« すんごい定食メニュー 「東華園」 | トップページ | 郷に入りては郷に従え 「本格長崎ちゃんぽん ばってん」 »

富山から日帰りで行こう ~石川県に行こう 能登中島牡蠣の旅~

2月19日は石川県七尾市中島町に牡蠣を食べに行ってまいりました。今年は、例年なら中島・穴水と2箇所行く牡蠣祭りに1箇所行きそびれたため、嫁いわく牡蠣不足だったので、どこかで牡蠣を食べようと思っていたのですが、自分のブログにコメントを寄せて下さる「himachan」さんのブログにて能登にて牡蠣のフルコースを食べに行かれました記事を拝見いたしまして、これは能登へ牡蠣を食べにいかねばなるまいて、と思いcoldsweats01足を伸ばしてきました。

AM8:30 富山出発

↓ rvcar 89km

ルートは海岸線160号線ルート(図面の出発点は適当)で向かいました。
山越えルートは「himachan」さんのブログの記事を見て回避しました。


大きな地図で見る

AM11:00
石川県七尾市中島町 「国民宿舎 能登小牧台」
能登半島国定公園の中にある能登小牧台にて牡蠣と温泉を堪能
PM13:20

↓ rvcar 22km

PM13:50
石川県鳳珠郡能登町 「マルガージェラート 能登本店」
能登で有名なアイスクリームを求めて
PM14:20

↓ rvcar 35km

PM15:30
石川県七尾市田鶴浜町 「みそまんじゅう本舗・竹内」
みそまんじゅうで有名な竹内さんの本店でみそまんじゅう購入
PM15:35

↓ rvcar 12km

PM16:05
石川県七尾市府中町「能登食祭市場 七尾フィッシャーマンズワープ」
揚げかまぼこと中島菜ソフトを求めて
PM16:35

↓ rvcar 69km

PM18:15
富山

詳しくは続きをどうぞ 写真が多いため重いかもしれません

Higaeri


H230221_000

「国民宿舎 能登小牧台」さんです。数ある牡蠣食べ処からこちらを選びましたのは、食べた後に移動せずに温泉に入れるところと、会社の上司からこちらの牡蠣が美味しいとの情報を聞いていたからです。

H230221_001

眼下に能登島を眺めながら食事をできるのは、なかなかに乙なものですね(まぁ、食べているときはまったく景色など見る余裕はなかったですがcoldsweats01

H230221_002

「国民宿舎 能登小牧台」さんではこの時期こちらの食事処で牡蠣炭火焼コースを味わうことができます。牡蠣炭火焼コースは当日10時までの予約制で、11時~11時半スタートと13時半から14時スタートの2回あるのですが、自分が予約の電話を入れたときには11時台のコースにわずかばかりの空きがある状態でした。この時期の週末の能登の牡蠣どころはどこも満員の様子ですね。

H230221_003

4人テーブルに2人で座らせていただいたおかげで、凄いゆったりとした席で牡蠣を味わうことができ「祭りの賑やかなときもいいけれど、こうしてゆっくり味わうのもいいね」と嫁も満足そうでした。

H230221_004

この時期。能登中島では牡蠣のフルコースを出しているお店が多く、これは組合か何かで決まりがあるのか、焼き牡蠣、酢の物、牡蠣フライ、牡蠣飯、牡蠣汁、香の物、デザートのコースで4200円(税込み)というコースが多いようです。お店のよって牡蠣の数が若干違うようです。「国民宿舎 能登小牧台」さんでは焼き牡蠣は一人10個でした。

H230221_005

酢の物は茹で牡蠣のおろしポン酢和え、ぷりぷりの牡蠣をポン酢で食べるのも美味しいですね。

H230221_006

目の前にある焼き場で焼いていきます。「国民宿舎 能登小牧台」さんの焼き場付きテーブルはかなり広く、互いに手を伸ばしても届かないくらいでした。

H230221_007

焼けたら食う、牡蠣が持つ塩っけだけで十分美味しいです。ぷりぷりで熱々の牡蠣は文句なしに美味しいです。

H230221_008

感動するくらいぷりぷりの牡蠣でした。ちゅるんと口に含んで、じゅわと旨味があふれてくる…最高ですね(*≧m≦*)

H230221_041

「国民宿舎 能登小牧台」さんでは、牡蠣ナイフ、軍手の他に紙エプロンが用意されており、コートも他で預かってくれて、焼いた際にはじける牡蠣の対策が万全に施されておりました。

H230221_009

あちらこちらの焼き場からパンパンっと牡蠣がはじける音と悲鳴にも似た喚声が起こります。しかし、この牡蠣がはじけるのも焼き牡蠣の醍醐味でございますね。

はじけないね(´・ω・`)」
そうだね(´・ω・`)」
うちの牡蠣たちは行儀がいいね゚゚(´O`)°゚」
そうだね(´;ω;`)」

日ごろの行いがよいせいかcoldsweats0120個焼いても1個もはじけませんでしたcrying

H230221_010

カキフライ、大ぶりのカキフライが5個でてきました。

H230221_011

サクサクの衣の下にぷりぷりした牡蠣、見事な牡蠣フライです、やはり揚げたては最高ですね。しかし、牡蠣フライにタルタルソースをつけて食べることを思いついた人は偉人ですねcoldsweats01

H230221_012

牡蠣飯と牡蠣汁は最初からテーブルにセットされており、牡蠣飯は最初に、牡蠣汁は途中で火をつけていかれました。

H230221_013

炊き上がった後しばらく蒸らした牡蠣飯。

H230221_014

見事に同じ時間帯に出来上がる牡蠣汁。

H230221_015

ご飯に染み込んだ牡蠣の旨味と磯の香り、これはたまらんですね、釜で焚きたての牡蠣飯は最高に贅沢なご飯ですね。

H230221_016

そして、釜炊きだから味わえるおこげ、昭和の味ですね。

H230221_017

いしるで味付けされた牡蠣汁も熱々で美味しいです。

H230221_019

デザートはカップアイスがそのままでてきました。せめて器に移して欲しいかな、と思いました。でも、牡蠣料理には大満足でした。広々とした場所でゆっくり食べる牡蠣もいいもんですね。

H230221_020

牡蠣でお腹を満たした後は「国民宿舎 能登小牧台」さんの大浴場で、能登島を眺めながらのんびり温泉につかりました。牡蠣料理を食べると本来500円の入浴料が200円になります。風呂上りには能登の地サイダー、しおサイダー(200円)でまったりしました。身体にしみこんでいくという感じがして美味しかったです、しおサイダー。

お店情報

国民宿舎 能登小牧台

HP http://www.omakidai.jp/index.html

住所 石川県七尾市中島町小牧井部55番地


大きな地図で見る

TEL (0767)66-1121

牡蠣炭火焼コースは3月末まで、要予約で時間が決められておりますので、詳しくは能登小牧台さんのHPにてご確認ください

H230221_021

温泉でまったりして地サイダーを味わった後に、ちょっと車を飛ばして鳳珠郡能登町の「マルガージェラート 能登本店」さんまでやってきました。本当に廻りに何もないところなのですが、こちらのお店には何組ものお客さんがおられました。さすが人気のジェラート屋さんですね。

H230221_022

ジェラート&シャーベットのメニュー。

H230221_023

左が天然塩、右があずき、上に乗っているのがおまけのゆず。「マルガージェラート」さんでは一口おまけをつけてくれるようです。

H230221_024

嫁のピスタピオ(左)とフレッシュミルク(右)とおまけのかぼちゃです。

H230221_042

塩味のジェラートが濃厚で美味しい、しかし、どれも滑らかで本当に美味しいですね、どれくらい美味しいかといいますと

H230221_026

お代わりで自家製ラムレーズンとゆず、おまけにつぶつぶイチゴを買ってしまうくらいに美味しいです。遠くまで買いに来たというのもあるのでしょうが、気温が10度以下の外で食べてるにもかかわらず、あまりの美味しさにお代わりを買い求めてしまうとは…いやぁ~「マルガージェラート」さんのジェラートは恐ろしい美味しさですね( ̄▽ ̄)

H230221_025

お持ち帰りようのカップアイスのメニュー。ちょっとアイスのテイストとして可笑しな物が含まれて居ませんか?

H230221_027

気になるあまり買ってしまいました。「新米」と「かき貝」です。「かき貝ってどんな味ですか?」と尋ねたところ「海のミルクといわれる牡蠣ですから、そのエキスと卵黄を混ぜてアイスに混ぜてみました」と凄いイケメンのお兄さんに説明していただきました。

H230221_028

お持ち帰りようカップはカチカチに凍っておりましたので、戻りの道中にあったぼら待ちやぐらの駐車場にて

H230221_029

絶景の海を眺めながら

H230221_030

車の中で食べましたcoldsweats01さすがに外では寒くて食べられませんでした。

H230221_031

かき貝ですが、食べた瞬間はバニラの見事なアイスの味が口の中に広がっていって、最後の後味に牡蠣のあの味がきます。面白いですしまったく嫌な味でもなく、かき貝とわかっていなければ、ちょっと塩味のするアイスとして美味しいと食べてしまうと思います。

H230221_032

新米、こちらはかき貝のように後味にお米の味でもするのかな、と思いましたが

H230221_033

米粒がそのまま入っていましたcoldsweats01冷たいアイスの中に柔らかい炊いた米が入っていました。どうやってこの柔らかさを保っているのか、不思議でなりませんでした。米味のアイスではなく、米入りアイスでした。でも、これもまた美味しいアイスでした。

この後は軽くお蕎麦でも食べに行くか、ちょっと羽咋市まで足を伸ばしでお洒落なカフェに行こうと思っておりましたが………どうやらお腹を冷やしすぎたらしく、わたくしのお腹がきゅう~ごろごろになってしまいまして( ̄◆ ̄;)パーキングを見つけてはトイレに寄る大惨事に(;´Д`A ```

「お腹の鍛え方がたりない」と嫁に怒られる始末でしたcoldsweats01

お店情報

マルガージェラート 能登本店

HP http://malgagelato.petit.cc/

住所 石川県鳳珠郡能登町字瑞穂163-1


大きな地図で見る

TEL (0768)67-1003

定休日 3月から10月 無休
     11月から2月 木曜日

営業時間 AM10:00~PM18:00

駐車場はお店の前にあります。屋外ですが座席もあります。

H230221_034

なんとかみそまんじゅう本舗「竹内」さんに寄り

H230221_035

味噌饅頭と新作情々餅を購入して

H230221_036

「能登食祭市場 七尾フィッシャーマンズワープ」さんに着いた頃にはお腹もなんとか調子をとり戻り

H230221_037

「魚河岸浜場 安治」さんにて

H230221_038

揚げかまぼこを食べてきました。「安冶」さんは注文も浮けてから揚げてくれるので、熱々の揚げかまぼこがその場で頂けて美味しいですよ。この日は梅しそ(280円)とひじき煮(200円)をいただきました。どちらも美味しかったです。

H230221_039

そして、嫁は「能登食祭市場 七尾フィッシャーマンズワープ」さんの中のジェラートジェラートにて

H230221_040

中島菜ソフトクリーム(300円)を購入して食べていました……我が嫁ながら恐ろしい胃袋です((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« すんごい定食メニュー 「東華園」 | トップページ | 郷に入りては郷に従え 「本格長崎ちゃんぽん ばってん」 »

コメント

うーん、確かにアイスは器に入れてほしいかも。
なんかお風呂上がりに自分の家で食べているみたいな気が…sweat02

今年は牡蠣ご飯も、牡蠣フライも食べたけど、自分で作ったのばかりcrying。やっぱり、能登で本場のおいしい牡蠣づくしが食べたいなあーーー。

投稿: ゆか | 2011年2月21日 (月) 17時19分

かきフルコースだけで、寝るまでお腹がもたれてた
私はもう脱帽です゚゚(´O`)°゚
まだまだ鍛え方が足りません!
釜で炊いた牡蠣ご飯いいですね~。
来年はこちらに行っちゃおうかな~。

投稿: himachan | 2011年2月21日 (月) 18時46分

お久しぶりです師匠(^_-)-☆
今週、年中無休の私、やっと旦那に休暇をいただき
実母、姉と平日和倉温泉一泊しに行きます(^O^)/
帰りのランチ牡蠣コース却下されたので どこ行こうか迷ってます((+_+))
 

投稿: ケロ美 | 2011年2月21日 (月) 20時22分

>ゆか さん

器に移す、そのちょっとの手間で印象が大分変わりますよね

牡蠣フライも牡蠣飯も我が家では作りませんcoldsweats01
すべて外食です、たまには家で、と思うこともありますが
後片付けが面倒なので外に出かけてしまいます(;;;´Д`)ゝ

投稿: zen_aiba | 2011年2月21日 (月) 20時38分

>himachan さん

さすがにaiba家も夜は…
といいたいところですがcoldsweats01
この後、晩御飯までしっかり食べて帰ってきました(◎´∀`)ノ
嫁に言わせるとこの程度の量のアイスで
お腹が痛くなるのは鍛えていない証拠なんだそうですcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年2月21日 (月) 20時40分

>ケロ美 さん

お久しぶりです
いや、毎日ケロ美さんのブログは読んでいるのですが
なかなかコメントができないシャイな私をお許しくださいませm(_ _)m

この時期の和倉温泉、いいですね
ゆっくり骨休めしてきてくださいね

牡蠣コースは却下されたのですか…

自分たちは
七尾市中島町小牧にある「そば処 くき」さん(水曜日休み)か
七尾市生駒町にある「まいもん処 いしり亭」さん(水曜日休み)
かなり遠回りして富山に帰ることになりますが
羽咋市菅池町にある「神音(かのん)カフェ」さん(火・日曜休み)で
カレーを食べて帰ろうと計画しておりました

後、和倉での自分達の定番は辻口シェフの
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」さんでケーキを買って
「七尾フィシャーマンズワープ」のホールで食べるというのもあります

何か参考になればよろしいのですが…

投稿: zen_aiba | 2011年2月21日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/38953630

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~石川県に行こう 能登中島牡蠣の旅~:

« すんごい定食メニュー 「東華園」 | トップページ | 郷に入りては郷に従え 「本格長崎ちゃんぽん ばってん」 »