« 野に咲く名も無き花のように 「らーめん はみね」 | トップページ | 「ばりかた」って言ってみたかった 「博多 一風堂 富山店」 »

あなた好みの味になりたい 「岩本屋二口店」

先日17日はボジョレーヌーボー解禁日!!

……といってもビール至上主義の嫁とアルコールを受け付けない身体の自分にはまったく縁のない代物。でも、この日は密かな楽しみもあります。それはボジョレーヌーボーの歌い文句を見ることです。今年の歌い文句は

「50年一度の出来」

だそうです。これだけを見ていると、おおっ、今年のボジョレーは美味しそうだなと思うのですが…ちなみに過去の歌い文句はこちら

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「50年に1度の出来栄え」
10年「2009年と同等の出来」

おや、とたんに今年のボジョレーが普通の出来に感じてきましたねcoldsweats01しかし、2009年以降ひねりが少ないですね、そろそろねた切れなのでしょうか(;;;´Д`)

さて、今回は富山市二口町に店舗を構える「岩本屋 富山二口店」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H231117_000

検索用ワード 福井発祥のお店 居酒屋風ラーメン店

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「岩本屋 富山二口店」さんの店内の写真です。カウンターにテーブル席の組み合わせで厨房を囲むようにL字型の間取りになっておりました。昭和の下町風情を感じさせる店内ですね。

「岩本屋」さんは福井県が発祥のお店です。平成11年に福井県で屋台から始まり、平成13年に福井本店をオープン、その後、武生、そして金沢へと支店を展開して2010年に富山市二口に支店をオープンさせました。このころから富山市掛尾を中心としたラーメン戦国時代が始まったのかな、と勝手に思っております。

オープン当時は富山の地に攻め込む側でしたが、現在は「丸源」「一風堂」という全国チェーンの新規オープン組に攻め込まれる側となった形になっておりますね。

H231117_003

「岩本屋 富山二口店」さんは食券制です。でかいお札も使えるタイプのようでした。

H231117_001

券売機の横にはこのようなメニューが貼って有りました。

H231117_002

新商品でしょうか?壁に単体で張り出してあるメニューもありました。

H231117_004

テーブルや壁にはこのような「岩本屋」さんのこだわりがかかれておりました。

H231117_005

ラーメンはこのように麺のかたさ、しょうゆ味、背脂の量、薬味ネギの量をお好みで選べるようになっております。お店の店員さんがマンツーマンでしっかり教えてくれますが、初めてだと普通が判らないので戸惑いますよねcoldsweats01

しかし、なんと「岩本屋」さんは選んだ味が自分の想像と違っていた場合、何度でも作り直してくれるサービスがあるそうです。お客様好みの味が見つかるまで何度でも作り直す…なんというこだわり、これはびっくりです。

悪い時は どうぞいってね

あなた好みの あなた好みの

味になりたい♪

何故か奥村チヨさんの「恋の奴隷」を替え歌にしてしまいました。coldsweats01

H231117_006

メニュー。自分たちが訪れた11月には「岩本屋」さんには、ラーメン(とんこつ醤油)、塩ラーメン(とんこつ塩)、つけ麺、鶏白湯塩ラーメンの四種類のラーメンがありました。

H231117_007

餃子(390円)

H231117_008

大きい餃子、これが五個で390円なら良い感じではないでしょうか?皮は思いのほかもっちりしており、中の餃子餡もしゃりしゃりした歯ごたえが有り、美味しい餃子でした。

H231117_009

鶏の唐揚5個入り(630円)

H231117_010

自分が「岩本屋」さんを知ったのは鶏の唐揚がとにかく大きいと言う情報からでした。確かに大きい、そんじょそこらの唐揚よりは遙かに大きいですね。この前知った唐揚の聖地「ファミリーレストラン 堀井」さんとどちらが大きいでしょうか?

衣はバリバリ系ですね、がりがり音をたててむさぼるように食べるのがよいですねcoldsweats01衣は思いのほか薄味で、唐揚用にマヨネーズを提供しますとお店側が言っていますので、この薄味が「岩本屋」さんの味付けなのでしょか?2個目からはマヨネーズをつけながらいただきました。ばりっとした衣の下にジューシーな鶏肉があって、口の中でそれらを一緒に味わうと美味しいです。

一人で5個とラーメンを食べるのは大変ですが、1個(150円)と3個入り(390円)も販売しているので自分にあった個数を頼むことが出来ます。ただ、割高になってしまうのが欠点ですが…

H231117_011

ラーメン(730円)に煮玉子(100円)をトッピング、背脂少なめ以外は普通でオーダーしました。

H231117_012

醤油とんこつ味のスープ、背脂を少なめにしたせいか、醤油の味がとんこつより勝っているように感じました。とんこつのわりのすっきりとした味わいで飲みやすく、口当たりは醤油で喉越しにとんこつがやってくるようなスープです。醤油もくどい感じではないのでまろやかで美味しいです。

H231117_013

麺は中太の縮れ麺。しっかりとした存在感のある麺で、スープによく絡みます。麺のコシがすごく食感が大変強い感じです。お腹にずっしり来る感じでラーメンを食べたぞ!という満足感が大きいですね。麺だけでも美味しいと思える「岩本屋」さんのこだわりの麺でした。

H231117_014

鶏白湯塩ラーメン(730円)+煮玉子(100円)

H231117_015

鶏がららしからぬコクのあるスープ、最初、とんとつ?と思ってしまうほどでしたが、説明を読む限りとんこつは使われていないはずですが…おそらく刻みきくらげがどうしても博多とんこつを連想させてしまうせいでしょうかね。実際は濃厚な鶏の出汁がじっくり染み出したスープに程よい塩の味付けがよい塩梅で美味しくいただけました。

H231117_017


麺はらーめんとは違った細めの縮れ麺。あっさりとした喉ごしで塩味のスープによくあいます。この塩スープとこの麺なら炒め野菜があれば最高なのですが、博多とんこつを意識したトッピングでも美味しくいただけました。

H231117_018

チャーシュー。半とろぐらいの肉のとろけぐあい、チャーシューも美味しかったのですが、チャーシューの縁の部分の甘みがたまらなく美味しかったですね。

「岩本屋」さんは店員さんがとにかく元気、元気があれば何でも出来る!そんなノリなのかはどうかは知りませんがcoldsweats01店員さんの元気のよさは特筆物です。ただ、注文ごとに店員さんが声を張り上げるとか、ラーメン屋さんというより居酒屋さんのノリの接客なんですよね。ちょっとこの雰囲気は好き嫌いがわかれるところだな、と思います。

お店情報

岩本屋富山二口店

H231117_019

住所 富山市二口5丁目8-7


大きな地図で見る

TEL (076)481-6660

定休日 不定休

営業時間 AM11:00~PM15:00
       PM17:00~AM0:00(平日)
       AM11:00~AM0:00(土日祝)

駐車場はお店の前にあります。掛尾方向からだとお店正面には中央分離帯があって手前の切れ目で右折を試みないと入れません。婦中方向から入るようにお店にこられるほうが安全だと思います。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 野に咲く名も無き花のように 「らーめん はみね」 | トップページ | 「ばりかた」って言ってみたかった 「博多 一風堂 富山店」 »

コメント

ワインの味もわからないのに、とりあえずボジョレーは毎年いただいてるけど
歌い文句は気にしたことなかった!
今年のは2009年のとほぼ一緒じゃないですか( ^ω^ )
しかも2010年に至っては、ちょっと弱気になってますね( ̄ー ̄)ニヤリ

岩本屋さん、ほんと元気ですよね~。
こちらの元気も吸い取らせそうな勢いに圧倒しますわ。

投稿: himachan | 2011年11月17日 (木) 07時30分

岩本屋さん、よく行きます!
麺はかため、ネギ多め、濃さと背脂は普通、が私の定番です。から揚げ1個だけっていう注文ができるのも嬉しいですよねnoodle

しかもお店に入るときと、出るとき、全スタッフが体育会系の大きな声で挨拶してくれる迫力もすごいですよね。( ̄▽ ̄)

投稿: ゆか | 2011年11月17日 (木) 22時02分

>himachan さん

2010年はかなりの弱気に感じますね
自分の中では2003年が最高だったのかな
と思っておりますが
これはキャッチコピーですからね
どこまで信じてよいものやらcoldsweats01

岩本屋さんの元気はビックリするほどでした
あの元気、わけてもらいたいですね

投稿: zen_aiba | 2011年11月18日 (金) 00時11分

>ゆか さん

ネギ多めは次回チャレンジしたいですね
から揚げ一個からはお一人様には便利なシステムですね
これで単価が同じだったらもっと素晴らしいのですがcoldsweats01

帰りに見送りにきていただいて
大きな挨拶で送り出してもらったときは
逆に恐縮してしまいました(;;;´Д`)ゝ

投稿: zen_aiba | 2011年11月18日 (金) 00時13分

こんにちは。ピートだよ。
 
ボージョレ・ヌーボ、毎年騒がしいけれど、
まぁ、要は新酒だから、
そのフレッシュな感じを味わえればよいと思っているんだ。
とはいえ50年に1度が、数年内に何度もあってはいけないよね(笑)。
 
岩本屋さん、ボクはまだ行ったことがないけど、
この唐揚げを見るために行ってみたいと思ったよ。
 

投稿: ピート | 2011年11月21日 (月) 07時59分

>ピート さん

おはようございます
ここ数年50年に一度が連発していますからね
かといって100年に一度もあるので
最高クラスの褒め言葉でもないわけでcoldsweats01

岩本屋さんのからあげの大きさは
一見の価値はあると思います
ラーメンは好みで選択できるのも嬉しいですよね

投稿: zen_aiba | 2011年11月22日 (火) 05時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43039067

この記事へのトラックバック一覧です: あなた好みの味になりたい 「岩本屋二口店」:

« 野に咲く名も無き花のように 「らーめん はみね」 | トップページ | 「ばりかた」って言ってみたかった 「博多 一風堂 富山店」 »