« お目当てはアイスクリームバイキング 「ステーキハンバーグ&サラダバー けん 富山8号店」 | トップページ | あなた好みの味になりたい 「岩本屋二口店」 »

野に咲く名も無き花のように 「らーめん はみね」

ファミリー○ートにて、三ヶ日みかんメロンパンなるものを見ました。三ヶ日みかんの果汁を練りこんだビスケット生地をメロンパンの形に焼き上げ、中には三ヶ日みかんの果汁入りホイップクリームを入れてあるそうです。

オレンジ色したメロンパンというか、ちょっと形を変えれば完全にオレンジやみかんに見えないことも無いパンでした。それでも何故メロンパンという名称にこだわったのか?昔、「メロンパンのうた」で歌われたようにメロンパンにはメロンが入ってないのですから、オレンジ色のメロンパンにわざわざ三ヶ日みかんメロンパンと名付けるより、素直に三ヶ日みかんパンと名付ければよかったのになぁ、と勝手な憤りを感じてしまいましたcoldsweats01

さて、今回は平成23年11月に富山市下掘にオープンしました「らーめん はみね」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H231116_000

検索用ワード 鶏白湯塩 潔いラーメン屋

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「らーめん はみね」さんの店内の写真です。こちらのお店は以前この場所にあった「こいや来屋」さんの店舗を改装してオープンされたようで、テーブルやカウンターの位置がそのままのような気がしました。カウンターに四人用テーブル席が2、それに小上がりの4人用座敷席があり、「こいや来屋」さんのレイアウト、そのままのような感じでした。

しかし、富山市掛尾を中心とした半径何kmの範囲は現在、空前のラーメン戦国時代に突入しているような気がします。先月から新規の店舗が何件かオープンされているようです、そこには話題性抜群の元格闘家小路晃氏がオープンされて「えびすこ」、博多ラーメンの大規模チェーン店「一風堂」などそうそうたるお店が次々とオープンしていきますね。

そんな富山ラーメン戦国絵巻の中にこちらの「らーめん はみね」さんも名を連ねるかのようにオープンされました。

H231116_001

メニュー。これで全てです。他には何も有りませんでした。何と言う潔いメニューなのでしょうか、でも自信のあるラーメンで勝負という姿勢には好感が持てますね。

H231116_002

ラーメン(600円)とチャーシューメン(750円)でもしかしたらベースの味が違うかもしれないとそれぞれをオーダーしたのですが

H231116_003

ラーメン

H231116_004

チャーシューメン。違いは入っているチャーシューの数だけという、これぞ正しきラーメンとチャーシューメンの姿!

H231116_006

ライス、このご時勢、チャーシュー丼などといったご飯物を出すラーメン店が多い中、炒飯もなく、ライスは白いご飯の大中小のみ…とことん潔いお店ですね。

H231116_005

テーブルにはレンゲはおいていないし、他のお客さんにもレンゲを持って行った形跡はないようでしたので、「らーめん はみね」さんはレンゲ無しのスタイルなのでしょうか。実際、スープが少しぬるめでどんぶりを持ってスープをすすってもあまり危険ではない気がしました。どんぶりからスープを飲む!これも何と言うか潔いですね。

味は塩の風味がとろりと感じる鶏がら系の味、口の周りに若干の脂のとろみを感じますが気になるほどでもなく、優しい感じのほっとするようなスープでした。なんでしょうね、この感じと気がつけばごくごくと飲んでしまっている美味しいスープでした。

H231116_007


メンマもこりっとした歯ごたえが美味しい、昔ながらのメンマ、味もシンプルで変に癖がないため、スープの味をしっかりと吸って、それをメンマ越しに伝えてくれます。いいですね、シンプルもここまでくると特徴ですよね。

H231116_008

チャーシュー、厚みがあって、しっかりとした肉の歯ごたえ、昔ながらのチャーシューを、塩鶏がらスープで大変美味しくいただけます。また、刻みネギとの相性もいいですね、メニューにやきぶたの項目がありますが、この焼き豚を刻みネギとだけ食べてみたいと思わせるしっかりとしたチャーシューでした。

H231116_009

麺は細縮れ麺。この縮れ麺が塩スープに合いますね。しかし、とことんまでシンプルに作られたラーメンでしょうか。

H231116_010

あれっと思い間に完食しておりました。癖のない味ですが、何かひきつける味があって、温度がぬるめなのも猫舌の自分にはとても食べやすかったですね。食べ終わって思ったことは、いつの間に食べ終わったのか?もうちょっと食べたかったなぁという感想でした。知らない間に虜になっているようでした、美味しいと思うより先に体が勝手に食べていた、そんな不思議なラーメンでした。

「らーめん はみね」さんは有名人の作ったラーメン屋、全国規模のチェーン店、強豪ひしめくラーメン戦国時代において、野に咲く名も無き花のように、目立たないけれど存在感のある、そんなラーメン屋さんでした。

お店情報

らーめん はみね

H231116_011

住所 富山市下掘54-7


大きな地図で見る

TEL (076)491-8582

定休日 不定休(現在、何曜日にするか迷っているそうです)

営業時間 AM11:00~PM14:00
       PM17:00~PM22:00

駐車場はお店の横にあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« お目当てはアイスクリームバイキング 「ステーキハンバーグ&サラダバー けん 富山8号店」 | トップページ | あなた好みの味になりたい 「岩本屋二口店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43027752

この記事へのトラックバック一覧です: 野に咲く名も無き花のように 「らーめん はみね」:

« お目当てはアイスクリームバイキング 「ステーキハンバーグ&サラダバー けん 富山8号店」 | トップページ | あなた好みの味になりたい 「岩本屋二口店」 »