« お雑煮が美味しくグレードアップ 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | エブリディ ケーキバイキング 「パティシェ ルージュ」 »

同じ麺なのに異なる味わい 「絲cafe(いとcafe)」

今週末、富山県高岡市では第26回日本海高岡なべ祭りが開催されます。高岡市のイベント情報などからなべ祭りの詳細などが見ることが出来るのですが

H240111_101

これが今年のなべ祭りのチラシ、おや、何かちょっとした違和感が…

H240111_100

これが去年のチラシ。見比べて見ると、開催会場が縮小されてますね、神社のところの会場が今年はないみたいですね。あと時間も、去年までは午前10時から開始でしたが、今年から午前11時開始になってますね。規模が若干縮小したという感じでしょうか?

さて、今回は富山市茶屋町に店舗を構える「絲cafe(いとcafe)」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H240111_000


検索用ワード アジアン料理 グリーンカレーのフォー 糸糸 カフェ

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「絲cafe」さんの店内2階の写真です。「絲cafe」さんへの来店はこれで3度目になりますね。1回目2回目はそれぞれ過去記事を参照願います。お店の成り立ちについては1回目にて触れています。

H240111_001

広々とした空間の中央に4人掛けのテーブルが一つと、窓際に2人用の並び席が2つあります。白い壁とコンクリートの床が無機質な雰囲気を醸し出しているのですが、木を強調したテーブルとアンティークな小物がそこはかとなく散りばめられていて、不思議と落ち着く空間になっています。ひざ掛けや座布団も用意してもらえますので、木の椅子もこの時期でも問題なく座れます。こちらの2階のフロアも貸しきりになっていない限り自由に選べます。3回目にしてようやく気になっていた2階のフロアにやってきました。無線チャイムが用意されていますので、お店とのコンタクトも安心して取れます。

H231229_002

ドリンクメニュー。


H231229_003

ドリンクメニュー2

H231229_004

デザートメニュー。

H231229_005

カフェタイム(PM15:00~PM18:00)までの軽食メニュー。

H231229_006

ディナータイム(PM18:00~PM22:00)までの食事メニュー。

H231229_007

食事メニュー2

H231229_008

食事メニュー3

H231229_009

食事メニュー4

H231229_010

ディナータイムのセットメニュー

H231229_011

セットメニューのドリンク、この中のドリンクがセット時にオーダーできるそうです。


H240111_006

生ビール(480円)とジンジャーエール辛口(350円)せっかくですので窓際の席にて。窓際のこの席はカップルにはお勧めの席ですね。

H240111_007

パインセオ(780円) ヴェトナムのお好み焼き

H240111_008

一見、オムレツのように見えますが、生地はふわっとした粉物です。この黄色は卵ではなくターメリックで着色されていると思います。

H240111_009

こちらのソースをかけて食べるのですが、こちらが独特の酸味と辛味があって、とても香ばしくて美味しいソースです。いかにもアジアン的な味付けでとても美味しいです。

H240111_010

中には海老や野菜がたっぷり入っています。

H240111_011

小さく切り分けたパインセオに大葉や千切りにしたニンジン、大根をのせて

H240111_012_2

さらにサニーレタスで巻いて食べます。一回目のときより遙かに綺麗に食べることができました。パインセオも二度目なら少しは上手に食べることができたようですcoldsweats01甘みをもった生地の独特の食感と野菜のしゃきしゃき感と香油ソースの辛さがベストマッチしていくらでも食べられますね。野菜をたくさん食べたくなりますよ、これは。

H240111_013

ガパオ 豚挽肉の甘辛炒めのせご飯+目玉焼き (750円)

H240111_014_2

大粒豚そぼろという感じですね。

H240111_015

ご飯と目玉焼きと豚挽肉を混ぜ合わせて食べます。豚挽肉の甘さの後から来る辛さが刺激的でいいですね、それに目玉焼きの黄身がとろりと絡まったときの美味しさといったらもうたまりませんね。この組み合わせは癖になりますね。

H240111_016

ガパオをサニーレタスに巻いていただいてもグッドでした。

H240111_017

蒸鶏と彩り野菜の白胡麻フォー(750円)

H240111_019


鶏がらベースと思われるスープに香辛料の香ばしさと白胡麻の風味が合わさって、清々しい美味しさを作り上げていますね。時折来る胡椒的な刺激が食欲をさらにそそりますね。

H240111_020

この香ばしいスープで食べるフォーはするりとお腹の中にいくらでも入っていく感じがします。気がつけばフォーを全部食べていた、そんな勢いで食べられてしまう美味しさですね。「絲cafe」さんでは日本人向けにアレンジされているそうで、自分的にはアジアン料理にはいっているパクチーはあの口の中に広がる匂いがちょっと苦手なのですが、「絲cafe」さんではパクチーは入っていないのか、まったく気にすることなく野菜も全部美味しくいただけました。

H240111_021

豆乳グリーンカレーフォー(750円) こちらが2011年年末からaiba家を虜にしている「絲cafe」さんのメニューです。

H240111_022

グリーンカレー独特のまろやかですがスパイシーな香り、辛さが来たかと思えば豆乳のなろやかな深みのある甘さがきて、なんともいえない味わいを作りだしてくれます。辛さ一辺倒だけはない深い味わいに今年も虜になりそうですよ。

H240111_023

このスープで食べるフォーは蒸し鶏のフォーとは違う味わいがしますね。同じ麺でここまで感じ方が違うと言うのも面白いですね。こちらはずっしりお腹にたまる感じがします。スープの辛さがフォーの美味しさを引き出している感じもしますね。

H240111_024


本当はガパオのご飯を豆乳グリーンカレーに入れる予定でしたが、なんと「絲cafe」さんが前回の自分のブログをご覧になっていただいたそうで、「自分達も豆乳グリーンカレーでおじやを食べるんですよ」とご飯を用意してくれました。今回は、ご飯をメニューに載せようかどうか、考え中という事で、お客さんの意見を知りたいのでモニターということでご飯を用意していただけました。ありがとうございます、 「絲cafe」さん。しかし、関係ないことですが相変わらず美男美女のご夫婦ですねcoldsweats01

H240111_025

おじやが美味しいという事は…

H240111_026

こういう事でしょうかcoldsweats01

H240111_027

うはぁ~ファーも美味しかったですが、やはり日本人の嫁と自分にはご飯が最高ですね。ご飯粒の奥にまで染み込んだ豆乳グリーンカレー…これは至福の味でござますね。思わず顔がこんな感じににやけるcatface美味しさですよ。メニューにライスは必要です、と力説してきちゃいました。

でも、一客としてはご飯を出してもらえるとこんなに嬉しい事はないのですが、モニターという事で、真面目に考察すると、現実問題、どうでしょうね、もともとフォーには野菜がたっぷり入っていますので、ディナーセットのサラダをご飯にかえる事ができます、とかのオプションがあればいいのでしょうかね?さらにフォーも米粉ですし、ご飯と一緒に食べると米、米でお腹が一杯になりやすいので、客単価が下がる危険もあると思うのですよね。単品でライスというメニューがあるのが一番いいのかもしれないですね。この先、「絲cafe」さんがどうお考えになるか、自分の考えが多少なりとも参考になればいいのですがcoldsweats01

H240111_028

杏仁プリン(380円)

H240111_029

弾力のあるプリンに杏仁の甘さ、これは美味しい杏仁プリン。aiba家の杏仁ランキングでも上位に入る美味しさですよ。なんと、「絲cafe」さんはデザートも美味しいですね。デザートは奥様の手作りなんだとか、これはなんとも素晴らしいです。

H240111_030

アフォガード(380円) バニラアイスのエスプレッソがけ

H240111_031

濃い目のエスプレッソに冷たいバニラが良く合いますね。香ばしいエスプレッソがデザート気分で美味しく味わえる一品ですね。

H240111_032

マサラチャイHOT(420円) インドのミルクティ、甘さは控えめで香りが心地良い一品。砂糖をたっぷりいれて飲むとめっさ美味しかったですね。

H240111_033


ジャスミン茶 HOT (380円) ジャスミンの香りにこれでもかというほど包まれるめっさジャスミンなお茶。嫁が「絲cafe」さんに来たらこれを飲んで帰ると決めているお茶。ジャスミンの香りに心が安らぐ美味しいお茶です。

今月発売の富山の情報誌「Takt」さんで親店紹介で紹介されていた「絲cafe」さん、もちろんaiba家の今年注目のお店です。

お店情報

絲cafe

お店のブログ http://itocafe.exblog.jp/

H231229_027


住所 富山市茶屋町82


大きな地図で見る

TEL (076)411-9976

定休日 不定休 (2012年から火曜日を定休日に?)

営業時間 AM11:30~PM15:00(ランチタイム)
       PM15:00~PM18:00(カフェタイム)
       PM18:00~PM22:00(ディナータイム)

駐車場はお店の前にあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« お雑煮が美味しくグレードアップ 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | エブリディ ケーキバイキング 「パティシェ ルージュ」 »

コメント

 今年は都合で行けないのですが、昔は券1枚で3杯食べれたのに2枚。しかも時間が遅くなるのにも??と思います。縮小ってことは人も少なくなったりしているのですかね?

投稿: ブログde付録 | 2012年1月12日 (木) 15時28分

>ブログde付録 さん

もしや開町400周年のときに
派手にやりすぎただけで
今年の規模くらいが昔からの規模なのかもしれませんね

開始時間が遅くなるのは
人が少ない時間に行きたい自分達は
ちょっとデメリットしか感じませんね

また活気溢れるなべ祭りに戻って欲しいですね

投稿: zen_aiba | 2012年1月13日 (金) 00時57分

水曜の夜からネットに繋がらず落ちてました。
ネット依存症の私にはつらい2日間でしたわ~。
絲cafeさん、私が行きたいと思ってまごまごしてるうちに
3度も行かれてしまいました(ノ_-。)
とりあえず、2度目なら少しは上手に~♪が気になったので
さっそくコメント残してみました(≧∇≦)

投稿: himachan | 2012年1月13日 (金) 16時22分

>himachan さん

自分が2日もネットに繋げなかったら
禁断症状でネットカフェにでも
飛び込んでしまいそうですcoldsweats01
「絲cafe」さんは現在aiba家の
一番のお気に入りです
しばらくは通いそうですね

頑張って歌詞にあわせて文を考えたのですが
頭から煙がでそうになったのでcoldsweats01
さらりと書いて逃げてしまいました
本当はタイトル候補の文章だったのですが(;´д`)トホホ…

投稿: zen_aiba | 2012年1月13日 (金) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43699295

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ麺なのに異なる味わい 「絲cafe(いとcafe)」:

« お雑煮が美味しくグレードアップ 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | エブリディ ケーキバイキング 「パティシェ ルージュ」 »