« 天国へといざなう極上とんステーキ 「とんかつ伊志井」 | トップページ | まったりするほどねっとりと 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »

富山ゆうたらますのすしですちゃ  『いそまさ』 鱒の寿し(小型) ~60/富山県のますのすし 

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー 第60回目です。……まさかこのコーナーが60回も続くとは、始めた当初は思いもつかなかったですねcoldsweats01しかし、このコーナーがきっかけでラジオ出演させていただき大変貴重な経験をさせてもらいましたので、これからも富山に自分の知らない鱒の寿しがある限り紹介を続けていこうと思います。

今回は「いそまさ」さんの鱒の寿し(小型)を紹介します。名称が(小型)になっているのは、商品の名称が「鱒の寿し」とだけ記載されていて、他の名称がないため、「いそまさ」さんの通常の「鱒の寿し」と区別するために(小型)と勝手につけさせていただきました。

H240611_000


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

H

写真は、商品を購入した石川県「徳光PA下り」の写真です。しかしよく考えると富山県ではなく石川県で、さらに富山に向かう方向のPAでも富山の鱒の寿しが販売されているのは、不思議な感じがしますね。高速のSA、PAはその県でお土産を買いそびれた人をターゲットにしているのでは、というaibaの勝手な思い込みのせいでしょうかねcoldsweats01

H240611_001

「いそまさ」さんの鱒の寿し(700円)です。箱の表記は「ますの寿し」ですが

H240611_012

裏の名称の欄では「鱒の寿し」になっています。このタイプの小さな鱒の寿しには、「源」さんは小丸、「有磯海(ありそうみ)北鉄レストラン」さんでは半月と、それぞれ商品名があったのですが、「いそまさ」さんにはこのような商品名はないみたいですね。

H240611_002

レジ袋は無地のレジ袋でした。

H240611_003

箱の横を開けて、中身をスライドして取り出すタイプでした。

H240611_004

付属品は割り箸、プラスチックナイフ、お手拭でした。「いそまさ」さんのこちらの鱒の寿しは半月状の鱒の寿しがプラスチックの蓋とトレイの入れ物をシールで留められておりました。シールは留めてある程度で、通常サイズ鱒の寿しですと挟竹で挟まれていることが多いのですが、その役目はこのシールではされていないみたいですね。

H240611_005

鱒の身が上にくるタイプの包み方のようです。

H240611_006

ちょっと判りにくいのですが、笹が嵩張って膨らんで見えますが、半円の直径は17cmで、標準的なサイズの鱒の寿しのサイズですので、これから推測するに、「いそまさ」さんの通常の鱒の寿しをそのまま半分にした、といった商品ではないでしょうか?

H240611_007

鱒の寿しを蓋の上に乗っけるのですが…プラスチックの蓋では強度が足りず、さりとて、蓋のひっくり返して蓋の中に入れてしまう形ですと、ナイフが使いにくかったので

H240611_008

トレイをひっくりかえして、その上に鱒の寿しを置くことで、ようやくナイフを通すことができました。サイズも小さく、トレイの上では安定感にいまいちかけるので笹ごとナイフで切るのは大変難しいです。

H240611_009

笹皮をむいてみました。この渦巻きにも似た波紋状の鱒の身は、「いそまさ」さんの通常のものと酷似していますね。やはり、通常の鱒の寿しを半分のサイズにしたという感じでしょうか?

H240611_010

全体の厚さは22mm、鱒の身は2mm前後と言ったところでしょうか

H240611_011

鱒の身はドライ系の鱒です。フレークとサラミの中間のような歯ごたえです。味は寿司系の鱒の寿しだと思います、鱒の塩味もしゃりの 酢具合も控えめです。お醤油をつけていただくのがいい感じですね。しゃりはやわらかめで口の中で程よくほぐれていく感じがよいですね。

購入したのはPAですが、いそまささんの情報はこちら

いそまさ

HPは現在閲覧できない状態のようです。

住所 射水市善光寺17-5


大きな地図で見る

TEL (0766)82-5670

定休日 年中無休

営業時間 AM9:30~PM19:00

駐車場は店舗横に十分なスペースがあります。製造工場と販売店舗をかねておりますので、販売所に人がおらなくても、製造工場からおいでくださいますので、しばらくお待ちください。


皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 天国へといざなう極上とんステーキ 「とんかつ伊志井」 | トップページ | まったりするほどねっとりと 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »

コメント

「富山ゆうたらますのすしですちゃ」60回おめでとうございます^-^
「ますのすしメジャー」も健在でw

ところで 富山 石川以外で ますのすしをつくっているところはあるのでしょうか…?
見つけて報告しようと思うのですが いまだに発見できません… 

投稿: dendoroubik | 2012年6月12日 (火) 01時05分

>dendoroubik さん

ありがとうござます
自分でもまさかの60回目ですcoldsweats01
鱒の寿しメジャーは鱒の寿し専用メジャーとなって
仕事に持ち出さず家の棚にしまってあります(^-^;

富山、石川以外ですと
岐阜県と静岡県(富士山鱒の寿し)で確認しております
また、長野の信州サーモンを使い
富山の鱒の寿しの形で販売する予定との
未確認情報もありますね

投稿: zen_aiba | 2012年6月12日 (火) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/45607285

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ゆうたらますのすしですちゃ  『いそまさ』 鱒の寿し(小型) ~60/富山県のますのすし :

« 天国へといざなう極上とんステーキ 「とんかつ伊志井」 | トップページ | まったりするほどねっとりと 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »