« THE うどん 「うどん万福」 | トップページ | 憬れの昭和カレー 「お食事処 庵」 »

富山向けアレンジ 「てっぱん?」

H24年6月現在、閉店しているとの情報をお寄せいただきました

「くろべブラック焼きうどん」という富山県黒部市の黒部商工会議所青年部の方々が考案したB級グルメを紹介しているニュースを見ました。

「くろべブラック焼きうどん」……気のせいかお隣新潟県の糸魚川市に「糸魚川ブラック」という焼きそばがあったような…パク…いやいやいやオマージュ作品という奴ですかねcoldsweats01

「糸魚川ブラック」とのもっとも大きな違いは、焼きそばと焼きうどんということも有りますが、色のつけ方ですね、「糸魚川ブラック」はイカスミで黒く色付けしたの対し、「くろべブラック焼きうどん」は食用竹炭パウダーをうどんに練りこんで、黒いうどんに仕上げていることですかね。

まだ、提供しているお店はありませんが、9月24日、9月25日に行われる「くろべフェア2011」にて限定400食を500円にて販売するとのことでした。近年のB級グルメブームを見てきましたが、定着しないで消えるB級グルメも数多く有ります、「くろべブラック焼きうどん」にはなんとか定着して黒部市の名産になってもらいたいですね。

さて、今回は平成23年7月20日に富山市綾田にオープンしました「てっぱん?」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230914_000


検索用ワード 鉄板焼きホルモン 豆腐ステーキ

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「てっぱん?」さんの店内の写真です。テーブル席とカウンター席、小上がりの座敷席とかなりのキャパシティーがあります。

前回訪れた時の記事に「タン」さんから焼きそばが美味しいとのコメントをいただきましたので、気になって2度目の来訪となりました。

H230914_001

メニューのレイアウトが前回のときと異なっておりますね。

H230914_002

一部メニューが消えたり増えたりしていますが特に大きな変更はないみたいですね。

H230914_003_2


正直、ホルモンと豆腐ステーキがあれば無問題ですよ。

H230914_004_2

塩おにぎり(150円)がバクダンおにぎり(200円)になっていますね…

H230914_005

ホルモン(380円)の二人前、味は普通と濃い味が選択できますので、濃い味でオーダーしました。

H230914_006

熱々のてっぱんからばんばん油が跳ねてきます。紙エプロンがもらえないのです服装には注意が必要ですが、そんなことはこの美味しそうなホルモンの前ではほんの些細なことにしか過ぎませんね。


H230914_007

味が前回よりちょっと変わってますね…より富山よりになったといますか、味噌風味が薄れて醤油と塩がきつめになって、辛いというよりくどい系の味になってますね。富山ではこちらの味のほうが好まれるのでしょうかね?濃い味は本当に濃い味になっていました。普通でオーダーしておけばよかった。

H230914_008

豆腐ステーキ(380円)二人前。

H230914_009

鉄板でじゅうじゅう焼ける豆腐、醤油のこげる香り、たまりませんね。

H230914_010

豆腐は自分が本家と思う高山市の「国八食堂」さんより柔らかめですが、焼いた表面と焦げた醤油の味がたまりませんね。しかし、自分も「タン」さんがコメントをしていただいたように、ホルモンの味が濃すぎて、こちらの豆腐の味が感じにくいと思いました。豆腐は美味しいのですが、豆腐とホルモン濃い味を交互に食べると味がぼやけてしまいますね。

H230914_011


バクダンおにぎり(200円)

H230914_012

なるほど海苔を巻いて、バクダンに見えるようにしたのですね。相変わらずの大きいおにぎりで安心しました。

H230914_013

なんといってもご飯物にお味噌汁が付いて来たのが、前回と大きく違うところ。これで夜も安心して行けますね。

H230914_014

鱒寿司(400円)、お茶漬けを頼む予定でしたが店員さんから「今日は鱒寿司がありますよ」とお勧めされましたので、富山の鱒の寿しをこのなく愛する自分としましては頼まざるをえないですね!

H230914_015

笹の感じ、しゃりと鱒の身の厚さ…

H230914_016

そしてこの薄い色合いの鱒、全体的に薄味ですが上品な味付けのこの鱒寿しは富山市上本町にある「鱒寿し 紀雅本舗」さんのものですね!と何のヒントもなしにあてられれば完璧だったのですがcoldsweats01入ってくるときにレジのところで「鱒寿し 紀雅本舗」さんの鱒寿しのチラシが置いて有りましたので、予想通りのものが出てきたといったところでしょうか(;;;´Д`)

ただ、ここでこの富山の鱒の寿しを食べ比べてきた自分に当たらしい発見。ホルモンと鱒の寿しはあわないですねcoldsweats01ホルモンには白いご飯が一番合いますね、鱒の寿しだとちょっと相反するところがありますね。

H230914_017

焼きそば(600円)

H230914_018

太目の焼きそばが美味しいそうですね。

H230914_019

ちょっと甘めのソースの味が太い麺と相性ばっちりで美味しいですね。この甘めの味付けでホルモンがあればいいのになぁ、と思ってしまいました。ホルモン濃い味は根っからの富山県人向けにアレンジされてしまったのでしょうかね?石川県出身者には濃すぎて味がっわからなくなってしまうほどでした。次回は普通の味を食べることとしましょう。

お店情報

てっぱん? 

H230726_022

住所 富山市綾田2丁目4-6


大きな地図で見る

TEL (076)432-1999

定休日 水曜日

営業時間 AM11:00~PM14:30(LoPM14:00)
       PM17:00~PM22:00(LoPM21:30)

駐車場はお店の周りにあり、さらに奥にもあります。お隣の雀荘とは共有ではなく、それぞれ固有の駐車場ですので、ライン内に書かれている文字を見るか、お店の前にある張り紙にて確認をお願いいたします。

H230726_102

ちょっと判りにくいかもしれませんが、お店の周りの黄色部分が「てっぱん?」さんの駐車場です。灰色の部分は雀荘の駐車場になっています。てっぱん焼きはおもいっきり油がはねます。紙エプロンとかはもらえませんので、跳ねてもいい服装でお邪魔したほうがいいと思います。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« THE うどん 「うどん万福」 | トップページ | 憬れの昭和カレー 「お食事処 庵」 »

コメント

昨日、全国のご当地グルメを紹介する番組を見ました。千葉県のあなごの丼、岐阜県郡上市(かな?)串で食べるカレーなどが紹介されていました。富山県でも、TVにとりあげられるようなご当地グルメができれば地域の活性化になっていいですよね。


てっぱん?さんの味は、塩気が強いのではないでしょうか。アルコールを飲んでいないと、より塩からさを感じてしまいますよね。
ホルモンやいか焼きなども、焼きそばのように少し甘さがあってもいいと思います
(o^-^o)

ちなみにホルモンは普通味でも、十分濃いと感じました(笑)

投稿: タン | 2011年9月15日 (木) 15時43分

ランチに1回、夜に1回お邪魔したんですよ~。
写真撮り忘れたんで、ブログに書いてないけどbearing
ランチで息子がホルモン食べたけど、タンさんと同じく普通味でも濃いって言ってました。

夜にビールをお供に食べたときは、ホルモンも
イカ焼きもおいしかったです~( ̄▽ ̄)
かきフライ?はその名の通り、かきフライ???でした\(;゚∇゚)/

投稿: himachan | 2011年9月15日 (木) 22時12分

>タン さん

串で食べるカレーが大変気になりますね
郡上市なら遊びにいける距離ですからね
富山県は地域の特産品が美味しいものが多いので
是非ともご当地グルメを活性化させてもらいたいですね

普通でも辛いのですか…
濃い味を頼んでこれは厳しいと
悶えていたのですが
普通も辛くなったのですね…

投稿: zen_aiba | 2011年9月16日 (金) 00時15分

>himachan さん

やはり普通でも味が濃く感じる
味になっているって事ですかね…
初めて行ったときはそうでもなかったのですが
もっと味噌風味が強くて
辛いという感じではなかったのですが
ビールのお供のために味を変えたのですかね?
?付きのメニュー
なんのひねりもなしですか?
それは寂しいですね(^-^;

投稿: zen_aiba | 2011年9月16日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41704801

この記事へのトラックバック一覧です: 富山向けアレンジ 「てっぱん?」:

« THE うどん 「うどん万福」 | トップページ | 憬れの昭和カレー 「お食事処 庵」 »