« 秋の秋刀魚尽くし 「市場亭」 | トップページ | 皿からこぼれ落ちそうなミックスフライ 「とんかつ はぎ亭」 »

上げ底ならぬ下げ底!? 「台湾料理 台北1+1(たいぺいじゃい)」

昨日、車で走っていると、本屋の駐車場で転倒しているクレーン車を見ました。工事中に事故があったみたいですが、酷いことになっていましたね……工事の為、駐車場は規制がかけられたいたみたいで、一般車両などには影響がなかったように見えましたが、クレーン車のクレーンが地面に激突してへし曲がり、クレーンを支点にして倒立しているように見えるほど派手に転倒していた恐ろしい状態でした。

仕事中の安全確認はしっかりしないといけないな、と身が引き締まるような思いがする事故でした。

さて、今回は富山市秋吉に平成23年8月にオープンしました「台湾料理 台北1+1(たいぺいじゃい)」さんにお邪魔させていただきました時の記事になります。

H230927_000

検索用ワード お得な台湾料理 食べ放題もあります

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報を続きにあります

Gurume

写真は「台北1+1」さんの店内の写真です。リンクを貼らせていただいている「ちま子」さんのブログにて紹介されており、ウェイトレスのお姉さん達がピンクのチャイナ服風の制服を着ているということでしたので、お邪魔してみました。

チャイナ服は男の浪漫!そうは思いませんか?

しかし、「台北1+1」さんはこれで「たいぺいじゃい」とルビがふってある名刺をいただきましたが、表の看板では「台北」に「たいぺい」、「1+1」に「いじゃい」とルビがふってあり「たいぺいいじゃい」になっているのですが、どちらが正しいのでしょうかね?

以前は元回転寿司屋さんでしたが、まったくその面影は残っていませんでした。テーブル席に小上がりの座敷席、キャパシティーは最大90名とお店の看板に書かれておりました。

H230927_001

定食メニュー。夜でも上の注文可能のようでした。らーめんセットも750円になりますが注文可能とのこと、ランチは600円、台湾系のお店はどこもお得なお値段設定になっていますね。

H230927_002

最近、富山で乱立する台湾系のお店の特徴がこちらのメニュー。綺麗に作られていますね。

H230927_003

品数も

H230927_004

覚えきれないほど

H230927_005

あるのが特徴ですね。

H230927_006

本当に何種類あるんだ、というくらい品数が多いです。単品は280円~680円の間のお値段設定でかなりお得な値段設定でした。

H230927_007

四人以上限定ですが、予約をすれば2980円で食べ放題が可能です。このシステムは「八仙 新庄店」さんでもありましたね、というか、ウェイトレスのお姉さんの中に「八仙 新庄店」で見たお姉さんがおられたのですが…台湾系のお店ってなんといいますか、組合的ななにかがあって相互協力とかされているんでしょうかね?

チャイナ服については男の浪漫をくすぐるほどのものではなかった、そうとだけ言っておきますねcoldsweats01あくまでチャイナ服風の制服でしたね。

H230927_008

メニューブックとは別のメニューがありました。注文終えてから発見したのですが、揚げバナナの甘ソースがけとか気になるメニューがありますね。こちらのメニューはちょっと高めの値段設定ですね。

H230927_009

台湾風冷奴(280円)

H230927_010

台湾系といえばこのメニュー。ちょい辛肉味噌ソースをぶっかければ台湾風なのでしょうかね?速攻でてきますし、これをつまみながらゆっくり後の料理を待つのがいいですよね。豆腐の量が結構多いので、これとご飯だけでもいいんじゃないかと真剣に思ったりします。

H230927_011

鉄板きのこ(680円)

H230927_012

鉄板が凄く熱せられていて、テーブルの上でもぐつぐつ沸騰しています…ネコ舌の自分にはちょっとつらいですね。

H230927_013

薄めの醤油味の中華餡にたっぷりきのことお野菜、これはめっさヘルシーですね。680円にしてはかなりの量のきのこが入っていますし、とろみのある中華餡ときのこの組み合わせも美味しいので、かなりお得なメニューですよ、これは。

H230927_014

台湾風ラーメン(360円)

H230927_015

やっぱり肉味噌。これぞ台湾風。

H230927_016

肉味噌と辛味油で表面は脂ぎって感じますが、ごくごくスタンダートな醤油味のスープです。

H230927_017

縮れ麺とも絡んで美味しいですね。360円でこのラーメンがいただけるのは素晴らしいことですね。

H230927_018

コマ焼き(680円) 豚肉とニンニクの特製ソース

H230927_019

山盛りです。お肉も皿から溢れそうなくらい盛って有り、備え付けのキャベツがめっさ山盛りで、普通のお店のサラダ分くらいは軽くあると思われるくらい盛って有ります。

H230927_020

ちょっとくどいくらいのソースと豚肉、ごはんがとても恋しくなる味でした。これをご飯に盛って食べたら最高に美味しいでしょうね、と思わざるをえない味でした。ニンニクも豪快にごろごろはいってます。こいつはスタミナがつきそうですね。

H230927_021

水餃子(380円)

H230927_022

タレはついてこなかったので、テーブルにあった餃子のタレでいただきました。スープに浮かんで運ばれてきました。自分の中の水餃子のイメージはスープにはいってくるこの状態なので、水餃子ですねって素直に思いました。ふにっとした皮の感触が焼きとは全然違いますね。

H230927_023

焼きそばあんかけ(580円)

H230927_024

なんとも豪快な盛り付けで、どんぶりみたいな器に盛られてでてきました。大盛りにしてないのですが、普通のお店の大盛り以上の量があると思います。麺にはところどころ焦げがある正しいあんかけ焼きそばの姿ですね。餡は薄味であっさりタイプの中華餡でした。

H230927_025

紀氏四川飯(480円)

H230927_026

メニューのところどころに紀氏○○と言う料理があって紀氏ってなんだろう、台湾の地名かなにかかと思っていましたが、お店の名刺に店長 紀 と書かれていましたので、紀さんが作る四川飯ということなのでしょうか?中華卵丼の上にチンジャオロースのような餡がのっておりました。

H230927_027

紀氏四川飯も丼の様な器ででてきました。上げ底ならぬ下げ底、ある意味メニューの写真からは想像できない量でしたcoldsweats01480円とは思えない量です。普通の店の大盛りどころか、2倍はあるのでは、と思わせる量でした。写真で判りますように刻んだ唐辛子と一緒に炒められていますので大変辛い味付けです。卵の甘みが有りがたく感じて、辛いチンジャオロースと中華玉子丼、この組み合わせはとても美味しい組み合わせですね。

H230927_028

ある意味惨劇とかしたテーブルcoldsweats01「台北1+1」さんの厨房は四人体制でしたので、ものすごい勢いで料理が配膳されてきました。台湾風豆腐を食べ終わる前に全部来るとか…ちょっと早すぎな感じもしましたがcoldsweats01余りの量の多さに食べきれずギブアップしてしまいました、お持ち帰りようのパックを頂けましたので、ありがたく持ち帰りをさせていただきました。いやぁ、本当に凄い量でした。

お店情報

台湾料理 台北1+1

H230927_029

住所 富山市秋吉字98番地


より大きな地図で 台湾料理 台北1+1 を表示

TEL (076)491-8432

定休日 年中無休

営業時間 AM11:00~PM14:00
       PM17:00~AM0:00

駐車場はお店の前にあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 秋の秋刀魚尽くし 「市場亭」 | トップページ | 皿からこぼれ落ちそうなミックスフライ 「とんかつ はぎ亭」 »

コメント

どんだけ注文しとんですか!! 笑
惨劇 ( ̄▽ ̄)
見ただけで、おなかうぃーです。

持ち帰りができて、救われましたね。爆

投稿: ちま子 | 2011年9月27日 (火) 21時27分

検索してみたけど、「1+1」でなんて読むのか
全然出てきませんね(^-^;
しかし、お得な値段設定の台湾料理屋さんがほんと
増えましたよね~。
そしてどこの店も料理が出てくるのがめっちゃ早くないですか?
普通に頼んでも安くて量が多いとなると、食べ放題飲み放題は
はたしてほんとにお得なのか?と考えてしまいました( ^ω^ )
ま、いっぱい飲む人がたくさんいればお得ですよねーψ(`∇´)ψ

投稿: himachan | 2011年9月27日 (火) 21時47分

>ちま子 さん

値段が安かったので思わず注文したところ
惨劇がまっておりましたcoldsweats01
台湾系のお店の量の多さを
すっかり失念しておりましたよ(;;;´Д`)ゝ
日本のお店の量なら食べられたはずなのですがcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年9月28日 (水) 06時29分

>himachan さん

「1+1」台湾では何か意味があるのか
自分も検索したのですが
それらしいものは発見できなったですね
台湾系のお店は本当に増えましたね
そして、どのお店も出てくるのが早いですね
あっという間にテーブルが埋まりましたよ
このお店で2980円飲んで食べるのは
無理なんじゃないかと
この日、テーブルの上の惨劇を
見ながら思いましたね…
これで三千ちょっとだったんですよ…

投稿: zen_aiba | 2011年9月28日 (水) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/42051659

この記事へのトラックバック一覧です: 上げ底ならぬ下げ底!? 「台湾料理 台北1+1(たいぺいじゃい)」:

» 台北1+1 [富山発 ラーメン そば 麺屋徘徊]
[画像] 近所にあった回転すしのお店が無くなって、台湾料理のお店になっていた。  台湾ラーメンって食べたことが無くて、ちょっと興味があったので訪ねてみた。 [画像] ランチタイムはラーメン+飯物で600円のラーメンセットがあるようで、 台湾ラーメン+回鍋飯を注文。  麺の量は少なくも出来るようだ。 [画像] 台湾ラーメンは単品だと360円  かなりお得感があります。  醤油ラーメンに挽肉を唐辛子等と炒めた肉味噌がトッピングされている。  激辛ラーメンのような風情だけど、そんなに辛くは無いし、意... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 22時02分

« 秋の秋刀魚尽くし 「市場亭」 | トップページ | 皿からこぼれ落ちそうなミックスフライ 「とんかつ はぎ亭」 »