« いつか食べてきたあの味 「なんばんラーメン」 | トップページ | どでかいワンタン 「香港海老ワンタン麺 萬記」 »

富山流豚もつの食べ方 「ホルモン料理一式 お多福支店」

世間ではそろそろお盆ですね。aibaは例年通りお盆も仕事です( ´;ω;`)ブワッ

そんな自分もちょっとはお盆気分を味わいたいと思いたいので、お盆期間中はブログをお休みさせていただこうと思います。本当の理由は仕事の合間に墓参りに行ったり、帰省してきた友人達とあったりして忙しいためなのですがcoldsweats01

それでは、みなさまもお墓に手を合わせ、ご先祖様の霊に感謝して、よいお盆をすごしてくださいませ。

さて、今回は富山市東老田に店舗を構える「ホルモン料理一式 お多福支店」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230813_000

検索ワード 富山風豚もつ 本店は速星

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります 

Gurume_2

写真は「ホルモン料理一式 お多福支店」さんの店内の写真です。店名に支店とありますように、このお店は富山市婦中町速星にあります「ホルモン料理専門店 お多福」さんの支店になります。

石川県出身の自分は「お多福」と聞くとうどん屋さんを連想するのですが、富山県ではこちらのホルモン屋さんが有名で、本店の方は、柴田理恵さんのゆるゆる富山遺産でも紹介され、第五回放送のゆるゆる富山遺産に認定されたお店です。

一昨年、改装されたという店内はまだまだ新しく、座敷席とカウンター席に分かれており、カウンターには常連のお客さん達がわきあいあいとホルモンを食しておられました。

H230813_003

メニュー。テーブルにはドリンクメニューしか置いてなく、壁にかけてあるものがメニューのようでした。これは焼き物メニュー。

H230813_004

生肉メニュー。生肉メニューの下には、注意書きがあって、このお店で提供している生肉は国の基準をクリアしたものです、とのことでした。

H230813_005

一品系メニュー。

H230813_001

烏龍茶(150円)と生ビール(550円)にて乾杯。

H230813_002

お通しが烏龍茶にもついてきました。


H230813_006

豚もつ(550円)の二人前+とうふ(200円)の二人前です。もやしは豚もつを頼むとついてきます。本店さんや同じ豚もつ料理を出される「にし川」さんのように、豚もつを最初から3人前でお願いしたのですが、「お多福支店」さんでは、鍋の大きさ的に2人前までしか豚もつが入らないので、偶数でお願いします、とのことでしたので、今回は2人前です。

H230813_007

焼き物のメニューなので、当然スープは有りません。


H230813_008

焼けるまでの間に大根サラダ(400円)

H230813_009

レバ刺し(750円)をつまみます。

H230813_010

……レバ刺しはニュースで国の方からしばらく自粛してくれとの通達があったと見ましたが…まぁ、美味しいものが食べられるなら自分はOKなんですが。

H230813_011

富山のお店で起こった集団食中毒のあの事件以来、富山のお店でだされる生肉は美味しいと思います。今まで以上にどのお店もしっかりとした管理を行っているからなのでしょうかね?

H230813_012

焼き物なのにぐつぐつ、とし始めてくる豚もつ鍋、「そろそろお豆腐をくずして混ぜてくださいね」とお店の方からアドバイスがあり、スプーンでお豆腐をくずして豚もつと絡めていきます。

H230813_014


しかし、本店、「にし川」、支店といい、富山の豚もつ焼きはどこにこの煮汁を隠し持っているのでしょうか?あ…ありのまま、今起こった事を話すぜ!豚もつ焼きを食べようと思っていたら、いつの間にかに豚もつ鍋になっていた…と、どこかのキャラクターに言ってもらいたいくらいのビックリな現象ですcoldsweats01

H230813_015

完全にもつ鍋です。

H230813_016

スプーンでよそって、豆腐やもやしと一緒に食べるのが「お多福」流、いえ、富山流でしょうか?こりこりとしたもつや、とろとろのもつ、いろんなもつがたくさん入って、醤油で味付けされたどこからやってきたかわからない煮汁がまた美味しいです。もやしもいいアクセントになって美味しいですし、何と言っても豆腐、これをかき混ぜてもつと一緒に食べるとまた美味しい、口の中、火傷しそうになりながら食べる夏の豚もつは最高ですね。

H230813_017

カシラ(600円)とサガリ(800円)

H230813_018

カシラとはホホ肉、ツラミとも呼ばれているお肉です。

H230813_019

サガリは横隔膜のことで、横隔膜の中でも、背中側をハラミ、肋骨側の厚い部分をサガリと呼びます。「お多福支店」さんでは「豚モツ」以外の焼き物は塩かタレが選べるのですが、2つとも塩でオーダーしました。

H230813_020

網交換ならぬ鍋交換を行います。

H230813_021

「鍋が熱くなってきましたら一気に全部焼いてください」とのお店の方からのアドバイスが有りましたので、皿からざら~っと鍋に移動です。

H230813_022

「お多福」さんは普通の焼肉屋さんとちょっと勝手が違いますが、お店の方がちゃんと教えてくれるので安心して食べられますよ。一気に焼いたので、当然一気に焼けてきますので、火を消しておきます。

H230813_023

脂もほどよくやわらかい、溢れる肉汁に塩が効いていて、めっさ美味しいお肉です。

H230813_024

ご飯並(150円)と味噌汁(150円)、おしんこ(150円)

H230813_025

おしんことしてでてきたこの胡瓜が美味しかったです。しっかり漬け込まれていて表面はふにゃふにゃになっているのですが、中にはしっかりとしたきゅうりとしての歯ごたえが有り、程よい塩加減がめっさ美味しいです。

H230813_026

牛なっとう(500円)

H230813_027

納豆とゆっけの組み合わせ、これが美味しい。畑のお肉大豆と本当のお肉のありそでなかった組み合わせが、たまらんです。

H230813_028

ご飯との相性も最高です。牛なっとうがあればご飯が何杯も食べられる、本気でそう思ってしまう美味しさです。

お店情報

ホルモン料理一式 お多福支店

H230813_029

住所 富山市東老田1156-7


大きな地図で見る

TEL (076)434-2895

定休日 火曜日 

営業時間 PM17:00~PM22:00

駐車場はお店の前と裏にあります、また、写真左に舗装されていないスペースがあるのですが、そこにも車の駐車が可能で、全体としてかなりの台数を停めることが可能です。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« いつか食べてきたあの味 「なんばんラーメン」 | トップページ | どでかいワンタン 「香港海老ワンタン麺 萬記」 »

コメント

ダイエット中な僕にこの記事は・・・・(-_-)

僕もずっとコチラのお店が気になっていましたが・・・あー食べたい・・・モツだけでなく、刺しや焼肉ちっくなものもあるなんて、反則ですねぇ~(^o^)丿

今年中に絶対訪問したいお店です(^0_0^)

支店さんの方が綺麗ですが、味は本店と比べてどうでした?

投稿: ゴリ | 2011年8月26日 (金) 11時08分

>ごり さん

ダイエットはひとまずおいといてcoldsweats01
夏の間にもつ鍋とビール、最高の組み合わせでぜひ!

味は誤差の範囲だと思います
支店さんはさすがに改装したばかりで綺麗ですが
本店には逆に昭和の趣がありますからね
お好きな方で是非富山流豚もつをお試しください

投稿: zen_aiba | 2011年8月26日 (金) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/41176257

この記事へのトラックバック一覧です: 富山流豚もつの食べ方 「ホルモン料理一式 お多福支店」:

« いつか食べてきたあの味 「なんばんラーメン」 | トップページ | どでかいワンタン 「香港海老ワンタン麺 萬記」 »