« 新しい発見のケチャップ味の天津飯 「大三元」 | トップページ | つぶあんたいやきとこしあん団子 「甘味処 わかば」 »

町の一軒屋のお蕎麦屋さん 「手打 そば処 うえ原」

2009年の7月に買ったデジカメが壊れてしまいました(´;ω;`)ウウ・・・ちょっと前からズームにすると謎画像が撮れていたのですが、ズームにしなくても謎画像が撮れる様になってしまいました…

ある時は炎ゆらめく鉄板の近く、ある時は雪のちらつく極寒の大地、またある時は雨降り注ぐ野原の中で、いかなる過酷な状況でもばっちり画像を映してくれた相棒でございましたが、何度撮っても謎画像しか撮れなくなってしまいました。

買い替えも考えましたが、6月に会社から永年勤続で表彰されてデジカメがもらえるという情報がありまして、それまでなんとか騙し騙し使えないかと思っておりましたが、残念ながら持たなかったようです。しばらくは写真のストックがありますのでそちらをアップしていきますが、6月までiPhone4のカメラで凌ごうと考えております。

さて、今回は富山市婦中町分田に店舗を構える「手打 そば処 うえ原」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230412_000

検索用ワード 一軒家のお蕎麦屋さん

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります。

Gurume

写真は「うえ原」さんの店内の写真です。「うえ原」さんは富山市から国道359号線で砺波方面へ向かう際、高速道路高架をくぐったあたり、海鮮問屋さんの近くに看板がおいてあり、秋になりますと新蕎麦ありますの看板になっていて、随分前から気になっていましたお店です。

お店というより大き目の民家を改造してお蕎麦屋さんにしましたという「うえ原」さん、普通の玄関をくぐり、左側へ廊下を歩いてこちらのスペースに足を運びます。薪ストーブが置いてあるフロアにテーブル席と

H230412_001

畳のある座敷にテーブル席がセットされておりました。その他にも玄関右側にも座席があるようでした。

H230412_002

メニュー。温かいお蕎麦。

H230412_003

冷たいお蕎麦のメニュー。


H230412_015

1日10食の限定お蕎麦メニューもありました。

H230412_005

予約のコースメニューと一品物のメニューです。このほかにも壁にはわかめそば等のメニューが貼ってありました。

H230412_006

にしんそば(1000円)

H230412_007

でっかい棒にしんがいいですね。

H230412_008

お蕎麦は富山県八尾産のそば粉を使用しているとか、少しと柔らかいといいますか、ねばりがある感じのお蕎麦ですね。歯ごたえというか食べ応えのあるお蕎麦ですね。柔らか目のお蕎麦が良い感じで美味しいです。

H230412_009

甘く煮付けたにしん、身がほどよくほろほろになっていて美味しいです。このにしんの甘いタレと蕎麦の出汁が混ざり合った独特の甘みがにしんそばの醍醐味ですね、タレの甘みが出汁の味をより濃く感じさせてくれて美味しいです。

H230412_010

そば三彩(1300円)

H230412_012

そば三彩はおろしそば

H230412_013

おろし蕎麦

H230412_014

玄そば天ぷら付。玄そばは石臼引き粉を使ったお蕎麦だそうです。

H230412_011

やはり「うえ原」さんのお蕎麦は蕎麦の中に粘りが感じられますね。冷たい蕎麦だと外側が温かい蕎麦よりもしまっていますので、より中のねばりが強く感じられます。つるんというよりにゅるんとした食感を感じるお蕎麦ですね。細めの蕎麦なのに柔らかく感じるお蕎麦ですね、とろろがなくても粘りがあって面白いお蕎麦です。出汁はちょっと濃い目の田舎醤油の出汁系ですかね、力強い出汁の味でした。

H230412_016

玄そば。こちらのお蕎麦は表面も固めですし、ぷつんと噛み切れる細いキレのあるお蕎麦です。細めのキレのあるお蕎麦が好きな自分はこちらのお蕎麦の方が好きですね。蕎麦の風味も強めでつるんとした喉越しもいい感じで美味しいお蕎麦でした。

H230412_017

そば湯はこちらの器で提供されました。

H230412_018

とろみのあるどろりとしたそば湯、お蕎麦屋さんのそば湯ってお店のごとに特徴があって面白いですね。最後にそば湯でまったりするひと時がお蕎麦屋さんで一番好きな時間ですね。

お店情報

手打 そば処 うえ原

H230412_019

住所 富山市婦中町分田142-5


大きな地図で見る

TEL (076)465-1330

定休日 木曜日

営業時間 AM11:30~PM14:30(夜は予約のみ営業)

駐車場はお店の横に数台分あります。あとは近くの道路が駐車禁止ではないので、そちらで脇に寄せて停めておられる方もおられました。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 新しい発見のケチャップ味の天津飯 「大三元」 | トップページ | つぶあんたいやきとこしあん団子 「甘味処 わかば」 »

コメント

囲炉裏じゃなく、薪ストーブっていうのが、カフェみたいで素敵ですね~
そばは、だんぜん冷そば派の私♪

メニューにある玄そばというのが、とっても気になります。。。どんなんだろう~heart04

投稿: ゆか | 2011年4月11日 (月) 08時43分

お品書きを見て。


・・・・・・・・にしんそば。


と、予想してた私はaibaらー(笑。

自分で褒めときますhappy02


デジカメは残念ですね。
でも永年勤続で貰えるなんてスゴイ!
ウチの相方は「5日間」の休みでしたよ。。。

・・・・別になんの得も私には無かったですdespair

今、色んなお蕎麦屋さんありますねぇ~。
行きたいのは八尾にある「月のおと」さんです♪

機会を作ってケロ美と行って来ますdelicious

投稿: ラヴゥ | 2011年4月11日 (月) 19時32分

>ゆか さん

そうなんですよね、薪ストーブを見たときは
お家カフェかと思いました

自分と嫁も冷たいそば派ですが
にしんそばだけは別格です(;;;´Д`)ゝ
ただにしんが好きという話もありますcoldsweats01

玄そばは固くてコシのある蕎麦でした
こちらのほうが断然好みでしたね

投稿: zen_aiba | 2011年4月11日 (月) 23時59分

>ラヴゥ さん

くっ、読まれていましたか( ̄Д ̄;;
何と言うaibaらーΣ( ̄ロ ̄lll)

お品書きに目を通したときには
とりあえずにしんそばと…
という感じになっておりましたcoldsweats01

自分はデジカメよりも5日間のお休みのほうが嬉しいですcoldsweats01
5日間もお休みあったら泊まりの旅行がいけますよ。゜゜(´□`。)°゜。

お二人の富山お蕎麦珍道中
楽しみにしてまっております

投稿: zen_aiba | 2011年4月12日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39565677

この記事へのトラックバック一覧です: 町の一軒屋のお蕎麦屋さん 「手打 そば処 うえ原」:

« 新しい発見のケチャップ味の天津飯 「大三元」 | トップページ | つぶあんたいやきとこしあん団子 「甘味処 わかば」 »