« こいつに惚れた!ヴェトナムの美麺 「絲cafe」 | トップページ | クリスマスイブイブはマデラソースに包まれて 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »

聖なる夜の熊のケーキ 「菓子工房グリュッケンベルグ」

入荷は月末から来年1月になりますと入荷案内のあった嫁へのクリスマスプレゼントですが、お店から連絡があって24日に自分の手元に届きましたhappy02クリスマスも月末ってことですよねcoldsweats01

H231225_003

REGALOのBARDOT ROSEのドッグイヤー 3WAY ショルダーバッグ(大)です。TVドラマ「私が恋愛できない理由」で主演の香里奈さんが使用していたバッグの色違いになります。クリスマス中に渡せることが出来てほっとしましたhappy01でっかい普段使いできるバッグが欲しいという嫁のリクエストに答えることが出来て、自分も一安心です。

さて、今回は富山市下大久保に店舗を構える「菓子工房グリュッケンベルグ」さんにお邪魔させていただいた時の記事+「菓子工房グリュッケンベルグ」さんのクリスマスケーキの記事になります。

H231225_002

検索用ワード クリスマスベアー 正月の営業形態

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「菓子工房グリュッケンベルグ」さんのクリスマスケーキの箱です。キラキラの箱がいかにもクリスマスらしくてよいですよね。


H231225_004

クリスマスケーキを予約に行った際にも、イートインを利用してしまうあたりがaiba家クオリティcoldsweats01「菓子工房グリュッケンベルグ」さんでイートイン御利用の際は、最初にケーキ&ドリンクを注文して、席にてお待ちください。席に運ばれてきますので、食べた後にレジにて清算というシステムになります。

H231225_005

これからのおすすめとしていちごのタルトがお目見えしておりました。

H231225_006

アンナトルテ(420円)

H231225_007

アンナトルテは「菓子工房グリュッケンベルグ」さんの新作。チョコスポンジの間にオレンジ風味のチョコクリームをサンドして、ナッツ風味のチョコレートでコーティングというチョコ三昧なケーキ。ウィーンのお菓子だそうです。チョコ三昧ですが、オレンジの味が爽やかで甘さも嫌味がなく美味しく頂けました。

H231225_008

焼きチーズケーキ(320) 「菓子工房グリュッケンベルグ」さんで初めて食べるチーズケーキですね。「菓子工房グリュッケンベルグ」さんでは果実を使ったケーキに目を奪われがちで、自分の好きなチーズケーキにあまり目が向かなかったです。というより、いままで置いてあったのでしょうか?ショーケースの中で初めて見たような気がしますね。ふんわり柔らかいスフレの生地に、芳醇なチーズの味がたまらなく美味しいです。「菓子工房グリュッケンベルグ」さんはチーズケーキも美味しかった。

H231225_010

100%国産みかんジュース(400円) ドリンクも何気に美味しいものが揃っています。

H231225_011

でもって、「菓子工房グリュッケンベルグ」さんの今年のクリスマスケーキ、クリスマスベアー(3500円)、おお、熊ですよ熊、愛らしいですね。チョコクリームとチョコスポンジで見事に熊らしさを表現されていますね。

H231225_012

これは本当に力作の熊のケーキですね。

H231225_013

ですが、包丁を入れるときは邪魔coldsweats01なのでいろいろデコレーションを外します。熊から謎の生命体にチェンジ(;;;´Д`)

H231225_014

中もチョコクリームとチョコスポンジがたっぷり、間に挟まったバナナがよいアクセント、しっとりしたチョコクリームとスポンジは甘さがまろやかで、口の中でとろけるように消えていき、この熊をあっという間に嫁と二人で平らげてしまうほど美味しかったです。見た目も楽しく、味も抜群、やはり「菓子工房グリュッケンベルグ」さんでクリスマスケーキを注文してよかったと思える瞬間でした。

お店情報

菓子工房グリュッケンベルグ

H231225_015

住所 富山市下大久保3176-1



大きな地図で見る

TEL (076)468-4622

定休日 火曜日

営業時間 AM10:00~PM18:30

駐車場はお店の前に舗装された専用のスペースがあります。年始年末は特殊な営業形態とお正月用アイテムが登場するようです。下記にお知らせの写真を掲載しておきます。写真をクリックすると拡大されます。

H231225_016

H231225_017

しかし、年始年末もPM17:00までとはいえ、営業されているとは、挨拶回りのお土産に「菓子工房グリュッケンベルグ」さんのケーキ、ありですねwink

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« こいつに惚れた!ヴェトナムの美麺 「絲cafe」 | トップページ | クリスマスイブイブはマデラソースに包まれて 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »

コメント

うーわー!ステキ!!
ミタさんのバッグよりも普段使いならだんぜんこっちのほうがいいですよ!
しかもお取り寄せしてまでのプレゼント、これはもう、嬉しいですよね~heart04
いいのが見つかって良かったですね。

クマのケーキ、食べてる途中経過が、絵的にちと怖いです~sweat02

投稿: ゆか | 2011年12月25日 (日) 20時16分

>ゆか さん

ありがとうございます
ミタさんバックはやはり嫁からも疑問符でしたので
こちらに変えてみたのですが
喜んでもらえたようでしたhappy02

可愛い動物の外見のケーキは
その可愛さゆえ食べる過程が
どうしてもこうなりますね…
食べないわけにもいかないのが難しいところですcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年12月25日 (日) 23時56分

こんにちは~。
すごく使いやすそうなバッグですね。
中は仕切りとかポケットとかあるんでしょうか?

クマケーキ、カワイイです。
チョコスポンジなのかな?
帽子とホッペが何で出来てるのか気になります。
食べれるンですか?
マカロン?メレンゲ?
教えて下さいね。

投稿: chie | 2011年12月26日 (月) 09時56分

うちもくまを食べました~
食べやすいチョコクリームで、土台のクッキーもサクサクでしたね♪

デメルにも「アンナトルテ」がありますから、やはりウィーンのケーキなんでしょうね。

学生の頃ウィーンのデメルでケーキを食べたことがありますが、こーゆう響きを聞くとまたヨーロッパに行きたくなります。


でも、まずはグリュッケンベルグさんの新作アンナトルテを食べに行きたいですね
o(*^▽^*)o

投稿: タン | 2011年12月26日 (月) 11時31分

めちゃくちゃ美味しそうですね(^o^)丿

僕も買いに行こうかと思ったのですが、途中の買い物時に、人が多くっていうか、カップル、ファミリーが多く・・・一人だった僕は、途中で引き返し家でガブ飲みしてしまいました(-_-)やっぱりクリスマスは家族で過ごすのが一番ですねぇ~(@_@)でもケーキ買えば良かったといまさらながら後悔です(-.-)

投稿: ごり | 2011年12月26日 (月) 15時50分

>chie さん

外側にファスナー1個
内側にもファスナー1個
オープンポケット3つ
の仕切りがありました

熊はチョコスポンジをベースに
チョコクリームでデコレーションされて
形を作られていましたね
周りのデコレート全てチョコレートでした
全部美味しくいただきましたhappy02

投稿: zen_aiba | 2011年12月26日 (月) 22時33分

>タン さん

やはり今回はクリスマスベアーに
目を奪われてしまいましたよね
本当に食べやすくあっという間に
食べきってしまい、ビックリしたほどです

なんと本場のデメルですか
新潟のデメルしか行ったことがないですcoldsweats01
本場ウィーンのデメルのアンナトルテ…
羨ましいです
タンさんのグリュッケンベルグさんの
アンナトルテの評価が知りたいですwink

投稿: zen_aiba | 2011年12月26日 (月) 22時38分

>ごり さん

奥様とお子様はすでに帰郷されているんでしたね
でも、お正月は向こうでご一緒されるんですよね
福岡の美味い物でお正月…うらやましいです
自分が同じ立場なら
家帰って家族で食べるんよ、と見栄張って
一人なのホールケーキを買いそうですcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年12月26日 (月) 22時41分

行ってきました♪
なんと実家のすぐ近くで、
私は何故かここのお店を住宅メーカーだと思っていましたよsign02

この記事の「アンナトルテ」とも迷いましたが、記事を見てからずっと狙っていた「トリュフトルテ」を頂きました。
デメルにも「トリュフトルテ」系のケーキがありますが、甲乙つけ難いほど美味しかったデス。

私は「デメル」が好きでよく行きますが、確かにアンナトルテ風のもデメルにはありましたね。
今度はアンナトルテを試したいです。

クリスマスケーキもかわいいsign03

それにしても、奥様のサンタさんなんてステキですね。
私のサンタさんもちゃんと来てくれましたよ~笑

投稿: reirei | 2012年1月 1日 (日) 20時54分

>reirei さん

おかえりなさいませ
ああ、確かに何故かなんとかの家みたいな
看板が出てましたよね…
あの看板は何なのでしょうね?

デルメと比べてもそん色ないということは
やはりグリュッケンベルグさんの
レベルが高いということでしょうね

去年のクリスマスケーキは
もう見本を見たときから
これに決めてました、可愛いですからね

男は永遠のサンタです( ̄ー ̄)ニヤリ
ただ、博愛主義ではないので
プレゼントを持ってくる人は限定されますが(;´▽`A``

投稿: zen_aiba | 2012年1月 3日 (火) 00時58分

アンナトルテを目当てに行ったら売り切れて~ら~でした~(。>0<。)

そして、次の日の月曜日に「リベンジ」と思って行ったら、お店がお休みでした・・・(≧д≦)
月末に東京に帰るまでには食べたいです!!

食べたらまたコメしますね♪

投稿: reirei | 2012年1月18日 (水) 20時19分

>reirei さん

売り切れておりましたか残念ですね
アンナトルテ人気のようですね
といってもグリュッケンベルグさんのケーキは
どれも人気で時間帯が悪いと
ほとんど売り切れていたりしますからねcoldsweats01

月曜日はたまにお休みしてるみたいですね
自分のブログには火曜日と書いてしまって
申し訳ないです、今度お邪魔したときに
定休日の法則をうかがってきます

帰省される前にアンナトルテと出会えるよう
お祈りしております…ってこれは大げさですかねcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2012年1月18日 (水) 23時52分

ついに食べましたよ~。
2回も振られたので取り置きしてもらいました。
まさに3度目の何とやら・・・。

私はデメルも美味しいけど、こちらのアンナトルテの方が甘さがくどくなくて好きです♪

私はブログ初心者なんですが、私のブログに
「aibaさんのブログにあった・・・」とかって書いても大丈夫ですか?
その部分に、aibaさんのブログに行けるようにしても大丈夫ですか?(そもそもできるんですかね?)
もし差支えがあれば、文章直しますね。

投稿: reirei | 2012年1月22日 (日) 21時15分

>reirei さん

おお、三度目にしてアンナトルテに出会いましたか
おめでとうございます

そして、reireiさんのお口にあう味で
なぜか自分もほっとしてしまいましたcoldsweats01

ブログのことに関してはまったく問題ありません
自分に関しては、事前連絡していただく必要もなくとっても大歓迎です
また、していただければ自分もめっさ嬉しいですo(*^▽^*)o

投稿: zen_aiba | 2012年1月22日 (日) 22時51分

私もアンナトルテ、食べました~(*^m^)
マイルドなチョコケーキで、とても食べやすく美味しいです!
同じチョコケーキでも、トリュフ・トルテの大人味とは異なりますね。


20歳ごろ、ウィーンのデメルでチョコ系のケーキを2個食べました。
写真では、ケーキは一部しか写っていませんでした(;´д`)トホホ…

残念ながらもう味は覚えていませんが、写真のコメントによれば、かなり甘いケーキだったようです。
やはり、ザッハトルテを食べたような・・・

ウィーンは大道芸人がいて、のどかないい街でした。公衆電話から親に電話をかけたのを覚えています。

田園地帯を歩き、ワインの試飲もさせてもらいました。
またオーストリアに行きたいものです
o(*^▽^*)o

aibaさんも、ヨーロッパグルメ・スイーツ巡りなんてどうでしょうか?(笑)

投稿: タン | 2012年1月23日 (月) 16時34分

>タン さん

ウィーンに行かれたとか…
羨ましい…自分は中国に満漢全席を
食べに行ったくらいですかね

いつかは嫁と二人でのんびり
ヨーロッパ旅行なんて
憬れの最たるものですが
ヨーロッパで本場のグルメを
堪能してみたいものですね

投稿: zen_aiba | 2012年1月23日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43506883

この記事へのトラックバック一覧です: 聖なる夜の熊のケーキ 「菓子工房グリュッケンベルグ」:

« こいつに惚れた!ヴェトナムの美麺 「絲cafe」 | トップページ | クリスマスイブイブはマデラソースに包まれて 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »