« ご飯が進むホーライサン名物 「お食事処 ホーライサン」 | トップページ | この夏を甘酒で乗り切ろうと思う 「viva! juice shop」 »

富山ゆうたらますのすしですちゃ 「平ら寿し本舗」 ~ 58 / 富山県のますのすし ~

富山の鱒の寿しを紹介するコーナー第58回目です。まさか、58回目を新規店舗紹介で迎えるとは思ってもいませんでした。これで、自分が紹介した富山県の鱒の寿しのお店は41軒目、正直なところ、まだ新しいお店ができるのか、と驚いておりますcoldsweats01

H230705_00


検索用ワードです ますのすし 鱒の寿司 鱒寿司 富山の名産

詳しくは続きをどうぞ

H

写真は「道の駅 となみの野の郷」さんです。「平の寿し本舗」さんは平成23年6月にオープンしたばかりの鱒の寿し屋さんですが、現在、本社は工場のみで販売は、砺波市、高岡市等の道の駅などで行われております。一応、本社の方でも電話予約をしていけば受け取り可能のようです。

H230705_001

土曜日の午前中の10時頃に買いに行ってのですが、「道の駅となみ野の郷」さんではレジ横で販売されていたのですが、すでに残りは2個の状態、自分の後、すぐに売り切れたので人気商品のようです。

H230705_002

「平の寿し本舗」さんのますの寿し(1300円)、現在、こちらのタイプのみの販売で、特選、二重等の商品はありません。

H230705_003

「平ら寿し本舗」さんのますの寿しの最大の特徴はこちらの形、ますの寿しといえば円形と言うイメージを覆しての角型です。角型ですが、ちゃんと挟竹による押しは施されておりました。

H230705_004

付属品はこちら、おしぼり、割り箸、マヨネーズに醤油、ガリ

H230705_005

爪楊枝、そしてもちろんプラスチックナイフがついていました。

H230705_006

円形でないだけで大分印象が違うように感じるのは自分だけでしょうか?

H230705_007

鱒の身が上に来る製法のようです。

H230705_008

枠が取り外し可能です。当然下にも底板があるので、取り出して蓋に乗っけるという古来より伝わる鱒の寿しの伝統的な食べ方をしなくても大丈夫です。

H230705_009_2

笹の上からでも簡単に切れます。円形でないので笹の繊維の方向に沿って切れますので綺麗に切れます。また、サイドは包んでいないので笹の重なりも少ないので抵抗が少ない感じです。

H230705_010

「平ら寿し本舗」さんのますの寿しは正方形で一辺の長さは14cm

H230705_013

厚みは20mm、鱒の厚みは2mmほど、全体の厚みは平均的な厚みですが、鱒は薄めの感じです。


H230705_011


富山の円形のますの寿しの直径の平均は17cm、つまり半径8.5cm、面積は半径×半径×円周率。だいだい226.865c㎡、「平ら寿し本舗」さんの面積は14×14、196c㎡、厚みが同じくらいなので、ちょっと小ぶりなますの寿しですね。しかし、円の面積なんて久しぶりに出したなぁcoldsweats01

H230705_012_2

笹皮を剥いたところ、鱒の身は鮮やかなオレンジ色、角型なので大変切りやすいです。崩れることなくきることが出来ます。笹の量も少なめなので笹の香りも若干弱い気がします。

H230705_014

鱒は半生より燻製側に近い感じの押し寿しタイプの鱒ですが、塩や酢は強くなく癖のない感じで食べやすいです。ご飯もほんのり酢飯やらわかめの炊き具合、マヨネーズと醤油をかけて食べるのが前提の味付けのような気がします。ちょっと変り種のますの寿しですが、癖もなく食べやすく、万民受けのするますの寿しだと思いました。

本日ご紹介した鱒の寿しお店はこちら

平ら寿し本舗

ホームページはこちら 通信販売も行っております

HP http://shop.tairazushihonpo.com/

本社所在地 砺波市苗加4752-1

大きな地図で見る

TEL 0763-34-5556

定休日 無休

営業時間 AM9:00~PM18:00

情報誌によれば駐車場もあるそうです。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« ご飯が進むホーライサン名物 「お食事処 ホーライサン」 | トップページ | この夏を甘酒で乗り切ろうと思う 「viva! juice shop」 »

コメント

いつ「ます寿しメジャー」が登場するかと ハラハラしながら読みました^-^
でもさすがに面積を求められるとは思いもよりませんでした^_^;

投稿: dendoroubik | 2011年7月 4日 (月) 13時11分

し、四角いますのすし!こんな形のもあるんですね~∑(=゚ω゚=;)
うーん、ますのすしは本当に奥が深いわ。

私も、今日は、なみき鱒寿司店のますのすしをいただきました。( ̄▽ ̄)

投稿: ゆか | 2011年7月 4日 (月) 22時04分

>dendoroubik さん

ます寿しメジャー健在です(◎´∀`)ノ
食べ終わったあとで、少し物足りなかったので
小さいのかな、と思ったのが
面積を計算するきっかけです。
円周率なんて久しぶりに使いましたよcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年7月 5日 (火) 00時49分

>ゆか さん

四角いますのすしは富山でも初めてではないでしょうかね
押し寿司の中にますの寿しを販売しているのはみたのですが
ますの寿しとして四角いのを販売しているのは自分も初めて見ました

なみき鱒寿司店さんも美味しいですよね
自分の好みの鱒の寿司を見つけるのが本当に楽しいですよね

投稿: zen_aiba | 2011年7月 5日 (火) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/40661448

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ゆうたらますのすしですちゃ 「平ら寿し本舗」 ~ 58 / 富山県のますのすし ~:

« ご飯が進むホーライサン名物 「お食事処 ホーライサン」 | トップページ | この夏を甘酒で乗り切ろうと思う 「viva! juice shop」 »