« 都会(まち)はきらめく PASSION FRUIT 「菓子工房グリュッケンベルグ」 | トップページ | 第一部 未完(笑) »

四度目のフォー 「絲cafe(いとcafe)」

先週末は一日の降雪量が80cm台となり、土曜の休みにどこかに行こうという気を根こそぎ持っていかれましたcoldsweats01そして、富山県の上市町で氷点下10度を下回り、富山市でも氷点下5度を観測して、朝起きて車は埋まっているわ、フロントガラスの内側が凍り付いてるわで散々な週末でした。

まだ、この雪との戦いは続くのかと気がめいってしまいますね。早く春の訪れは来ないものかと待っていたところ…鼻水の中に血が混じっていることが多々、目やにがやたらでるなど…奴等(花粉)の気配を感じてしまいました( ´;ω;`)ブワッ

おめーら(花粉)は雪が消えるまで黙っていろっと言わずにはいれない今年の冬なのでした。寒さと花粉のダブルパンチ、辛いです。゜゜(´□`。)°゜。

さて、今回は富山市茶屋町に店舗を構える「絲cafe(いとcafe)」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります

H240220_000

検索用ワード アジアン料理 グリーンカレーのフォー 糸糸 カフェ 杏仁プリン

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「絲cafe」さんの店内の写真です。「絲」と書いて「いと」と読むそうです。店内はガレージを思わせる無骨な鉄骨がむき出しになっており、床もコンクリ打ちっぱなしの床のようですが、壁は白を基調に鮮やかに色彩され、小物を合わせて洒落たカフェ風の内装で、落ち着く雰囲気になっていました。テーブル席と厨房前にカウンター席、窓際にもテーブル席がありました。また、2Fも客席になっているそうで、気軽に2F席に移動してもよいそうです。

「絲cafe(いとcafe)」さんにお邪魔するのはこれで4度目、そろそろディナーメニュー制覇も近づいてきました。

H231229_002

ドリンクメニュー。


H231229_003

ドリンクメニュー2

H231229_004

デザートメニュー。

H231229_005

カフェタイム(PM15:00~PM18:00)までの軽食メニュー。

H231229_006

ディナータイム(PM18:00~PM22:00)までの食事メニュー。

H231229_007

食事メニュー2

H231229_008

食事メニュー3

H231229_009

食事メニュー4

H231229_010

ディナータイムのセットメニュー

H231229_011

セットメニューのドリンク、この中のドリンクがセット時にオーダーできるそうです。

H240220_001

生ビール(480円)とジンジャーエール辛口(350円)で乾杯。

H240220_002

スパイシーグリルチキン(680円)

H240220_003

こんがり焼けたチキンからはスパイシーな香りが漂ってきます。見た目もこんがりキツネ色で美しいですね。

H240220_004

美味しい!素直にそう思えるスパイシーチキン、アジアンテイストのよいところをとりだした日本風なスパイシーさですが、それがやはり嫁と自分の口に合うのでしょうね。このチキンは格別だと、思わず嫁と取り合いをする美味しさでした。

H240220_005

3種のベジタブルパコラ(580円)

H240220_006

じゃがいも、パプリカ、たまねぎのインド風の天ぷら。いずれもほくほくと揚がっていて日本とは違う衣の食感と味付けがほっこりした野菜を包み込んで、どれも美味しいです。

H240220_007

これを岩塩、カレー塩でいただきのですが、カレー塩もスパイシーでいけてましたが、ほんのピンク色をした岩塩も、より味を引き締める感じがして美味しかったですね。

H240220_008

豆乳グリーンカレーのフォー(750円)の二人前、もはやaiba家の中で「絲cafe(いとcafe)」さんの代名詞になっているこの料理、以前までは2人で一つでしたが、我慢できなくなってしまったので1人1個注文しました。

H240220_009

H240220_100

「絲cafe(いとcafe)」さんに初めてお邪魔させていただいてから、いつかは書きたかったこのネタ。反省はしていますが、後悔はしていないcoldsweats01

H240220_010

スパイシーなグリーンカレーとまろやかな豆乳が混ざり絶妙なハーモニーを醸し出すこの絶品スープとフォー。脳天直撃セ○サターンばりの美味しさです。もう嫁と自分はこの味の虜になってしまっていますね。スパイシーとまろやか、この相反する味覚を違和感なく味わえますよ。

H240220_011

このスパイシーなカレーでいただくとフォーが美味しい。薄めのスープでいただく上品なフォーもよいですが、荒々しいグリーンカレーでいただくフォーはさらに美味しいですね。

H240220_012

中に入っている肉とキノコがまた美味しい。鼻に抜けるような香ばしさと辛味が一気にやってきますが、その後にくる肉の甘みや豆乳のまろやかさがとても引き立てられてて、めっさ美味しいです。

H240220_016

そして、aiba家が「絲cafe(いとcafe)」さんに来たら頼むものがこちら、杏仁プリン(380円)。こちらもついに1人1個頼む様になりました。

H240220_017

つるつるの杏仁が美しい。「絲cafe(いとcafe)」さんのデザートはすべて奥様の手作りだそうで、マスターのアジアン料理、奥様のカフェデザートの二つが融合してメニューに彩がありますね。

H240220_018

一口目はミルクプリンを思わせる甘さと食感、しかし、その後に見事に杏仁の風味が来ます。これは嵌るデザートです。

H240220_019


ジャスミンティー HOT(380円)と焼キャラメルラテ(450円)嫁の中で食後の定番となったジャスミンティー、これでもかといわんばかりのジャスミンの香りが嫁を虜にしております。

H240220_020

焼キャラメルラテのこの焦がし。カラメルの香ばしい甘さが漂ってくるようでした。

H240220_021

このぱりぱりの表面をこぼれないように中に割りいれていただきます。カラメルの大人の香ばしい苦味がキャラメルラテとあいまって、ほどよい甘さで美味しいです。

現在、富山の情報誌各誌で紹介されており、人気の「絲cafe(いとcafe)」さん、土日のランチメニューに変更があるようでした。詳しくは「絲cafe(いとcafe)」さんのブログにてご確認お願いいたします。

お店情報

絲cafe

お店のブログ http://itocafe.exblog.jp/

H231229_027


住所 富山市茶屋町82

 

大きな地図で見る

TEL (076)411-9976

定休日 不定休 (2012年から火曜日を定休日に?)

営業時間 AM11:30~PM15:00(ランチタイム)
       PM15:00~PM18:00(カフェタイム)
       PM18:00~PM22:00(ディナータイム)

駐車場はお店の前にあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 都会(まち)はきらめく PASSION FRUIT 「菓子工房グリュッケンベルグ」 | トップページ | 第一部 未完(笑) »

コメント

私も先日ランチしてきましたnote
ガパオおいしかったです(o^-^o)
次行くときはaibaさんの推しメニュー、フォーに挑戦したいですhappy01

投稿: えりこ | 2012年2月20日 (月) 11時14分

>えりこ さん

自分達もランチタイムにお邪魔してみたいのですが
なかなか実行できずにおりますcoldsweats01
ガパオも美味しいですよね
メニューのどれを頼んでも美味しいので
選ぶのに困ってしまいますね

しかし、その中でもグリーンカレーのフォーは
いちおしですので是非食べてみてください

投稿: zen_aiba | 2012年2月21日 (火) 00時39分

ホント、今一番訪問したいお店ですよぉ~ヽ(´▽`)/
あーグリーンカレーのフォー是非食べてみたいし、ほかの料理もめちゃくちゃおいしそうですし・・・・もう少し人気が落ち着いてから、ゆっくり行きたいです( ̄ー ̄)ニヤリ
ってホントは今すぐ行きたいのですが・・・・(笑)

投稿: ごり | 2012年2月21日 (火) 17時24分

>ごり さん

是非、行ってグリーンカレーのフォーを
そして、ご飯物も頼んで
グリーンカレーライスを食べてもらいたいです
TVや雑誌にでてからというもの
土日のランチは大人気らしいですね
今お邪魔すると
ちょっと混雑しているかもしれませんね

投稿: zen_aiba | 2012年2月22日 (水) 06時45分

aibaさん ごきげんよう。

先日ようやっと行ってきました。
フォーとっても美味しかったです。
さらに自分のアジアごはん好きを再認識
いたしました。

またひとつ、通いたいカフェができて
嬉しい限りです。

投稿: 明野 立佳 | 2012年3月 3日 (土) 20時30分

>明野 立佳 さん

ごきげんようです
フォーは美味しいですよね
自分も此方のお店でアジアごはんの
美味しさに目覚めました

明野 立佳さんのお気に入りに
なられたようで自分も嬉しい限りです

投稿: zen_aiba | 2012年3月 3日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/44187076

この記事へのトラックバック一覧です: 四度目のフォー 「絲cafe(いとcafe)」:

« 都会(まち)はきらめく PASSION FRUIT 「菓子工房グリュッケンベルグ」 | トップページ | 第一部 未完(笑) »