« 町の中華屋さん 「中華料理 新楽」 | トップページ | 餃子の大きい中華店 「北京原人」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 小諸・佐久温泉旅情 でもメインはグルメ~

3月5日は長野県小諸市と佐久市に行ってまいりました。当初の予定では小諸・佐久の後に軽井沢まで足を伸ばす予定でしたが、温泉に入ってのんびりしている間に時間が過ぎてしましたcoldsweats01

AM7:00
富山

↓ rvcar 

流杉PA 北陸自動車道、上信越自動車道経由 小諸IC 233.3km

↓ rvcar 5km

AM10:00
長野県小諸市 「こもろ布引いちご園」
aiba家の一番お気に入りのいちご園です
AM10:50

↓ shoe 100m

AM10:55
長野県小諸市 「あぐりの湯 こもろ」
小諸市街が一望できる大パノラマ温泉施設
AM11:45

↓ rvcar 14km

PM12:15
長野県佐久市岩村田 「佐久鯉料理・鰻・御食事処 三河屋」
佐久名物佐久鯉の元祖「鯉丼」を求めて
PM13:30

↓ rvcar 9km

PM13:50
長野県佐久市甲 「浅科温泉 穂の香乃湯」
aiba家では珍しい温泉はしご
PM14:50

↓ rvcar 2km

PM14:55
長野県佐久市桑山 「ちゃたまや」
ブラウンエッグファーム直営の直売所
PM15:35

↓ rvcar 9km

PM15:55
長野県佐久市 「峠の釜めし本舗おぎのや 佐久乃おぎのや」
峠の釜めしで有名なおぎのやさんの大型店舗です。
PM16:25

↓ 

佐久IC 上信越自動車道、北陸自動車道経由富山IC 250km



PM19:25
富山 

各箇所の感想、写真は続きにあります。写真が多いので重いかもしれません

Higaeri

H230307_000

金曜日の晩、富山はちらつく程度の雪でしたが、新潟県妙高はこのような状態で、新雪がとても綺麗な状態でした。道中、雪が残っていたのは妙高だけで長野県に入ると雪もなく、太陽の光が差してくる良いお天気になってきました。

H230307_001

長野県小諸市のこもろ布引いちご園さんではまったく雪など残っていない状態でした。こちらのこもろ布引いちご園さんはこちらの受付にて料金先払い制のいちご園さんです。

H230307_002

受付にて料金を支払うとチケット(入行書)をもらえます。それをもって農園に行って手続きをするといちご狩りが行えます。

こちらの「こもろ布引いちご園」さんでは、大人1500円、中学生1300円、3歳以上1000円でイチゴ狩りの食べ放題が時間無制限で楽しめます。時間無制限という太っ腹ないちご園は自分の知る限りでは大変珍しいです。また、少人数なら予約がいらないのも気軽に行けていいですね

H230307_003

「こもろ布引いちご園」さんは大型いえ超大型ビニールハウス内でのイチゴ狩りになります。この写真は当日のいちご園の4分の一以下の敷地です。歩いて向こうにいって帰ってくるだけでも結構な時間になりますよ。

H230307_004

イチゴの収穫の仕方、食べ方等は農園によって異なります。必ず園の指導に従って収穫してイチゴを味わってください。

H230307_006

こもろ布引いちご園さんはこのように練乳は使い放題、中に休憩スペースはあり、無料のお茶のサービスあり、手洗い場もビニールハウス内にあり、さすがにトイレは外にありますが、チケットの半券を提示すれば短時間なら外に出ることも可能です。ここまでいたれりつくせりのいちご園を自分は他に知りませんので、毎年一回は必ずこちらにいちご狩りに来てしまいます。

H230307_005

この日の収穫可能ないちごは左が章姫、右がアルビオンです。章姫はイチゴらしいイチゴで甘く柔らかいイチゴですが、アルビオンは甘い野菜のような感じで酸味がありちょっと変わった味のイチゴです。ですが、どちらも大変美味しいです。今年は上の段が章姫、下の段がアルビオンといった栽培方法でしたので、交互に味を比べながら食べることが出来ました。

当初の予定ではこの後はお隣佐久市へ移動して早めのお昼ご飯の予定でしたが…

H230307_007

富山を出発したときの気温は1℃、当然冬装備でやってきたのですが…晴天のビニールハウスの中は汗ばむ…なんてものではなく、途中で上着を車に置いてきたのですが、汗だくになってしまいましたので、予定を変更して同じ敷地内にある「あぐりの湯 こもろ」さんで汗を流していくとこに

「あぐりの湯こもろ」さんは黄緑色の塩化物泉、そして浅間連山を眺める大きな露天風呂が特徴の温泉です。大人一人500円という入浴料も安価で大変いいです。

こもろ布引いちご園

HP http://www.ichigodaira.com/

H220307_000_2


住所 長野県小諸市大久保1173-1(あぐりの湯こもろ敷地内)


大きな地図で見る

TEL (0267)26-2615

定休日 シーズン中無休 いちご狩りシーズンについてはHPを参照

営業時間 AM10:00~PM15:00
電話受付時間 AM10:00~PM15:30

駐車場は農園側、あぐりの湯との共有スペースあり。

H230307_008

温泉で一汗流した後は、佐久市岩村田の「佐久鯉料理・鰻・御食事処 三河屋」さんへお邪魔させていただきました。鯉は佐久市の特産で水田養育というユニークな飼育で有名となり「佐久鯉」という名でブランド化されております。鯉料理を食べるときは料亭や割烹で予約が必要なことが多いのですが、こちら「三河屋」さんでは予約無しで鯉料理をいただくことができます。

H230307_009

鯉料理のメニュー。左上の鯉丼は「三河屋」さんのオリジナルで佐久の鯉丼はこちらが元祖になるということでした。この他にもうなぎ料理でも有名なお店です。

H230307_010

馬刺し(750円)、せっかく長野に足を運びましたので、信州名物さくら肉も注文しちゃいました。

H230307_011

めっさ蕩ける馬刺し、いろんなところで馬刺しをいただいてまいりましたが、「三河屋」さんほど肉厚で蕩ける馬刺しはなかなかお目にかかったことはないですよ。勝手に蕩けていく馬刺しからあふれる旨味が本当に最高でした。

H230307_012

鯉丼(850円)

H230307_013

よく身の締まった佐久鯉をから揚げにしてタレをかけたものが「鯉丼」です。

H230307_014

かりっと揚がったサクサクの鯉のから揚げに、うな丼風の甘辛のタレをご飯とから揚げにたっぷり染み込ませた「鯉丼」、これはめっさ美味い!ソースカツ丼よりあっさりしていて大変食べやすいところもいいですね、ソースカツ丼も好きですが、こちらの鯉丼も最高に美味しいです。これは美味しい!!

H230307_015

鯉のうま煮。こちらは浅間御膳(2800円)の鯉のうま煮です。あらい定食以外の鯉料理は少しお時間をいただきますがよろしいですか?と注文時に聞かれましたが、せっかくなので全部味わえる浅間御膳を注文しました。その際、他のお料理のお時間をどうしましょうか、と丁寧に聞いてくださり、食べやすいように全体の時間を調整してくださいました。大変心地良いお店でした、三河屋さん。

H230307_016

こちらは「鯉丼」よりも鰻のタレの味が濃い感じ、しっかりじっくり煮込まれて、ほろほろになった鯉の身に、濃厚な鰻のタレの味が美味しいです。お好みで山椒を振るところも鰻っぽさを倍増させてくれます。

H230307_017

浅間御膳はうま煮、鯉こく、あらい、ハヤのから揚げ、山菜、という佐久鯉や佐久の特産品を満喫できる御膳になっておりました。

H230307_018

鯉のあらい、すっすらとピンク色をした見ためも鮮やかな鯉の身が、あっさりした淡白な味ながら上品でかつ、荒々しい美味しさを醸し出しておりました。ねっとりと舌にからみつく鯉の旨味がたまりませんね。

H230307_019

ハヤ(うぐい)のから揚げ、ハヤ(うぐい)も佐久の名物だそうで、そのから揚げはさくさくしていて美味しかったです。

H230307_020

鯉こくは、これまた佐久名産、信州味噌を使った濃厚な鯉のお味噌汁。鯉子を溶かしいれてさらに濃厚な味わいに。信州味噌は佐久市が発祥とのことで、その発祥の地の味噌はまろやかでとても濃厚なお味噌でめっさ美味しいです。鯉も美味しかったですが、この味噌はもっと美味しかったです。

H230307_021

しかし、なんといってもこの日の一番は鯉丼、鯉のから揚げにうな丼風味のタレがこんなに美味しいものだなんて知りませんでした。

佐久鯉料理・鰻・御食事処 三河屋

H230307_008_2

住所 長野県佐久市岩村田762-10

大きな地図で見る

TEL (0267)67-3491

定休日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

営業時間 AM11:00~PM14:00
       PM17:00~PM22:00

駐車場はお店の両隣にあります。また、どちらも塞がっていた場合はお店の方にお尋ねください、別の駐車場があるとのことでした。

H230307_022

鯉料理でお腹一杯になったあとは、こちらのあさしな温泉穂の香乃湯さんへ。当初の予定では軽井沢ショッピングセンターへ行く予定でしたが、嫁が「あぐりの湯ころも」さんは人が多すぎでのんびり出来なかった、と言っていたので、予定を変更してこちらの温泉へ。

こちらの温泉に向かうのに佐久平という地域を通ったと思うのですが…ほんとうに平、道の周りは田んぼだけというなんとものどかなところでした。

「あさしな温泉穂の香乃湯」さんは無色透明の単純温泉、豪快な打たせ湯のある広い露天風呂が特徴的です。行った時間がよかったのか、この場所がそうなのか、広々とした温泉にお客さんの姿は少なく、今度は嫁も満足するまでゆっくり温泉に入れたそうです。

H230307_024

この日、二度目の温泉のあとは養鶏場「ブラウンエッグファーム」さんが経営する「ちゃたまや」さんへ。こちらは、長野県知事賞を受賞した赤鶏卵「浅間小町」の販売や、その「浅間小町」を使った加工品を取り扱っているお店です。

H230307_029

周りに本当に何もない所にあるお店ですが、次から次へと訪れるお客さんで店内は大賑わいでした。

H230307_026

「ブラウンエッグファーム」さんの卵をたっぷり使ったジェラート、シングル180円、ダブル240円というお得なお値段も素晴らしい。小さいながらも店内にはイートインスペースも有り、ジェラートの他にも卵を使った洋菓子を販売されておりました。

H230307_027

幸せの卵、卵とミルクが舌に絡みつくような濃厚なジェラート。

H230307_028_2

笑顔の卵とイチゴミルクのダブル。幸せの卵と違い、ほんのりとした風味のジェラート、どれも大変美味しいです、温泉あがりに冷たいジェラート、こいつは最高ですね。

H230307_030

「ちゃたまや」さんの一番人気、ダブルしゅう(198円)とちゃたましゅう(139円)。ダブルしゅうはホンジャマカの石塚さんが大絶賛したという逸品です。

H230307_031

まいう~happy02と思わず叫びたくなる濃厚なカスタードクリーム、とろとろのねっとりしたなんとも濃厚なカスタードクリームですよ。でもそれでいて甘すぎずちょうど良いまろやかな味、これはさくっとしたパイ生地とあいまって、最高のシュークリームですね。賞味期間が当日しかないのが残念ですよ。せめて1日あれば買って帰りましたのにcoldsweats01

ちゃたまや

H230307_024

住所 長野県佐久市桑山102-1

大きな地図で見る

TEL (0267)51-5810

定休日 年始年末

営業時間 AM10:00~PM18:00

駐車場は隣にあるスペースが駐車場になっております。土日祝日は大変込み合っておりますので、駐車の際には注意が必要です。

H230307_032

小諸・佐久の旅の終わりには佐久IC前にある「峠の釜めし本舗 佐久乃おぎのや」さんへ。

H230307_033

「峠の釜めしおぎのや」さんでも大型店舗である「佐久乃おぎのや」さんは売り切れ必死の峠の釜めしが夕方でも安定して購入できるお店です。もちろん、aiba家は当然、こちらの峠の釜めしもいただくつもりでしたが

H230307_034

「三河屋」さんで食べた佐久が発祥の信州味噌を使った鯉こくがとても美味しかったので、そのお味噌を使った味噌ラーメンを帰りに食べようと思いました。信州味噌は正確には佐久市安原の安養寺が発祥といわれております。そして、この味噌を使い全国に発信できる味噌ラーメンを作ろうと佐久商工会議所、市、県、それに味噌製造の「和泉屋商店」などがプロジェクトのメンバーとなって「佐久拉麺会」を立ち上げ、「安養寺らーめん」を作り上げて、現在佐久市内の16のお店にて提供されているとのことを、三河屋さんにて地元のニュースペーパーで読みました。まぁ正確には鯉料理が出てくるまでに時間がかかり。三河屋さんもその16のお店の一つのため、店内のいたるところにその記事が貼ってあったのですがねcoldsweats01

16あるお店の中からこちらの「佐久乃おぎのや」さんを選んだ理由は、他のお店は夜の部は5時からとかでしたが営業時間が通しでやっている、なんといっても峠の釜めしと二ついっぺんに味わえるという魅力があったからでした。

しかし…

H230307_035

まさかの売り切れ!!!

人気商品のため売り切れることが多いそうですweep

H230307_036

釜めし美味しいからいいんですけれどねcoldsweats01安養寺らーめんは次回の楽しみということで、今回はこれにて帰路につきました。

峠の釜めし本舗おぎのや 佐久乃おぎのや

HP http://www.oginoya.co.jp/index.html

H220307_009_2

住所 長野県佐久市岩村田北1丁目22-1


大きな地図で見る

TEL (0267)67ー3939

定休日 年中無休

営業時間 AM8:00~PM20:00

駐車場は驚きの130台。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 町の中華屋さん 「中華料理 新楽」 | トップページ | 餃子の大きい中華店 「北京原人」 »

コメント

相変わらず盛り沢山な日帰り、ご馳走様ですw

苺狩り行きた~いっlovely
果物アレルギーのケロ美を騙して(笑)連れて行きましょうかねw
(アレルギーのクセに呉羽梨オーナーやってるんですよw)


鯉の丼って初めて見た…。
地方グルメならではですね、美味しそう!

旨味たっぷりのカスタード系デザートも良いなぁ~!
…見ているだけで3キロほど太りそうですcoldsweats01


そこまで遠出(自分にしたら)出来ませんが、
もう少し春めいてきたらケロ美を道連れに(笑)
グルメロードへ私も行って来たいと思いますww

投稿: ラヴゥ | 2011年3月 7日 (月) 10時01分

>ラヴゥ さん

最近、観光すらしなくなって
日帰り食べ続けロードになりつつありますcoldsweats01

そういえばケロ美さんは梨のオーナーでしたね…
くだものアレルギーなのに梨の木のオーナだったり
甘いものが駄目なのにジラフへ行ってみたり
なんともチャレンジャーといいますかcoldsweats01

この日の佐久グルメはどれも美味しかったですよ
それだけに最後の安養寺らーめんを
食べ損なったのが悔やまれます

春には春のグルメロードがありますよね
ラヴゥさんとケロ美さんのグルメロード
楽しみにして待っています

投稿: zen_aiba | 2011年3月 7日 (月) 22時32分

佐久には安養寺味噌らーめんを食べに行ったことがあります。
ちょっと遠いけれど、ドライブにはいい距離ですね。

もうちょっと暖かくなったら、あずみ堂のおやきを買いに、また長野へ行きたいな―

投稿: ゆか | 2011年3月 7日 (月) 23時05分

呼んだ?えっと絶対騙されないから(--〆)
梨の木のオーナーの目的は梨を育てる事といろんな方と知り合えるのが楽しいんです。去年は豊水でしたが今年は幸水を育てる事になり7名のメンバーがなんと約20名になりました(^O^)/友達の輪~~~ですよ。今度初顔合わせで作業します。
 グルメロードは大賛成だけど苺狩りは死ぬから((+_+))

投稿: ケロ美 | 2011年3月 7日 (月) 23時47分

>ゆか さん

安養寺味噌らーめん、食べたかったですweep
ドライブで長野県はaiba家の定番になってきています
日帰りにちょうど良い距離なんですよね

おやきも長野のご当地グルメですよね
あずみ堂、気になりますね
今度チェックして足を運んでみますね

投稿: zen_aiba | 2011年3月 8日 (火) 18時01分

>ケロ美 さん

騙しますよ、と言われているのに行ってしまう…
そんなイメージがあるのですがcoldsweats01
梨の木のオーナーはそんな楽しみが
たくさんの梨が送られてくるだけじゃないんですね
友達の輪、最高ですね

お二人のグルメロード
楽しみにして待っております
きっと面白道中になるのでしょうね

投稿: zen_aiba | 2011年3月 8日 (火) 18時05分

 私も5月のGWに佐久へマラソン大会へ参加するので、行く予定にしています。
佐久も周りにはいろんなスポットがあって楽しめますよね。
 確か今月末でしたが、新しい道が開通するので、便利になることでしょうね。

投稿: ブログde付録 | 2011年3月11日 (金) 08時20分

>ブログde付録 さん

マラソン大会!
なんという健康的な行事
自分には縁のない大会かもですcoldsweats01
まだまだ佐久にはいろんなところがあるらしく
今度、ラーメンと一緒に満喫してきたいですね

高速に新しい道の看板が出ていましたね
佐久が近くなれば軽井沢も近くなって
ますます便利になりますね

投稿: zen_aiba | 2011年3月14日 (月) 00時59分

峠の釜めし本舗・佐久乃おぎのやさんで食べてきました
ヽ(´▽`)/

温かい釜めし、美味しかったです(≧∇≦)


また、機会があれば食べに行きたいですo(*^▽^*)o

次回は安養寺味噌ラーメンも食べれたらいいなぁ~

投稿: タン | 2012年5月28日 (月) 12時24分

>タン さん

よく富山のスーパーなどでも駅弁大会で
峠の釜めしを販売されていますが
温かい峠の釜飯はまた一味違う美味しさですよねwink

よほどのことが無い限り売り切れの心配の無い
佐久のおぎのやさんはaiba家もお気に入りのお店です
他のお店でいただいた
安養寺ラーメンも美味しかったので
是非、こちらでもいただいてみたいものです

投稿: zen_aiba | 2012年5月29日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/39134080

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県に行こう 小諸・佐久温泉旅情 でもメインはグルメ~:

« 町の中華屋さん 「中華料理 新楽」 | トップページ | 餃子の大きい中華店 「北京原人」 »