« 山奥の美味しい倶楽部 「東福寺野倶楽部」 | トップページ | 去り行くメニューと行き残ったメニュー 「Art&Cafe 胡風居」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 黒姫高原コスモスダリアの旅~

9月10日は長野県上水内郡信濃町の「旬花咲く黒姫高原」を中心に駆け抜けてまいりました。前日まで出張で帰りが何時になるかわからなかったので、この日は出かけられないかと思っておりましたが、意外とスムーズに出張から帰ってこれたので、なんとか睡眠を取って出かけることができました。

富山
AM8:20

富山ICから北陸自動車道経由上信越自動車道妙高ICへ 149.7km
ETC休日特別割引 1850円

↓ rvcar 6km 

AM10:15
長野県上水内郡信濃町 「ぼーしや」
絶品フレンチトーストで遅めの朝食
AM11:20

↓ rvcar 6km

AM11:35
長野県上水内郡信濃町 「旬花咲く黒姫高原」
満開のコスモス・ダリアを鑑賞 果物食べ放題も
PM13:15

↓ rvcar 7km

PM13:30
長野県上水内郡信濃町 とうもろこし
野尻湖から戸隠に向かう県道36号線のとうもろこし屋さんでとうもろこし
PM14:00

↓ rvcar 18km

PM14:40
長野県上水内郡飯綱町 「しぜんこうぼのぱんや きなり」
隠れ家チックな「きなり」さんでパンを購入
PM14:50

↓ rvcar 10km

PM15:10
長野県中野市永江涌井 「涌井せんたあ」
安くて美味しくボリュームたっぷりな涌井そばを味わう
PM16:00

↓ rvcar 16km

信濃町ICから上信越自動車道経由北陸自動車道富山ICへ 154.8km
ETC休日特別割引1900円

PM18:15
富山

各ポイントの情報、感想等は続きにあります。あいかわらず写真多目です。

Higaeri_2

H230911_003

最初に訪れたのは、長野県上水内郡信濃町にある「ぼーしや」さんです。ここ数年、信濃町に訪れるたびにお邪魔しているaiba家行きつけのお店です。

H230911_000_2

「ぼーしや」さんは以前、マスターのお母様がその名前の通り「帽子屋」さんを営んでおられて、その名残で「ぼーしや」さんという名前になった喫茶店です。

H230911_001_2

メニューが羊皮紙に書かれているのは同じでしたが、新しい羊皮紙になっておりました。マスター曰く「メニューを一部変更したので書き換えたとの事」、以前の羊皮紙メニューも渋い色で好きでしたが、こちらの純白の羊皮紙もシンプルで素敵ですね。

H230911_002

aiba家が「ぼーしや」さんに通う理由はこちらのフレンチトースト(600円)をいただくためです。いろんな喫茶店でフレンチトーストをいただいてきましたが、「ぼーしや」さんのフレンチトーストはそのどれよりも勝るとも劣らぬ「aiba家がナンバー1」だと思うフレンチトーストです。

H230911_004

アイスミルク(350円)とアイスカフェオレ(450円)

H230911_005

なんといってもフレンチトースト、ふわふわで染み込んだバターとミルクの味が絶品です。こちらの絶品フレンチトーストをいただきながら、マスターとたわいもないお話をするのが、この季節のお約束になってきているような気がします。かれこれ7年くらい、通っていますかねぇ~。

いつもはパンを予約して大量購入して帰るのですが、この日はお邪魔できるかどうか、微妙でしたので予約をせずにお邪魔させていただいたので


H230911_029

今回購入できたのはこちらのパンだけでした。パンを大量購入するには2日前までの予約が必要です。

ぼーしや

住所 長野県上水内郡信濃町野尻353-1


大きな地図で見る

TEL (026)258-2577

定休日 無休

営業時間 PM12:00~PM22:00
       7月下旬から10月 AM10:00~PM22:00

駐車場はお店の前のスペースに寄せてとめてください。道を挟んで反対側はぼーしやさんの駐車場ではないのでご注意ください。

H230911_006

「ぼーしや」さんを後にしてやってきましたのは「黒姫高原コスモス園」改め「旬花咲く黒姫高原」。「黒姫高原」さんは今年からリニューアルして、この時期のコスモスだけでなく、芝桜、あじさいなど季節に合わせた花々を鑑賞できるシステムに変えられました。

H230911_009


リフトに乗って足下にコスモス畑を眺めながら登っていきます。このリフトもさすがに何年も乗っているとさすがに慣れてきまして、途中にある写真ポイントで余裕でポーズを取れるようになりました。始めて乗った頃のがたがた震えてセーフティバーにしがみついていた自分がうそのようですねcoldsweats01

H230911_010

この日は残念ながらもやがかかっていたのですが、リフトで登りきった先にある展湖台からは野尻湖が一望できて素晴らしい景色を見ることが出来ます。また、気温も22℃ととても過ごしやすい気温になっていて一足先に秋を満喫することもできます。

H230911_007

「旬花咲く黒姫高原」ではもちろんコスモスが見頃なのですが

H230911_011

H230911_012

世界のダリア展もこの時期同時に開催されていて、ダリアゾーンでは見事なダリアが咲き誇っておりました。

H230911_013

H230911_014

ダリアと一口に言ってもいろいろな種類のダリアがあり、こちらのダリア園をゆっくり見て廻るだけでも十分楽しめます。

H230911_015_2

「旬花咲く黒姫高原」にて今まで見たことのないブースを発見しました。フルーツ食べ放題のブースです。大人一人500円という格安値段で、用意されたフルーツが食べ放題と言う超お得なコーナー、しかも、お店の人が「おまけしとくからよっていってよ」と、値段を下げていって自分達は2人で800円、その後の人には「一人300円でいいですよ~」とそのうちただにするんじゃなかろうか、という勢いでした。

H230911_016

お値段が格安とはいえ、時間無制限で

H230911_017

梨が2種類、葡萄が3種類、桃とネクタリンが食べ放題とめっさ凄い内容でした。

H230911_018

左のハニービーナスと言う新種の葡萄が美味しかったですね。

H230911_019

400円で心ゆくまで食べ放題、これは素晴らしい。来年も是非開催されて欲しいです。

H230911_020

最後にもろこしソフト(350円)をいただきました。以前、花フェスタ記念公園でいただいた「コーンポタージュソフト」より、本気でとうもろこしの味がする強烈なソフトでした。

旬花咲く黒姫高原

HP http://www.kurohime-kogen.co.jp/cosmos/index.shtml

住所 長野県上水内郡信濃町野尻3807

TEL (026)255-3171

コスモス園開園期間 平成22年10月11日まで

営業時間 AM8:00~PM17:00

駐車場は誘導員にしたがってください。地図はメジャーどころなので割愛します。営業時間は日によって若干違うようです、詳しくは旬花咲く黒姫高原HPをご参照ください。

H230911_021

この時期の黒姫高原から戸隠に向かう県道36号線沿いは、多くのとうもろこしの直売所が軒を並べ、「もろこし街道」と呼ばれています。とうもろこしは信濃町の名産農産物で、8月から9月はとうもろこしの旬の時期で、今が一番の食べ頃です。朝どれの信濃町産とうもろこしのお店でお勧めだよ、と「ぼーしや」さんのマスターから教わって以来、こちらにお邪魔しております。

H230911_022

生のとうもろこしは120円、焼きとうもろこしは200円、ちなみにコスモスの名所の某所で食べると300円します。焦げたしょうゆの香りがなんとも食欲をそそり、かぶりついて一気に食べつくしてしまうほどの美味しいとうもろこしです。

H230911_023

セルフですがお茶も用意されていて、椅子に座ってテーブルでのんびり食べることが出来ます。

H230911_025

とうもろこしを満喫した後は飯綱高原のふもとにある「しぜんこうぼのぱんや きなり」さんにお邪魔させていただきました。

H230911_026

完全に普通の一軒家で、こちらの看板がなければお店とは判らないお店でした。しかも、火曜・木曜・土曜の週3日間しか営業なされていないお店なんだそうです。

H230911_027

玄関で靴を脱いで入った先には所狭しとパンが並べられていて、一組一組が順番にパンを購入する対面販売方式になっていました。自分達の順番がくるとパンについて丁寧に説明がしていただけて、じっくりとパンを購入することができました。

H230911_028

外側はめっさ固めでナイフで切るのも一苦労のハード系パンばかりでした。しかし、トースターで温めて食べるとパンの芳醇な香りと旨味が堪能できて美味しいパンでした。ハード系のパンが好きな方には超お勧めのパン屋さんです。また、常温でも1週間は日持ちするとのことで、お土産にもよいかもしれませんね。


しぜんこうぼのぱんや きなり

住所 長野県上水内郡飯綱町赤塩2594-1


大きな地図で見る

TEL (026)253ー4310

定休日 月・水・金・日

営業時間 PM12:00~夕方頃まで

駐車場は近くのお宮付近に停めてくださいと看板がありますので、そちらに停めました。ただ、季節柄なのか蜂が多く飛んでおり大変危険でした。車の乗り降りの際には十分お気をつけ下さいませ。


H230911_030

この日、最後にお邪魔したのは、霧下蕎麦粉の産地、長野県中野市永江涌井にある「涌井せんたあ」さんです。リンクを貼らせていただいている「ちま子」さんのブログにて紹介されていて、いつか行こうと思っておりましたお店でした。


H230911_031


新そばの季節には少し早かったのと、時間帯がお昼を外しておりましたので、ちょっと前に他のお客さんがおられたのような形跡を残すのみで…お客は自分達だけと言う状態でした。

H230911_032

「涌井せんたあ」さんの売りはとにかく安くて量がとても多いことです。

H230911_034


ざるそば(525円)普通盛りですといって渡されてのが山盛りのお蕎麦…普通のお店の三倍はありそうな量でした。

H230911_035

ざるそば大盛り(525円の260円増し) 大盛りです、といってやたらチープなプラスチックのザルに乗って運ばれてきました。こちらが大盛りなの?と見た目では多そうに感じなかったですね。

H230911_036

ひらべったいお蕎麦で、凄い一本一本に重量を感じます。ずっしりとしたお蕎麦のようです。

H230911_037


蕎麦の風味が堪能できて美味しいお蕎麦です。ひらべったい蕎麦でしたがしっかりした腰もあってのど越しがよい、美味しいおそばです。

H230911_038

……食べても食べても全然減らないcoldsweats01汁だけでは飽きてきたので、てんぷら用の塩を振って食べる、漬物と一緒に食べる、薬味のネギと一緒に食べる、わざびを塗って食べる等、手持ちの薬味をすべて使用して食べました。凄い量でした、大盛り、本気で大盛りでしたね、いや~食べ終わった後しばらく動けませんでした。

H230911_039

天ぷら(525円)、525円の量じゃありませんね、この天ぷら…味は家庭で挙げる天ぷらですが、この値段ならまったく問題ありません。

H230911_040_2

なんとか完食しましたが、本当に多かった…恐るべし「涌井せんたあ」……

涌井せんたあ

住所 長野県中野市永江涌井7910


より大きな地図で 涌井せんたあ を表示

TEL (0269)38-3394

定休日 水曜日

営業時間 AM11:00~PM17:00

駐車場はお店の前にあります。お店の位置が大変わかりにくいです。県道96号線沿いに「きたざわ」さんという別のお店があります。そのお店の横に細い道がありますので、その道を進んでください。

ここから信濃町ICに続く道沿いには田んぼと蕎麦畑が交互にあって、稲の黄金色と蕎麦の花の白い色がとても見事でした。蕎麦と稲のコラボは富山ではなかなかお目にかかれないので、とても新鮮な景色でした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 山奥の美味しい倶楽部 「東福寺野倶楽部」 | トップページ | 去り行くメニューと行き残ったメニュー 「Art&Cafe 胡風居」 »

コメント

おもしろいルートですね。
挑戦してみたいでっす。
ぼーしやのメニュー表
羊の皮?に、あまり上手とは言えない字で書いてあるのが、
ツボにはまりましたsmile

黒姫高原 行ってみたい!!
フルーツ食べ放題 いつまでやってるのかなぁ。 

涌井せんたあで、
天ぷらと普通盛りと大盛りを!?
無理です!!  爆
ふたりで、大盛りひとつでじゅうぶんかと。。。
ざるそばって、永遠に食べてると、
飽きる食べ物なんですよね。
なので、少ないぐらいが丁度ですな 笑

投稿: ちま子 | 2011年9月12日 (月) 18時44分

aibaさんこんばんわ。

「きなり」さん、以前にテレビで拝見したような。
畳とパンの受け皿が印象的だったので何となく覚えています。
確か若い御夫婦がお店をやっておられませんでした?
局ははっきり覚えていないのですが、富山から局アナとお笑い芸人が長野に出掛けて旅するローカル番組だったと思います。

うーん、芸人さんが御夫婦家族の目の前でネタやってたんですけど、誰だったかな・・・
そっちのほうが気になって落ち着きません(笑

投稿: eastla | 2011年9月12日 (月) 19時21分

>ちま子 さん

意外とストレスなしに回れるコースでした
最初と最後以外の距離も短いし
この時期の信濃町の蕎麦畑や田んぼを眺めながらの
ドライブもいい感じでしたよ
ぼーしやさんのメニューは愛嬌があっていいですよね
これが使い込まれてくるといい感じに
羊皮紙がへたって味が出てくると思うので
その味が出てくるまでぼーしやさんに
足を運び続けたいと思います
黒姫の果物食べ放題はどうなんでしょう?
去年まで同じ店員さんがフルーツの販売だけをしていたので
どこかの農園が場所を借りてやっていると思うのですが
いつあるのか、といったアナウンスはなかったですね

涌井せんたあでの普通盛りと大盛り…
最後は嫁も自分も本当にいろんな手を
使って流し込むように食べましたcoldsweats01
大盛りを二人で一つで十分です、間違い有りませんcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年9月13日 (火) 00時23分

>eastla さん

こんばんわ
確かに畳の部屋での販売と
パンの入った素朴でかつ無骨な木の皿が
印象的なお店でした
販売されている方は若い女性の方でしたので
この方が奥様なのでしょうかね?
そのローカル番組を見ていないのでなんともいえないのですが
気になりますね、その番組
ちょっと調べてみますね

投稿: zen_aiba | 2011年9月13日 (火) 00時28分

aibaさん、思い出しました。

ここのリンクの1月12日
http://www.uty.co.jp/uttyhatsu/next.htm
ニッポンど真ん中!お湯!味!人情! 
ザ・たっちの冬の信州ぽかぽかツアー!

>飯綱町では、特産のりんごを使った、焼きたてのアップルパイを味わう。

たぶんここで出演されたと思います。ザ・たっちの「幽体離脱~」でお子さんたちが笑っていました。我ながらよく思い出しました(笑。

投稿: eastla | 2011年9月14日 (水) 23時42分

信越放送ですね。富山のローカル局と思いこんでいました。すみません。

投稿: eastla | 2011年9月14日 (水) 23時48分

>eastla さん

信州放送でしたか
富山ローカルで検索しても
見つからないはずですね
しかし、リンク先を覗いて見ると
信州の美味しいものがいっぱいあっていいですね
飯綱町でアップルパイが美味しいとは
完全に見落としていました
このリンクかなり参考にさせてもらいます
情報ありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2011年9月15日 (木) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41644022

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 黒姫高原コスモスダリアの旅~:

« 山奥の美味しい倶楽部 「東福寺野倶楽部」 | トップページ | 去り行くメニューと行き残ったメニュー 「Art&Cafe 胡風居」 »