« ほんとに隠れている隠れ家 「インドカフェ&ダイニング ChoriChori」 | トップページ | 博多式!?昔ながらの中華そば 「博多ラーメン いっぽう軒」 »

富山から日帰りで行こう ~新潟県に行こう 汁汁盛り盛り みんな食べるよ♪~

1月21日は新潟県上越方面へ足を伸ばし、その後、糸魚川、親不知と移動してきました。

富山
AM8:30

富山IC 北陸、上信越自動車道経由 新井PA(ETC専用) 130.3km
ETC休日割引 1700円

↓ rvcar 5km

AM10:05
新潟県妙高市栗原 「たちばな」
創業昭和47年の豚汁の名店にて 絶品の豚汁を味わう
AM10:50

↓ rvcar 10km

上越高田IC 上信越、北陸自動車道経由 糸魚川IC 45.4km
ETC休日割引 700円

↓ rvcar 3km

AM11:40
新潟県糸魚川市大野 「ひすいの湯」
フォッサマグナの大いなる恵みを堪能
PM13:10

↓ rvcar 3km

糸魚川IC 北陸自動車道経由 親不知IC 12.5km
ETC休日割引 250円

↓ rvcar 1km

PM13:30
新潟県糸魚川市大字外波 「道の駅 親不知ピアパーク」
糸魚川名物あんこう汁をいただく
PM14:10

↓ rvcar 14km

PM14:40
富山県下新川郡朝日町境 「栄食堂」
この時期の富山の隠れた風物詩たら汁を食す
PM15:20

↓ rvcar 7km

朝日IC 北陸自動車道経由 富山IC 48km
ETC休日割引 700円

PM16:30
富山

続きには各地の感想、情報があります 写真が多目です

Higaeri

この日は当初、石川県七尾市中島にて開催される「七尾湾能登牡蠣祭り」に行く予定でいたのですが、今年からスケジュール変更が有ったようで1月開催ではなくなっていました。全然、他の予定を考えていなかったので、そういえば、糸魚川であんこうフェアが行われるからまた、あんこうでも食べに行くかと思って予定を組んでみました。

H240123_000

そして、スキーもしないのに新潟県妙高市まで足を伸ばしてやってきました。とん汁専門店として有名な「とん汁の店 たちばな」。TV番組「嵐にしやがれ」でも取り上げられていたお店です。しかし、こちらは道路にこそ雪は無かったのですが、脇には1mくらいの雪が積まれておりました、さすが、妙高、雪の量が平地とは段違いですね。

H240123_001

開店時間の10時に合わせて来店しましたので、まだ自分達以外のお客さんはおいでにならない状態でしたが、お昼時にはこの席が全て埋まるほどの人気店だそうです。

H240123_002

メニュー。やはりメインはとん汁定食。

H240123_003

定食以外にも単品で頼むことが出来ます。しかし、並盛り700円はちと高いような…

H240123_004

レディースセットAはとん汁つけそば、Bはとん汁ラーメン。ちょっととん汁とラーメンってあうのでしょうかね?

H240123_007

レディースセットB(800円)

H240123_008

とん汁らーめん。味噌汁にラーメンが入っているように見えますが…

H240123_009

とん汁というよりは味噌味のスープ。優しい味噌の味のするごく普通の味噌ラーメンといった感じ。

H240123_010

具材がチャーシュの代わりに豚バラ肉、その他に豆腐、玉葱ととん汁の具材が入っていました。

H240123_011

麺もそこらでありそうな普通の中華麺、確かに味噌ラーメンとしては美味しいですが、この味でとん汁ラーメンと言われても、というのが嫁と自分の正直な感想でしたcoldsweats01

H240123_005_2

とん汁定食並(900円)

H240123_006

とん汁の並盛り?並々盛りの間違いではcoldsweats01大きな丼にまさに溢れんばかりにとん汁が盛られておりました。後で調べたところ並盛りでも500gあるそうで…めっさ大盛りやないけーと突っ込みたくなるほどの量でした。

H240123_013

とん汁ラーメンより味噌味の薄い感じの汁、しかし、それには玉葱、ジャガイモなどが原型を留めないほど煮込まれて味が染み込んだ野菜の甘み、旨味を受け止めためっさ優しい味が…ああ、美味しいです…温かいとん汁から感じる体の芯まで染み込むような優しい味…これは絶品というほかありませんね。

H240123_014

豚ばら肉もラーメンより豪快な大きさ、分厚い豚バラをこれでもかと煮込んだ感じで、ふにゅふにゅになった豚バラ肉から染み出す肉のうまみがたまらんです。これはいいですね、いくらでもお腹に入っていきますよ。それにでかい木綿豆腐も入っていて、これは食いでがあるとん汁ですね。

H240123_015

煮込まれたじゃがいも。このじゃがいもが汁に溶け込んでいてめっさ美味しい。これはたまらん美味しさのとん汁ですね。お腹にも優しいのでこの量をぺろりと食べられますよ。和風の代表のようなとん汁ですが、何故だか上品なスープを飲んでいる気になります。これもジャガイモや野菜が溶け込んでいるからでしょうか?

H240123_016

もちろんご飯にかけても美味しい。

H240123_017

とん汁ぶっかけご飯、最高ですね。こうして食べるとホワイトカレーを食べているようで、また別の美味しさがありました。

H240123_022

真空パックによるとん汁も販売されておりましたが、残念ながらこちらは要予約とのこと。

H240123_023

容器付きで持ち帰りも販売しておりました。鍋やタッパーを持参すれば、それに入れて持ち帰れるそうです。

お店情報

とん汁の店 たちばな

HP http://tontachi.com/

住所 新潟県妙高市栗原2-3-10

TEL (0255)72-2450

定休日 月曜日 (祝日の場合は火曜日)

営業時間 AM10:00~PM20:00

駐車場はお店の脇に20台の専用駐車場があります。

H240123_018_2

糸魚川へ高速道路で移動のさい、途中の名立谷浜SAにて、冬季限定の柿チョコを購入。「きなこ柿チョコ」が嫁のお気に入り、自分は「苺柿チョコ」でした。

H240123_019

糸魚川市大野の「ひすいの湯」かなり昔の温泉施設の上、大人1000円とちょっと割高ですが、フォッサマグナから湧き出す黄土色の温泉は、病み付きになる岩石の匂いと、いつまでも湯冷めしないaiba家のお気に入りの温泉です。

H240123_020

温泉に浸かって身も心も安らいだ後は、「風呂上りにコーヒー牛乳友の会」と「風呂上りにフルーツ牛乳愛好会」の会員であるaiba家は、もちろんこの二つを飲むですが…この前、リンクを貼らせていただいている「ミカエル」さんのブログにて偉そうなことをコメントしてきたばかりですが…日本にはもはや「コーヒー牛乳」や「フルーツ牛乳」などの名称は存在しないんですねΣ( ̄ロ ̄lll) コメントした後、日本で一番美味しいといわれるコーヒー牛乳はどこのであろうか、と検索したときにその驚愕の事実を知りましたcoldsweats01

H240123_021

糸魚川名物マキノの飴。黒部出身の嫁には糸魚川に親戚がいて、子供の頃、よくこちらの飴を貰っていたそうです。こちらも「ひすいの湯」さんで販売されておりましたので購入してきました。大粒の昔ながらの飴で美味しかったです。

今日は、この後、あんこうを食べに行くだけで他は考えていないと嫁に伝えたところ、嫁は足つぼマッサージなども堪能して、身体をリラックスさせておりました。10分700円~ならお得なのではないでしょうか?

H240123_024

温泉で温まった後は「親不知ピアパーク」さんへ移動。

H240123_025

初めて寄ったのですが、北陸自動車道の真下にあるんですね、こちらの施設。小さな食堂とお土産屋、魚屋さんとひすい館とレストランがあります。糸魚川では1月21日より2月29日まで糸魚川荒波あんこうフェアを実施しており、糸魚川市の協賛のお店であんこうを使った料理が食べられます。そこで、協賛店の一つ、「親不知ピアパーク」内にあるレストラン「漁火」さんにお邪魔したのですが……まさかの貸切営業coldsweats01自分達が訪れたときには窓に大きく貸切の札と入り口には準備中の札がdown

H240123_026

「親不知ピアパーク」さんにはもう一つ「レストピア」さんという食堂があり、そちらもあんこうフェアの協賛店さんでしたので、そちらに移動しました。

H240123_027

思いっきりPAの食堂って感じのお店でした。

H240123_028

あんこう汁定食(1600円)

H240123_029

あん肝。ぬめりと舌の上で融けていくあん肝。やはり美味しい。

H240123_030

あんこうのからあげ。ぷりぷりのあんこうの身をしゃぶりつくすように食べるからあげ、これもまた美味でございますね。

H240123_031

あんこう酢の物。あんこうの皮の部分のからし酢みそあえ。この皮が弾力があってまた、皮についてる身の脂がからし酢みそとベストマッチでめっさ美味しい。

H240123_032

あんこう汁。

H240123_033

これまたあん肝がたっぷり入った豪快な汁。

H240123_034

あん肝が溶け込んだ味噌汁は磯の香りが漂う美味しい汁です。あん肝が舌の上でとろけていくのがたまらなく美味しいです。

H240123_035

ぷりぷりのあんこうの身もたっぷり入っています。この時期の糸魚川のあんこうは弾力がめっさあって最高に美味しいですね。

H240123_036

こちらもごはんにぶっかけても美味しい。「漁火」さんが営業なされてないと知ったときはどうなるかと思いましたが、「レストピア」さんのあんこう汁も美味しかったです。自分達が食べている間に何組か「漁火」さんに向かわれて、そのまま帰っていくお客さんが居られましたが…どこにむかわれたのでしょうかcoldsweats01

H240123_037

「親不知ピアパーク」の「レストピア」さんにはたら汁も販売されておりましたが、どうせ、たら汁を食べるならと、そのまま国道8号線で富山県に入りたら汁の美味しいお店「栄食堂」さんまで足を伸ばしました。今日はとことん汁物を味わおうと決めました。

H240123_038

安心の「栄食堂」さん

H240123_039

やはりたら汁ゆうたら「栄食堂」さんやちゃ。

H240123_040

「栄食堂」さんの記事は後日。

H240123_041

晩御飯にお土産で購入してきた「たちばな」さんの「とん汁」。やはりたまらなく美味しい、この日は朝から晩まで汁三昧な1日でした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« ほんとに隠れている隠れ家 「インドカフェ&ダイニング ChoriChori」 | トップページ | 博多式!?昔ながらの中華そば 「博多ラーメン いっぽう軒」 »

コメント

えっ? 一日に3店舗も『汁』を!? やるね。( ̄ー ̄)

メニュー表のとん汁ラーメンにびっくらこいたんだけど、
とん汁の汁にラーメンが入ってるってわけじゃないのね。 ホッ (多分行っても食べんけど 爆)
とん汁大好きなので、気になるわ~

投稿: ちま子 | 2012年1月23日 (月) 10時08分

>ちま子 さん

あんこう汁とたら汁は一人前を
2人でわけて食べてますからね
実はそんなに大した量ではないですね
とん汁ラーメン
最初はとん汁にラーメンが
入っているかと思ったのですが
味噌ラーメンにとん汁の具が入っている
という感じで安心しました

優しい感じの甘みのあるとん汁で
富山にはない感じのとん汁で美味しかったですよ

投稿: zen_aiba | 2012年1月23日 (月) 23時45分

はじめまして。
楽しく拝見させて貰ってます。

たちばなの豚汁は確かに美味しいのですが、ラーメンだと今イチ的な感じですね。
道路をはさんでの超斜め向かえにある、松茶屋の豚汁ラーメンが美味ですよ。

http://r.tabelog.com/niigata/A1503/A150303/15000295/

投稿: ばった | 2012年1月25日 (水) 19時34分

>ばった さん

初めまして、zen_aibaです
ご愛読いただきありがとうございます

ラーメンは味噌ラーメンに豚汁の具であって
豚汁ラーメンという品物ではなかった気がしましたね

斜め向かいにそのような名店が
妙高というところは
グルメの名店ばかりでございますね
この豚汁ラーメンは美味しそうですね
次回は松茶屋さんを目的に
妙高行きのグルメロードを考えてみたいと思います

情報ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: zen_aiba | 2012年1月26日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43841264

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~新潟県に行こう 汁汁盛り盛り みんな食べるよ♪~:

« ほんとに隠れている隠れ家 「インドカフェ&ダイニング ChoriChori」 | トップページ | 博多式!?昔ながらの中華そば 「博多ラーメン いっぽう軒」 »