« 遠い昔へタイムスリップ 「春乃色食堂」 | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~新潟県に行こう 桜を追いかけ 新潟県弥彦村に~ »

駅前中華屋の正しき姿 「中華料理 太閤」

今年の1月に閉店した富山のラーメンの老舗店「九頭龍」さんが、昨日、富山市中川原で復活したとのニュースを読みました。自分も以前、ちらりとブログで触れたとおり、新「九頭龍」さんの場所は中川原の「花かご」さん跡地で、店主の息子さんが後を継いだとの聞いておりました。ところが、そのニュースを読むとさらに新情報が書いて有りました。

中川原で「九頭龍」の名前を継いでお店をオープンさせてのは店主の長男さんで、次男さんが富山市内で7月をめどにさらに別の店舗で「九頭龍」さんをオープンさせるとか…

このニュースを見て、だったら最初から兄弟二人で石金「九頭龍」を引き継げばよかったんじゃないのだろうかなぁ、なんて思ってみたりcoldsweats01

さて、今回は富山市新富町に店舗を構える「中華料理 太閤」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230422_000

検索用ワード 中華 サラリーマン天国

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「太閤」さんの店内の写真です。細く長く、お世辞にも広いとはいえない店内にカウンター席とテーブル席、立地も駅前とはいえ路地の雑踏の店と店に挟まれた下手をすれば見落としてしまいそうなお店…しかし、リンクを貼らせていただいている「以学館」殿のブログでも紹介されていた通り、まさに「親父達の聖地」でありました。夕時に訪れたのですが、次から次へと親父達が暖簾をくぐりやってきます。

H230422_002

メニュー、左半分。

H230422_003

メニュー、右半分。正しき駅前中華屋のメニューであります。

H230422_004

壁にも書ききれないメニューが張り出されておりました。小サイズのから揚げがあるのは一人で来たときに嬉しいですね。

H230422_005

夜も頼めるサービスメニュー。てっきりランチメニューだと思ってスルーしてしまいましたcoldsweats01

H230422_006

天津丼(550円)

H230422_007

注文時に女将さんが「うちは甘酢味だけど大丈夫?」と尋ねてくださいました。やはり県庁所在地の駅前だけあって多くの戦うビジネスマン達がふらりと訪れるとみえます、天津飯は地域によって味付けが違うので、こうやって確認されておられるのでしょうか?

H230422_008

コクのある濃い目の甘酢味、これぞ、幼少の頃より食べなれてきた甘酢餡の天津飯です。つんとくるくらい甘酸っぱい、ああ、北陸の天津飯ですね。

H230422_009

この日のランチメニューの都合でこの日はかに玉ではなくエビ玉でした。ぷりっとした小エビが甘酢に絡んで美味しかったですね。女将さんがこの日の料理を丁寧に説明してくれました。丁寧ですが、なんといいますか、独特の親しみやすさが感じられて、親父達が集ってくるのもわかる気がしました。

H230422_010

餃子(250円)250円で大ぶりの餃子が5個、昨今の餃子事情からかんがみますにお得な餃子であるといえますね。駅前で培われた店主の見事な腕前を餃子から感じずにおられませんでした。

H230422_011

鶏のから揚げ 小(380円)この量で小でありました。こんがりと揚がった鶏からはビールのお供に最高のお味でございましたね。中の肉もジューシーで柔らかく美味しかったですね。

……お気づきになられた方もいると思いますが、いつもより写真が少なめです。「太閤」さんでの食事中に、このブログのために購入したといっても過言ではないデジカメが逝きました。炎を燃え上がる鉄板の近くだの、氷点下の極寒の雪降る寒空のもとなど、精密機械にとって最悪の環境で使ってきましたからね…壊れるのも致し方ないかとcoldsweats01

H230422_012

タンメン(580円)後味が抜群に美味い塩味のスープに、見事な炒め野菜、このタンメンが580円はお得というほかないですね。野菜もふんだんに使われており、香ばしくて大変美味しいタンメンでした。

H230422_013

揚げ焼きそば(580円)

H230422_014

ばりばりの揚げそばに醤油ベースのもやし中華餡、ちょっと濃い目の醤油味ですが、これはまさに親父達の好む味ですね。もちろん、自分も立派な中年親父ですから、この醤油中華餡は大好きな味です。段々、揚げそばに餡が染み込んでいって柔らかくなった麺、それともやしたっぷりの餡を同時に頬張る、最高でございますね。

お店情報

中華料理 太閤

H230422_015

住所 富山市新富町1丁目3-2


大きな地図で見る

TEL (076)441-0787

定休日 日曜日

営業時間 AM11:30~PM14:00
       PM17:30~PM22:00

駐車場はありません。お近くの有料駐車所をご利用ください。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 遠い昔へタイムスリップ 「春乃色食堂」 | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~新潟県に行こう 桜を追いかけ 新潟県弥彦村に~ »

コメント

えっ!
九頭龍さんって 閉店してたんですか!
(見逃してました><;)
あの「日本一の客席」が!
(今となっては もっと大きなラーメン屋さんはありますが…^^;)
時々 思い出して 食べたくなるのですが…跡を継がれたとのことでひと安心です(ホッ)

京都山科に「夜鳴きや」という それはおいしいラーメン屋さんがあり
しばらく閉まっていたので心配していたのですが
先日 立ち寄ると行列ができており
思わず 並んでしまいました
おやじさんの姿は見えませんでしたが
味は昔のまま…思わず 感涙に咽びました**

投稿: dendoroubik | 2011年4月22日 (金) 23時13分

以学館さんの所でも書かせて頂きましたが、こちらでも。smile

太閤さん、ボリュームは多いし安いしで、本当に親父達の聖地
ですよね。wink
天津飯も食べた事は無かったのですが、揚げ焼きそばも食べた
事は無いので、今度行った時に食べてみようと思います。smile
以前行った時にも私達以外は全員男の方だったんですが、
気にしませーん。bleah

投稿: えん | 2011年4月23日 (土) 08時41分

>dendoroubik さん

日本一の客席はいまでは見る影もないくらい
小さいお店になっていますねcoldsweats01
自分は閉店の話を聞いて何年ぶりかに食べにいきましたね
今度はこの開店を機会に食べに行こうと思っています

昔の思い出のお店が思い出のまま残っていると
何故かほっと安心しますよね

投稿: zen_aiba | 2011年4月23日 (土) 20時53分

>えん さん

こんばんわです
以学館さんのブログのコメント欄で
えんさんにコメントを返すのも変かなと思い、あしたので
返信をせずに記事という形になりました

あの味、あの量であのお値段はお得ですよね
駐車場があるお店でしたら通いたくなるのですが
あの親父達の聖地の雰囲気が
自分たちにも居心地がいいです
お洒落なイタリアンよりも
親父達の中華屋が大好きなaiba家ですcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年4月23日 (土) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39697343

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前中華屋の正しき姿 「中華料理 太閤」:

« 遠い昔へタイムスリップ 「春乃色食堂」 | トップページ | 富山から日帰りで行こう ~新潟県に行こう 桜を追いかけ 新潟県弥彦村に~ »