« 替え玉王は遙かに遠く 「博多ラーメン 山桜」 | トップページ | 冬と言えば酸辣湯麺 「中国料理 茂住」 »

年の始めの ためし~とてぇ~♪ 「Art&Cafe 胡風居」

昨日から上の音を何度聞いたことだろうか…スライム肉まんを求めてファミリーマートを巡りましたが、しかし、どのファミリーマートもすでに完売状態。゜゜(´□`。)°゜。

スライム肉まんを食べて、レベルアップがしたかったなぁdown

さて、今回は富山市石屋に店舗を構える「Art&Cafe 胡風居」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H231201_000

検索用ワード いちごパフェ 雑煮

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「胡風居」さんの店内の写真です。ペット同伴の可能のスペースもあり(お店に事前確認してください)、奥にはイベントブースがあり、中央の雑貨もこまめに新しい商品がならんでいたりと、多種多様な楽しみ方のある店内になっています。

H231201_001

訪れたのは11月後半でしたが、いつもは12月中旬から販売開始となる「いちごパフェ」がすでにお目見えしておりました。しかし、通常なら数種類ある「いちごパフェ」ですが、先行発売ということでしょうか?一種類のみの登場になっておりました。

H231201_002

お雑煮?これはいままで「胡風居」さんになかったメニューですね。

H231201_003

ドリンクメニュー。

H231201_004

「胡風居」さんの軽食はこちらだけです。

H231201_005

通常デザートメニュー。

H231201_006

通常デザートメニューその2。

H231201_007

いちごパフェ(900円)、aiba家は「胡風居」さんの「いちごパフェ」が大好きなので、迷わずオーダー。

H231201_008

うーん、今シーズンも見事な紅の華を咲かせておりますね。

H231201_009

「胡風居」さんの自慢のソフトクリームにたっぷりのいちごソース。大粒の苺にが甘酸っぱくて、今年も美味しい「いちごパフェ」ですね。

H231201_010

ソフトの下には自家製カスタードクリームとシフォンケーキ。そして、いちごシャーベットが散りばめられたとことん豪華ないちごパフェ。今シーズンも「胡風居」さんのいちごパフェの動向から目が離せませんね。

H231201_011

お雑煮(600円)

H231201_012

そういえば、店内の装飾もなんとなく賀正っぽいものがありました。「胡風居」さんはクリスマスを飛び越えてお正月!?

H231201_013

お雑煮を見ると、年の始めの ためし~とてぇ~♪と思わず歌いたくなり、「あけましておめでとうございます」と言いたくなりますね。ぜんざいと違ってお雑煮は正月にしか食べないですからね、条件反射的なものですかねcoldsweats01あと、どうでもいいことですが、「年の始めの 初日の出」って歌いだしだと、大分長い間思っておりました(;;;´Д`)ゝ

しかし、このお雑煮はどちらの地方のお雑煮なのでしょうか?aiba実家のお雑煮はあわせ味噌の鍋の中でどろどろになるまで御餅を煮た雑煮で、嫁の作るお雑煮は焼き鯖とかいろんな具材がはいったお雑煮なので、このタイプはあまりお目にかかっていないですね。また、どうでもいい話ですが、aibaは子供の頃から食べているaiba実家のどろどろになるまでお餅を煮た雑煮が好きでは有りません。嫁が初めて焼いた餅を入れたお雑煮を食べさせてくれたときは、お雑煮ってなんて美味しいのだと、雑煮には焼いた餅だ!と真剣に思ったものです( ̄▽ ̄)

地域によってかなり変化のあるといわれているお雑煮、どこかで全国のお雑煮が一堂に食べられるお雑煮カフェでも展開してくれないですかねcoldsweats01

H231201_014

出し汁の中に焼き餅をいれたタイプのお雑煮ですね。

H231201_015

お餅自体にも味がつけられていてとちもちに似た味で、表面の焼きこげが香ばしく、餅の中に塩昆布が練りこんであって、その風味がたまらなく美味しいですね。また、この塩昆布と上品な出汁が見事にマッチしてめっさ美味しいです。お餅2個ではまったく足りない、お代わりしたいと思ったくらいですね。お餅の数を選択できるようにしていただけないかなぁ。このお雑煮はたまらなく美味しい、お正月に食べなくても「胡風居」さんのお雑煮は美味しいです。

お店情報
 
Art&Cafe 胡風居

HP 胡風居 http://kofukyo.com

H231201_016


住所     富山市石屋201
 
 

大きな地図で見る
TEL    (076)411ー6537
定休日    水曜日 第3木曜日
営業時間   AM11:00~PM19:00
夏は若干変動あり、詳しくはホームページにて
駐車場はお店の前の道の向こう側にあります。数台は停められますが、カラーコーンで駐車禁止にしてあるところもあるのでご注意ください。お店の場所が少しわかりにくいところにあります。ホームページにも書かれていますが、道に迷ったらご連絡ください、とのことです。

メニューにはトーストや角煮サンドもありますが、どちらかといえばパフェ系やデザート系に重きをおいているようなので、食事をメインにはこられないほうが無難かもしれません。
日によっては様々なイベントも開催されておりますので、詳しくはHPにてご確認をお願いいたします。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 替え玉王は遙かに遠く 「博多ラーメン 山桜」 | トップページ | 冬と言えば酸辣湯麺 「中国料理 茂住」 »

コメント

さすがカフェ!美味しそうなお雑煮!

私も焼いたお餅のお雑煮が大好きなんですが、
うちの実家も、夫のところも、焼かない角餅をそのまま、ふにゃ~っと醤油仕立てのおつゆで煮る文化だったので、ついそっちに合わせてしまいます。

でも、本当は焼いたお餅のお雑煮が好きなんですけどね~confident

投稿: ゆか | 2011年12月 1日 (木) 11時06分

もう各店舗売り切れちゃったんですかね~?
うちの娘の話によると、予約受け付けてたり
冷凍状態の6個パックで販売してた店もあるらしいですよ( ̄▽ ̄)
本日もファミマ行脚でしょうか?( ̄ー+ ̄)

投稿: himachan | 2011年12月 1日 (木) 13時16分

こんにちは。

いちごパフェ美味しそうですね。
これからクリスマスに向けていちごのシーズンですよね。

なんでお店に「花嫁のれん」が掛かってるのか不思議です。
お店のママかマスターは金沢の人なのかな?
それとも、富山にもお嫁入りの時、花嫁のれんを掛ける風習があるんでしょうか?

お雑煮も千差万別ですね。
私の実家は実は津幡なのですが、おすましに角餅でセリか三つ葉を散らすだけのシンプルなものです。
そして、金沢の嫁ぎ先も同じようなもので、三つ葉+かつをぶし程度です。
なので、石川のお雑煮はおすましだと思っていましたが、お味噌仕立てのお雑煮もあるんですね。
あ、おすましに焼き餅も美味しいです。
私は好きですよ。

投稿: chie | 2011年12月 1日 (木) 13時25分

>ゆか さん

やはりお雑煮には焼いたお餅ですよね
自分は幼少のころより
煮た餅のお雑煮にしかめぐりあえなかったので
焼いたお餅のお雑煮にであったときの
インパクトははかりしれないものでした

お正月限定でもいいですから
お雑煮を食べられるお店が増えるといいのですが

投稿: zen_aiba | 2011年12月 1日 (木) 23時05分

>himachan さん

今日の段階ではすでにドラクエのポスターも
片付けられているお店すらありました( ´;ω;`)ブワッ
今日もファミマを廻ってきました…
獲得経験値ゼロ
世界の平和は他の勇者達にお任せします(´Д⊂グスン

投稿: zen_aiba | 2011年12月 1日 (木) 23時08分

>chie さん

ああΣ( ̄ロ ̄lll)
あの賀正っぽいものは花嫁のれんでしたか
石川育ちですがすっかり失念しておりました
富山では花嫁のれんをかける風習はないかもしれないですね
このお店の福冨オーナーのセンスの賜物だと思われます

自分の実家は松任市で
父方の親戚は松任、美川、鶴来でしたが
その全てでお味噌汁仕立てのお雑煮でした
金沢とは風習が違うのでしょうかね…
おすましに焼き餅…
いいですね、憬れます
実家での正月はいつもお味噌汁仕立てのお雑煮ですから
最近ではお雑煮も無くて
今年の正月は8番でラーメンでした。゜゜(´□`。)°゜。

お正月くらいお雑煮が食べたいです…

投稿: zen_aiba | 2011年12月 1日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43209943

この記事へのトラックバック一覧です: 年の始めの ためし~とてぇ~♪ 「Art&Cafe 胡風居」:

« 替え玉王は遙かに遠く 「博多ラーメン 山桜」 | トップページ | 冬と言えば酸辣湯麺 「中国料理 茂住」 »