« 苺と氷の狭間の季節の主役 「ココナッツアイランド」 | トップページ | ご飯が進むホーライサン名物 「お食事処 ホーライサン」 »

心揺さぶる冷やし中華 「東華園」

6月23日の豪雨のために土砂災害が起こり全面通行止めになっていた岐阜平湯~長野松本間の国道158号線が、全面通行止めが解除になり、片側交互ではあるものの通行が可能になりました。

国道158号線は休日高速割引1000円がなくなってしまった今では、長野に安価で行くための大切なルートでした。全面通行止めになったと聞いたときは、大変なことになったなぁ、と真剣に思いました。

でも通行可能なら伊那や駒ヶ根にソースカツ丼を食べに行けると言う事ですよね。よかった、よかった、しかし、東日本の高速道路の復帰といい、今回の解除といい、日本の土建屋さんの復元技術、そしてそれを短期間で実現するパワーは凄いですね。

さて、今回は富山市清水町にある「東華園」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230629_000

検索用ワード 富山の名店 昭和の味 ふるみしゅらん

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「東華園」さんの店内の写真です。相変わらずの見事なまでの昭和の佇まい、心の底から和みますね。お昼は相席が当たり前の「東華園」さんですが、夜の営業は比較的すいており、ゆっくりと食事をすることができます。

H230629_002

昭和の時代から今も有り続けるメニュー、どれもレジェンド級の美味さです。

H230629_003

このメニューを制覇するには何年かかるのか、と思いたくなるほどのメニューの豊富さです。

H230629_016

しかし、「東華園」さんの真骨頂はこちらの定食メニュー。1000円以内でラーメン、一品料理が食べられるリーズナブルな定食セットです。

H230629_004

しかし、この時期だけはこの定食メニューの数々よりもaibe家の心を揺さぶるメニューが登場します。それがこちら「東華園」さんの冷やし中華メニューです。

H230629_001

瓶ビール(500円)、昭和の雰囲気にはやはり瓶がよく似合いますね。「一人でこの量はちょっと」と言っていた嫁ですが、あっさり空にしていましたcoldsweats01

H230629_005

トリ肉の骨抜き唐揚げ(900円)

H230629_006

「東華園」さんで900円と言う豪勢なお値段ですが、骨がなくがぶりといただける唐揚げは、皮はさくっと中はジューシーで、めっさ美味しい唐揚げです。

H230629_007

冷やし野菜中華ミニライス付(800円)

H230629_008

「東華園」さんの冷やし中華は、まずどんぶりが冷やされていることろがいいですね。手で持つと冷たいと思わず言ってしまいたくなる冷たさです。

H230629_009

胡麻風味の酸味が強いスープ。まさに冷やし中華のスープの味ですが、「東華園」さんのそれは何か一味奥が深く感じますよ。これが歴史のなせる業でしょうかね。

H230629_010

野菜もたっぷりでサラダ感覚で食べられる「冷やし野菜中華」、胡麻風味のタレがからんだ中太麺がまた美味いです。嫁がこのなく愛する「冷やし中華」です。

H230629_011

マーボナス冷やし中華ミニライス付(800円)

H230629_012

キンキンに冷やされたどんぶりにほんのり温かいマーボナス、このほんのり温かいナーボナスから伝わるほどよい辛味がたまらなく美味しいです。ナスの炒め具合がまさに神業級で美味しいです。

H230629_013

マーボナスの餡はほんのり温かいですが、冷やし中華部分のスープは冷たいです。この冷たく温かい謎のスープが、ぐっと来るほど辛味があってその後に酸味を含んだ旨味が残ってめっさ美味しいです。

H230629_014

「冷やし野菜中華」と同じ中太麺ですが、伝わってくる味わいは「冷やし野菜中華」のそれとは異なった味わいです。この辛味のあるほんのり温かいマーボ餡と冷たい麺、この組み合わせは驚くほど美味しいですよ。

お店情報

東華園

H230629_015


住所 富山市清水町3-6-14


大きな地図で見る

TEL (076)422-4534

定休日 月曜日・第二火曜日

営業時間 AM11:00~PM14:30
       PM17:00~PM20:00

駐車場は遠いです。駐車場(下の写真)には目印のラーメンののぼりが立っています。お店の写真の右側に道なりに進んで、交差点を2つばかり越えないとなかった はずです。

H230629_017


皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 苺と氷の狭間の季節の主役 「ココナッツアイランド」 | トップページ | ご飯が進むホーライサン名物 「お食事処 ホーライサン」 »

コメント

今日のビールの写真はふつうですね(笑)

暑くらしぃ店内(しつれいsweat02)で、
冷やし中華。  イイデスネーhappy02
冷やし中華にしては、変わった具ですね。
キャベツにもやし(笑) 食べてみたいー

私も最近、東華園に行きたいと思っていたところであります。

投稿: ちま子 | 2011年6月30日 (木) 08時39分

>ちま子 さん

ビールの写真はだんだんコツが
判ってきたような気がしますcoldsweats01
サラダのような感じもしますし
はちばんの野菜ラーメンの具のような
見事な冷やし野菜中華ですよ

投稿: zen_aiba | 2011年7月 1日 (金) 03時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/40608696

この記事へのトラックバック一覧です: 心揺さぶる冷やし中華 「東華園」:

« 苺と氷の狭間の季節の主役 「ココナッツアイランド」 | トップページ | ご飯が進むホーライサン名物 「お食事処 ホーライサン」 »