« 豆乳鍋の隠れた主役は… 「坊ちゃんとうふ」 | トップページ | やはり大人のフレンチトースト 「カフェ&雑貨 meso」 »

また一つ青春の思い出の店が消えてゆく 「九頭龍 石金本店」

先週行われましたセンター試験の数学Ⅱの問題を見てみました。

まったくわからんΣ( ̄ロ ̄lll)

見事に解けません。いや解けないならまだしも、問題文の意味すらわからんところがあるって…おかしいですね、昔はすらすらとはいえませんが、ある程度は解けたのですがι(´Д`υ)アセアセ…時の流れは残酷ですな。

さて、今回は富山市石金に店舗を構える「九頭龍 石金本店」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H230118_000

検索用ワード 昭和の名店 1月20日にて閉店

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume_2

写真は「九頭龍 石金本店」さんの店内の写真です。「九頭龍」さんは富山にて35年お店を続けてこられた、富山県民に愛されてきたラーメン店です。自分が会社の同僚達と訪れたのは1月9日、すでに閉店の話が巷に広がってからでした。そのためか、150席ある広大な店内に多くのお客さんがおいでになられておりました。

「九頭龍」さんといえば、店舗は現在とは違う場所だった記憶が有りますが、大学生時代よく利用させていただきました。あの当時、富山の飲食店は8時になったら壊滅という状態で、牛丼の吉野家も産業道路沿いにある程度で、しかも並盛り400円だったか、いまほどお得ではない状態だったので、不良学生coldsweats01だった我々はよく「九頭龍」さんに腹を満たしに誰かの車で乗り合いをしていったものです。

社会人になってから行く機会も減り、最後に行ったのも5年前ぐらいだったと思うのですが、閉店という話を聞いて最後に行っておかねば、という謎の考えに囚われ、同じ想いだった同僚達と足を運んできました。こういう考えの方が多いのか、自分のブログにコメントを寄せてくださる「ちま子」さんのブログでは、最後の週末は30分以上待ちの大行列だったと記事になっておりました。

H230118_001

メニュー。学生時代にはダイエットなる言葉はまだ定着していなかったので、ダイエットラーメンはなかったと思いますが、昔からさほど変わらぬメニューです。

H230118_002

味噌田楽が富山では「あんばやし」という名前を知ったのは「九頭龍」さんだったと記憶しております。

H230118_004

同僚の中華そば大(600円+100円)、大とジャンボはどれだけ違うのか、学生時代確かめてみたことがあって、結論はジャンボの方が多いけれど、値段にあってない、だったと同僚が懐かしそうに話してくれました。自分達の世代は学生時代に一度は「九頭龍」さんに訪れているものですね。

H230118_005

餃子(450円)餃子にからしがついてくるのは、自分が知っている限り「九頭龍」さんだけでしょうか?

H230118_003

ワンタンメン大(700円+100円)

H230118_006_2

なんとも基本に忠実なワンタンメン、まさに学生時代とまったく変わっていない見た目ですね。自分の中の「九頭龍」さんの思い出は、「九頭龍」さんのネギラーメンは薬味ネギが大盛りになって出てくるネギラーメンなのですが、中華そばネギ多目で、と注文するとその薬味ネギがけっこう多目で出てくるのでネギラーメンを頼む必要がない、ってことですかね。裏技的なものですが、20日で閉店ですからもうこの技も使うことができないのでしょうね…

H230118_007_2

いわゆる昔ながらの中華そば的なスープなのですが、久しぶりに飲んだ「九頭龍」さんのスープは生姜の後味が強く感じるスープになっていました。自分だけではなく同僚2人もこんな味だったっけ?と首をかしげておりました……閉店なのですから昔と変わらぬこの味だよ、この味!的なものを求めていたのですが、まさか味が変化しているとは思ってもみませんでした(;;;´Д`)

H230118_008

昔ながらのチャーシュー。ほどよくほろほろに煮込まれたチャーシューは35年の歴史を感じさせる美味しいチャーシューでした。

H230118_009

これぞまさに中華麺。この縮れ麺が自分の中の中華麺ですね。ラーメンといったらこの麺、というのが自分達の世代の記憶でしょうかね。昭和の名店の閉店間際で食べる中華麺は、なにやら感慨深いものがありました。同僚達と学生時代の懐かしい思い出話をしながら食べるラーメンは、他のどこにもない逸品でありました。

H230118_011

学生時代、大変お世話になりました。長い間本当にありがとうございました。青春時代の思い出のお店がまたひとつなくなっていきましたね…

お店情報

九頭龍 石金本店

H230118_011_2

住所 富山市石金1丁目12-36

大きな地図で見る

TEL (076)492-0016

閉店予定日 平成23年1月20日

営業時間 AM11:00~AM1:00

駐車場はお店の周りに広大なスペースがあります。現在、閉店を惜しむ方々で大混雑中であるそうです。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 豆乳鍋の隠れた主役は… 「坊ちゃんとうふ」 | トップページ | やはり大人のフレンチトースト 「カフェ&雑貨 meso」 »

コメント

謎の考えに囚われ ← ププププ( ̄▽ ̄)
同じく!!
なんなんでしょうねぇ。 この行かなくては!!
っていう謎の使命感?
みんな同じ考えだったようで、大行列!!

味変わってた??  その辺は気づかなかった私です。

投稿: ちま子 | 2011年1月18日 (火) 22時33分

aibaさんこんにちわ。

私は富山の人間なのですが、確かに学生以来行っていませんでした。明日で閉店なのですね・・・どうやら閉店までに行けそうもありません。

別のお店の話ですが、数年前まで、富山駅付近に「中華大臣」というラーメン屋(というより一杯飲み屋で、ラーメンもやっているという感じでした)があって、個人的にとても好きだったのですが、そこも店主さんかご家族の病気で閉店してしまったと記憶しています。

昭和の情緒あるお店がどんどん無くなっていくのは寂しい限りです。

投稿: eastla | 2011年1月19日 (水) 16時38分

センターの問題、やってみるだけすごいです。
私なんて一目見ただけで、脳が考えることをやめましたよ。゜゜(´□`。)°゜。特に数学なんて…

九頭龍さんは1度しか行った事がなくて
思い入れもないのに、閉店となると寂しくて
ノスタルジーを感じてしまいます。
かといって、並んでまで食べるかどうかは別の話ですが(;´▽`A``

投稿: himachan | 2011年1月19日 (水) 18時46分

>ちま子 さん

やはり使命感?のようなものが沸きますよね
たぶん自分達が行ったこの日も
大半はその手のお客さんだったのではないでしょうか

自分達のスープは
しょうがの後味が強烈で
さすがにこの味ではなかっただろうと思いました

今思えば、この日のスープが失敗だったのかもですねcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年1月19日 (水) 20時54分

>eastla さん

こんばんわです
自分も思い出しましたが
自分が前に最後に行ったのは
富山を出て行った人間が帰ってきたときでした

富山に住んでいるとあまり行かないお店になっていましたね

今は昭和の時代の面影を残すお店が
どんどん閉店されていって
時代の流れとはいえ本当に淋しい限りですね

投稿: zen_aiba | 2011年1月19日 (水) 21時00分

>himachan さん

himachanさんのところでセンターの話題ですとか
学生時代の思い出の九頭龍さんの話題が出たので
学生時代を思い出してセンターの試験をみたのですが

思い出さなければ良かった思うくらい
自分の脳の劣化を思い知らされましたcoldsweats01

九頭龍さんは本当に昔からあるお店でしたからね
閉店となると最後に一回くらいと思うのですが
でも、ちま子さんのブログのあの状況をみると
そこまでしていかなくても
と自分も思ってしまいました(;´Д`A ```

投稿: zen_aiba | 2011年1月19日 (水) 21時05分

確か ここは タバコOKの店じゃなかったですか?
どこもそうなんでしょうけど 田舎になればなるほど 禁煙で食事させてくれるところがありません
理由はどうあれ 喫煙の食堂など 全くもって信用できません
料理に対して その程度の意識しか持っていないということではないでしょうか
料理を何だと思っているんだという気持ちになります

投稿: ポン助 | 2011年1月22日 (土) 07時29分

>ポン助 さん

コメントありがとうございます
飲食店と喫煙
大変大きな問題だと思います
ただ、自分ごときのブログにて論じるには
あまりにも大きな問題すぎると思いますので
コメントは差し控えさせていただきます
申し訳ございません

投稿: zen_aiba | 2011年1月24日 (月) 01時11分

いえいえ 論じるなどという気持ちはありません
申し訳ありません

ただ 競争原理からあまりにもかけ離れている田舎食堂のルーズな体たらくに対する 一種の警鐘を含めた個人の見解に過ぎません
悪しからず

投稿: ポン助 | 2011年1月24日 (月) 17時49分

>ポン助 さん

こちらこそ申し訳有りませんでした

投稿: zen_aiba | 2011年1月24日 (月) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/38518598

この記事へのトラックバック一覧です: また一つ青春の思い出の店が消えてゆく 「九頭龍 石金本店」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/01/19 09:43) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年1月19日 (水) 09時44分

« 豆乳鍋の隠れた主役は… 「坊ちゃんとうふ」 | トップページ | やはり大人のフレンチトースト 「カフェ&雑貨 meso」 »