:30
長野県下高井郡山ノ内町竜王高原 「石臼挽き蕎麦香房 山の実」
aiba家2011年度一番記憶に残ったお蕎麦のお店で蕎麦を堪能
PM12:40

↓ rvcar 9km

PM13:10
長野県中野市一本木 一本木公園
信州バラ祭りを鑑賞
PM15:10

↓ rvcar 17.4km

PM15:40
長野県中野市永江 「お山のぱん屋 とぅりまかし」
山の中のぱん屋さんで絶品ぱんを購入
PM15:45

↓ rvcar 2.4km

PM16:00
豊田飯山IC 上信越、北陸自動車道経由 富山IC 168km
ETC休日特別割引 2050円

PM18:00
富山

各ポイントの紹介、感想は続きにあります。写真多目です。

Higaeri

H240625_000

「小野りんご園」さんは、バラ祭りで有名な一本木公園から程近い観光農園さん。「小野りんご園」さんは本店とバイパス店の2つの店舗が有り、さくらんぼ狩りが行えるのは本店のほうです。

HP上からネットで予約が可能なのでとても自分向きです。とはいうものの、ネット上にその情報がでていないだけで、中野市には多くのさくらんぼ園があり、少人数なら予約しなくてもどこかのさくらんぼ園でさくらんぼ狩りができると思います。「小野りんご園」さんも当日予約無しのお客さんを受け入れておられた様子でした。

H240625_006

料金体制は30分食べ放題でこのようになっておりました。今年は7月上旬までさくらんぼ狩りを実施されているそうです、詳しくは後述のHPにてご確認ください。

H240625_001

「小野りんご園」さんはさくらんぼ狩りはビニールハウス内にて行うため全天候に対応しております。時間は30分ですが、自己申告制、タンクに汲み置きですが手を洗う場所もハウス内に設置されております。

H240625_005

「小野りんご園」さんではこのようにさくらんぼの木に銘柄の名前が表示されております。佐藤錦の他にも高砂、さおり、夏香錦、紅さやか、正光錦等の品種が有り、時間内ならどの品種も食べ放題になっております。

H240625_010_2

H240625_003

 


H240625_004

まぁ、どれもこれも大変美味しいのですが、やはりさくらんぼの王様といえば「佐藤錦」。「小野りんご園」さんでは子供の手の届く範囲に枝の高さを調整されて栽培されていますが、人気の品種はその高さのものは狩りつくされている事が多いので

H240625_007

園内にある脚立(自由に使用可)を使って

H240625_008

高いところのさくらんぼを取る必要があります。さくらんぼ園にお出かけの際は動きやすい服装と脚立に乗っても大丈夫な靴を履いていくことをお勧めします。

H240625_009

店内にはお土産用のさくらんぼも販売されております。こうやってお土産用のさくらんぼの値段を見ると1500円で食べ放題って凄いお得だなぁ、と嫁としみじみ思いました…たくさん食べるaiba家だけでしょうかね(;;;´Д`)ゝ

小野リンゴ園

HP http://www.janis.or.jp/users/onoen/index.html

住所 長野県中野市吉田1223



View Larger Map

TEL (0269)22-3745

定休日 果物狩り時は無休

営業時間 AM9:00~PM17:00

駐車場は農園前と道路を挟んだところに第二駐車場があります

H240625_011_2

さくらんぼを堪能した後は「石臼挽き蕎麦香房 山の実」さんへ移動。去年、訪れて絶対来年もお邪魔しようと決めていたほどの美味しいお蕎麦屋です。

H240625_012

メニュー。お蕎麦と石窯焼きのピッツァのコースがお得です。

H240625_013

ピッツァの種類によっては持ち帰りも可能です。

H240625_014

この日はコースのピッツァを須賀川ピッツァと季節のそばピッツァから選択可能でしたので、去年は須賀川ピッツァでしたので、今年は季節のそばピッツァを選択しました。

H240625_015

店内はこのような感じでクラッシクの流れる素敵な雰囲気のお店でした。

H240625_016

生粉打ち蕎麦、手焼きそばがき、ピッツァ(四分の一サイズ)がセットになった山の実(2000円)というコースを二人前頼んだところ、まずはお通し的に山菜がでてきます。根曲がり竹、北信州の独特のたけのこでこの時期が旬の食べ物です。それに水菜、どれも近くの山でご主人が採ってきたものだそうです。

H240625_017

手焼きそばがき、若干緑ががったそばがきは握りこぶしぐらいの大きさがあります。塩とわさびが添えられています。

H240625_018

箸の先にわさびか塩をつけてお召し上がりください、とお店の方から言われます。このままでもそばの粉の味が感じられるようなそばがきですが、塩かワサビをつけるとぐんと深みが増した味になって美味しいです。ねっとりとした食感も独特です。

 

H240625_020

生粉打ち蕎麦、今年も斜めになった変わった形のざるに乗ってでてきました。

H240625_021

去年は上手く写真に撮れなかったのですが、今年はなんとかこのお蕎麦の緑がかった色合いが写真に撮れたと思います。

H240625_022

細いながらにしっかりとした腰のある蕎麦、箸でつまんでも途中で千切れるようなことはありません。汁につけなくてもほのかな甘みが感じられる蕎麦、鼻にぬけていくさわやかな蕎麦の香り、表面は柔らかいもののしっかりとした腰のある見事な食感の蕎麦…汁につけなくても塩やワサビでいただいてもとても美味しいです。やはり「山の実」さんのお蕎麦は美味しいですね。

H240625_023

あまりの美味しさに今年も蕎麦追加(800円)です。

H240625_024

お蕎麦を食べ終えた時点でそば湯がいただけます。どろりとした濃厚なそば湯ながら純粋な蕎麦の香りが楽しめる、めっさ美味しいそば湯です。

H240625_025

季節のそばピッツァ。これで二人前です。通常の二分の一のサイズだそうですので、単体で一枚頼むとかなり大きなピッツァが食べられると思います。

H240625_026

根曲がり竹と舞茸のピッツァ。この季節の根曲がり竹はいろんな食べ方があるらしいのですが、まさかこのような形でピッツァに乗って出てくるとは考えもしなかったですね。

H240625_027

かりっとした根曲がり竹の食感がとてもいいですね。たけのこの新鮮な風味がチーズと和風の醤油味つけとあいまってめっさいい感じですよ。これは美味しいです。お蕎麦もピッツァも美味しいですね、これは来年もまた足を運んでしまうお店になりますね。

石臼挽き蕎麦香房 山の実

HP http://hdayi.com/yamanomi/index.html

住所 長野県下高井郡山ノ内町竜王高原


大きな地図で見る

TEL (0269)33-7577

営業日 土日祝日 平日は不定休のため要予約

営業時間 AM11:30~PM14:30

駐車場はお店の奥側にあります。お店の場所はスキー場のゲレンデの方へどんどん道を登っていったところにありました。グーグルの地図でも我が家のナビでも手前の方を示していましたので、気をつけてください。

H240625_028

中野市に移動。一本木公園のバラ祭りを鑑賞してきました。6月24日までバラ祭りを行っているそうで、なんとか滑り込みセーフでした。

H240625_029

今年の入場料(開催協力金)は1人300円。

H240625_030

一本木公園には駐車場がないため、近隣のバラ祭り専用駐車場に停め、シャトルバスでの移動、もしくは民間の有料駐車場(500円)に停めて公園まで歩くことになります。薔薇の数では日本最大のバラ園の花フェスタ記念公園には及びませんが、バラの群生では記念公園に勝るとも劣りません。

H240625_031

ただやはりシーズンも終わりが近いこともあって、地面は薔薇の花びらで多い尽くされそうな状態でした。この日は風が吹いていて、風に薔薇の花びらが舞って、香りに包み込まれることもあり、シーズン終わりもなかなか乙なものだなぁ、と感じました。

H240625_032

中にはまだまだ咲き誇っている薔薇もあり

H240625_033

H240625_034


H240625_035

H240625_037

存分に薔薇祭りを堪能できました。

H240625_039

aiba家的薔薇祭りの楽しみと言えば薔薇ソフトなのですが、「一本木公園のバラ祭り」もスジャータさんの薔薇ソフトが幅を利かせているようでした。むむむ、恐るべしスジャータさん、なんというシェア率。

H240625_038_2

それでも一軒だけオリジナルの薔薇ソフトを販売しているところを発見したので、こちらのお店で購入しました。しかし、薔薇ソフト400円、年々値段があがっているような気がするのですがcoldsweats01

H240625_040

やはり薔薇祭りは薔薇ソフトを食べないと終わりませんね。ほのかに感じる薔薇の香りもいい感じです。

H240625_041

薔薇祭りにて薔薇を十分めでた後は、中野市永江の「お山のぱん屋さん とぅりまかし」さんへ移動。本当に山道の途中にぽつんと存在するぱん屋さんです。

H240625_042

ぱんの販売はこちら店舗にて行っております。「とぅりまかし」とはどこかの言語で「ありがとう」という意味の言葉だったと記憶しております。

H240625_043

その日のぱん売り切れたら閉店というスタイルのお店ですので、夕方前にくるとちょっと寂しい状態です。それでも何種類か販売されていましたので

H240625_045


田舎ぱん(450円)とりんご包み(300円)を購入してきました。

H240625_046

りんご包みはビスケットのような固いパン生地にしっとりとしたリンゴ蜜が包み込まれていて、甘酸っぱいリンゴの味と素朴なパン生地が美味しかったですね。

H240625_047

田舎ぱん、ハード系のパンかと思えばもちもちの柔らかいパン。長野県産のこむぎ100%のパンは素朴ながら噛めば噛むほど小麦の香ばしい味がしてくるとても安心できる美味しいパンでした。近くにお店があればなぁ、とこれまたいつもaiba家が思う感想がでてくるパン屋さんになりました。

お山のぱん屋さん とぅりまかし

住所 長野県中野市永江6080-1

大きな地図で見る

TEL (0269)38-3732

定休日 火曜日・水曜日

営業時間 AM10:30~パンが終わり次第

駐車場はお店の前にPとかかれた看板が有り、その周辺に停めてください、とのことでした

当初の予定では「とぅりまかし」さんの先にある「涌井せんたあ」さんにて蕎麦の食べ比べをしようかと思っていたのですが、ちょっとお腹も一杯になっていましたので、この日はこれで富山に帰ることにしました。

 

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« まったりするほどねっとりと 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 | トップページ | 駆け抜けていくマンゴーの季節 「Art&Cafe 胡風居」 »

コメント

そばがきが、めっちゃ美味しそう!
細くてコシのあるお蕎麦はいいですよね。
行きたーい

投稿: ゆか | 2012年6月27日 (水) 10時57分

>ゆか さん

山の実さん、おすすめです
そばがき、お蕎麦ともめっさ美味しいですよ
問題は平日は蕎麦懐石(3500円)を
予約しないと2名では入れないことと
その予約のための電話が
営業日でないとつながりにくいことです

投稿: zen_aiba | 2012年6月28日 (木) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/45922752

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 去年食べたあの蕎麦が忘れられなくて ~:

« まったりするほどねっとりと 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 | トップページ | 駆け抜けていくマンゴーの季節 「Art&Cafe 胡風居」 »