« 納豆と卵と白いご飯 「炊屋 いま泉」 | トップページ | 駅前中華屋の正しき姿 「中華料理 太閤」 »

遠い昔へタイムスリップ 「春乃色食堂」

入善ブラウンラーメンに続く、新作「入善レッドラーメン」のニュースを見ました。「入善レッドラーメン」は入善産とうがらしを麺に練りこんだ赤い麺が特徴で、ブラウンの味噌味とは違い、塩味でいただくラーメンだそうですが、刺激が強いためお子様や辛さに弱い方はご遠慮くださいとのことでした。

入善と言えば会社で「入善ジャンボ西瓜サイダー」なるものが発売されたよ、と教えていただいたばかり、自分的には「入善レッドラーメン」より、「入善ジャンボ西瓜サイダー」が気になりますね。レッドラーメンはまだ開発途中らしいですが、西瓜サイダーはすでに発売されているとのこと、ならば入善フラワーロードの会場にでも発売されていないでしょうかね?と思って検索しましたらイベントはすでに終了してましたcoldsweats01寒い日が続いていましたので、すっかり春のイベントを調べるのを怠っていました…

さて、今回は南砺市福光に店舗を構える「春乃色食堂」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230421_000

検索用ワード 昭和レトロ 正しい中華そば おでん

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume_2

写真は「春乃色食堂」さんの外観です。このおんぼ…いえ、歴史ある建物が現代に残る昭和のお店としてよく話題にのぼるお店であり、リンクを貼らせていただいている「ちま子」さんのブログでも紹介されていて、久しぶりにお邪魔したくなりましたので、福光の桜見学の途中に足を運んでまいりました。

昭和のお店といわれておりますが、こちらのお店は大正12年に創業されて、現在もその当時のままのお店を使われて営業されております。ニュースによりますと2代目店主のお孫さんがお店を残したいと後を継ぐ事を決めて、2代目とご一緒に営業されているとのことです。

H230421_001

店内もまさに歴史ある趣、この日は午後1時30分頃にお邪魔させていただきましたので、2代目店主さんがカウンターでTV鑑賞されておりました。いや、この感じ、まさに昭和、素晴らしいですね!

H230421_002

壁にはサイン色紙がずらりと、結構有名人もあって驚きです。

H230421_003

お値段表。なんとも正しい食堂メニューですね、やきめしの文字が趣深く感じるのは自分だけでしょうか?

H230421_004

かしわうどん(450円)

H230421_005

どんぶり自体は小さめで麺も細めのうどんなのですが、どんぶり一杯にどかっとはいってきますので、結構な量があります。うどんもつるつるで美味しいのですが、何と言っても出汁、昔ながらの甘めの出汁が、思わずほぅ~と息を漏らしたくなるなんとも懐かしい、安心できる味です。昭和というかおばあちゃんの味、そんな表現がぴったりくる心温まる味で美味しいですね。

H230421_006

こりこりしたかしわからも甘めの出汁が滲み出てきて、いくら食べても飽きませんね。一口食べるたびに遠い昔へタイムスリップしたかのような懐かしい味が広がっていきます。

H230421_007

中華そば(430円)

H230421_008

昔ながらの細めの縮れ麺で、ちょっと固め…どこまでも昔懐かしい感じです。すっきりとした鶏がらの醤油スープはまさに王道ですね。

H230421_011

こちらのごっついチャーシューも昭和チャーシュー。しかし、チャーシューのごつさとは裏腹にラーメンどんぶりは何故か、昔からこちらの可愛いどんぶりですがね。

H230421_010

おでん、焼き豆腐、筍、蒟蒻、卵で400円でした。


H230421_012

たけのこが柔らかくて出汁が染みていて、たまらん美味しさです。噛んだ瞬間はこりっとくるのですが、崩れるようにほろほろになっていって、筍の旨味と出汁の旨味を口の中に残していってくれます。これは美味しい!

映画のセットにでも使えそうな「春乃色食堂」さんで食べる食事は、懐かしさと美味しさが混同する素晴らしいものでした。風が吹くたび開く扉、内側から釘で止めてある窓…何十年の歴史の重みを感じさせる素晴らしいお店です。

お店情報

春乃色食堂

H230421_013

住所 南砺市福光6808-2


大きな地図で見る

TEL (0763)52-0141

定休日 日曜日

営業時間 AM11:00~PM17:00

駐車場はありません。河川敷の駐車場に停めて歩いてくるか、お店の前の道路に寄せて停めてください、とのことでした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 納豆と卵と白いご飯 「炊屋 いま泉」 | トップページ | 駅前中華屋の正しき姿 「中華料理 太閤」 »

コメント

春乃色食堂 LOVEsmile

ここのお店は、なつかしい味で、しかも美味heart04
さいこうです!!
おでんがこれだけで400円??
安っすーhappy02
ここのおでんは、今まで食べたおでんの中で、
いちばんおいしかったです。
私、豆腐系ってあまり好きじゃないんだけど、
ここの焼き豆腐はおいしかったー

家から遠いsweat02

投稿: ちま子 | 2011年4月21日 (木) 08時16分

す、すごい…
半端じゃないレトロ感、半端じゃないタケノコの味のしみかた…
昭和が隅から隅までしみわたっている感じですね。
うどん…実家の母がいつも作ってくれるうどんにそっくり。うちの実家のうどんも、どんぶりの中は、汁よりも、ほとんどが麺という感じで、赤いかまぼこ(はべん?)が入っていたなあ。

投稿: ゆか | 2011年4月21日 (木) 09時35分

うどんの上に乗っかっている赤いかまぼこ。
丸みを帯びてツルンと喉を通り抜けていきそうな
やさしい麺。
消えゆく古き良き時代。
あの頃。
とても温かい気持ちになれるレビューに感謝です。
ヽ(´▽`)/

投稿: やみちゃん | 2011年4月21日 (木) 17時56分

>ちま子 さん

懐かしい味ですよね
自分たちが生まれる遙か前から
受け継がれた味は素晴らしいですね

おでんはどこにも値段が書いてないので
合計金額からラーメン、うどん代を引くと
400円なのであっているはずなのですが
合計金額を聞いたときは安いと驚いてしまいました

富山から下道で約40kmですもんね
ちょっと気軽にご飯ってわけにはいかんですね

投稿: zen_aiba | 2011年4月21日 (木) 21時25分

>ゆか さん

レトロという言葉はこちらのお店のためにある言葉か
と思いたくなるほどですcoldsweats01
たけのこの出汁のしみ方が半端なかったです
たけのこだけ延々と食べたいですね

福光ですからどちらかといえば
金沢よりの味付けで
そこが自分がより懐かしさを感じたところですね
細麺でどんぶり一杯なのも最高でした

投稿: zen_aiba | 2011年4月21日 (木) 21時31分

>やみちゃん さん

飾りっけもない赤いかまぼこ
不純なものが一切入っていない素朴な麺
過ぎ行く時間の流れに取り残されたように佇む
古きよき時代の思い出
最高の雰囲気のお店ですよ

投稿: zen_aiba | 2011年4月21日 (木) 21時34分

 ようやくaibaさんのブログを拝見できる時間ができました。
 4月から部署が変わり、1ヶ月たっていなのですが、もう数年分仕事をしたような忙しさでした。
 職場の同僚に初めて連れて行ってもらったお店なのですが、本当にレトロな雰囲気を出して、食事とマッチしていますよね。今も瓶のコーラかラムネ?があるのでしょうか?映画「ALWAYS]にでてきそうな雰囲気ですよね。

投稿: ブログde付録 | 2011年4月24日 (日) 08時39分

>ブログde付録 さん

お仕事お疲れ様です
新しい仕事の激務も落ち着かれてきたご様子ですね
レトロな雰囲気とそれにあった昭和の食事
自分が映画のエキストラにでもなった気分がするお店ですよね
瓶のコーラもいまだ健在でした
春乃色食堂はいつまでも
昔のままの春乃色食堂であって欲しいですね

投稿: zen_aiba | 2011年4月24日 (日) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39690470

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い昔へタイムスリップ 「春乃色食堂」:

« 納豆と卵と白いご飯 「炊屋 いま泉」 | トップページ | 駅前中華屋の正しき姿 「中華料理 太閤」 »