« 看板って難しいですね 「絶品オムライスの店 MaSa」 | トップページ | たけのこの里のパン工房 「パン工房 bread(ブレッド)」 »

春はたけのこ 「たけのこ料理 兼松」

先日、コメントを寄せていただいている「ごり」さんからリンクの申し出をいただきました。

………

そういえば、そのような機能もありましたねΣ(;・∀・)

よく枕詞に「リンクを貼らせていただいてる」とか書いておきながら、すっかり新しいリンクを申し出るという行為の存在をすっかり失念しておりました(A;´・ω・)アセアセ

このようなうっかり者で申し訳有りませんm(_ _)m

お気に入りのブログにご縁がある方々のリンクを追加させていただきました。どちら様のブログも自分が愛読している面白くためになるブログばかりです。

この方にリンクの申請を申し込んでもいいのか?と恥ずかしがり屋ゆえ、ためらっているブログも多々あります。自分のとこがねぇーよ、と心当たりのある方は是非、ご一報くださいませm(_ _)m

さて、今回は高岡市西田に店舗を構える「たけのこ料理 兼松」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230503_000

検索用ワード 富山 筍 西田 焼きたけのこ

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「たけのこ料理 兼松」さんの店内の写真です。高岡市西田は富山県でも有数のたけのこの産地で、この近辺だけでも10軒近くのたけのこ料理屋さんが軒を並べております。この時期になると一斉にたけのこ料理屋さんがオープンし、GWは多くのお客さんが訪れるたけのこのメッカです。

「兼松」さんは自分の車のナビで電話番号検索すると「西田温泉」と表示されたように、温泉宿のような旅館のような大きな建物でした。数あるお部屋から案内された部屋からはライトアップされた庭を眺めることができ、ゆったりとした空間での食事になりました。

嫁と自分が訪れたのは4月22日、予約をしてからお邪魔させていただいたのですが、この時点ではまだ、たけのこの最盛期にはまだ早いといった状況で、去年、別のお店に訪れた際の西田地方の賑わいは感じられませんでした。

H230503_001

予約した際にネットでみたおしながきからすべてを注文してあったので、メニューらしきものは出てきませんでした。「兼松」さんは基本的にこちらの定食(3000円)とあとはたけのこ料理の単品が数種類、メニューとして存在します。メニューに書かれたあじさいはおそらくテーブル番号だと思います。

H230503_002

予約をしてあったので、着席してからしばらくすると続々料理が運ばれてきます。もちろん定食(3000円)を2人前注文してありました。

H230503_003

瓶ビール(550円)たけのこ料理にビールは欠かせない、とは嫁のお言葉。

H230503_004

定食の煮物。

H230503_005

店主殿から今年のたけのこは出が遅いらしく、通常なら四月上旬のオープンもちょっとずれ混んだとのお話をお伺いしました。実際、去年いただいたたけのこに比べるとやや小ぶりな感じがしましたが、若いたけのこらしいフレッシュな感じでえぐみなど全く感じさせない、甘さすら感じさせる美味しいたけのこの煮物でした。

H230503_006

たけのこの酢の物。

H230503_007

あっさりした酢の風味と驚くほど柔らかい丁寧にした茹でされたたけのこ、ごま風味のソースがたけのこの甘みをより鮮明にしてくれますね。去年も思いましたが、たけのこって柔らかいんだ、と嫁と二人、想像とは全く違うたけのこの歯ごたえを楽しみました。

H230503_008

たけのこのマヨネーズ和え。

H230503_009

マヨネーズとたけのこの驚きのコラボ、たけのこの繊維の奥まで染み込んでいると思わせるマヨネーズですが、全然嫌な味ではなく、よりたけのこの味を引き出していて美味しくいただけました。「兼松」さんのご店主殿からこちらのマヨネーズ和えの作り方を教えていただきました。「兼松」さんのご店主殿は朝はたけのこ堀り、昼からは料理に腕を振るう、と八面六臂の大活躍。ご店主殿からは美味しいたけのこを食べてもらいたいとの心意気がびしびし伝わってきました。

H230503_010

たけのこのお刺身(800円)こちらは定食には入っていないため別オーダー。お刺身に出来るほどのたけのこは朝、山に入ってみるまで獲れるか判らないため、予約時に当日お出しできない場合は午前中にご連絡いたします、とのことでした。

H230503_011

梅肉かわさびをつけて食べると美味しいですよ、とのご店主殿のお言葉でしたので、梅肉をつけていただきます。まるで果肉を食べているかのようなみずみずしさ、口の中に広がるたけのこのエキスと梅の風味が見事にマッチして美味しさ倍増ですよ。去年までこのたけのこの刺身を知らなかったことを残念に思いますね、もっともっと食べたい美味しい春のたけのこ料理です。

H230503_012

定食の天ぷら、たけのこご飯、たけのこ汁が運ばれてきました。続々と運ばれてくるため、テーブルが一杯になります。

H230503_013

天ぷら。たけのこと春の山菜。

H230503_014

たけのこの天ぷらももちろん美味しいですが、春の山菜の天ぷらも美味しいです。子供の頃は山菜の苦味が苦手でしたが、今ではこの苦味が美味いと思う自分がいますね。

H230503_015

たけのこごはん。

H230503_016

たけのこごはんといえば、ご飯とたけのこだけですよね。余計な具材はいっさいなし、まざりっけなしのたけのこごはん、美味しいです。これに刻み紅しょうががあれば完璧でしたがcoldsweats01(たけのこご飯に刻み紅しょうが乗せはaiba実家のたけのこご飯の食べ方です)

H230503_017

たこのこ汁

H230503_018

こちらもたけのこ尽くし、いろんな味のたけのこを楽しめる「兼松」さんの定食は最高でした。

H230503_019

最後に満を持して登場したのが「焼きたけのこ(800円)」

H230503_020

今回、「兼松」さんを訪れた最大の理由はこちらの「焼きたけのこ」を味わってみたかったからです。焼いたたけのこの上に「兼松」さんの自家製味噌をぬりつけた「兼松」さんの人気メニュー。こちらも朝、焼きたけのこに出来るたけのこが獲れないとお出しできないメニューとのこと。

H230503_021

手で摘んで豪快にかぶりつきます。ご店主殿から「食べられるところまで食べてください」と教えていただいたのですが、外側の皮2、3枚は食べられないものの食べられるところは大いにありました。そして、この焼きたけのこがめっさ美味い!!ほくほくのたけのこに自家製味噌の甘みがたまらなく美味しいです。焼いたたけのこのなんともいえないほっこりした食感が最高にいい!!

「兼松」さんのご店主殿が料理のことを一つ一つ丁寧に説明してくださり、最後まで楽しい雰囲気のなか美味しくいただくことができました。春はたけのこ、大昔、清少納言さまがわざわざ書き残したのも納得の最高の味ですね!まぁ、大嘘ですがcoldsweats01

お店情報

たけのこ料理 兼松

HP http://www.takenoko-saida.com/index.html

H230503_022_2

 

住所 高岡市西田62

大きな地図で見る

TEL (0766)44-0906

定休日 たけのこ期間は無休(時期はHPにて確認をお願いします)

営業時間 AM11:00~PM20:00(20:00までに来店してください)

駐車場はお店の隣が駐車場になっております。焼きたけのこ、たけのこ刺身をご希望の場合はご予約をお勧めいたします。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 看板って難しいですね 「絶品オムライスの店 MaSa」 | トップページ | たけのこの里のパン工房 「パン工房 bread(ブレッド)」 »

コメント

焼きたけのこをおつまみにビールが飲みた~い!

実は筍を1本いただいたため、今晩の我が家の夕食も筍ごはん、筍の味噌汁、こごみぜんまいの辛子味噌和え、残った筍を全部入れて作ったためピーマンより筍が目立つチンジャオロース…
といった献立で、
「明日は筍はパス!」って思ったばっかりなのに、
写真を見ると、またイケるような気がしてきました。
季節物ですから、美味しい時にいっぱい食べておかないとね。

あっ、リンクありがとうございましたhappy01

投稿: ミカエル | 2011年5月 3日 (火) 21時58分

リンクありがとうございます。
とても嬉しいです。

焼きたけのこ!自宅ではなかなか出来ない食べ方ですね。
新しいたけのこだけに許される贅沢かつ美味しい食べ方…うーん、私も食べたい!

投稿: ゆか | 2011年5月 4日 (水) 02時01分

たけのこ!!!
なかなか家で作らない(笑)食材…。

美味しそう~!!!

でも、コレだけ食べると肌荒れが…coldsweats01
(肌が弱いのでたけのこ注意報がww)

しかし奥様、「○○にビールが合う!」との名言を
良くなうっている気がするのは、
私の気のせいかな(笑。

投稿: ラヴゥ | 2011年5月 4日 (水) 09時50分

>ミカエル さん

焼きたけのこにビールは最高の組み合わせ(by嫁)だそうです
ミカエルさん家の晩御飯、筍もさることながら
こごみぜんまいの辛子味噌和えが食べたいです(≧∇≦)
これは美味しそうというか美味しいでしょうねぇ~

aiba家もどうそGWどこにもいけないのだから
もう一度筍の里へ足を伸ばそうかと思案中です
旬は年に一度しかないですからね

こちらこそリンクを了承していただき
ありがとうございましたo(_ _)oペコッ

投稿: zen_aiba | 2011年5月 4日 (水) 18時44分

>ゆか さん

こちらこそ了承していただいてありがとうございます

焼きたけのこ最高でしたよ!
西田のたけのこ料理店は多いですが
焼きたけのこを提供しているのは
「兼松」さんと「竹の子家」さん
ぐらいですかね、ネットで確認できるのは…

お刺身と焼きたけのこは
ぜひ食べていただきたい一品ですね

投稿: zen_aiba | 2011年5月 4日 (水) 18時48分

>ラヴゥ さん

aiba家では絶対料理しませんよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ですから美味しいお店で食べに行きます
たけのこで肌荒れ…
すいません、胃袋だけは丈夫なので
その類の心配はしたことがないです

嫁の名言は気のせいではないと思います(;;;´Д`)ゝ
嫁は
「私は日々、ビールに合うものを捜し求める旅人なう」
と断言しておりますから(^-^;

投稿: zen_aiba | 2011年5月 4日 (水) 18時54分

私も実家の母を伴って時々「西田のたけのこ」食べに行っていたのですが
今年も 是非と思っていた所に ナイスタイミングの情報でした(#^.^#)
是非とも 美味しい「たけのこ」を食べに行って来たいと思います~

投稿: みぽりん | 2011年5月 6日 (金) 18時52分

>みぽりん さん

この時期と言えば西田の筍
自分は去年からですがcoldsweats01
食べずにはいられなくなりました

みぽりんさんの西田たけのこレポ
楽しみにして待っております

投稿: zen_aiba | 2011年5月 6日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39848433

この記事へのトラックバック一覧です: 春はたけのこ 「たけのこ料理 兼松」:

« 看板って難しいですね 「絶品オムライスの店 MaSa」 | トップページ | たけのこの里のパン工房 「パン工房 bread(ブレッド)」 »