« 1度で2度美味しい「meso」さんのかき氷 「カフェ&雑貨 meso」 | トップページ | メロンのメロンによるメロンのためのパフェ 「Art&Cafe 胡風居」 »

富山から日帰りで行こう ~岐阜県に行こう  流しそうめんと百合とブルーベリーと本家の旅~

7月最後の土曜日は岐阜県に足を伸ばしてきました。

AM8:15
富山 

↓ 

富山IC 北陸、東海北陸自動車道経由 高鷲IC 131.2km
ETC休日特別割引 1850円

↓ rvcar 14km

AM10:20
岐阜県郡上市白鳥町 「阿弥陀ヶ滝荘」
流しそうめん発祥の地で流しそうめん
AM11:10

↓ rvcar 15km

AM11:30
岐阜県郡上市高鷲町 「ダイナランド ゆり園」
スキー場を利用した大規模ゆり園の散策
PM13:20

↓ rvcar 11km

高鷲IC 東海北陸自動車道経由 飛騨清見IC 32.9km
ETC 休日特別割引 500円

↓ rvcar 

飛騨清見IC 中部貫通自動車道経由 高山西IC 8.7km
無料区間

↓ rvcar 6km

PM14:20
岐阜県高山市清見町 「ゴールデン・ベリーズ」
せせらぎ街道にてブルーベリー狩り
PM15:10

↓ rvcar 500m

PM15:15
岐阜県高山市清見町 「ピクルの森」
若宮食品(株)さんの工場直売所にて飛騨の漬物を物色
PM15:30

↓ rvcar 12km

PM16:00
岐阜県高山市 「古い町並み」
高山の観光地を散策(はらごなしともいうcoldsweats01
PM17:15

↓ rvcar 8km

PM17:30
岐阜県高山市下切町 「国八食堂」
富山にもてっぱん焼きホルモンのお店が出来たので味を再確認しに
PM18:15

↓ rvcar 70km

PM19:50
富山

各地の情報、感想等は続きにあります。写真がいつもながら多目です。

Higaeri


H230801_009

富山出発時には雨でしたが、白川郷を越えるころには曇りに一時期なったのですが、ひるがの高原あたりで小雨が降ったり止んだりの天気でした。この時期、恒例となってきました阿弥陀ヶ滝の阿弥陀ヶ滝荘さん、渓谷の斜面に沿うようにお店があります。さすが山間でかつ滝の側、この時の気温が20℃、夏の装いだけでは少し肌寒さが感じられます。

H230801_010

お店に行くには山間の道を歩いていくのですが、岩を切り出して階段にされているのですが、結構急な角度の階段になっており、この日のように雨が降った後ですと、大変、岩が滑ります。阿弥陀ヶ滝荘に行かれる方は足元はしっかりした装備のほうが無難だと思います。


H230801_001

阿弥陀ヶ滝荘さんは料金先払いです。流しそうめんと冷やしそうめんは別物ですのでご注意ください。aiba家は流しそうめん、山菜ホーバめし、岩魚の塩焼きのセット(1100円)が定番です。

H230801_100

阿弥陀ヶ滝荘さんはこのような石造りのレーンがたくさん有り、50人くらいは簡単に受け入れられそうなキャパシティーがあります。それでもこの時期、12時台には待ちのお客さんがでることもあるそうで、待つのが嫌いなaiba家は開店と同時のタイミングを狙って足を運びます。

H230801_101

去年もそうでしたが、相変わらず、オームの塊のような流しそうめんが流れてきます。また、水流もゆっくり目なので、ずずずっという効果音がぴったり合いそうな感じです。

H230801_103

 

塊を全部取ってしまうとどうやっても器に入りきらないので、塊から食べたい量を上手く救い出す技量が必要です。といいましても大変ゆっくり流れておりますので、とても簡単なのですがcoldsweats01

H230801_102_2

このようにそうめんの水をちゃんと切って食べないとすぐに汁が薄まります。しかし、300円で汁のお代わりもできますので、あまり気にしなくても大丈夫かもしれません。

H230801_004

山菜ホーバめし、流しそうめんよりもこのホーバめしが美味しくて足を運んでいるのかも、と思わせる美味しい炊き込みご飯です。

H230801_005

岩魚の塩焼きも注文を受けてから、焼いてくれるので、熱々のほくほくで美味しいです。

H230801_006

薄くなってきた汁に岩魚の塩焼きをほぐして入れると、いくらでもそうめんが食べれちゃいますね。この焼き岩魚漬け汁、めっさ美味しいんですけどhappy02


H230801_007

帰りにこちらの焼き団子(300円)を購入して帰ります。

H230801_008

この醤油味噌ダレが美味しいです。駐車場までの帰り道、団子を食べながら帰るのは最高ですね。

阿弥陀ヶ滝荘 流しそうめん

住所 岐阜県郡上市白鳥町前谷境棚1106−1−2

 

地図を参考にしてください


より大きな地図で 阿弥陀ヶ滝荘 を表示

TEL (0575)85-2738

定休日 8月末まで無休

営業時間 AM10:00~PM17:00

駐車場は、滝の近くにある駐車場まで車で入れます。駐車場への入り口がちょっとわかりにくいです。高鷲ICから向かう場合、地図のハートピア四季さんの駐車場まで来ると行き過ぎです。坂道手前の小路に入り、釣堀のあるロッジを通り抜け、有料駐車場のあるお店を越えて、細い橋をわたった先にあります。公衆トイレの手前までが阿弥陀ヶ滝さんの駐車場で、それより先は別の流しそうめんのお店の駐車場ですので気をつけてください。これからの 季節、大変混み合いますので遠くの駐車場(ハートピア四季さんのある阿弥陀ヶ滝駐車場)からのんびり歩いてこられたほうが無難かもしれません。

H230801_011

ダイナランドゆり園へ。ダイナランドゆり園はダイナランドスキー場が夏季の間、5700㎡の範囲に240万本のゆりを植えて、西日本最大規模のゆり園となっています。入場料は大人1000円、子供300円です。

H230801_012

スキー場の斜面を利用した一面のユリ園は見ごたえ十分、雨さえ降っていなければもっと完璧ですがcoldsweats01この日のダイナランドユリ園は時折雨のぱらつきぐずついた天気でした。

H230801_014

いつもペアリフト(500円)に乗ってゆっくり足元のユリを楽しむのですが、この日は途中で雨脚が強くなり、傘を不安定なリフトの上でさすという危ない状態で上まであがりました。


H230801_013

雨が多少降ってもユリは見頃で大満足です。ダイナランドユリ園さんでは咲き頃の違う種類のユリを植えて、8月いっぱいまではユリが楽しめる状態を保っています。

H230801_019

雨に濡れたユリもまた見事でした。

H230801_023

赤く咲き乱れるユリもいいですね。

H230801_016

ペアリフトで上まで登ったらあとはゆり畑の斜面を歩いておりてきます。通路にはウッドチップが敷き詰めてあり、歩きやすくなっていますが、結構な距離があります。歩くのに適した靴で来られること をお勧めいたします。山間にあるので、夏場といっても肌寒い日が多いとのことですので、羽織るものなどをご準備してこられたほうがよいと思います。

H230801_050

自分が一番好きな白いユリも見事に咲いていました。夏の暑い時期に涼しい場所で綺麗なユリを見ながらのんびりするのは、贅沢な気分になれますね。

H230801_018

ユリソフト(300円)、薔薇と違って、あまりユリと言う感じはしませんがcoldsweats01この場所で食べるユリソフトはなぜか美味しいユリの味ですよね。

ダイナランドゆり園

HP http://yuri.dynaland.co.jp/

住所 岐阜県郡上市高鷲町西洞 3035-2


大きな地図で見る

TEL (0575)72-6636

定休日 8月末まで無休 8月14日までゆり祭り開催中
営業時間 AM9:00~PM17:00
入場料は大人1000円、子供300円です。駐車場はダイナランドスキー場の駐車場(無料)に停めますが、とりあえず係員のいるところまで進んでいってください。

H230801_021

ダイナランドスキー場でユリを堪能した後は、高山市まで戻り、高山市清見町にある「ゴールデン・ベリーズ」さんにお邪魔しました。

H230801_022

「ゴールデン・ベリーズ」さんは、ブルーベリー狩りの行える農園で、写真にあるように大人500円、子供250円で制限時間なしでブルーベリー狩りが行えます。

H230801_024

案内されたのはあたり一面、ブルーベリーの木だらけの畑、なんと36種類のブルーベリーの木があるそうです。

H230801_025

まず、最初に物凄い丁寧なブルーベリーの収穫方法の説明がありました。美味しいブルーベリーの見分け方、どの位置になっているブルーベリーが美味しいなど「ゴールデン・ベリー」さんの説明を聞けば、貴方も今日からブルーベリー狩りの達人!というくらいの素晴らしい説明でございました。気になる方は是非、ご自身で足を運んでくださいませcoldsweats01

H230801_026

麦藁帽子の貸し出し、氷の入った水のペットボトルをいただけるなど、ゆっくり食べていってくださいね、と感じる心配り、とても接客が丁寧な農園でした。また、農園のお手伝いをされていたお嬢さんがとても愛らしくて、ちょっとほっこりしてしまう光景でした。

H230801_027

こちらのブルーベリーの原種に近いブルーベリーが小粒ながらに美味しかったですね。自分で摘み取りしたブルーベリーは大き目のパック詰め放題、1000円で持ち帰りも可能です。

H230801_028

ブルーベリー畑を囲むようにブラックベリーも植えられており、こちらも摘み取り可能でその場でいただくことができます。甘ずっぱくて野生的な味ですが、どこか懐かしい味のするブラックベリーでした。このほかにも「ポポー」という北欧の珍しい果物も生産されており、こちらは9月頃に販売可能とのことでした。

H230801_044

お土産に購入してきたブルーベリー。自分達で収穫したよりも、プロの「ゴールデン・ベリーズ」さんが収穫したほうが美味しいに決まっていると、お店で販売されているものを購入して来ました。「ゴールデン・ベリーズ」さんの販売ブルーベリーは人気のようで、自分達が狩りの最中も大量購入されたお客さんがおられました。自分達が購入したのが、この日の最後のブルーベリー、売り切れになることが多いとのことで、事前に電話していただければ取り置きしておきます、とのことでした。

ゴールデン・ベリーズ

HP http://goldenberries.jimdo.com/

住所 岐阜県高山市清見町福寄 中ノ島公園前


より大きな地図で ゴールデン・ベリーズ を表示

TEL (090)4684-0440(千賀)個人携帯ですが連絡先とのこと

定休日 8月末まで無休

営業時間 AM10:00~PM17:00

駐車場は農園近くにあります。せせらぎ街道を高山方面から向かっていくと、手前に別のブルーベリー農園がありますので、ご注意ください。

H230801_029_2

ブルーベリーを堪能した後には、「ゴールデン・ベリーズ」さんからさほど離れていない「ピクルの森」さんにお邪魔した。

H230801_031

「ピクルの森」さんは若宮食品さんが経営する製造直売所で、お食事処も併設されて営業されております。

H230801_032

見たことのある商品がずらり。「たべきり飛騨」って若宮食品さんだったのですね。よくスーパーで「たべきり飛騨」の赤カブ漬けを購入して食べていますcoldsweats01でも、富山に販売していない種類の「たべきり飛騨」や6個で1000円という直売所ならではのお得な値段で販売されておりましたので、御飯のお供にいくつか見繕って購入してきました。

ピクルの森

HP http://akakabu.jp/pickle/index.html

住所 岐阜県高山市清見町三ツ谷615


大きな地図で見る

TEL (0577)68-3011

定休日 無休(1月2月の冬季は休業)

営業時間 AM9:00~PM17:00

駐車場はお店の前に観光バスの停められる駐車場を完備されております。

H230801_033

帰路に着くにはまだ早い時間でしたので、高山の観光名所「古い町並み」に足を伸ばして、ちょっと散策。

H230801_034

目的の90%といってもいいわらびもちの「いわき」さんがすでに店じまい。夏休み期間の土曜日ですからね…夕方まで売れ残っているわけがないですねdown

H230801_035

嫁は能登屋さんにて車用の匂い袋を購入。能登屋さんの匂い袋は白檀の上品な香りがほのかに漂う、嫁のお気に入りの一品です。

H230801_036

なにやら涼しげなものを発見。

H230801_037

水が絶え間なく注ぎ込まれるでっかい鉢の中にはなにやら「水まんじゅう」なるものが

H230801_038

葛に蜂蜜を混ぜた水まんじゅう(200円)涼しげな和菓子に舌鼓です。食べ終わった後、お店のおじさんが容器を洗って、流れ出る冷たい高山の水をサービスしてくれました、その水がまた美味しい。

H230801_039

散策しながらなじみのお店で

H230801_040

ぱり最中アイスを食べたりしました。しかし、久しぶりに「古い町並み」をしっかり散策したのですが、記憶にない新しいお店がいろいろオープンしていて、違いを探しながら楽しく散策できました。

H230801_041

この日、嫁が一番ヒットしたというのはこちらの商品。フローズンカクテル、酒造さんが作る日本酒のフローズンカクテルでした。

H230801_043

嫁からお酒が飲めて、運転しない人は夏に高山に来たら是非食べるべしって書いておいて!と力説されたフローズンカクテル。お酒の飲めない体質の自分にはなんとも説明が出来ませんが、美味しいんだそうですcoldsweats01

H230801_045

aiba家が高山といったらここ、「国八食堂」さん。つい先日の「てっぱん?」さんの記事にて「これで仕事以外で高山に行く理由がなくなりましたよ」などといいながら、もう着てますcoldsweats01やはり本家の味を確かめておかないと(;;;´Д`)

H230801_048

ホルモン焼きに

H230801_049

豆腐焼き、これにそれぞれご飯とお味噌汁、香の物がついて630円のお得な定食。本家の味は本家の味で、やっぱり最高ですね。この味を思い出してしまうとやっぱり高山にきたくなってしまうのですよねcoldsweats01

国八食堂

住所 岐阜県高山市下切町1441-3


大きな地図で見る

TEL (0577)33-5171

定休日 水曜日+不定休(お祭りの日とか休みが多いです)

営業時間 AM10:00~PM21:00

予約はできません。接客とかは求めてはいけませんw駐車場はお店の目のスペースと道を挟んだ空き地が駐車場になっていますが、41号線を横断歩道なし信号なしで横断しないといけませんので、気をつけて横断してください。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 1度で2度美味しい「meso」さんのかき氷 「カフェ&雑貨 meso」 | トップページ | メロンのメロンによるメロンのためのパフェ 「Art&Cafe 胡風居」 »

コメント

連休中の日曜日、ついに国八さんに行きました~

初めてなので、ホルモン定食と豆腐ステーキの定食にしました。
ホルモンは味噌味、豆腐ステーキは醤油味で、交互に食べていてもそれぞれの味はしっかりわかりました。ぜんぜん塩辛くないです(笑)

・・・やはり本家は美味しいですね(* ̄ー ̄*)

ちなみに高山への私の目的は「くま狩り」です(笑)
「飛騨高山テディベアエコビレッジ」へ気に入るベアを物色しに行きました。ベアを含めヨーロッパのおもちゃや雑貨を集めるのが好きです。
aibaさんの記事で見た「ハイジの村」にもいつかいきたいなぁーと思っています(≧m≦)

投稿: タン | 2011年9月20日 (火) 13時29分

>タン さん

やはり本家は美味しいですよね
味がしっかりしていますからね
このホルモンと豆腐は別格ですね

「くま狩り」
と見て、くま牧場にでもいかれるのかと思いましたcoldsweats01
「飛騨高山テディベアエコビレッジ」さん
最近行ってないですね
行ってしまうと財布が軽くなってしまう
恐ろしい場所ですからね、あそこは(;;;´Д`)ゝ

ハイジの村も良いところですよ
是非、足を運んでみてくださいね

投稿: zen_aiba | 2011年9月21日 (水) 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41033887

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~岐阜県に行こう  流しそうめんと百合とブルーベリーと本家の旅~:

« 1度で2度美味しい「meso」さんのかき氷 「カフェ&雑貨 meso」 | トップページ | メロンのメロンによるメロンのためのパフェ 「Art&Cafe 胡風居」 »