« 後味突き抜ける麻婆飯 「中華料理 香林」 | トップページ | 昔ながらの正調中華 「中華料理 千成飯店」 »

去り行く冬と訪れる春 「市場亭」

一時は商品が並んでいた富山のスーパーやドラッグストアでも再び水が品切れ状態になりました。東京の水道水のニュースを受けてのものだと思われます。各地の工場でミネラルウォーターの増産をしておりますが、ペットボトルやラベルを生産している工場が東日本にあって供給が追いつかない状態とのこと。富山で品切れになっているのは被災地にいる方に送るために購入されている方がほとんどだとのことです。

自分は富山で水道水をそのまま使用しているのですが、この水道水を送ったりはできないのかいろいろ調べてみたのですが、水道水には賞味期限といいますか、安全に飲める状態はだいたい保存状態にもよりますが、中に入っている塩素が3日ほどしか効力がないそうです。これでは汲み置きして貯めておくことも、送ることも現実的ではありません。

ですが方法次第では水道水を長期保存できる方法があったのでメモ代わりに書き留めておきます。実際にこれらの方法を試される方は今一度、じっくり検索して検討してから実践してください。

水用のポリタンク(ポリタンクには水用と灯油やその他薬品用がありますので水用をしようしてください)に空気を残さないように満タンにしてキャップをして、黒い袋をかぶせ光を遮断して、冷暗所に置いておけば1ヶ月以上の保存が可能だとか、この方法はNHKのためしてガッテンにて以前放送された内容からです。

もう一つは、専用の保存容器を使用すること、これはホームセンターでも販売しているメデタンクという飲料水保存容器がそれにあたります。こちらはまだ入手可能な状態ですので、参考までに。

さて、今回は富山市赤田に店舗をかまえる「市場亭」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230325_000

検索用ワード 富山の魚処 季節変り目の魚事情

詳しきは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は訪れた日の「市場亭」さんの刺身盛り合わせです。いつもは張り出しメニューがトップに置くのですけれど、取り忘れたためこちらの写真にて。この日は、今日のお刺身いいところを適当に盛ってください、とお願いしたところこちらの盛り合わせを出していただきました。お刺身に関してはメニューもありますが、お店の方にお願いするといろんな形で出していただけます。

H230325_001

この日の盛り合わせも素晴らしいものでした。糸魚川の「吉川鮮魚店」さんも素晴らしかったですが「市場亭」さんも勝るとも劣りませんね、「市場亭」さんで4000円の盛りを頼んだらどのようなものが出てくるのか、いつか試してみたいと思います。

H230325_002

真鱈の白子酢。

H230325_003

こちらも去り行く冬の味覚ですね、今シーズンも一杯食べましたよ。このつるつるぷりぷりの白子、美味しかったです。

H230325_007

白子の天ぷら

H230325_008

aiba家は嫁も自分も白子大好き、あればあっただけ頼んでしまいますcoldsweats01天ぷらの白子も美味しいです。春がもうそこまでやってきてますからね、白子とはまた来年の冬までお預けでしょうかね。

H230325_004

ブロッコリーの塩茹でとほうれん草のおひたし。

H230325_005

「市場亭」さんのたまにあるアットホームなメニューがたまりませんね。

H230325_006

ブロッコリーの塩茹でも「市場亭」さんでいただくと、また違った味わいがするような気がします。

H230325_009

ホタルイカの天ぷら

H230325_010

こちらは訪れる春の味覚。まだ、刺身でいただけるような大ぶりなホタルイカは出回っておらず、この日は天ぷらでいただきました。ホタルイカを食べ始めるとそろそろ春がきたと思いますね。

H230325_011

上マグロ。

H230325_012

盛り合わせの中の上マグロが美味しかったので追加で注文。とろけるようなマグロの身がめっさ美味しく、嫁と取り合って食べました。

H230325_013

キスの天ぷら

H230325_014

春を飛び越え初夏が旬のお魚、キス。「市場亭」さんではたまに旬を忘れたものに出会うことがあって、それもまた楽しいです。

H230325_015

鯖の南蛮漬け

H230325_016

南蛮漬けというと鯵というイメージでしたが、鯖の南蛮漬けも美味しいですね。この染み込んだ酢が口の中で広がる感じが大好きです。

H230325_017

牛塩焼き。

H230325_018

魚ばかりではなく肉もたまに頼まないとねcoldsweats01魚ばかりの中で食べるお肉はまた違った味がするような気がしてめっさ美味しくいただけますね。

H230325_019

この日の〆はご飯とアサリ汁。「市場亭」さんのアサリ汁は本気でお勧め、出汁が効いておりこれだけでご飯が何杯もたべられる最高の一杯です。

「市場亭」さんで冬と春の味覚を同時に味わうこの時期になると、あ~そろそろ春だなぁと思い始めるaiba家です。

お店情報

市場亭

H230325_020


住所    富山市赤田829-14


大きな地図で見る

TEL   (076)422-0990
定休日   日曜日、祝日(市場の休みの日)
営業時間  AM11:00~PM14:00
        PM17:30~PM21:00

駐車場は表のスペースの部分と店裏に駐車場があります。お昼は完全に定食屋で夜とメニューが違 います。夜定食が始まりました、かなりお得な定食です。現在、夜は小さいお子様の入店が禁止になっております。あと、夜の営業ですが、9時までとなっておりますが、定食は7時半ぐらいで売り切れになることが多いのでお気をつけ下さい

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

|

« 後味突き抜ける麻婆飯 「中華料理 香林」 | トップページ | 昔ながらの正調中華 「中華料理 千成飯店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39359700

この記事へのトラックバック一覧です: 去り行く冬と訪れる春 「市場亭」:

« 後味突き抜ける麻婆飯 「中華料理 香林」 | トップページ | 昔ながらの正調中華 「中華料理 千成飯店」 »