« 幸せの黄色いオムライス 「レストラン プロヴァンス」 | トップページ | これがナスのかき氷 「Jun Blend Kitchen(ジュン ブレンド キッチン)」 »

福井式おろしそば 「風待ち妙庵」

サントリーさんから12年ぶりに「はちみつレモン」が復刻するというニュースを見ました。

「はちみつレモン」は当時大好きな飲料の一つでしたので、これは大変嬉しいニュース。しかし…今回発売される「はちみつレモン」と「はつみつレモンサイダー」は従来とは成分が異なるが、昔の味わいを再現しているとの文を読み、ちょっと前のコカコーラさんのメローイエローのときもそうでしたが、なぜ従来の完全な復刻版でだしてくれないのかなぁという疑問が残ります。

その当時使っていた成分は、身体にやばいものだったのか?などという変な考えさえよぎってきますねcoldsweats01

何はともあれ、「はちみつレモン」の復刻、楽しみです。

さて、今回は富山市西塩野に店舗を構える「風待ち妙庵」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230831_000

検索用ワード おろしそば ヤマサ製麺 永平寺のおそば

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「風待ち妙庵」さんの店内の写真です。こちらはコメントを寄せていただきました「風來坊主」さんのブログ「富山発 ラーメン そば 麺屋徘徊」にて紹介されていたお店で、福井県の永平寺にそばを卸している「ヤマサ製麺」さんの直営するお蕎麦屋さんです。

ログハウス調の建物に入ると(玄関で靴を脱いでスリッパに履き替える必要があります)薪ストーブがおいてある、広めの空間に、何組かのテーブルとカウンター席のあるこじゃれた空間があります。店内は完全禁煙でし、玄関先に喫煙所が設けられておりました。

H230831_001

お品書き。四種類あるお蕎麦はすべておろしそばだそうです。

H230831_002

天ざるの文字がないお蕎麦屋と言うもの珍しい気がします。

H230831_003

越前そば大盛り(550円+150円)

H230831_004

若葉そば(650円)、青い器はそば湯でピンクの器はそば茶です。食べるときにそば湯がついてくるのも珍しい気がしますね。

H230831_008

八穀おにぎり(200円)

H230831_009

「この日は10穀なのよ」とお店の方が教えてくれたのですが、このお店の方が嫁とも話していたのですが、物凄い「もたいまさこ」さんに似ている気がして、雰囲気や物腰の柔らかさも「もたいまさこ」さんに似ているような感じで、凄い親しみやすく、とても丁寧な接客をされて大変心地良かったです。10穀おにぎりも香ばしくて、海苔の風味と10穀の素朴さがとても美味しかったです。

H230831_005

越前そば

H230831_006

福井のおろしそばと言えば辛味大根とかつおぶしのコラボでしょう。どちらもふんだんに盛られていて、まさに福井式、富山のおろしそばとはちょっと違いますね。

H230831_007

太目の固めのおそば、噛み応え十分のコシがあり力強い蕎麦です。よくよく考えるとヤマサ製麺直営店なのですから、手打ち蕎麦というわけではないですね。ヤマサ製麺さんのHPを拝見しましたところ、機械を使って製麺されている風景がありましたので、その製法で作られたお蕎麦なのでしょうね。ですが、手打ちには手打ちの、機械には機械のよい面がありますからね、aiba家はどちらも大好きです。

H230831_010

福井のおろしそばは辛味大根が強烈ですね~口の周りがひりひりするような強烈な辛味が襲ってきますが、それを蕎麦の素朴な味と鰹節の風味がうまくカバーして、出汁のほんのりとした甘みがすべてを美味しくさせてくれますよ。これは見事なおろしそば、なんとも見事な福井のおろしそばですね。

H230831_011

嫁がいただいた若葉そば。蕎麦の若葉を練りこんであって、通常のお蕎麦よりルチンが多く含まれているそうです。越前蕎麦より少し細めの蕎麦ですが、もちもちとした噛み応えと力強いコシは変わらず、風味豊かなお蕎麦で美味しかったですね。

H230831_012

そば湯、少し濁った感じですがさらさらのそば湯。おろしそばは当然ぶっかけですので、つゆはついてこないので、この器につゆを入れるのは困難でしたので

H230831_013

こちらの大皿にそば湯をいれて、大皿から直接いただきました。これが美味しい、辛味大根をそば湯がちょうどよい辛味に押さえて、水分が増えてさらさらになった大根がとても飲みやすくめっさ美味しいです。

ゆったりした空間でのんびりといただく極上のおろしそばが製麺所直営ゆえのお得な値段でいただける、大変心地良いお店でした。夜は完全予約制ですが居酒屋的な料理も提供していただけるそうです。

しかし、このヤマサ製麺さんの直営店、福井県内にはなくてここ富山県のこの「風待ち妙庵」さんしかないそうで…それもまた不思議な感じですよねcoldsweats01

お店情報

風待ち妙庵

H230831_014_2


住所 富山市西塩野437-1


より大きな地図で 風待ち妙庵 を表示

TEL (076)467-5251

定休日 日曜日・祝日

営業時間 AM11:00~PM14:00
       PM17:30~PM22:00(夜は完全予約制)

駐車場はお店の前に十分なスペースがあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 幸せの黄色いオムライス 「レストラン プロヴァンス」 | トップページ | これがナスのかき氷 「Jun Blend Kitchen(ジュン ブレンド キッチン)」 »

コメント

私は、子供の頃、はじめて「ファンタアップル」を飲んだ時、世の中にこんな美味しいものがあったのか!とめちゃめちゃ感動したことを今でも覚えています。
でも、今、同じものを飲んでも、あの時ほどの感動はしないのかもしれませんね。。。

せき込みそうなほど辛い越前おろしそば、大好きですよ。
食後胸やけがしそうなほどの、あの辛さがクセになっています。

投稿: ゆか | 2011年8月31日 (水) 12時43分

行って来られたのですね。
この店、おかみさんが一人でやってるみたいで あまり忙しくなるとどうかな?
あまり人に教えない方がいいのかな?なんて余計な事を考えてしまいます。
でも、やっぱり営業所なのですから、忙しい方がイイはずですよね。
ボクは次回は「若葉」を注文しようと思っています。
ではでは・・・

投稿: 風來坊主 | 2011年8月31日 (水) 18時12分

家庭的な雰囲気のお店なんですね~。
福井に一人旅行ったところも山小屋風で
 家庭的な雰囲気~近所の方が常連客!
て 感じのところでした。
なんか似てるし、一人で行こうかな(#^.^#)

投稿: ケロ美 | 2011年8月31日 (水) 22時36分

>ゆか さん

自分の場合はメローイエローとファンタフルーツパンチでした
どちらも復刻版を飲んだのですが
子供の頃の感動はなかったですね…
「風待ち妙庵」さんのおそばは
食べている最中でも口の周りが
ひりひりするほどのおろしそばでした
それでもまだ食べたいと思う一品でしたよ

投稿: zen_aiba | 2011年8月31日 (水) 23時19分

>風來坊主 さん

行ってきました
のんびりしたお店で心地良かったですね

すでに何年も営業されているお店でしたので
自分は紹介させていただきました
そのあたりは紹介するときの一番難しい問題ですよね

自分は玄米そばにいってみたいですね

投稿: zen_aiba | 2011年8月31日 (水) 23時30分

>ケロ美 さん

ゆったりとしたお店でした
食事をしながら静かな時間を過ごすに最適ですよ
辛いおろしに舌鼓をうちながら
ゆったりしてきてくださいね

投稿: zen_aiba | 2011年8月31日 (水) 23時34分

 今週末近くを通りました。
 ブログを拝見していたのに・・・・と思っています。
 これから蕎麦のおいしい季節になるので、蕎麦をぜひ食べたいと思います。

投稿: ブログde付録 | 2011年9月11日 (日) 15時29分

>ブログde付録 さん

自分もよくあります
皆さんのブログを拝見して知っていたのに
通り過ぎてから行けばよかったと思うことがcoldsweats01

蕎麦の季節になりますね
自分たちも美味しいそばを求めて
今年もいろいろ食べ歩きたいと思います

投稿: zen_aiba | 2011年9月11日 (日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41427812

この記事へのトラックバック一覧です: 福井式おろしそば 「風待ち妙庵」:

« 幸せの黄色いオムライス 「レストラン プロヴァンス」 | トップページ | これがナスのかき氷 「Jun Blend Kitchen(ジュン ブレンド キッチン)」 »