« 去り行くメニューと行き残ったメニュー 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | 富山向けアレンジ 「てっぱん?」 »

THE うどん 「うどん万福」

富山のローカルニュースを読んでいたところ、「富山に新ご当地ヒーロー」との気になる見出しを発見いたしました。

富山の新ご当地ヒーロー…ついに私が常日頃から「TOYAMAレンジャー」と訴え続けているヒーロー達の中から誕生なるか!とドキドキしてニュースを読んだところ

新しいヒーローは「自転車・自動車の盗難を防ぐため、カギかけの大切さを伝えるニューヒーロー、その名もKEYレンジャーです」とのこと…富山まったく関係ないじゃんヾ(--;)ぉぃぉぃ、と思わず突っ込みをいれたくなったヒーロー?でした。

誰か私の考案した「えっちゅう戦隊TOYAMAレンジャー」

鱒寿司・レッド
ほたるいか・ブルー
雷鳥・グリーン
チューリップ・ピンク
ラーメン・ブラック

を実現してくれる自治体や企業はないものですかね…

さて、今回は射水市白石に店舗を構える「うどん万福」さんにお邪魔させていただきました時の記事になります。

H230913_000

検索用ワード うどん 出汁の効いたカツ丼 わかめうどん

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「うどん万福」さんの店内の写真です。カウンター席、4人用テーブル席、奥には小上がりの座敷席もあって、キャパシティーは結構あるお店でした。

「うどん万福」さんはコメントを寄せていただいている「ともきち」さんのブログ、「高岡なる街」にて紹介されており、今は亡き福光の「さぬき庵」さんのわかめうどんを再現したわかめうどんをいただけるということで、「さぬき庵」さんの大ファンだったaiba家としては、これは行かずにはおられまい、ということで足を運んできました。

H230913_003

メニュー。うどんには注意書きが書かれており、通常盛りでうどんが二玉入り、少食の方は申し出てください、となっておりました。

H230913_004_2


わかめうどんが550円ですと!?ええっ?驚くほど安いですね。

H230913_005_2

様々なうどんのバリエーションがありますね

H230913_006

冷たいうどんのメニュー。


H230913_007

わかめうどんを食べると決めていた自分はメニューを詳しく見てなかったのですが、冷天ぷらうどんなる、一風変わったメニューもありますね。

H230913_008

ご飯ものメニュー。

H230913_009

ご飯物についているうどんは頼めば外してくれます。

H230913_010

厨房の前には居酒屋的なメニューも張り出してありました。

H230913_001_2

生ビール(550円)

H230913_002

お通しには自家製のお漬物。塩加減がいい感じで美味しい漬物でした。

H230913_011

だし巻き玉子(450円)

H230913_012

うどん屋さんでだし巻き玉子というのもどうかと思ったのですが、このだし巻き玉子が美味しい、ふんわりと仕上がった絶妙の玉子に、出汁が見事に玉子の甘みを生かす味で、玉子本来の甘みを十分に感じられる美味しいだし巻き玉子でした。

H230913_014

冷梅おろしうどん(650円)

H230913_015

すっきりとした出汁に梅の酸味が効いて、その酸味を冷たさがより一層美味しくしてくれています。この梅の味をいかした冷たい出汁はいいですね、もっと早く出会っていれば、今年のめっさ暑い夏にこの味を求めて何度も足を運んだことでしょう。

H230913_016

うどんはちょっと細めの柔らか目のうどん。「うどん万福」さんのうどんの茹で具合は柔らかめにしているそうで、固めが好きな人は注文時に言ってくだされば固めに茹でますよ、とは店主殿のお言葉。うどんからは直にうどんの美味しさが味わえる、シンプルながらこのシンプルなうどんが今なかなかないので、久しぶりにうどんを食べれるお店に出あった気がしました。いいですね、シンプルで味の濃いうどん、美味しいです。

H230913_013

ミニカツ丼(480円)とわかんめうどん(550円)

H230913_017

海苔が散らしてあるカツ丼ですが、卵の半熟具合がなんともそそりますね。

H230913_018

見事!

H230913_019

さくりと揚がっているカツにじっくりと出汁が染みていて、なんともカツ丼のカツという表現が似合うカツ。これは素晴らしいカツ丼ですね。

H230913_020

ご飯にもたっぷり染み込んだ出汁、素晴らしい、これは美味しい正しいうどん屋さんで食べるカツ丼です。一気にかっこむように食べてしまえる美味なるカツ丼でした。

H230913_021

わかめうどん。わかめが本日はもう少ししか残ってないので値段を安くしますね、と店主殿からいわれました。これでも値段(550円から450円に)ならたっぷり入っているほうだと思うのですが…、あと、店主殿とお話しする機会があり「高岡の知人よりここのわかめうどんが福光のさぬき庵さんの味を再現してると聞いて」とお話したところ、「ブログの方ですね、あの方は影響力は凄いですね、今日も何人もおいでになられましたよ」とにこやかに話しておられました。さすが「ともきち」さんの「高岡なる街」、行動力のある読者の方が多いですね。

H230913_022

さっぱりの目のかつお風味の醤油出汁、ああ美味しい、この薄めなのですが口の中にじんわり広がる味がたまらないですね。わかめもいい感じに煮えていて美味しい。

H230913_024

冷たいうどんに比べるとさらに柔らか味をましたうどん、このぐみぐみっとした感触でありながらづるんとした喉越しを味わえるうどん、いいですね、ここ最近お目にかかれなかったうどんです。まさにうどん、THE うどんですね。そして、うどんとわかめと出汁の感じ、ああ、これは確かに福光にあった「さぬき庵」さんを思いだしますね~。

店主殿も気さくな方で、あと、ご自身も食べ歩きが趣味とかで休みの日には色々なお店に食べに行くのだとか、ご店主殿の色々な経験が様々なところに感じられるよいお店でした。本当にいいうどん屋さんを紹介していただきました。ともきちさんに感謝です。次回は天ぷらを味わってみたいところです。

お店情報

うどん万福

H230913_025

住所 射水市白石594-1


大きな地図で見る

TEL (0766)59-2929

定休日 木曜日

営業時間 AM11:30~PM14:00
       PM17:30~PM21:00

駐車場はお店の前に有ります。お店は少しわかりにくい所に有りますが、MPSロジスティック富山事業部の工場の横にあります。とりあえず一番でっかい工場を目指してください。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 去り行くメニューと行き残ったメニュー 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | 富山向けアレンジ 「てっぱん?」 »

コメント

滋賀版ヒーローも考えてみました

レッド…近江牛
グリーン…ふなずし
ピンク…ビワマス
ブルー… ブルーギル
ブラック…ブラックバス

固有種と外来種が 遺恨を忘れ手を携えて悪に立ち向かうところがポイントです

投稿: dendoroubik | 2011年9月15日 (木) 23時37分

>dendoroubik さん

ほぼすべて琵琶湖に
関係するものになってしまうのですね
さすがは琵琶湖
ブルーギルとブラックバスは
悪の組織の一員が似合うような(;;;´Д`)ゝ

投稿: zen_aiba | 2011年9月16日 (金) 00時25分

ここの近所に住んでます!

万福おいしいのに、あんまり宣伝していないし、すぐ休みになるんですよぉ~w

次てんぷらとのことで、卵のてんぷら食べてみてくださいねぇ~

投稿: ryu | 2011年9月16日 (金) 10時06分

>ryu さん

初めまして、zen_aibaです
万福さん、そんなに不定期に休まれるのですか?
ご店主殿は真面目そうだったので意外ですね

卵の天ぷら?
それは気になるメニューですね
是非、食べてみたいです

コメント、情報ありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2011年9月16日 (金) 23時46分

いや~さっそく。
メニューも豊富で安心できるうどん屋さんが見つかりました。あれから3度ほど伺いました。
厳密には、あの伝説のわかめうどんではないのですが、嬉しいメニューですよね。(伝説はわかめがもう少し弾力があって、お出汁がもう少し洗練されて、シャープな感じがした記憶が。)
とある高街のイタリア料理のシェフの原点は「さぬき庵」さんだったそうです。今度その方にも「万福」さんに伺っていただいて、うどんの感想を聞いてみたいと思います。
これからもブログ楽しみに拝見いたします。

投稿: ともきち | 2011年9月17日 (土) 20時04分

>ともきち さん

はい、さっそくお邪魔させてもらいました
うどんのバリエーションが多くて
何回通っても飽きがこなさそうですよね
確かに伝説は三陸産(だったはず)のわかめで
「万福」さんは鳴門産でしたから
わかめの歯ごたえが微妙に違い
染み出している味もやはり違いが有りますね
しかし、現状では三陸産は望めないので
こればかりはどうしようもないですよね…

「万福」さんのご店主殿もいっておられましたが
「さぬき庵」さんはいろんなところに影響を与えてますよね
やはりあの店は伝説と呼ぶに
相応しいお店でしたね

こちらこそ、これからも参考にさせていただきます
よろしくお願いいたします

投稿: zen_aiba | 2011年9月18日 (日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41679694

この記事へのトラックバック一覧です: THE うどん 「うどん万福」:

« 去り行くメニューと行き残ったメニュー 「Art&Cafe 胡風居」 | トップページ | 富山向けアレンジ 「てっぱん?」 »