« 富山カレー屋史上伝説に残るお店 「HOT SPOON」 | トップページ | 開放感溢れる大人の喫茶店 「Luft Cafe(ルフトカフェ)」 »

富山はブラック、入善はブラウン、よろしい、ならば小矢部はホワイトだ! 「Gohanyasan Guu」

よく行くスーパーにてレディボーデンが大量に販売されていました。いままで、このお店のアイスコーナーにはレディボーデンが置いてなかったのですが、何故だか山積みにされておいてあったので、覗いてみるとパッケージに「40th」の文字が。レディボーデン日本上陸40thアニバーサリーパッケージのようです。

しかも今までに見たことも無い「グリーンティ」なるフレーバーも登場していて、久しぶりにレディボーデンを購入して、嫁と二人、レディボーデンの大人食いをしました。

レディボーデンと言えば「レディボーデン レディボーデン ho~ ho~」の女性コーラスのCMが、今でも脳裏によぎります。せっかく40th記念なら、レディボーデンのCMも復活して欲しいところですね~と、レディボーデンについて調べてみたところ

1971年、日本に初登場した頃は「明治乳業」がアメリカの「ボーデン社」とライセンス契約を結び販売していたとか。しかし、1990年頃、ライセンス契約が打ち切られ、その後しばらく、して「ボーデン社」と「ロッテ」がライセンス契約を結び、現在に至ると…

ということはあのCMは明治乳業が作成したもので、ロッテが勝手にリメイクするわけにはいかないということですか…昔(明治乳業)と今(ロッテ)ではレディボーデンの味にも違いがあるのでしょうか?どうでもいいことですが、気になりますcoldsweats01

さて、今回は小矢部市西中に店舗を構える「Gohanyasan Guu(ごはんやさん ぐぅー)」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります

H231206_000

検索用ワード 小矢部ホワイトラーメン

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「Gohanyasan Guu」さんの店内の写真です。テーブル席とカウンター席、写真には写ってませんが団体用の小上がりの座敷席もありました。明るい店内はいかにも近代的なカフェ&レストいう感じの内装でした。こちらのお店は小矢部ゴルフセンター敷地内にあります。なんでしょうね、小矢部のお店って「Nook。」さんといい、こちらといいゴルフセンターに作るのが流行っているのでしょうかcoldsweats01

H231206_001

メニュー。近代的なカフェ&レスト的な内装とは裏腹に、やたら懐かしい感じのメニューが並んでいます。

H231206_002

メニュー。こちらは居酒屋風のメニューがずらり。内装とのギャップが激しいですね。

H231206_003

でかでかと書かれたこちらが、おやべホワイトラーメン。「Gohanyasan Guu」さんを知ったのは、こちらの小矢部ホワイトラーメンがニュースで流れていたからです。しかし、富山はブラック、入善はブラウン、よろしい、ならば小矢部はホワイトだ!って感じで名前をつけたわけではないでしょうが…

あと、自分的には富山ブラックの知名度が高いばかりに、ラーメンの名前に安易に地名と色の名前をつけるのはどうかと思ってはいるのですがね…

H231206_004

カツカレー(900円)

H231206_005

これはまた、見事なカツカレー。昔ながらの食堂レストランででてくるタイプのカツカレーですね。味も日本人向けのまろやかなカレー、まさに大衆カレー。食べていると懐かしさが込み上げてくる美味しい一品ですね。

H231206_006

カツもサクサクで美味しいです。美味しさよりも懐かしさを感じるカツカレーでした。

H231206_007

鉄板ナポリタン(700円)

H231206_008

熱々の鉄板の上に薄焼き玉子をのせて、さらにその上にナポリタン。ベーコンに赤ウィンナー、玉葱にピーマン、素晴らしい、これぞ日本のナポリタンですね。

H231206_009

トマトケチャップ風味のナポリタン、こってりとまではいかない微妙な味付けもまた美味しく感じますね。嫁にいわせると、これは昔ながらのナポリタンの味らしいのですが、自分の昔ながらのナポリタンは、もっとくどいくらいにケチャップの味のするこってりナポリタンです。しかし、だからといってこちらのナポリタンが美味しくないわけではなく、スパゲティも程よい固さを残しており、食べやすくて美味しいナポリタンでした。

H231206_010

豚骨味噌 おやべホワイトラーメン(700円)

H231206_011

メルヘンポークの肉そぼろに味噌を練りこんだ味噌玉を混ぜずにスープを飲んでみると、あっさりとした豚骨スープ、しかし、あっさり過ぎて何か物足りない感じですね。

H231206_012


味噌を混ぜてから改めてスープを飲んでみると…おおっ!味噌の風味が豚骨スープにコクと深みを醸し出して、なんともこってりとした感じの豚骨スープに変化しました。豚骨によるこってりではなく味噌によるこってりなので、大変飲みやすく、めっさ美味しい豚骨味噌スープですよ、これは。肉そぼろの味もときおり感じて、それがまた美味しいですね。

H231206_013

麺は中太の縮れ平麺。コシのある縮れ平麺がこのスープに見事にあいますね。美味しくて麺をすする勢いが停まるどころか増すばかりですよ。このスープと麺のバランスが見事の一言ですね。

H231206_014

チャーシューは昔ながらのごつごつチャーシュー。なんでしょうね、「Gohanyasan Guu」さんの根本にあるものは昭和テイストなのでしょうかね?しかし、小矢部ホワイトラーメン、美味しいラーメンでした。

お店情報

Gohanyasan Guu

HP http://www.guu-gohanyasan.com/

H231206_015

住所 小矢部市西中5982

大きな地図で見る

TEL (0766)54-6377

定休日 年中無休

営業時間 AM11:00~PM22:00

駐車場はお店の前に小矢部ゴルフセンターと共有の駐車場があります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 富山カレー屋史上伝説に残るお店 「HOT SPOON」 | トップページ | 開放感溢れる大人の喫茶店 「Luft Cafe(ルフトカフェ)」 »

コメント

小さい頃にかぶりつきたかったレディボーデン!!!

どこのスーパーですか!!??

投稿: R | 2011年12月 6日 (火) 11時22分

>R さん

やはりレディボーデン
丸ごと食べることは
子供の頃の憬れですよね~

バロー黒瀬店に山積みされてました

投稿: zen_aiba | 2011年12月 6日 (火) 14時26分

初めまして。reireiと申します。

私は実家が富山で、現在は東京暮らしです。
富山のオイシイ情報を得るのに、いつもブログを拝見させて参考にしています♪

ずっと読ませて頂いているだけだったんですが、
タイトルの「よろしい、ならば~だ」の台詞に惹かれてコメントしました!
私と夫の好きなマンガの台詞で似たものがありましたが、ソレなんでしょうか??

富山ブラックは東京でもコンビニでフェアをしてましたよ。でも、ホワイトもブラウンも初耳でした。

投稿: reirei | 2011年12月17日 (土) 21時48分

>reirei さん

初めまして、zen_aibaです
ご愛読していただきありがとうございます

ご主人の好きなマンガの台詞が少佐の台詞でしたら
間違いなくそれですcoldsweats01

富山ブラックは戦後からあったラーメンで
富山の文化として親しまれてきたラーメンで
知名度も「いろは」さんのおかげで浸透してきましたので
いろんな企業とコラボして
カップめんやフェアも行われいるようですね

しかし、ブラウンは去年
ホワイトは今年
入善と小矢部でB級グルメとして産まれたようなもので
富山県内でも知名度は低いと思いますので
東京に住まれていては初耳も仕方ないと思いますよ

コメントありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2011年12月17日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43273385

この記事へのトラックバック一覧です: 富山はブラック、入善はブラウン、よろしい、ならば小矢部はホワイトだ! 「Gohanyasan Guu」:

« 富山カレー屋史上伝説に残るお店 「HOT SPOON」 | トップページ | 開放感溢れる大人の喫茶店 「Luft Cafe(ルフトカフェ)」 »