« 注文に迷うお店 「中国四川料理アクセス」 | トップページ | キレのあるお蕎麦にコクのある出汁 「そば・酒処 一風」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 長野新B級グルメを味わおう~

富山から日帰りで行こう 今回は長野県長野市周辺に足を伸ばして長野の新しいB級グルメを味わって参りました。

AM7:30
富山

↓ rvcar

富山IC 北陸・上信越・長野自動車道経由 更埴IC 204km

↓ rvcar 3km

AM9:45
長野県千曲市屋代 「あんずの里アグリパーク」
aiba家春の定番いちご狩りへ
AM10:45

↓ 16km

AM11:15
長野県長野市信州新町 「元祖ジンギスカン荘」
ジンギスカン街道の元祖のお店でジンギスカン
PM12:00

↓ rvcar 5km

PM12:10
長野県長野市信州新町水内 「信州新町産業開発センター」
信州新町産業開発センターの売店で信州新町のお土産購入
PM12:30

↓ rvcar 16km

PM13:10
長野県長野市篠ノ井 「長野茶臼山動物園」
山の中の動物園でほっこり
PM15:45

↓ rvcar 7.5km

PM16:00
長野県長野市川中島御厨 「ラーメン定食やじろべえ」
長野新B級グルメの一品を味わう
PM16:30

↓ rvcar 5km

長野IC 上信越・北陸自動車道経由 富山IC 197.1km

PM19:15
富山

各ポイントの感想・詳細は続きにあります 写真が多いです、心して開いてくださいcoldsweats01

Higaeri_2


H230403_000

長野県千曲市「あんずの里アグリパーク」さんです。あんずの花の咲く頃にはあんず祭りが盛大に行われる同パークですが、12月中旬から6月下旬までの間はいちご狩りも楽しむことができます。

H230403_001

「あんずの里アグリパーク」さんでは少人数なら予約は必要ありませんが、いちごの育成状況、大型の予約などでいちご狩りが行えない場合もありますので、前日までに電話での確認をいれておいたほうが安全と思われます。「あんずの里アグリパーク」さんでは4月からのいちご狩りは小学生以上1200円、小学生未満は1000円にて時間無制限にて行えます。

H230403_002

券売機にて必要な券購入して、券売機に記されているハウスへ購入した券をもっていきます。ハウスの入り口に係員さんが居られますので、券を渡し、イチゴのへた入れと練乳をもらってください。「あんずの里アグリパーク」さんではイチゴのハウスへの途中の出入りは基本的に禁止されていますので、トイレは済ませてからいったほうが無難です。また、ハウスの中は暑いです、上着等は車の中にでも置いてからいかれたほうがいいと思います。

H230403_003

「あんずの里アグリパーク」さんでは、2段式高架栽培方法で大人も子供も立ったまま、いちご狩りが楽しめます。この日は章姫が食べ放題のハウスでした。時期によっては女峰のハウスもあるそうです。

H230403_005

たわわに実ったいちごを

H230403_021

存分に味わいます。甘くて美味しいイチゴでした。嫁とイチゴ棚を3往復し「60個以上は食べたhappy02」と嫁は大満足のようでした。「あんずの里アグリパーク」さんは練乳は使い放題ですが、入り口の係員さんのところにて入れてもらう形式になっています。

H230403_007

「あんずの里アグリパーク」さんにはパンの販売所

H230403_008

長野の各種お土産


H230403_009

花屋のブースなどがあり、また、軽食等も味わえるブースも有り、家族で時間を過ごすことも可能な施設になっております。

あんずの里アグリパーク

HP http://www.anzunosato.co.jp/

住所 長野県千曲市屋代515-1

大きな地図で見る

TEL (026)273-4346

定休日 年中無休 ただしいちご狩りの期間は12月~6月

営業時間 AM9:00~PM16:00


H230403_010

「あんずの里アグリパーク」さんを後にして、長野市信州新町の「元祖ジンギスカン荘」さんへ移動。長野市信州新町は昭和初期からめん羊の飼育が盛んで、昭和10年代からジンギスカン料理が始まり、昭和40年50年になると長野市と松本市をつなぐ国道19号線上にジンギスカンを扱うお店が増え、この区間をジンギスカン街道と呼び、ジンギスカンの町信州新町が定着していったそうです。

リンクを貼らせていただいている「ちま子」さんのブログにて以前、ジンギスカンの話題が出ていましたので、ジンギスカンが食べたくなって足を伸ばしてみました。

H230403_011

「元祖ジンギスカン荘」さんは終戦後まもなく開業なされて、現在は三代目のご主人が秘伝のタレの味を守って営業されております。

H230403_014

メニューは他にもありましたが、やはりここはジンギスカンでしょう。どの時間帯でもこちらのジンギスカン料理が注文できます。また大口の宴会の予約が入っていなければ予約無しで気軽に入れます。

H230403_012

「昼間っから生ビールとジンギスカン!これ最高happy02」とは嫁のお言葉

H230403_013

ジンギスカン定食(1300円)の二人前とジンギスカンロース(1300円)と焼き野菜(400円)を注文。ジンギスカンを漬け込んだタレが秘伝のタレで野菜や果物を使い、無添加、手作りの伝統の味です。

H230403_015

独特の山形のジンギスカン用の網で焼いていきます。ジンギスカンの焼き方は網に直接おいて焦げ目がついたら食べ頃ですとのことでした。

H230403_016

漬け込まれたタレの味が細部まで染み込んでおり、一切の臭みを感じさせることなく、また、手で一枚一枚きったお肉は筋や無駄な脂身が取り除かれていて大変食べやすく、めっさ美味しかったです。すでに美味しいタレがしみこんでいますので、何もつける事なくいただけました。

H230403_018

そしてジンギスカンロース

H230403_019

めっさ柔らかくて、とろけるようなお肉で大変美味しゅうございました!ジンギスカンロース、めっさ美味しいです。嫁と真面目に取り合ってしまうほどの美味しさでしたcoldsweats01

H230403_020

漬け込まれていない新しいタレもついてきますので

H230403_022

ご飯の上に焼いたジンギスカンを並べて、さらにたっぷりタレを乗っけて、「ジンギスカン丼」にして食べてもめっさ美味しいです!!

元祖ジンギスカン荘

住所 長野県長野市信州新町上条403-1


大きな地図で見る

TEL (026)262-2012

定休日 第一・三月曜日

駐車場はお店の前にあります

H230403_023

ジンギスカンをたらふく味わった後は「信州新町産業開発センター」さんへ移動。こちらは信州新町地場産業開発センターさんが展開する地場のものを取り扱ったお店の集合体になっています。この場所は「信州新町 道の駅」でもあります。

本来は「信州新町ろうかく梅園花まつり」へ行く予定でしたが、祭りというか出店はあるようでしたが、肝心の梅がまだ咲いていないと状況でしたのでこちらへ。

H230403_024


信州新町の名産品が各種販売されております。もちろんジンギスカンも購入できます。

H230403_025

自分のお目当てはこちら。信州新町は長野県北信地区一の小梅の生産量を誇り、その小梅の加工品も豊富にあります。「ろうかく梅園花まつり」ではその梅の商品のPRも行っているとのことでしたが、「信州新町地場産業開発センター」さんでも購入可能ということでこちらに足を伸ばしてみました。目移りするくらいたくさん小梅の梅干商品がありまして、梅干好きな自分はどれを買うか迷って楽しいくらいでした。

H230403_026

併設されている食事処では「信州名物おやき」も販売されておりました。


H230403_027

9種類くらいあったおやきから「ねぎみそ」と「あずき」を購入、1個130円と良心的な値段なところがいいですね。

H230403_028

あつあつのあずき餡に固めの焦げのある皮、素朴な味わいですが、その素朴さがまたいいですね。長野には地域によっておやきもいろんな種類があって、焼きであったらり蒸しであったりと食べ方も違うそうで、長野のおやきを食べ歩くというのもいつかチャレンジしてみたいですね。

H230403_029

舌が火傷しそうになるくらいのあつあつのねぎみそ餡、ぴりっと辛いねぎと優しい味噌が美味しいですね。同じお店で売られているのに皮の味が微妙に違っていましたね、おやき、奥の深そうな信州の郷土料理ですね。

信州新町地場産業開発センター(道の駅 信州新町)

住所 長野県長野市信州新町水内4619

大きな地図で見る

TEL (026)262-2228

定休日 1月1日

営業時間 AM8:30~PM18:00

 

H230403_030

小梅とおやきを堪能した後は、長野市篠ノ井の「長野茶臼山動物園」に移動。


H230403_031

大人500円、小中学生は100円、幼児無料とお財布に優しい低価格な動物園です。

H230403_032

しかし、ライオンが居たり、ゾウやキリンも居て、見ごたえのある立派な動物園です。また、自然植物園、恐竜公園とも隣接しており、家族で1日過ごして余りある施設でした。動物園だけで15ヘクタール、山を利用しているため高低差があり、全部廻るのは結構な運動になりますcoldsweats01

…迫力のないライオンで申し訳ないです。自分のデジカメが故障してズームをして写真をとると

H230403_048

このような謎な写真が撮れる謎カメラになってしまっています。いろいろ過酷な状況で酷使してきましたのでそろそろ寿命のようですcoldsweats01


H230403_035

茶臼山動物園には「レッサーパンダの森」という施設があり、ズーム無しのカメラでもこれだけの写真が撮れる距離にてレッサーパンダを見ることができます。

H230403_036

小動物とのふれあいのコーナーも有りモルモットや

H230403_037

うさぎやヤギとも直接触れ合えるのですが、なんといってもこの「茶臼山動物園」さん

H230403_038

2Mはあろうかというニシキヘビとも触れ合えますcoldsweats01「キャー触ってみたい(≧∇≦)」と嫁は喜んで、蛇を抱いておりました。「蛇を抱いたの初めて!すべすべしてるぅ~happy02人生変わる感じがするぅ~貴方も抱いてみたら?」


H230403_049


ですとも、ええ、全力でcoldsweats01

長野茶臼山動物園

HP http://www.chausuyama.com/

住所 長野県長野市篠ノ井有旅570-1

大きな地図で見る

TEL (026)293-5167

定休日 12月~2月末日 毎週月曜(祝日の場合は翌日)
      12月29日~31日

営業時間 3/1から11月末日 AM9:30~PM16:30
       12/1から2月末日 AM10:00~PM16:00

駐車場は無料の駐車場があります

H230403_039

動物園で思いっきり歩いて思いっきり楽しんだ後は長野市川中島の「やじろべい」さんに移動。長野オリンピックメモリアルアリーナMウェーブさんの近くです。

H230403_040

「やじろべい」さんにお邪魔させていただいたのは、こちらの「長野ヤキメン」をいただくためです。「長野ヤキメン」は去年の長野B級グルメコンテストinびんずるにて見事栄冠を勝ち取り新長野B級グルメとして認定されました料理です。現在長野市で8店舗のお店が正式に認定されて長野ヤキメンを販売しております。

H230403_041

「やじろべい」さんの店内、嫁と自分のよく知ったお店によく似たつくりのお店でした。外観といい内装といい「8番らーめん」さんとよく似ている感じがして、初めてのお店でしたが妙に落ち着くお店でした。

H230403_042

嫁の頼んだつけ麺(650円)

H230403_043

麺もむちゃくちゃ8番っぽいcoldsweats01

H230403_044

麺の味もめっさ「8番らーめん」に酷似しており、めっさ安心して食べることができました。

H230403_045

長野ヤキメン(600円)

H230403_046

パプリカ、山芋、長いも、ニンニクの芽、豚肉と温泉卵、具沢山の長野ヤキメン。考案者はイタリアンレストランのシェフの方だとか

H230403_047

麺にチーズと信州味噌を絡めて炒めてあります。めっさ見た目も食感もカルボナーラなんですが、味噌の味がカルボナーラのそれとはまったく違う味にしてくれます。濃厚な信州味噌が平太麺にほどよく絡まってめっさ美味しいです。長いもや山芋の食感も最高にいいですよ、長野ヤキメン、美味しいです。

考案者の滝口さんのお店は「トラットリア イル カロローゾ」さんといって、長野市ですがスキー場の近くにあって高速から離れているので、今回は「やじろべい」さんにお邪魔したのですが、この長野ヤキメンの美味しさ、是非、本家のお店でも食べてみたくなりました。

次回、長野にお邪魔するときは「おやき」「長野ヤキメン」をもっと追求してみる旅にしてみたいと思いました。

ラーメン・定食 やじろべい

住所 長野県長野市川中島町御厨2412-1


大きな地図で見る

TEL (026)299-6226

定休日 水曜日

営業時間 AM11:00~PM22:00

駐車場はお店の前にあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 注文に迷うお店 「中国四川料理アクセス」 | トップページ | キレのあるお蕎麦にコクのある出汁 「そば・酒処 一風」 »

コメント

いつも通り、わかりやすく親切な情報をありがとうございます。
とても楽しそうなコースです。
ぜひ参考にします。
私も昼からビールとジンギスカンの幸せ味わいた~い!!

でも、ニシキヘビは無理です。sweat01
私が今まで触ったことある怖い動物は鰐です。
ワニの腹はスベスベではなく、プニョプニョでした。
関係ない話ですみません。

投稿: ミカエル | 2011年4月 4日 (月) 21時26分

>ミカエル さん

この情報がミカエルさんの何かのお役に立てれば嬉しいのですが
なにせひたすら食べ歩きの情報ですからcoldsweats01

昼からジンギスカンと生ビールは
最高だったらしく嫁は終始機嫌がよかったです
そのためかニシキヘビを抱くという行為にチャレンジしたようです

「人生が変わる」
ニシキヘビを抱きかかえた嫁の感想です
自分にはとても無理ですが
機会があれば是非

しかし、鰐はどこで触れるものなのでしょう?
食べれるところは知っているのですが
触れるところは知らないですcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年4月 5日 (火) 02時19分

元旦那が札幌出身なので、ジンギスカンには
憎しみすら覚えるんですが(笑)
焼きメンにはとってもそそられますわー。

先日、エビアンでモーニング食べてきましたよ( ̄▽ ̄)
私はクロックマダムセットいただきました。
さすがにドリアには手が出せなかった~sweat01
重厚なオーディオセットに友達は感激しておりました~(*≧m≦*)

投稿: himachan | 2011年4月 7日 (木) 00時55分

>himachan さん

憎いジンギスカンだからこそ
やけ食いしてみてはどうでしょうcoldsweats01
長野ヤキメンは口に広がる味噌味が美味しい
新しい麺のスタイルでした。

エビアンさんのクロックマダム食べてみたいですね
あの豪華なオーディオセットで聞く
朝のクラッシックは最高ですね(◎´∀`)ノ

投稿: zen_aiba | 2011年4月 8日 (金) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39479186

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 長野新B級グルメを味わおう~:

« 注文に迷うお店 「中国四川料理アクセス」 | トップページ | キレのあるお蕎麦にコクのある出汁 「そば・酒処 一風」 »