« ちょっぴりお得なイートイン 「菓子工房グリュッケンベルグ」 | トップページ | 幸せの黄色いオムライス 「レストラン プロヴァンス」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう おひさまロケ地めぐりの旅~

8月27日は長野県に行ってきました。安曇野方面へ足を伸ばして、嫁がかかさず録画をしてまで見ているNHKの朝の連続ドラマ小説「おひさま」のロケ地を何箇所か巡ってきました。

AM6:45
富山

↓ rvcar 147km

大きな地図で見る

下道で長野県へ。安房峠トンネルはETCカードが使えますが、現在、機械に自分でカードを通さないと使えませんので、料金所前でETCカードの準備が必要です。
トンネル料金は無料期間が終了したので 750円

AM9:15
長野県安曇野市三郷小倉 「安曇野観光果樹園」
安曇野でゴージャスな桃狩り
AM10:15

↓ rvcar 4km

AM10:20
長野県安曇野市堀金鳥川 「国営アルプスあづみの公園」
おひさまのロケ地を散策
AM11:15

↓ rvcar 4km

AM11:25
長野県安曇野市穂高有明 「るんびに」
天然酵母パンで有名な「るんびに」さんでパンを購入
AM11:30

↓ rvcar 1km

AM11:30
長野県安曇野市穂高有明 「ハーブスクエア」
涼を求めてハーブモカソフト
AM11:35

↓ rvcar 8km

AM11:50
長野県安曇野市穂高 「大王わさび農場」
「大王わさび農場」にあるおひさまロケ地を散策
PM13:15

↓ rvcar 22km

PM13:50
長野県大町市常盤上 「bistro cafe ミルフィーユ」
大町市といえば黒部ダムカレー
PM14:30

↓ rvcar 12km

PM14:50
長野県大町市中山高原 「中山高原」
おひさまロケ地を散策
PM16:20

↓ rvcar 67km

PM18:00

糸魚川IC 北陸自動車道経由 富山IC 77.8km

PM19:00
富山

各所の情報、感想は続きにあります。いつもどおり写真多目です。

Higaeri

安房峠トンネルは以前の土砂災害の影響で一部片側交互通行になっておりましたが、さほど問題なく長野県に抜けることができました。

H230828_000

最初に向かったのが、「安曇野観光果樹園」さん。

H230828_001

HPでは林檎狩りと桃狩りがあったのですが、この日は桃狩りだけとのことで、桃狩りの説明を受けました。なんでも一万円のコースが「おどろき」という珍しいでっかい桃を大箱にお土産で持ち帰れて、園内すべての桃を時間無制限に食べ放題に出来るコース、家族なら一人追加ごとに+千円。つまりaiba家は嫁と自分で11000円の桃狩りコース…

やらずにあとでやればよかったという後悔よりもやってしまったという後悔を取れ、がaibaのモットー。

「一万円コースを2人で」
「ごめんね、まだ「おどろき」はまだ熟してないので、そのコースは今日出来ないんだわ」

何故か、ほっとしたaibaでしたcoldsweats01

というわけでお土産付5000円コースの2人で6000円で、「おどろき」以外の桃を時間無制限食べ放題コースを選択。それでもお土産付とはいえ1人3000円、さくらんぼ狩りよりもお高い果物狩りです、ちょっと高いなぁ~なんて思いながら桃狩りをスタートさせました。

H230828_002

園内には十数種類の桃がなっており、園内に入ると桃の甘い香りがそこらじゅうから漂って来ます。

H230828_003

「おどろき」という品種以外の好きな桃を好きなだけもいで食べてください、とのこと。どの桃がどんな味かの説明まで懇切丁寧にしてもらえて、さすが5000円コースと思ってしまいましたcoldsweats01

H230828_004

もいだ桃は水道で皮の毛が取れるまで洗って、皮ごとがぶりといったほうが一番美味しく桃を食べられますよ、と説明をいただいたので、嫁も自分もがぶりといただきました。これは白桃、めっさ柔らかくて美味しい~catface

H230828_005

このオレンジ色した桃は、モモタリンという品種、モモと言うよりマンゴーのような味で、これも美味しい桃でした。ちなみに桃狩りは園内の一角にて椅子に座って食べます。そのままがぶりが苦手な方にはナイフも貸し出してもらえます。

H230828_008

林檎ジュースが飲み放題でした。

H230828_006

この箱に一段詰められるだけ詰めてお土産にできます。出来るだけ高級桃をお土産にしてくださいね、と農園の方から指導があり、販売ブースで1個800円とか書いてある桃や、2個で1200円の桃を詰めてきました。さすがに6千円の桃狩りなので、嫁も自分も頑張って合わせて9個の桃を食べましたよ。

H230828_007

お土産用の箱以外にも、このあとすぐ食べてよ、と農園の方が選んだ熟れた桃をいただいたり、なつきとあかつきワッセという桃を袋に好きなだけ積んで持って帰ってよ、と驚くほど桃をいただきました。2人で9個の桃を桃狩り時にいただいて、お土産に20個以上の桃をいただきました。これで6000円は安いんじゃないかなぁ~と始まる前とは逆の感想になってしまいましたcoldsweats01

安曇野観光果樹園

HP http://www.azm.janis.or.jp/~azumino3/index.html

住所 長野県安曇野市三郷小倉6568

大きな地図で見る

TEL (0263)77-2975

携帯 090-2449-2841(上記が繋がらないとき用)

定休日 7月から10月は無休

営業時間 AM8:00~PM17:00

駐車スペースは販売ブースの前の空き地に停めてください、とのこと。果樹園と販売用ブースの2つが有り、住所は果樹園のもの、販売用スペースは果樹園近くの日本アルプスサラダ街道沿いにあります。

H230828_009

次に「国営アルプスあづみの公園」さんに足を運びました。「国営アルプスあづみの公園」さんは大町、堀金の2箇所に有り、今回は堀金の方にお邪魔しています。正確には車は「国営アルプスあづみの公園」さん駐車場に車を停め、近くにある「おひさま」のロケ地に足を運んでいます。

H230828_010

連続テレビ小説おひさまの劇中で道祖神祭りのシーンで使われた道祖神と水車と奥には茅葺き農家。嫁はここは覚えてると道祖神をバックに写真撮影に勤しんでおりました。

H230828_024

自分達以外の観光客の方も大勢おられましたが、おひさまの視聴者の方々はみなさんとてもマナーがよくて、撮影は順番に行って、写真も撮ったり撮られたりと、とても心地良くおひさまロケ地を散策することができました。

H230828_011_2

茅葺き農家。これは大河ドラマ「龍馬伝」で「岩崎弥太郎」の生家として使用したものをリメイクしたもの、とネット仕込の知識を嫁に披露していたら、「よくしっておるなぁ、にいちゃん」と周りの人から感心されてしまいました。すいません、「おひさま」ファンでも「龍馬伝」ファンでもありません…ただ嫁に無駄な知識を披露したかっただけなんです…

H230828_012

裏から見るとこんな感じ、セットということが一発でわかりますね。

H230828_013

このロケ地のちょっと先には「宮本タケオの畑」として使われたロケ地もあり、ここに来る途中の車中から見ることができました。

国営アルプスあづみの公園(おひさまロケ地)

住所 長野県安曇野市堀金鳥川33-4

大きな地図で見る

TEL (0263)71-5511

定休日 無休

営業時間 お日様ロケ地はAM9:30~PM18:00まで開園

駐車場は国営アルプスあづみの公園の第二駐車場に車を停めてください。

H230828_047

駐車場内にこの看板が有り、近くに案内表示看板がありますのでそれに従って向かえば、おひさまロケ地に向かうことができます。

H230828_014

ロケ地を散策した後は、安曇野に来ると必ず寄る、パン屋さん「るんびに」さんに

H230828_015

ハード系のパンがとても美味しい「るんびに」さんにて、明日の朝食用のパンを何点か見繕ってきました。

るんびに

住所 長野県安曇野市穂高有明8011-1



大きな地図で見る

TEL (0263)83-8078

定休日 月曜日 (9月から4月は第1・3火曜日も)

営業時間 AM9:00~PM17:00 売り切れ時は閉店

駐車場はお店の前にある砂利のスペースを駐車場として利用してください。4台から5台は停められます。

H230828_016

この日の安曇野は30℃を下回る気温で、時折吹く風がとても心地良い気候でしたが、昼に近づくにつれてさすがに暑くなってきたので、「るびんに」さんの近くにある「安曇野ハーブスクエア」さんにて

H230828_017

ハーブモカソフト(350円)をいただきました。モカのほどよい甘さにハーブの心地良い香りが感じられてめっさ美味しいソフトでした。これはaiba家ソフトランキングでも上位の美味しさですよ。

H230828_018

美味しいハーブモカソフトを堪能した後は「大王わさび農場」さんへ。いや、しかし、人のことは決していえませんが、おひさま効果もあってか物凄い人でした。「大王わさび農場」には何度か来ていますが、第二駐車場の最奥に車を停めたのは初めてですよ。

H230828_019

「大王わさび農場」の風景も「おひさま」に何度となくでてきているそうです。

H230828_025

綺麗な川の風景を撮ろうと思うとここしかないというくらい最適なロケーションですからね。


H230828_022

「これは最近テレビでみたからわかる」とは嫁の台詞。

H230828_023

嫁がわかるといったのは「大王わさび農場」にある「おひさま」の主人公、陽子が現代で営む「陽子のそば屋 百白花」です。ただし、もう大まかな外観しか残されていないのが残念なところですが…

H230828_026

このロケセット、近々撤収予定だとか、なんとか面影のある間に見ることが出来て、ほっと一安心でした。

大王わさび農場

HP http://www.daiowasabi.co.jp/

住所 長野県安曇野市穂高3640


大きな地図で見る

TEL (0263)82-2118

定休日 年中無休

営業時間 月によって細かに決められています。くわしくはHPをご覧下さい

農場正面に大駐車場完備です。お弁当等の持込、園内での喫煙は禁止されてますので、注意してください。


H230828_028


安曇野市から大町市へ移動、大町市といえば黒部ダムのお膝元で、テレビでも何度となく紹介された黒部ダムカレーの有名な市です。黒部ダムカレーをいただくのにいろいろお店をピックアップしていたのですが、お昼の営業に間に合いそうな「bistro cafe ミルフィーユ」さんにお邪魔させていただきました。

H230828_029

「bistro cafe ミルフィーユ」さんはハンバーグとスープカレーのお店ですが、自分はもちろんこちらの黒部ダムカレー(1580円)をオーダー、嫁はせっかくハンバーグが美味しいお店ならとおろしハンバーグのサラダ添え(1180円)ライス付をオーダー。

H230828_031

黒部ダムカレー(1580円)、黒部ダムカレーとはご飯をダムに見立てた大町市のご当地カレーです。現在、大町市の15の店舗で提供されており、「bistro cafe ミルフィーユ」さんでは、野菜の混ぜご飯とスープカレーによって構成された黒部ダムカレーがいただけました。ました、というのは、「bistro cafe ミルフィーユ」さんはこの日で営業を一旦終了して別の場所にて9月にリニューアルオープンする予定だそうで、リニューアル先でもこのカレーが食べられるかが不明なためです。

H230828_032

焦がしネギがふんだんに入ったスープカレーは、香ばしくそしてとてもスパイシー、口にして旨味がやってきてそのあとからズキューンと辛味がやってくる、とても美味しいスープカレーでした。

H230828_033

どうやってもダムを決壊させないと味わえないカレーcoldsweats01心を鬼にしてダムを決壊させていきます。

H230828_048

野菜が混ぜられたピラフのような味付けのライスに、コクのある切れ味鋭いスープカレーがとてもあいますね。黒部ダムカレーとかでなくてもあまりあるほどの美味しいスープカレーですよ、これは。

H230828_034

おろしハンバーグのサラダ添え(1180円)

H230828_035


このハンバーグがめっさ美味しい。表面はかりかりなほど固められているのですが、中はおどろくほどふんわりして、肉汁がめっさ溢れてきておろしの和風のソースに絡まって、美味しいとしかいえない美味しさでした。

「bistro cafe ミルフィーユ」さんはこの日で移転予定のため、お店情報はありません。新しいお店は黒部ダムカレー公式ページにそのうち乗ると思いますので、そちらのアドレスを載せておきます。

黒部ダムカレー公式ページ
HP http://kurobedam-curry.com/

H230828_036

美味しいスープカレーとハンバーグを堪能した後は「中山高原」に移動、こちらはおひさまにて

H230828_043

登場するそば畑のロケ地です。

H230828_040


一面のそば畑がとても見事です。

H230828_038

「おひさま」ロケ地とたて看板があるこの場所は、ドラマ中で須藤陽子が丸山徳子と出会った場所です。

H230828_049

この場所で、丸山徳子さんのように写真を撮ってと、日傘を差しながらしゃなりしゃなりと歩く嫁を遠くから何枚も撮影しました。

H230828_041

「中山高原」には、雪解けの水がたまって出来る「幻の池」があり、今年はその姿を見事に現しており

H230828_042

そば畑をその湖面に見事に映しだしておりました。

H230828_044

ちょっとした斜面を頑張って登ると、そば畑を見下ろして見ることが出来ます。そばの花は8月下旬から9月上旬の、今の時期がもっとも見頃だそうです。おひさまのロケ地でなくても見ごたえのあるそば畑でしたが、おひさまファンの嫁にとっては、ここはあの場面、ここはあの場面と大満足な場所だったようです。

中山高原(おひさまロケ地)

住所 長野県大町市美麻 中山高原

より大きな地図で 中山高原 そば畑入り口 を表示

TEL (0261)22-0190 ※大町市観光課

そば畑入り口に現在、大町市観光協会さんが駐車場を設営しております。そちらに車を停めて歩いて散策が出来ます。駐車場は無料です。大町スキー場、大町市のぽっぽのお宿などを目標にこられると到達できると思います。

帰りは下道で白馬を抜け、新潟経由で帰ってきました。以前にスキー日記さんにコメントを寄せていただいた白馬の「グリンデル」さんに寄って帰ってきたかったのですが、この日は夜に予定が入っていたので、後ろ髪を引かれながらの帰宅になりました。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« ちょっぴりお得なイートイン 「菓子工房グリュッケンベルグ」 | トップページ | 幸せの黄色いオムライス 「レストラン プロヴァンス」 »

コメント

こんにちは。
安曇野行ってらしたのですね。
毎朝「おひさま」を見ている私には、見覚えのある風景ばかりで「きゃー」ってなってしまいました。
あの道祖神もキレイな川も実在するんですね。
赤い屋根の洋館はセットなんだ。

私は26日に土岐のアウトレットに行ってました。
午前中、前が見えないほどの雨でした。
着いたら、すっかり晴れてて暑かった~。

あ、グリュッケンベルグ、近いうちに行こうと思ってます。
でも、大沢野は遠~い。

投稿: chie | 2011年8月29日 (月) 09時47分

おひさま、私も欠かさず毎朝観ています。
BSで7時半から観たあと、さらに地上波で8時から観る、2回観をしています。

次回はぜひ同じく陽子の少女時代のロケ地の奈良井の宿もどうぞ。
ここも素敵な街並みですよ。

投稿: ゆか | 2011年8月29日 (月) 12時34分

すごいすごい~o(*^▽^*)o
おひさま本当に今大好きで
はまって観ています~(*^-^)

行きたい行きたい~(*゚▽゚)ノ
zenさんのルートって本当にすごいですね♪
尊敬ですヽ(´▽`)/

投稿: kumi☆ | 2011年8月29日 (月) 17時12分

>chie さん

毎日見ているうちの嫁もキャーってなっていましたcoldsweats01
すいません、あの道祖神はNHKさんの
用意されたセットのようです
川は大王わさび農場近くの本物の川です
chieさんのブログで土岐の記事を読みました
アメブロ会員ではないので
コメントが残せず申し訳ないですm(_ _)m

グリュッケンベルグさんの
秋のスイーツも気になりますね
自分達も近々お邪魔しようと思っております
遠い道のりですが美味しいものを追い求めて
道中お気をつけて来てくださいねwink

投稿: zen_aiba | 2011年8月30日 (火) 00時06分

>ゆか さん

10月に塩尻市に葡萄狩りに行く予定なので
その時に松本市と塩尻市の
おひさまロケ地を巡ろうと思います
奈良井の宿はそのときに巡ろうと思っております

投稿: zen_aiba | 2011年8月30日 (火) 00時14分

>kumi☆ さん

おひさまの女性人気は凄いですね
自分もたまに嫁に付き合って
見ていますが面白いですよね

今回は桃狩りしようと検索していて
安曇野が候補地に挙がってきたので
安曇野に今なにがあるのかな、と検索したところ
安曇野が市をあげておひさまロケ地を
観光地として推しておりましたので
このようなコースになりました
お褒めにあずかり恐縮なくらいです
なんとか効率的にまわれたようです

投稿: zen_aiba | 2011年8月30日 (火) 00時22分

おせわになります。
相互リンクをきぼうしています。
よろしくおねがいします。

投稿: 杉町敏郎 | 2012年5月 6日 (日) 20時41分

>杉町敏郎 さん

コメントの返信が大変遅くなりまして申し訳有りません
初めまして、zen_aibaですm(_ _)m

当ブログへの相互リンクのご依頼大変嬉しく思います
ただ、最近、ご覧の通り更新していない
休眠サイトになっており、また、再開するにしても
容量の関係で新しく別のところで始めると思います
申し訳有りませんが現在は相互リンクは
考えさせてくださいm(_ _)m

投稿: zen_aiba | 2012年5月24日 (木) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41395588

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう おひさまロケ地めぐりの旅~:

« ちょっぴりお得なイートイン 「菓子工房グリュッケンベルグ」 | トップページ | 幸せの黄色いオムライス 「レストラン プロヴァンス」 »