« 富山から日帰りで行こう ~五箇山に行こう 五箇山ジビエと雪化粧の合掌造り~ | トップページ | ジンギスカンと味噌ラーメン どっちも食べたい! 「サッポロラーメン マリモ」 »

はくびしん!それって美味しいの!? 「お食事処 高千代」

いとこの子からメールがきました。

「aibaのおじさん、クリスマスに3DSが欲しいheart04

最近の小学生はストレートですねcoldsweats01

「おじさんはサンタでないのでクリスマスにプレゼントは渡せないが、お正月にお年玉上げるから、頑張って目標金額かき集めなさい」

と、返信しておきました。なんといいますか、あまりにストレートにこられるとあげたくなくなるのですよねcoldsweats01「おじさん、クリスマスに3DSをサンタにお願いしたいんだけど、サンタの連絡先って知ってる?」こんな感じで攻められたら、きっと3DSぐらいサンタの振りして贈っていたことでしょう(;;;´Д`)ゝ

さて、今回は南砺市小原に店舗を構える「お食事処 高千代」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H231220_000

検索用ワード 熊 鹿 猪 はくびしん 五箇山ジビエ

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「高千代」さんの店内の写真です。8人用大テーブルが2つ、後はカウンター席だけのようでした、座席は全部で20席といった感じでしょうか?店内は本当にどこにでもあるお食事処といった雰囲気で、観光客向けとゆうより地域の人向けのお店に感じられました。

H231220_001

おしながき。くま丼、きじ丼、しか丼、かも丼という見慣れぬメニューが普通にラインナップに入っています。

H231220_002

普通にカレーとかが書いてあるのが逆に不自然に感じてしまいますね。

H231220_003

一品物のメニューもあります。さすが五箇山、豆腐関連のメニューが豊富です。

H231220_004

いのしし丼、日本鹿のタタキ、くまトロ刺…あまり普段見かけないメニューが並んでいますね。

H231220_005

鍋や鉄板焼きも個性的なメニューが多いです。品切れの×以外のメニューは昼でも夜でも注文可能だそうです。何故ゆえにこのような個性的なラインナップなんですか、とお尋ねしたところ、ご主人自ら猟師をなさっていて、自分でも狩りに行くし、仲間が獲って来たものをお店でも提供しているとのことでした。これはまさに、ジビエって奴ですね。

 

H231220_007

くまトロ刺し(1500円)三種類の肉が乗っているのですが、同じくまの部位の差で肉の種類が違うのではなくて、三頭の熊の肉だそうです。獲れた山によって熊の肉がまったく違うため、食べ比べてもらうため三種類のお肉を提供していらっしゃるとか。

H231220_008

H231220_009

H231220_010

三つ見比べてみるとまったく違う感じですよね。舌触りも味もなんと、まったく別の感じでした。最初は脂身の多い魚肉のような舌触りと肉の味を感じましたし、真ん中はチーズのような香りと舌触りで舌の上で溶けていって、濃厚なバターやチーズを食べているようでした。最後はふんわりとしたアイスのような舌触り、濃厚なバニラアイスのような食感に、脂身の強烈な味がしました。それぞれ特徴があって、まったく別物のようなお肉に感じましたが、熊という点では同じお肉だそうです。

H231220_011

食べ方も教わりました。熊の肉は脂が多くてお醤油をはじくので、醤油をかけるのではなく、醤油に浸して上にワサビをのっけて食べるそうです。醤油に入れた瞬間に肉から脂が醤油の表面に広がっていきました。なんという濃厚な脂でしょうか。

熊の肉って臭みがあると思っていました、独特の臭みがあって、逆にそれが美味しいのだと、何度か他のところで熊肉を食べてきてそんな感じかな、と思っていたのですが…「高千代」さんの熊肉は違いました!臭みどころか、旨味しか感じません!なにこれ、チーズやバターのようにとろっとしていて、マグロや鰤のように濃厚な脂が感じられて、極上の牛刺しより肉の旨味が感じられますよ…美味しい、くま肉ってめっさ美味しい!!

ご主人からいろいろ教えていただきました。こちらのご主人がとても気さくな方で、いろいろ教えていただき、ご飯よりも会話が楽しくなってしまうくらいの面白トークをさせていただきました。くま肉は山でしとめたあと、その場で血抜き、解体を猟師さんたちが行い、数日かけて熟成させたものを料理に使用するのだかとか、で、熊は山によって、食べる餌によって味がまったく違うそうで、ここ五箇山は国が個人の山であってもしっかり防砂林、防風林と管理して、針葉樹が数多くあるため、熊の餌となるどんぐりがしっかりと育っているそうで、その豊富な餌でしっかりそだった熊は、他の地域で獲れた熊とはまったく味わいが違うものになるそうです。また、同じ五箇山でも山によって餌の種類が違い、これまた味わいが違うそうです。

H231220_012

ご主人とのグルメトークを赤カブの酢漬け(300円)

H231220_013

嫁は熱燗(500円)をやりながら楽しく聞かせていただきました。

「これからは熱燗の似合う女をめざす」という嫁でしたが、理由は五箇山の外に気温は-2℃、部屋の中でストーブをたいているとはいえ、開店したばかりのお店の室温はそんなに暖かくなく冷たい生ビールが厳しかったといったところでしょうかcoldsweats01それでも、「高千代」さんではビールよりも日本酒があいそうな雰囲気は確かにありましたね。

H231220_015

日本鹿のたたき(1000円)、「高千代」さんでは肉を保存するのに専用のフリーザーを持っておられるそうで、猟師であるご主人が血抜きして熟成させたお肉の味をそのまま冷凍させておられるそうです。冷凍した肉を薄くスライスして出てきます。

H231220_016


しばらくすると完全解凍されて真っ赤な肉質が目に見えるころが食べ頃だそうです。

H231220_019

専用のにんにく胡麻油ダレでいただくのですが、このにんにく胡麻油ダレとお肉の相性がばっちりでとても美味しいです。鹿肉と言われても美味しいものは美味しい!

H231220_021

くま鍋(1500円) 「高千代」さんでは鍋は一人前から頼むことができて、一人前は小鍋で調理したものが出てきます。

H231220_022

脂身と肉質が完全に分離したのが熊肉の特徴ですね。本当はくま鍋は他でたべたことがあったので、せっかくなのでくま以外を食べようとしたところ、ご主人から「そういう人にこそうちのくま鍋をたべてもらいたい」と勧められたのでくま鍋を一つオーダーしました。出汁も熊の肉を煮込んでとったもので、濃厚な旨味とあっさりとした醤油出汁の風味がめっさたまりません。くま肉もいままで食べたくま肉と違い、脂身はとろけ、肉からは旨味が十分感じられるやわらかい極上のお肉でした。なにこのお肉、全然臭みもなければ固くも無いですよΣ(゚□゚(゚□゚*)と嫁と二人驚いていると、ご主人が嬉しそうな顔で「くまは美味しくないと思っている人にうちのくまを食べてもらって美味しいと思ってもらえるのが嬉しいね」といわれたのが印象的でした。このくま鍋は美味しい、くま鍋ととしては最高としても、いままで食べた鍋の中でも上位に入る美味しさですよ。

H231220_017_2

はくびしん鍋(1500円)

H231220_020

はくびしんってあれですよね、あの顔に白い線が入ったいたちのような、よく畑を荒らす害獣として聞くあのはくびしんですよね?いままで色んなお店を廻ってきましたがはくびしんをメニューで見たのは初めてですよ。美味しいのでしょうか!?若干不安がありますが…

ご主人によるとはくびしんをメニューに出そうと思ったのはSARSの騒動のとき、はくびしんがウィルスの自然宿主ではないかと疑われ、中国での流通が禁止されたとのニュースを見て、流通しているというのは何故か?と疑いを持ったときに、はくびしんは中国では高級食材として扱われていることを知って、これは食べられるものなのか、とそれから研究を重ね、血抜きや熟成に改良を加えて食べられるように仕上げたものだとか…

とりあえず食べてみました…食感は豚のこま肉のようなざらりとした食感、味は鶏のような風味豊かな肉の味で、臭みなどはこれっぽっちも感じることは出来ませんでしたね。鍋の味付けがくまと違い薄味で仕上げてあって、肉のほのかな甘みとマッチして大変美味しく感じられました。

はくびしん鍋、ありですよ、これ、普通に美味しいです。全然、きわものなんかじゃ有りませんよ、普通に豚鍋ですって提供されたら誰も疑わないと思いますね。

H231220_018

またね、鍋に入っているしいたけやなめこも天然物で、ごぼうや白菜もたっぷり入って、五箇山豆腐もはいっていて食べ応えのある鍋になっています。出汁が肉ごとに味付けが違うのもいいですね。くまの濃厚な味も、はくびしんのあっさり味もどちらも最高に美味しいですよ。

H231220_023

鍋の出汁は少し残しておいたほうがいいです。なぜなら

H231220_024

おじや(+300円)にしていただけるからです。こちらははくびしん鍋のおじや。メニューには載っていない裏メニュー的なものですが、ご主人から途中で教えてもらえますし、また、裏話として、「最近はネットでおじやが出回っていて初めて来たお客さんがおじやを頼んできたり、うちの猫の名前をしっていたりするからね、また、最近ではツィッターで食べている人が情報を流して、それをみた観光客がやってきてお店で遭遇すると言うこともあったよhappy02」などなど、いろいろな面白い話をしていただきました。

H231220_025

うめぇ~なんじゃこりゃ!!!美味しかった出汁の味がさらにぎゅっと濃縮されて、米粒に詰まって…これは最高ですよ、美味しいとしかいいようがない!!

H231220_026

くま鍋のおじや(+300円)、ご亭主が「自画自賛するけど、うちの店で一番美味しいとおもっているのがこのくま鍋のおじやなんだよ」

H231220_027

……………人はあまりに美味しいものをいただくと言葉がなくなるといいますが、まさに嫁と自分もその状態、この美味しさをあらわす言葉が見つかりません、ああ、くま鍋のおじや、最高でした(*´ω`*)

その他にも年一回出るかどうかの熊骨ラーメンの話や猟師仲間の美味い物のお話、冬の五箇山の裏話などをきかせてもらったり、2時間近く楽しく過ごさせていただきました。いや、いいお店でした。ただ、ご主人は豪快な猟師さんらしく、料理途中でお酒を飲まれたり、料理後のお話のときは煙草を吸われたりしておられました。この手の料理居酒屋的雰囲気が苦手な方はちょっと辛いかと思われますが、aiba家的には最高のお店でした。

お店情報

お食事処 高千代

H231220_028

 

住所 南砺市小原697-3

大きな地図で見る

TEL (0763)67-3118

定休日 不定休

営業時間 AM11:00~PM20:00

駐車場はお店の前と横にあります。ご主人が猟に行かれたり、猟師仲間の集いがあったりしてお店は不定期に休まれたりしますので、電話で営業を確認されてから向かわれたほうが安全です。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 富山から日帰りで行こう ~五箇山に行こう 五箇山ジビエと雪化粧の合掌造り~ | トップページ | ジンギスカンと味噌ラーメン どっちも食べたい! 「サッポロラーメン マリモ」 »

コメント

昨日から気になっておりました!!!笑。

すっごい熊尽くし・・・v
ってか、メニューのラインナップがスゴイですねcoldsweats01

私も機会が有れば食べたい!
絶対無理であろうケロ美を連れてっbleah


他のメニューも気になりますね^^
ああ、通ってみたい・・・happy02

投稿: ラヴゥ | 2011年12月20日 (火) 07時07分

「aibaのおじさん、王子が欲しいの」
ではストレート過ぎますね。
「aibaのおじさん、王子ってほんとにいるのかなあ?
逢いたいなあheart01
って感じだと、心優しいaibaおじさんは
きっとクリスマスに用意してくれるよね?((w´ω`w))

ホワイトボードのメニューが動物園のラインナップのようで
とてもとても食べ物の名前とは思えませんΣ(゚д゚;)
食べて見たいような…恐ろしいような…

投稿: himachan | 2011年12月20日 (火) 08時16分

クマトロ刺し、美味しそう~。
口のなかでとろけるんですね。
鹿肉もすごくキレイですね。

ハクビシン、臭くないんですか。
そう言えば、中国では高級食材。
豚肉のようなカンジ・・・意外でした。
これは五箇山行ったらぜひとも食べてこなきゃ(笑)
いや、じいちゃんに食べさせてあげたくなりました。
この季節、おじやもいいですね。

は~、職場がすごく寒くて・・・鍋食べたいです。

投稿: chie | 2011年12月20日 (火) 10時40分

新庄にある末広というお店も
熊鍋や猪鍋があります。
うまいですよ。

投稿: | 2011年12月20日 (火) 21時26分

>ラヴゥ さん

くま尽くしでした
くまもつ鉄板焼きも
いずれ制覇したいと思ってますよ(*゚▽゚)ノ
季節によってメニューも変化して
美味しい時期があるそうなので
シーズンごとに行きたいお店ですね

食べ物に繊細なケロ美さんに
食べるものがあるかどうかcoldsweats01
それが心配です

投稿: zen_aiba | 2011年12月20日 (火) 22時39分

>himachan さん

そうですね
前者なら「勝手に会いにいけ」
と、ふてくされるところですがcoldsweats01
後者なら黙ってチケット入りの
ラッピングしたプレゼントを
渡してしまうかもしれません(;´▽`A``

鍋のラインナップが恐ろしいことになっていて
全部食べられる動物なのか?
と、目を疑ったほどですよ

投稿: zen_aiba | 2011年12月20日 (火) 22時42分

>chie さん

くまトロ刺しは熊と聞かされずに
外国の高級チーズといわれてだされたら
納得してしまうような味も有り
驚きの美味しさでした

はくびしん、まったく臭みがありませんでした
ご主人の研究の賜物でしょうね
ぜひ、おじいさんに食べさせてあげてください
ただ、五箇山は近くて遠いところですがcoldsweats01

雪は降ってませんが
一段と冷え込んでまいりましたね
こんな時にはやはり鍋がいちばんですよね
今年のaiba家の鍋リストには
熊鍋、はくびしん鍋が加わって
食べたい鍋が目白押しですよcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年12月20日 (火) 22時47分

コメントありがとうございます
お名前がありませんので敬称略で申し訳ございません

新庄の末広さんですか
さっそく検索してみますね
情報ありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2011年12月20日 (火) 22時49分

ふ~!!
際物好きとしては非常に気になるメニューですね!
高山に住んでた頃は近所のすし屋のオヤジさんが山好きだったので、蜂やら蛇やらいろいろ食わしてもらいましたが・・・

投稿: 風來坊主 | 2011年12月20日 (火) 23時23分

>風來坊主 さん

自分もいろいろ際物メニューを見てきましたが
はくびしんは初めてでしたね
しかも、美味しいときたからには
他のメニューも制覇しておきたいお店です

投稿: zen_aiba | 2011年12月21日 (水) 01時49分

くっくっーくまくま(◎´∀`)ノ

うち、熊や猪に関する仕事もしてますw

うちの冷蔵庫には肉の塊がありんすよw

熊の胆のうは、金と同じ価値がありんすよw

高千代さんに聞いてみるといいですよ(σ・∀・)σ

肝臓が悪い人は、高千代さんに相談するのもありですねw

「aibaのおじさん、お掃除ロボットibotが欲しいの」お願いします(○゜ε゜○)ノ

投稿: R | 2011年12月21日 (水) 08時51分

>R さん

carrameldansen♪ クッークッークマクマ(゚∀゚)

生肉関係のお仕事ですか!?
でも胆のうがどうとか…製薬関係でしょうか?
内臓の話も聞いたのですが
胆のうという単語は出てこなかったですね
今度の話の種にいただきますね(σ´ー`)σ

aibaのおじさんはストレートに言われると
反応しないんですよ~
「欲しいなら自分で買ってね☆」
って答えちゃう( ̄ー ̄)ニヤリ

恋人はサンコン
ありましたね~嘉門達夫さんの替え歌でしたよね
JR東海のCM、深津絵里さんがなんとも可愛かった記憶があります
あのCMシリーズ好きでした、懐かしい

投稿: zen_aiba | 2011年12月21日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43441655

この記事へのトラックバック一覧です: はくびしん!それって美味しいの!? 「お食事処 高千代」:

« 富山から日帰りで行こう ~五箇山に行こう 五箇山ジビエと雪化粧の合掌造り~ | トップページ | ジンギスカンと味噌ラーメン どっちも食べたい! 「サッポロラーメン マリモ」 »