« つけめんの〆に最高の雑炊 「つけめん えびすこ」 | トップページ | 上質なお肉でしゃぶしゃぶ食べ放題 「手造り料理 ひょうたん」 »

思わず頬が緩む味 「洋食day’s」

お隣、新潟県の妙高市の旧新井市街地にある新井小学校の雪おろしが超困難とのニュースを読みました。

http://www.joetsutj.com/archives/51859007.html

妙高市新井といえば、先月、スキーもしないのにとん汁を食べに伺った場所です。その時も積雪が酷かった記憶があるのですが、その後の大雪でさらに増加したようでした。

この校舎、東京にある設計事務所が設計したようですが…ニュースの記事を読む限り、雪かきなど想定して設計されてないようにしか読めませんでしたcoldsweats01新潟に支店でもあるなら別ですが、5cm降ったらパニックになる東京にある会社が、新潟、それも妙高という冬には必ず雪が降る地域の雪の量など想像もつかないと思いますね┐(´д`)┌ヤレヤレ

さて、今回は富山市婦中町に店舗を構える「洋食day’s」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H240208_000


検索用ワード 石焼オムライス サラダバー&スープバー

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「洋食day’s」さんの石焼オムライスのメニューの写真です。以前は季節のオムライスという名前で冬季のみ、石焼オムライスが販売されていたのですが、人気メニューのため、季節のオムライスを石焼オムライスに変更して、その季節にあった石焼オムライスを販売するようになった、と記載されておりました。

訪れた日は、「洋食day’s」さんはほぼ満席で、空いてる席も予約の札が置かれている状態で、人気の高さを実感いたしました。

H240208_001

メニュー。以前とはメニューに変更が見受けられますね。

H240208_002

一番の変更点は、オムライスとパスタにはサラダバーとスープバー、単品料理にはさらにライス付きに変更されたところでしょうか。以前はミニサラダやお味噌汁がついていただけで、バイキング形式のサラダバーではありませんでした。

H240208_003

ソフトドリンクメニュー。

H240208_004

アルコールが駄目な自分にはちょっと嬉しいソフトドリンクメニュー。

H240208_005

小さいながらもパフェメニューもあります。その他にも店内のボードには本日のデザートやアイスのメニューも記載されております。

H240208_006

オムライスとパスタを頼んだので、それぞれサラダバーとスープバーが付いていました。サラダ&スープバーは厨房カウンター前に設置されており、サラダは生野菜各種とドレッシング数種、スープバーは訪れた日には中華スープとお味噌汁の2種類が用意されていました。座った場所とお客さんの多さによっては、お客さんの椅子と椅子の間をすり抜けて取りに行かないといけないため、ちょっと不便に感じた面もありました。

H240208_008

生ビール(480円)と

H240208_007_2

ラフランスソーダー(480円)で乾杯。

H240208_009

カルピスソーダーのような淡い乳酸炭酸飲料系で、洋ナシ独自の熟成されたフレーバーが感じられてちょっとお洒落で、美味しいソフトドリンクでした。

H240208_010

本日のパスタ サラダバー&スープバー付き (1280円) 訪れた日の本日のパスタはじゃこと菜花の塩味パスタでした。

H240208_011

ときおり見える白いものがじゃこです。

H240208_012

塩茹でされた菜花の苦味とじゃごの磯の香り、全体的に塩の旨味の感じられる味付けですが、パスタのオイリーな味付けが、その塩味と素晴らしい相乗効果をもたらして、あっさりでかつインパクトのあるパスタに仕上がっていました。菜花から滲み出る旨味が本当に美味しかったです。

H240208_013

厚切りベーコン黒胡椒焼(680円)

H240208_014

この一見、ステーキにも似た側面の見た目がなんとも食欲をそそりますね。

H240208_015

カリッと焼きあがったベーコンにたっぷりの黒胡椒とさらにマスタード。口の中で弾けるような感覚を覚える黒胡椒とベーコンの旨味があいまって見事な味わいを醸し出してくれます。マスタードの風味もそれに追い風を与えてくれるように口の中を駆け抜けていって、めっさ美味しいです。

H240208_016

石焼オムライス サラダバー&スープバー付き(1480円) 冬季は牛スジ入りデミグラスソースの石焼オムライスです。

H240208_017

ぐつぐつと周りのホワイトソースが沸騰するほど、熱々の石焼オムライス。熱気とともにデミグラスのほのかな風味が舞い上がってきて鼻腔をくすぐりますね。

H240208_019

表面を切り分けると見事なふわふわトロトロの卵が姿をあらわします。滑らかな舌触りに芳醇な卵の甘み、たまらない美味しさですね。

H240208_018

さらにデミグラスで煮込まれたトロトロの牛スジに石焼で温められたクリーミーなホワイトソースとチキンライスが一つになって、まるでドリアのようなまとまりを見せてくれます。いろんな味が口の中をめぐっていくのですが、もうだた一言、美味しい、この一言が自然にでて、思わず頬が緩む味ですね。

お店情報

洋食 day’s

HP http://42.xmbs.jp/days716/

 

H240208_020



住所 富山市婦中町広田4571


より大きな地図で 洋食 day’s を表示

TEL (076)465-2542

定休日 木曜日 第3水曜日(祝日営業)

営業時間 AM11:30~PM15:00(Lo14:00)

       PM17:30~PM22:00(Lo21:00)

駐車場はお店の前に数台分と少し離れたところに専用駐車場があります。お店の前は結構タイトな駐車場になっていますので、富山方向から向かう場合は停めかたに注意が必要です。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« つけめんの〆に最高の雑炊 「つけめん えびすこ」 | トップページ | 上質なお肉でしゃぶしゃぶ食べ放題 「手造り料理 ひょうたん」 »

コメント

ちょっとビールの泡の多さが気になります( ̄▽ ̄)
石焼オムライスって前は1種類でしたよね?
どれもおいしそうでめっちゃそそられるんですがー(* ̄ー ̄*)

投稿: himachan | 2012年2月 8日 (水) 21時08分

>himachan さん

言われてみれば泡が多いですね…
これは入れた方の腕の問題でしょうかcoldsweats01
どうなんでしょうね
結局頼める石焼オムライスは一種のままのような…
この日も石焼オムライス=牛スジでした

まぁ、美味しいから問題はまったくないのですが( ̄▽ ̄)

投稿: zen_aiba | 2012年2月 9日 (木) 00時35分

 私の職場にも「全国でこのよう実績がありますので!!」とよく営業に来られるのですが、実績もわかるけど、この場所の特性理解してます?っていつも思います。ちゃんとした建物でも地域の特性を重視しないと意味がないですからね。
 
 実は、aibaさんのブログを見て、いつもこのお店は行きたいと妻と言っているのですが、予定があった日はいつも定休日という悲しい結果になっています。
 牛スジ入りのオムライスなんて贅沢な一品ですよね。

投稿: ブログde付録 | 2012年2月11日 (土) 07時58分

>ブログde付録 さん

返信が遅くなりまして申し訳ありません

そのような営業がこられるとは…
もしかしなくても公のお仕事をされています?
しかし、雪国であるという特性を
全く重視していないものを売るというのは
自分の販売しているものを理解していない
ってことだと思うのですがねcoldsweats01

牛スジオムライスは贅沢な一品ですよね
あのとろりとした牛スジがたまらんです
お二人の予定がお店の都合とあう日があればよいのですが

投稿: zen_aiba | 2012年2月13日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/44026608

この記事へのトラックバック一覧です: 思わず頬が緩む味 「洋食day’s」:

« つけめんの〆に最高の雑炊 「つけめん えびすこ」 | トップページ | 上質なお肉でしゃぶしゃぶ食べ放題 「手造り料理 ひょうたん」 »