« 富山から日帰りで行こう ~石川県に行こう CBD(カレー少年探偵団)の調査活動その①~ | トップページ | かわはぎ肝醤油は言葉もでない美味しさ 「市場亭」 »

たぬきも気になるけれど看板メニューは塩天丼 「川なべ」 

今度、名古屋に資格更新のために出張しなければいけないのですが、事業に必要な資格のほとんどが、更新や新規取得の場合のブロック割りが中部北陸地区になっていて、そして、ほぼ100%会場は名古屋なのですよね…そして簡単に2月とかに名古屋に来いとか言ってくれますよ、本当にdespair

2月だろうと名古屋には雪は降らないでしょうが、北陸には降るのですよ。で、北陸は多少降ったところで道路や電車は停まらないのですが、中部はちょっと降っただけで簡単に高速や電車が停まりますからね。以前に大雪の中、長野県伊那市から上信越を避けようと中央道で愛知方面へでて米原経由で富山に帰ろうとしたとき、30cmは積もっている長野県の高速を抜けた先の多治見ICで、5cmも積もっていない高速が通行止めになっているのを見て、今、もっと酷いところを抜けてきたよって真剣に思いましたからねcoldsweats01

この前の妙高市の小学校ではありませんが、自分たちの地域が降らないからと言って、他の地域も同じと考えるのはよしてもらいたいものです。当日、雪が降らないことをいまから祈っています。

さて、今回は砺波市三郎丸に店舗を構える「川なべ」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H240214_000

検索用ワード うどん 塩天丼 たぬき

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「川なべ」さんの店内入り口の写真です。このでっかい信楽焼きのたぬきが「川なべ」さんのトレードマークです。4m以上ある巨大なたぬきの置物で、建物もこのたぬきを設置するという前提で作られているとか…

H240214_001

それにしても存在感抜群ですねcoldsweats01店内はテーブル席と座敷席がある古民家風の作りになっており、たぬきを設置する関係からか天井は高く、開放感溢れる店内になっております。

H240214_002

「川なべ」さんといえば、たぬきの他にもこちらの塩天丼が名物として有名です。

H240214_003

あと、富山県の有名な素麺、大門素麺が食べられます。

H240214_004

この時期は鍋なんかもあります。

H240214_005

そして、「川なべ」さんは自家製の野菜を使った創作料理でも有名だったりします。

H240214_006

この自家菜園野菜大門素麺は俳優の「照英」さんが絶賛された一品だそうです。

H240214_007

もちろんオーソドックスなメニューも完備されています。

H240214_008

……メニュー多過ぎcoldsweats01また、創作料理は月替わりで変わったりします。

H240214_009

めん通 冷(600円)

H240214_010

半熟卵と生醤油でいただくシンプルなうどん。

H240214_011

生醤油と卵が絡まったうどん…最高じゃないですか。

H240214_012

コシのあるうどんにちょいと濃い口の生醤油、ほんのり温かい卵の黄身がからまって、えもいわれぬ美味しさを醸し出してくれます。この食べ方がうどんを一番美味しくいただけるのではないだろうかと、ここ数年真剣に思い始めてきてますね。

H240214_013

塩天丼 上(920円) 上は海老天2本と野菜天の組み合わせです。

H240214_014

天ぷらには天つゆはかかっておらず、「川なべ」さん特製のごま塩と刻み海苔で。

H240214_015

天つゆがかかっていないのでさっくりとした衣の味わいが損なわれずにいただけます。塩の配分もばっちりで美味しい天ぷらです。

H240214_016

このごま塩のかかったご飯が香ばしくて美味しいです。野菜天も味が鮮明で、最後まで美味しく食べることが出来る天丼でした。さすが看板メニュー、美味しかったです。

H240214_017

自家菜園野菜大門素麺(880円)

H240214_018

大門素麺にジャガイモのスープと半熟卵を組み合わせた「川なべ」さんの創作メニュー。

H240214_019

ホワイトソースに似たジャガイモのスープと大門素麺。意外といってはなんですが、合いますね…正直、食べてみるまで本当に美味しいのか?と首をかしげておりましたが、食べてみるとジャガイモのスープがまろやかで、大門素麺をすするのになんら邪魔をしていない味で、ときおり感じるゆずの風味が豊かで美味しかったですね。

H240214_020


ジャガイモも入っていて、ジャガイモの穀物ちっくな味がまた、アクセントとなって最後まで美味しくいただける一品でした。

お店情報

川なべ

H240214_021

住所 砺波市三郎丸331-1

大きな地図で見る

TEL (0763)33-5632

定休日 不定休

営業時間 AM11:00~PM15:00
       PM17:30~PM21:00 月~土
       AM11:00~PM21:00 日・祝

駐車場はお店の周りにあります

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 富山から日帰りで行こう ~石川県に行こう CBD(カレー少年探偵団)の調査活動その①~ | トップページ | かわはぎ肝醤油は言葉もでない美味しさ 「市場亭」 »

コメント

いや〜
見事なたぬきですね〜(゜▽゜)
信楽へ行くたびにいつも思うのですが
巨大たぬきを どうやって焼いたのか!

そして
それを礪波まで運んでいる図を想像したら^-^

しかも
巨大たぬきを置くことを前提にした建物!

まるで 奈良の大仏さんみたいです(^O^)/

投稿: dendoroubik | 2012年2月14日 (火) 23時21分

>dendoroubik さん

自分も久々に見ましたが
なんともご立派なたぬきでありました

これをどんな方法で焼いたのか、気になりますね

建物は本当にこのたぬきを先に
置いてから完成させたという事を
以前TVでやっていてびっくりしたものです

投稿: zen_aiba | 2012年2月15日 (水) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/44109331

この記事へのトラックバック一覧です: たぬきも気になるけれど看板メニューは塩天丼 「川なべ」 :

« 富山から日帰りで行こう ~石川県に行こう CBD(カレー少年探偵団)の調査活動その①~ | トップページ | かわはぎ肝醤油は言葉もでない美味しさ 「市場亭」 »