« 沈黙の釜めし 「お食事処 尾の上」 | トップページ | 正統派ラーメンのお店 カレーもあるよ 「中華そば さかえや」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 北志賀高原湯めぐりグルメの旅~

富山の先週の土曜日は、それはもう酷い雨でした。大雨警報は発令されるは、竜巻発生注意はTVで流れるはで酷いものでした。これは出かけるのは無理かと思いましたが、天気予報を見る限り行き先の方は朝から曇りの予報、これはこの豪雨を脱出するべきだと車に飛び乗り、長野県へでかけてきました。

AM8:15
富山

↓ rvcar

富山IC 北陸、上信越自動車道経由 信州中野IC 175.7km

↓ rvcar 6km

AM10:25
長野県中野市吉田 「小野りんご園」
aiba家のこの時期の定番 さくらんぼ狩り
AM11:15

↓ rvcar 11km

AM11:45
長野県下高井郡山ノ内町竜王高原 「石臼挽き蕎麦香房 山の実」
気になるお店でお蕎麦と石窯焼き蕎麦PIZZAの店で蕎麦を堪能
PM12:45

↓ rvcar 9.8km

PM13:00
長野県下高井郡山ノ内町平穏 「マミーズ長野店」
アップルパイの名店マミーズの長野店でアップルパイ
PM13:05

↓ rvcar 2.1km

PM13:15
長野県下高井郡山ノ内町平穏 「湯田中駅前温泉 楓の湯」
湯田中駅移転に伴って空いた駅舎を利用して建設された楓の湯にてお風呂
PM14:15

↓ shoe

PM14:15
長野県下高井郡山ノ内町平穏 「湯田中」
湯田中温泉街を散策
PM14:45

↓ rvcar 3km

PM14:55
長野県下高井郡山ノ内町 「道の駅 北信州やまのうち」
この時期の山ノ内名物たけのこおこわを堪能
PM15:35

↓ rvcar 10km

PM15:55
長野県中野市南営 「JA中野市農産物産館 オランチェ」
JAが経営する物産館でお土産あさり
PM16:15

↓ rvcar 0.5km

信州中野IC 上信越、北陸自動車道経由 富山IC 175.7km

↓ rvcar

PM19:15
富山IC

いやぁ、行きは凄い雨の中でした、朝日から上越の間のトンネルがこんなにもありがたく感じたのは初めてでした。続きに各ポイントの写真、感想があります。

Higaeri


H230626_000

土砂降りの富山を抜け、上越を越えたあたりから徐々に雨脚が弱まってきて、信州中野に着いたときは小雨程度になっておりました。信州中野ICを降りるときに電光掲示板に表示された割引2100円の文字、ああ、1000円上限は終わったのだなと実感した瞬間でありましたcoldsweats01

「小野りんご園」さんは、バラ祭りで有名な一本木公園から程近い観光農園さん。この時期大人1500円、小学生未満750円、3歳未満は無料で、30分間さくらんぼ狩りが行えます。ネットで予約が可能なのでとても自分向きです。「小野りんご園」さんは本店とバイパス店の2つの店舗が有り、さくらんぼ狩りが行えるのは本店のほうです。

H230626_001

「小野りんご園」さんはさくらんぼ狩りはビニールハウス内にて行うため全天候に対応しております。そして、さくらんぼの品種をこのように表示して有りました、いままでaiba家がさくらんぼ狩り行った農園にはなかったサービスです。

H230626_008

H230626_003

夏香錦、さおりといったあまり聞き慣れないさくらんぼの品種がありました。

H230626_004

大粒品種とかかれるだけあって「さおり」はかなりの大粒でした。

H230626_045

ですが、やはりさくらんぼの王様は佐藤錦、嫁と二人で佐藤錦の木にへばりつくようにむさぼりましたcoldsweats01甘くていくらでも食べられますね。「小野りんご園」さんは30分の時間制限がありますが、基本自己申告制で、多少の誤差は大丈夫のようです。

H230626_046

「小野りんご園」さんにはこうしてさくらんぼのお土産が販売されていますが

H230626_006

こちらの自分でパック詰め放題1000円のお持ち帰りもできます。オール佐藤錦でこれだけつめても1000円!最後に蓋がゴムで閉じられればオーケーなのでかなり詰められますよ。これはめっさお得です。今年は7月4日までさくらんぼ狩りを行っているそうです。

小野リンゴ園

HP http://www.janis.or.jp/users/onoen/index.html

住所 長野県中野市吉田1223


大きな地図で見る

TEL (0269)22-3745

定休日 果物狩り時は無休

営業時間 AM9:00~PM17:00

駐車場は農園前と道路を挟んだところに第二駐車場があります

 

H230626_007

さくらんぼを堪能した後は「石臼挽き蕎麦香房 山の実」さんへ移動。前回、信州高山温泉郷へお邪魔した際、近くで美味しいお店がないかと検索したところ、ネットで美味しいと絶賛されていたお店でした。そのときは場所がちょっと遠いので諦めましたが、本日、豪雨の中、北志賀高原までやってきたのは、こちらのお店のためといっても過言ではありません。

H230626_009_2

スキー場横のロッジで蕎麦屋と聞いていたので、もっと寂れたプレハブのようなお店を想像していたのですが、店内はクラッシクの流れる素敵な雰囲気のお店でした。

H230626_010

入り口付近には石窯がおかれており、ぱちぱちと火のはぜる音がなにやら心地良い感じでした。

H230626_011

生粉打ち蕎麦、手焼きそばがき、須賀川そばピッツァ(四分の一サイズ)がセットになった山の実(2000円)というコースを二人前頼んだところ、まずはお通し的に山菜がでてきました。根曲がり竹、北信州の独特のたけのこでこの時期が旬の食べ物、先週もいただきましたが、こちらの根曲がり竹は本当にえぐみもなく美味しかったです。

H230626_012

手焼きそばがき、若干緑ががったそばがきは握りこぶしぐらいの大きさがありました。

H230626_013

粉が感じられるようなそばがき、塩かワサビをつけて味わってくださいとお店の方が言うように、単体では単純な味わいのそばがきですが、塩やわさびをつけていただくとぐんと深みが増した味になって美味しいです。ねっとりとした食感も独特でした。

H230626_014

生粉打ち蕎麦、斜めになった変わった形のざるに乗ってでてきました。

H230626_015

北志賀高原の澄んだ水と空気で育った蕎麦の実を、これまた北志賀高原の湧き水のみでつないだ生粉打ちそば。蕎麦がやや緑ががって見えるのは、山の恵だけで作られた蕎麦のなせる業でしょうか?

H230626_016

細いながらにしっかりとした腰のある蕎麦、箸でつまんでも途中で千切れるようなことはありません。

H230626_017

汁につけなくてもほのかな甘みが感じられる蕎麦、鼻にぬけていくさわやかな蕎麦の香り、表面は柔らかいもののしっかりとした腰のある見事な食感の蕎麦…これは美味しいとした表現できないお蕎麦です。aiba家がいままで食べ歩いてきた蕎麦の中で一番と断言してもいいくらい美味しいです。嫁も一発でこちらのお蕎麦の虜になりました。

H230626_018

お蕎麦の追加(880円)、あまりの美味しさに追加は絶対頼もうと即座に思ったくらいです。いままでの日帰り食べ歩きの中で、果物でお腹を満たしてきたことを後悔したのは初めてでした。最初から「山の実」さんにお邪魔して食べれるだけお蕎麦をいただきたかったと、真剣に思いました。

H230626_019

そば湯、どろりとした濃厚なそば湯からもそばの芳醇な香りが伝わってきました。

H230626_020

須賀川そばピッツァ。これで通常のサイズの半分だそうです。須賀川ピッツァは信州白味噌、えのき茸、ねぎ、そばの実が入っている和風なピザです。

H230626_047

メニューには他にもこのようなピッツァメニューがありました。

H230626_021

白味噌の甘い感じと蕎麦の実の香りがいいですね、チーズと白味噌が大変合いますね、そしてえのき茸はご当地中野が全国一の生産量を誇る農作物だとか、長野県中野の美味しさの詰まったピッツァですね。

H230626_022

そば粉で焼かれたピッツァ、どこかで味わった味だと思ったらそば粉のクレープ、ガレットですね。ガレットは柔らかいですが、こちらはぱりっと固めの焼き上がり、こちらのピザも大きなサイズでしっかりといただきたかった…本当に果物狩りをしてきたことを後悔しましたね、次回、「山の実」さんにお邪魔させていただくときはお腹をしっかりすかせてお邪魔したいものです。

石臼挽き蕎麦香房 山の実

HP http://hdayi.com/yamanomi/index.html

住所 長野県下高井郡山ノ内町竜王高原

大きな地図で見る

TEL (0269)33-7577

営業日 土日祝日 平日は不定休のため要予約

営業時間 AM11:30~PM14:30

駐車場はお店の奥側にあります。お店の場所はスキー場のゲレンデの方へどんどん道を登っていったところにありました。グーグルの地図でも我が家のナビでも手前の方を示していましたので、気をつけてください。

H230626_023

そばとピッツァを堪能した後はアップルパイで有名な「マミーズ」さんに移動。

H230626_024

「マミーズ」さんの本店は東京に有り、長野店を含む7店舗ほどで経営されているアップルパイ屋さんです。一日に何回か焼いているとのことですが、自分達がお邪魔したときにはショーケースの中は大分寂しいそうな状態でした。電話での取り置きもできますので、是非とも購入したい場合は電話をお勧めいたします。

H230626_025

中サイズのアップルパイ(1050円)を購入してきました。

H230626_026

表面はサクサクっと焼き上がりシナモンで濃厚な感じがする一方、パイの中はしっとりとしたムース近いような仕上がりの生地で、舌の上でとけるような見事な生地。りんごはさすが長野といいたくなるような濃密で甘いリンゴがまるでスポンジのような柔らかさで処理されており、めっさ美味しいアップルパイでした。

アップルパイ屋 マミーズ長野店

HP http://www.mammies.co.jp/

住所 長野県下高井郡山ノ内町平穏4240

大きな地図で見る

TEL (0269)33-1140

定休日 水曜日

営業時間 AM9:00~PM18:00

駐車場はお店の前に有ります。何件かのお店が連なっていますが、どちらのお店の前でも「マミーズ」さんの駐車場と書かれていましたので停めることができます。

H230626_027

「湯田中温泉楓の湯」さんに移動。こちらは旧湯田中駅の駅舎を利用して立てられた町営の源泉かけ流しの温泉です。小さいながら内湯と露天があり、大人一人300円という料金で入浴することが出来ます。無色透明な温泉で、源泉は95度もあるという高温の温泉で加水されておりますが、硫黄の香りがする肌に優しい温泉で、はいったあとはしばらく体が熱いほどのいいお湯でした。

H230626_029

建物の中からは現湯田中駅が見えます、ときおり列車の音が聞こえてきてなかなか風情のある温泉でした。

H230626_028_2

楓の湯の前には無料の足湯もありました。こちらも汗ばむほどの熱気です。

H230626_030

湯田中の温泉街には数多くの温泉饅頭屋さんがあり、温泉まんぢうと一茶まんぢうという物が名物のようでしたが…ほとんどの温泉饅頭屋は営業をなさっていないような雰囲気で、寂れた温泉街という感じを地で行くところでした。

H230626_031

湯田中はこの時期根曲がり竹を使ったたけのこおこわが有名なのですが、どこのお店も売り切れになっていて、楓の湯の方があそこならうっているかもと教えてくれたのがこちら「道の駅 北信州やまのうち」です。

…最初見たとき自分も嫁も珈琲○学?と思わず口にしてしまいましたcoldsweats01

H230626_032

「道の駅 北信州やまのうち」は確かに湯田中のお土産が満載でした。驚くべき温泉まんぢうの種類。

H230626_033

テーブルをぐるりと囲むように温泉まんぢうが売られていました。これ全部それぞれ別の会社が販売している温泉まんぢうなんですよね~いったいどれだけの種類があるのでしょうか?

H230626_034

あ、後で寄ろうと思っていた渋温泉ご当地グルメの「小古井菓子店」さんの「うずまきパン」までおいてありました。購入して食べてみたのですが、てっきり甘いと思っていた渦巻きの部分が驚くほどしょっぱいcoldsweats01でもこのしょっぱさは癖になりますね。

しかし、こちらの「道の駅 北信州やまのうち」ですが、他にも「マミーズ」さんのアップルパイ、「関谷醸造場」さんの志賀高原味噌など、この辺りの有名なお土産がほとんど販売されておりました。

H230626_035

せっかく長野にきたのですからおやきを購入。湯田中温泉の温泉まんぢうの名店白銀屋さんのそば粉をつかったおやきだそうです。本当はおやきのお店もチェックしていたのですが、朝の豪雨のため富山を出るのが遅れたので寄れずじまいでした。

H230626_036

もっちりとした皮にそばの風味と香ばしさが加わって美味しいですね。やはりおやきの中身は野沢菜が美味しいと今更ながらに思い始めてきました。

H230626_037

たけのこおこわセット(600円)お持ち帰り用のたけのこおこわは売り切れでしたが、食事処のたけのこおこわセットは販売されていたので、かろうじてありつけることが出来ました。

H230626_038

こちらは前回、信州高山温泉郷でも味わった根曲がり竹を使ったたけのこ汁。やはり鯖の水煮缶を使うのがデフォのようです。これで2週間の間に3箇所でたけのこ汁を味わったのですが、それぞれ味がまったく違って、まさにこれはこの辺りの家庭の味なんだなと言うことを再認識いたしました。

H230626_039

たけのこおこわ。やはり小布施に近いだけあっておこわが美味しいですね。小布施は栗おこわでおこわの美味しい土地柄、その近辺の山ノ内町でもおこわが美味しいのではと思っておりました。自分の想像通り、このおこわ自体がめっさ美味しかったです。たまにくる根曲がり竹のこりっという食感がまたいいですね、これは売り切れるのも判る気がします。

道の駅 北信州やまのうち

住所 長野県下高井郡山ノ内町佐野393-2


大きな地図で見る

TEL (0269)31-1008

定休日 無休

営業時間 AM8:30~PM18:00
       AM11:00~PM17:00(レストラン)

駐車場は道の駅なのでばっちり完備されております。

H230626_040

最後に信州中野ICの目の前にある「JA中野市農産物産館 オランチェ」さんにお邪魔しました。

H230626_041

「オランチェ」さんは野菜の直売所あり、土産物ありの万能施設、えのき茸生産量No1の中野市の新名物えのき氷もばっちり販売されておりましたが、ちょっとそのネーミングから二の足を踏んで購入せずじまいでした。嫁は最近はまりの野沢菜の購入に余念がありませんでしたが、自分は

H230626_042

こちらの名水サイダーが欲しくてこちらによりました。木島平村の名水サイダー「きらめく農村」、以前、行った先で地サイダーを購入していた時期があり、その時全国にはどんな地サイダーがあるのか検索したところ、こちらの「きらめく農村」がヒットしました。

名前もさることながら、美味しいと評判の名水サイダー、購入の機会を虎視眈々とうかがっておりました。

H230626_043

飲みやすいサイダーでした、嫁いわくキリンのオールゼロサイダーをさらに喉越しをよくしたもの、確かにそんな感じのサイダーでした。

この日もいろいろな名産、特産、美味しいものに出会いましたが、「山の実」さんでいただきましたそば、これは衝撃的な出会いでした。まだまだ美味しいものはたくさんあるんだということを実感させられた日でした。「山の実」さんの蕎麦、また食べに行きたいです。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 沈黙の釜めし 「お食事処 尾の上」 | トップページ | 正統派ラーメンのお店 カレーもあるよ 「中華そば さかえや」 »

コメント

あっはー。
aiba師匠の日帰りグルメを見ていると
いつもお腹いっぱい(笑)気分になりますねw

そんなに美味しいお蕎麦屋さんですか・・・!
ピザも美味しそうですね!

あ~ん行きたい・・・happy02

魚津のりんごサイダーは飲まれました??
昨日、魚津まで行ったのにすっかり忘れてました(爆)

なかなか遠出出来ないので、まずは魚津から(笑)飲んでみようと思ってますw

投稿: ラヴゥ | 2011年6月27日 (月) 09時09分

>ラヴゥ さん

自分は読み返すとお腹が減ることがありますよ(;;;´Д`)ゝ
「山の実」さんの蕎麦は本当に美味しかったです
いままでいろんな所に行きましたが
蕎麦がここまで美味しいと感じたのは初めてでした
ピザも他の種類が是非食べてみたかったです

魚津にも地サイダーが?
入善のジャンボ西瓜サイダーを
いつか飲みたいと思っているのですが
これは魚津にも行かねばならないようですね( ̄▽ ̄)

投稿: zen_aiba | 2011年6月27日 (月) 20時40分

土曜日のあの土砂降りの中、うちの息子は路上教習してましたよヾ(;´Д`A
息子よりも横に乗ってる教官が、さぞ怖かろうと思いました。

そば粉のピザおいしそうですー。
うすーいピザ生地がめっちゃ好み( ̄▽ ̄)

投稿: himachan | 2011年6月27日 (月) 22時55分

>himachan さん

自分が教官なら無条件で判子押すから
今日は路上無しねって言いそうですcoldsweats01
そば粉のピザも美味しかったですよ
薄生地のパリッとしたピザで最高でした

投稿: zen_aiba | 2011年6月28日 (火) 00時49分

またもや ニアミスでございます~
私は観光バスで「小野りんご園」さんの前を通りましたからヽ(^o^)丿
しかも帰りの上信越道に乗った時間もほとんど同じですよ~

美味しそうなお蕎麦です!(^^)!バス旅行で食べた 団体様コースの蕎麦よりも ずっと美味しそうです~
でも aibaさんのブログのお陰で 今回は「チェルシーバンズ」を
買う事が出来ましたから 今後も 美味しい情報で楽しませて下さいね♪

投稿: みぽりん | 2011年6月28日 (火) 22時52分

>みぽりん さん

なんとまたまたニアミスですね
帰りには富山の観光バスを何台か見ましたから
実際にすれ違っているかもしれませんね

そういえば竜王スキー場のホテルにも
観光バスが何台か向かっていたのを見て
バス旅行のランチってホテルでバイキングなんだと
シーズンオフのスキー場ホテルの正しい使い方をみましたよ

山の実さんはお勧めのお蕎麦です
3度目があれば是非食べてみてください

「チェルシーバンズ」がお口に合ったようで
本当に安心しました
これからもこの路線を突っ走りますので
こちらこそよろしくお願いします

投稿: zen_aiba | 2011年6月28日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/40563680

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 北志賀高原湯めぐりグルメの旅~:

« 沈黙の釜めし 「お食事処 尾の上」 | トップページ | 正統派ラーメンのお店 カレーもあるよ 「中華そば さかえや」 »