« 流しそうめんは夏の風物詩 「早瀬亭」 | トップページ | 生パスタもダンデリオン 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »

時はめぐり また夏が来て 「台湾料理 旺勝」

毎日毎日、暑さと突然の豪雨が続きますね。会社関係の方との会話の始まりが「今日も暑いですね」で最近固定されてきましたcoldsweats01これではいけないと思いつつも、何故かそれで会話がスムーズに進んでしまうので、これ以外ありえない状態になりつつあります。

さて、今回は富山市下堀に店舗を構える「台湾料理 旺勝(おうしょう)」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230712_000

検索用ワード 男の浪漫 萌え死ぬ 格安大盛りのお店

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「旺勝」さんの店内の写真です。以前は回転寿し屋さんだった店舗を改装して使っておられます。床に魚の模様が入ったタイルがあるなど前の店に来ていた自分には面影はありますが、そうでなければちょっと机の配置の変わった中華屋さんです。座席のキャパシティーはかなりあるほうで、小上がりの座敷もありますので、いろんな用途でのご利用が可能なお店になっていると思います。

H230712_001

夏なので「冷やし」系のメニューがありました。テーブルには置いていないようで、壁にあるメニューをこのようにして眺めていると

H230712_002

「旺勝」さんのお姐さんがテーブルに「これをどうぞ」とメニューを持ってきてくださいました。

……うぁああああああああ( ´;ω;`)ブワッ

「旺勝」さんのお姐さんといえば、過去こちらこちらで二度記事にさせていただいたように、「中国のお姐さんが日本語を喋ったときのイメージ」という男の浪漫を見事に体現されたお姐さんで、さすがにあいやー、とか、あるよとかは言ってくれませんが、片言の日本語ぐあいといい、イントネーションといい、悶え死ぬくらいいい!!!!(すいません、aibaの勝手なイメージです)と思っていたお姐さんでしたが

無茶苦茶、日本語が流暢になっておられました(´;ω;`)ウウ・・・

そうですよね…もうこのお店が出来て3年近く経ちますもんね…日本語もお上手になりますよね…何故か、頭の中を青葉城恋歌の替え歌が響き渡ります

時はめぐり また夏が来て
あの日と同じ テーブルの席
日本語ゆかしき 食の都
あのひとはもういない~♪

時というのは時として残酷なものですねcoldsweats01

H230712_003

メニューは相変わらずの低価格、日替わりランチ580円は平日のみとはいえ驚きの価格だと思います。

H230712_004

一品料理も豊富、お姐さんの日本語がお上手になられた以外は、昔のままの「旺勝」さんのようです。

H230712_005

サラダDEバンバンも残っていました。

H230712_006

日替わりランチ(580円)この日はメインのおかずが麻婆豆腐、八宝菜、ホイコーローの中から選べましたので麻婆豆腐をチョイス。

H230712_007

580円の日替わりについてくるにしては結構な量がある炒飯です。味も580円ならなんの文句もなく美味しいといえる味でした。

H230712_008

麻婆豆腐もピリ辛の味付けで、暑い夏に熱いものを食べたいときにはばっちりの辛さ、汗をかきながら食べるぜ、って方に最高の麻婆豆腐でした。

H230712_009

おろしそば(600円)

H230712_010


極細の中華麺に大根おろしをのっけた和風味の冷やし麺。極細の麺に大根おろしがよく合いますね。冷たい麺は細めの麺がいい感じかもしれませんね。

H230712_011

しょうゆと胡麻油、あと酢の聞いたちょっと和風味を醸し出した美味しい冷やし中華のタレです。この和風の味付けはいいですね、大根おろしと本当によくマッチしています。

H230712_012

辛涼麺(しんりょうめん 700円)

H230712_013

見た目といいますか、表面上に見えている具材、麺は「おろしそば」とまったく同じですが、味が全然ちがいます。辛い、辛いです。びりびりくるラー油と唐辛子の辛さ、冷たい麺なのですが、口の中に辛さを伴った熱さがきます。それを冷やすためまた冷たい麺を口にするという素晴らしい循環システム。辛いけれど美味しい、辛いけれど冷たいので箸が止まらないですね。

H230712_014

氷が一杯入ってキンキンに冷えたスープですが、辛い、でも美味しい。辛涼麺、この夏、ありの冷やし中華ですね。

しかし、自分の中での「旺勝」さんは終わってしまった、とレジにて、一万何百何十円みたい支払い方で会計をしようとしたとき、「…お釣down何千円upあってます?happy01」と男の浪漫の片言日本語きたぁーーーー!!!!!

まだ、お姐さん、日本語完璧じゃないんですね!よかった(aiba的に)

お店情報

台湾料理 旺勝

H230712_015


住所 富山市下堀74-1

大きな地図で見る

TEL (076)491-0877

定休日 無休

営業時間 AM11:00~PM14:00

       PM17:00~PM23:00

駐車場はお店の前にしっかりとした駐車場があります。昼のランチは580円からとかなりのお得さでした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 流しそうめんは夏の風物詩 「早瀬亭」 | トップページ | 生パスタもダンデリオン 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »

コメント

ひと夏の恋が終わったでありますね・・

♪ ♫
broken heart な summer night
lonely heart 流れる tear ♪♪

投稿: 以学館 | 2011年7月12日 (火) 17時47分

>以学館 殿

ひと夏の恋は終わりました

時が彼女をかえていき
自分はかわらぬ彼女が好きでしたcoldsweats01
まさにlonely heart 流れる tear ♪♪であります

投稿: zen_aiba | 2011年7月13日 (水) 02時29分

このブログを見て以来、自分も通うようになりました。
ホント安くて美味しいですよね。

今度は「辛涼麺」食べてみたいです!

投稿: おニシ | 2011年7月13日 (水) 21時33分

>おニシ さん

ありがとうございます
本当にコストパフォーマンス的には最高のお店ですよね
味もしっかりしていて美味しいですしね
是非、「辛涼麺」試してみてください

投稿: zen_aiba | 2011年7月13日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/40775653

この記事へのトラックバック一覧です: 時はめぐり また夏が来て 「台湾料理 旺勝」:

« 流しそうめんは夏の風物詩 「早瀬亭」 | トップページ | 生パスタもダンデリオン 「欧風家庭料理 ダンデリオン」 »