« これにて春の四役揃い踏み 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | 煮込亭は二度、出汁を煮込む 「麺処 煮込亭」 »

博多ラーメン店にてもつ鍋を 「いっぽう軒」

平成24年6月現在、別の名前のお店になっているとの情報を入手いたしました。

最近、今乗っている車が9年目で車の購入をちょっとは考え始めたaibaです。本当なら、新車で今と同じ車を購入したいのですが、もう生産を停止している車なのでそういうわけにもいかず、次をどの車にしようかと嫁と相談することもあります。

しかし、昨今、TVを筆頭とした家電やパソコンなどは性能が飛躍的に進歩しているのに価格が下がる一方ですが、車の値段は目に見えた進歩が感じられないのに何故か上がっていますね。初めて買ったカローラの今の型式なんて、今では当時の高級車が買えるお値段になっていますよcoldsweats01なんでしょうね、2012年、昔の未来予想図ではとっくに自動運転やホバーで浮いている車が出ていても可笑しくない時代なのですが、違う方向に技術がすすんでしまったのでしょうか?

いっそ、無駄な装備は取っ払って、最低限の安全が保障された車を50万ぐらいで販売してくれればよいのですがね(;´Д`A ```

さて、今回は富山市下堀に店舗を構える「博多ラーメン いっぽう軒」さんにお邪魔させていただいたときの記事になります。

H240307_000


検索用ワード 富山の博多ラーメン もつ鍋の美味いお店 中華そば

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「博多ラーメン いっぽう軒」さんの店内の写真です。カウンター席が6席、小上がりの6人用座敷席が3つほどと、こじんまりとした店内です。今回は小上がり席の一番奥の席に座ららせていただきました。

H240307_001

メニュー。この冬、何度か通いましたので、大分見慣れてきた感がありますねcoldsweats01

H240307_002

平日には夜でもセットメニューが頼めます。

H240307_003

ドリンクメニュー。こうやって見ると、ソフトドリンクはウーロン茶しかないのですね。

H240307_004

ウーロン茶(150円)と生ビール(480円)で乾杯。アルコールが駄目な自分には、150円でウーロン茶がジョッキで出してもらえるのは大変ありがたいです。

H240307_005

酢もつ(350円)

H240307_006

「いっぽう軒」さんに来る度に頼んでいるような気がしますね。このもつのコリっとした歯ごたえを残した感じと酢の酸味が、また素晴らしく合うのですよね。鼻に抜ける爽快さがたまらなく美味しく感じますね。

H240307_010

レバー唐揚げ(300円)

H240307_011

こちらも「いっぽう軒」さんにお邪魔すると、つい頼んでしまう一品になっていますね。レバーの旨味が焼いたレバーより感じられるような気がしています。しかし、この白い表面はどのように揚げればこうなるのでしょうか?

H240307_007

博多もつ鍋(1200円)の二人前です。

H240307_008

いつもなら3人前頼むところなのですが、お邪魔した頃は身体に疲れがたまっていたのか、食欲が少し落ちていたので、2人前にしました。当然といえば当然ですが、3人前の野菜盛りより見目が寂しいですねcoldsweats01

H240307_009

少しずつ野菜を崩していって煮ていきます。

H240307_012

よい感じに煮えてきました。ニンニクの香りと醤油の香りが鍋から漂ってきて、食欲を刺激してくれますよ。

H240307_013

このキャベツが程よい歯ごたえと、キャベツの甘みと染み出す出汁のうまみがたまらなく美味しいのですよね。鍋の具としては白菜も美味しいですが、キャベツも捨てがたいですよね。こうして書いてみてから思ったのですが、キャベツと白菜が混同している鍋ってありましたっけ?

H240307_014

「いっぽう軒」さんのもつ鍋は、もつがめっさぷるんぷるんしていて美味しいですね。コリコリと噛み応えのあるもつもいいですが、こう脂がまわりでぷるぷるしているもつもたまらなく美味しいですよね。

H240307_015

自分の体調のせいか、それとも普段は三人前という量で頼んでいるせいか、前回より鍋の味付けが濃く感じましたね。醤油の味が濃い目に感じられました。それでも十分美味しかったのですが、前回の味付けのほうが好みでしたね。

H240307_016

〆はやはり追加中華麺(250円)

H240307_018

見事な豚骨醤油の中華ソバの出来上がりですよ。

H240307_019

た、たまらんですね。豚骨と醤油の美味しさを麺が絡めてきて、麺そのものの美味しさと見事にマッチして味わえますよ。この〆の中華ソバだけ最初から食べることが出来たら、それこそ大盛りではすまない量を頼んでしまいそうになるくらい美味しいですよ。

しかし、本来、「いっぽう軒」さんは博多ラーメンのお店であるはずなのですが、aiba家のなかではすっかりもつ鍋屋になってしまいましたねcoldsweats01

お店情報

博多ラーメン いっぽう軒

H231129_022


住所 富山市下堀273



より大きな地図で 博多ラーメン いっぽう軒 を表示

TEL 不明

定休日 水曜日(祝日は営業)

営業時間 AM11:00~PM14:00
       PM17:30~PM23:00

駐車場はお店の周りにあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« これにて春の四役揃い踏み 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | 煮込亭は二度、出汁を煮込む 「麺処 煮込亭」 »

コメント

 お仕事お疲れ様でした。
 去年の4月は私も仕事でブログどころではない忙しさを経験をしました。aibaさんのお気持ちがわかります。

 車も今なら減税でチャンスかもしれませんよ。私は去年この減税前に購入してしまい、チャンスを逃してしまったのですが、あるお店から減税分までではありませんがサービスをしていただきました。今がチャンスかもしれませんね。

投稿: ブログde付録 | 2012年3月10日 (土) 08時23分

>ブログde付録 さん

忙しさその他もろもろで精神的に余裕がなくなると
ブログどころではなくなりましたcoldsweats01
まだまだ自分が未熟という事なんですが
今年はいろいろ試練の年かもしれないですね

こんな時には気分転換にばーんと大きな買い物とかして
リフレッシュしたいところなんですが
なかなかそうもいかないのが辛いところですね

投稿: zen_aiba | 2012年3月13日 (火) 00時05分

ウーロン茶もジョッキなんですね!
いっぽう軒さんはアルバイトは募集してそうですかねー。
ここのラーメンおいしいですし、雰囲気もなんか好きなんですよね。
電話番号わからずどうしようもないのですが・・・笑

ふつうに博多らーめん食べたのですが、いつかもつ鍋も食べてみようと思いました。

投稿: | 2012年3月23日 (金) 13時30分

コメント返信が大変遅くなりまして申し訳有りません
初めまして、zen_aibaです

いっぽう軒さん、好きだったのですが
この前、通りを通ったら別のお店になっていましたね…
もつ鍋大好きでしたのにweep
来年はどこで鍋を食べればよいというのでしょうね

投稿: zen_aiba | 2012年5月24日 (木) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/44396617

この記事へのトラックバック一覧です: 博多ラーメン店にてもつ鍋を 「いっぽう軒」:

« これにて春の四役揃い踏み 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | 煮込亭は二度、出汁を煮込む 「麺処 煮込亭」 »