« ビストロの枠を超えた本格派 「ビストロ レザン」 | トップページ | 替え玉王に俺は… 「博多ラーメン いっぽう軒」 »

富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 愛知で紅の空と橙の食べ物を満喫の旅~

11月26日は愛知県に行ってきました。愛知県で紅と橙を楽しんでまいりました。

AM5:45
富山

富山IC 北陸、東海北陸、東海環状自動車道経由 豊田勘八IC 247.8㎞
ETC休日特別割引 3250円

↓ rvcar 14㎞

AM9:30
愛知県豊田市足助町 「香嵐渓」
愛知随一の紅葉名所を散策
PM14:00

↓ rvcar 14㎞

豊田勘八IC 東海環状自動車道 東名高速経由 音羽蒲郡IC 38.5㎞
ETC休日特別割引 650円

↓ rvcar 6㎞ 有料道路オレンジロード(250円)含む

PM15:05
愛知県蒲郡市清田町 「蒲郡オレンジパーク」
オレンジパークにてみかん食べ放題
PM16:05

↓ rvcar 1㎞

PM16:10
愛知県蒲郡市清田町 「えびせんべい一色 えびせん工房」
イカの姿焼きを求めて
PM16:30

↓ rvcar 7㎞ 有料道路オレンジロード(250円)含む

音羽蒲郡IC 東名高速、東海環状、東海北陸、北陸自動車道経由 富山IC 286.4㎞
ETC休日特別割引 3200円

PM21:00
富山
途中でご飯を食べたりしたので遅くなりました

aiba家にしては珍しく固有のご飯屋さんでご飯を食べずに廻ってきました。各地の感想、情報は続きにあります、いつもの通り写真多目です。

Higaeri_2


H231128_000

途中立ち寄った、東海北陸自動車道ひるがのSAはすでに雪が積もって-2度という寒空でした。

H231128_002


香嵐渓まであと3㎞までは順調に来たのですが、そこから国道153号線が渋滞しておりました。迂回路も前もって調べておいたのですが、朝早いからと安心して行ったのが失敗でしたcoldsweats01わずか3㎞の距離に30分以上かかってしまいました。しかし、帰りは8㎞ぐらいまで渋滞しており、ほとんど進まない状態でしたので、自分達はまだ進んだ分だけすいていたということでしょうかcoldsweats01

H231128_001_2

駐車場は歩いて400Mほどのところの、民間駐車場(1日800円)がラッキーにも空いていたのでそこに停めて歩いてきました。その先の駐車場は満車ばかりでかなり待ちの車で混雑していましたので、これは本当にラッキーという状態でした。

H231128_003

香嵐渓(こうらんけい)は愛知随一の紅葉の名所で、全国紅葉名所ランキングにも上位に入っている紅葉スポットです。こちらは入り口近くの大駐車場前から。

H231128_004

飯盛山を中心に足助川と巴川の合流する巴橋から約1km上流の香嵐橋付近まで、約4000本のモミジが紅葉するスポットです。確かに橋から見える景色はモミジだらけです。ただ、今年は秋に入ってからの気温が高かったのと、ここ数日の急激な冷え込みによって紅葉がまばらになったのが悔やまれるところです。

H231128_005

それでも木々の紅葉と穏やかな川のコラボは息を呑む美しさでした。

H231128_006

もみじのトンネルと名付けられた街道。色合いが残念でしたが、さすが毎年大勢の観光客が訪れる観光名所、しっかりと整備されてまわり易い様になっておりました。

H231128_007

山肌に沿うように見事なもみじ、天候も良くて最高の紅葉日和でした。

H231128_008

温かな日差しの中、もみじに囲まれた街道をゆっくり嫁と散策するのは、贅沢な時間の使い方です。見渡す限りのもみじ、真っ赤に染まってはいませんが、それぞれのもみじが違う色というのも、それはそれで自然の風情があって心地よいものですね。

H231128_009

香嵐渓は広いです。そして、いろんな角度から紅葉を見ることが出来るので、見る角度によって太陽の日差し、木々の形、周りの風景が変わり、紅葉の具合が違って見えるので、ゆっくりゆっくり紅葉を楽しむことができます。

H231128_010

川の流れがとても穏やかなのもポイントが高いですね。

H231128_011

香嵐渓には香嵐橋というつり橋がかかっています。

H231128_012

最初に巴橋という普通の橋からも普通に渡って普通に橋の上からも写真を撮れたので、問題なかろうとつり橋に向かいましたが…

H231128_013

揺れる橋が怖くてただひたすらまっすぐ渡るだけしかできなかった高所恐怖症のaibaでした。「怖いなら渡らなきゃいいのにcoldsweats01」と嫁から心配されてしまいました(´・ω・`)ショボーン

H231128_014

それにしても広大な敷地、かなり多くの観光客が訪れていると思うのですが、人の多さを感じずにいられる場所が多々ありました。のんびり紅葉を愛でるのはやはり静かな場所がいいですよね。

H231128_034

あでやかな紅のもみじ、素晴らしいというほかありませんでした。

H231128_026

見上げると紅の空、紅に染まる空は美しいですね。

H231128_016

水面に映るもみじも綺麗でした。もみじの名所を何箇所か回ってきましたが、やはり水ともみじの相性はいいですね。

H231128_015

一方、人の大勢おられる広場には、猿回しのイベントやら、屋台、お土産屋さんなどが多数有り、大勢の人でごったがえしておりました。

H231128_018

 

香嵐渓にはいたるところに出店、お土産屋さんがありました。このあたりは一大観光スポットとなっているならではですね。

H231128_020

大五平餅をいただいたり

H231128_043

木の芽田楽を食べたり

H231128_017

出店でたこ焼きを食べたり

H231128_021

お土産屋さんで実演販売をしているもみじ饅頭

H231128_022

といってもパッケージまで完全機械任せでしたが

H231128_023

出来立て、焼きたてのもみじ饅頭は美味しかったです。いままで食べてきたもみじ饅頭とは何だったのか、と思わせる美味しさでした。あつあつのもみじ饅頭は美味しい、この日の発見の一つですcoldsweats01

H231128_024

その他にも足助村名物しし鍋。

H231128_025

ししコロッケなどを食べながらもみじ鑑賞を続けました。

H231128_027

もみじの葉を揚げたというもみじの衣あげ。原材料にはもみじと書かれていて、本当にもみじの葉を揚げていました。味、食感はかりんとうのようで甘かったですが、もみじの葉は別段味がしませんでしたcoldsweats01このほかにも生せんべい、豆腐ういろうなど今までに見たことの無いお土産が販売されていて、それらを見てまわるだけでも楽しかったです。

H231128_028

香嵐渓の散策を堪能した後は蒲郡市に移動。メロン狩りにて何度か足を運んでいる蒲郡オレンジパークにお邪魔しました。本来なら、お昼ご飯を食べに行く予定でしたが、香嵐渓への移動、散策に思いのほか時間がかかったこと、香嵐渓での立ち食いで満足していたことでなどで、お昼ご飯は無しにしてこちらにお邪魔しました。

H231128_029

オレンジパークにて初めてのみかん狩りです。大人1155円、子供1050円、幼児525円で、大人と子供にはみかんのお土産がついて、園内時間無制限でみかんが食べ放題です。

H231128_030

素晴らしい!見渡す限りのみかん!!大きく実ったみかんが、それこそ星の数ほどありますよ。

H231128_032

広大な敷地で、自由にみかんを選んで食べ放題です。どの木にもたくさんのみかんが実っていました。「大好きなみかんに囲まれて、自由に食べられるなんて、ああ、自分はここで死んでもいいhappy02」「迷惑だからやめてねhappy01」という嫁とのノリツッコミを交わしながら、みかん狩りの開始です。

H231128_031

みかん、嫁がみかん狩りの前に仕入れていた情報によりますと、みかんのお尻がちゃんと下を向いているのが美味しいのだとか、それを見つけてゲットしていきます。で、その下を向いているみかんなのですが、いっぱいありすぎてどれを取ろうか迷ってしまうほどあったのですがねcoldsweats01

H231128_033

みかん、木からもいだばかりのみかんは、普段食べているみかんよりみずみずしい感じがしますね。

H231128_035

晴れ渡った空の下で食べるみかんは美味しいですね。時間も無制限で食べ放題、嫁と二人で敷地内の木を食べ歩いて、何個食べたかわからなくなるほど食べました。嫁も自分もみかんが大好きだと言うことはわかりましたcoldsweats01

H231128_036

受付でもらえるプラスチックのバックに入るだけのみかんをお土産として持ち帰れます。お土産のみかんを吟味するのもまた楽しい作業でした。蒲郡オレンジパークでのみかん狩りは、山の斜面に沿ったみかん畑で行われるため、足元がけっこう不安です。運動に適した靴をはいていくといいと思います。また、畑にはトイレがなく、500mほど歩いた施設に戻らないといけないので、事前に準備をしていきましょう。

H231128_037

蒲郡オレンジパークには生みかんジュースが販売されておりました。しかし、前回のメロン狩りの教訓から、みかんを腹いっぱい食べた後に生みかんジュースは危険だと学んでいたのでcoldsweats01

H231128_038

みかんソフトの、それもミックスにしておきました。みかんソフトも美味しいですが、やはりみかんを腹いっぱい食べた後だと感動が薄れますねcoldsweats01

蒲郡オレンジパーク

HP  http://www.orepa.jp/

住所 愛知県蒲郡市清田町小栗見1-93


大きな地図で見る

TEL (0533)68-2321

定休日 時期によって異なる(詳しくはHPを参照)

営業時間 AM9:00~PM17:00

みかん狩りは予約不要、ただしPM15:30までに受付を済ませる必要があります。駐車場は完備されております。

H231128_039

みかんを堪能した後は、aiba家が蒲郡で一番美味しいと思っているものを購入するために、「えびせんべいの一色屋」さんの直売所「えびせん工房」に移動します。

H231128_040

えびせんべい屋さんなので各種せんべいも取り揃えておられますが、aiba家の目当ては

H231128_041

こちらのイカの姿上げ(420円)です。注文を受けてから揚げてくれます。この揚げたてイカがめっさ美味しいのです。蒲郡市にきたらこれだけは食べておいてって本気でお勧めしますよ。

H231128_042

新鮮なイカを刺身にして食べることに関しては富山は最高ですが、調理して食べるということに関しては太平洋側に軍配があがるのではないでしょうか?こんな美味しいイカの姿揚げ、富山で味わったことがないですよ。2パック買ったのですが、その場で速攻食べてしまったので、追加で1パック購入して、帰りの道中でつまみながら帰りました。

えびせんべいの一色屋 直売所 えびせん工房

HP http://www.isshikiya.co.jp/

住所 愛知県蒲郡市清田町上大内33-1


大きな地図で見る

TEL (0533)66-1001

定休日 年中無休

営業時間 AM8:00~PM18:00

駐車場完備。各せんべいの通信販売もあります。いかの姿焼きの真空パックの通信販売もあるのですが、品質維持のたま7月から9月の間は取り扱い停止中とのこと。

今回は珍しく、ご飯屋さんに寄らない日帰りの旅でしたが、美味しいものを相変わらず食べまくった道中でした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« ビストロの枠を超えた本格派 「ビストロ レザン」 | トップページ | 替え玉王に俺は… 「博多ラーメン いっぽう軒」 »

コメント

aiba家にしたら食べてる量が少ないような…
でもみかんをお腹いっぱい食べた後に
みかんソフトを食べる…それはaiba家ならではですね(*≧m≦*)
イカの姿揚げ、ビールに最高合いそうだわ~(* ̄ー ̄*)

投稿: himachan | 2011年11月28日 (月) 21時03分

>himachan さん

香嵐渓ではいろいろ試食したり
買い食いしたりしたのですが
写真を撮ってないものが多いので
少なく見えたもしれませんね
でも、ちゃんとしたお店で食べてないので
腹八分と言った感じでしょうかねcoldsweats01

みかんの後のみかんソフト
食べてる人はいませんでしたcoldsweats01
なかなか手の出せる代物じゃないですね

イカの姿揚げ、ビールのお供に最高です
賞味期間の長い真空パック入りもあって
6パックほど買って来たのですが
すでに3パック、嫁がビールと一緒に消費しましたcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年11月28日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/43170851

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~愛知県に行こう 愛知で紅の空と橙の食べ物を満喫の旅~:

« ビストロの枠を超えた本格派 「ビストロ レザン」 | トップページ | 替え玉王に俺は… 「博多ラーメン いっぽう軒」 »