« お昼時の大衆割烹 「大衆割烹・仕出し・弁当 海老幸てんてん亭」 | トップページ | 不思議系ラーメン 「とんち屋」 »

富山から日帰りで行こう ~秘密のケンミンショーツアー 新潟県見附、長岡編~

富山から日帰りで行こう 今回はaiba家の秋の定番、新潟県弥彦村に紅葉を見に行ってきました。

AM6:30
富山

富山IC 北陸自動車道 三条燕IC 213.2km

↓ rvcar 13km

AM9:15
新潟県弥彦村 弥彦神社
弥彦神社で菊祭りを見学

↓ shoe 10分

AM10:00
新潟県弥彦村 弥彦公園
新潟県の紅葉ポイントを散策
PM13:00

↓ rvcar 11km

PM13:20
新潟県燕市 ストックバスターズ
ハウスウェア・キッチンウェア等の地元工場、メーカー直結のアウトレットモール
PM14:00

↓ rvcar 13km

PM14:25
新潟県見附市 プラント5
諏訪乳業「ミルクヨーカン」を探す
PM14:35

↓ rvcar 13km

PM15:00
新潟県長岡市 レストランナカタ
ケンミンショーで取り上げられた新潟B級グルメ「洋風カツ丼」
PM15:45

↓ rvcar 4km

長岡IC 関越、北陸自動車道経由 富山IC 188.8km

PM18:15
富山

続きには各所の写真、感想があります。写真が多いので重いです

Higaeri_2


H221114_000

弥彦菊祭りのポスターです。毎年、このポスターを拝見するのも楽しみの一つですね、この昭和ロマン的な雰囲気、弥彦の観光協会さんは素晴らしいセンスです。

H221114_005

AM9:15分に弥彦競輪場第五駐車場に到着。弥彦神社駐車場、競輪場の第一、第二は混雑しているので、最初から奥の第五以降の駐車場を目指した方が楽だと思います。近くの駐車場は帰りに大渋滞に巻き込まれる確率が高いと思われます。


H221114_001

弥彦神社では毎年11月1日から11月24日まで弥彦菊祭りが開催され、境内のいたるところにて菊の花が展覧されています。この菊の回廊は、菊の香りが充満していて歩くと精神的にリラックスできますね。

H221114_028

屋台も多くでております。新潟の人はお好み焼きが好きなのか、屋台の4割がお好み焼きの屋台でした。

H221114_002

H221114_003

見事な菊の大風景、今年のテーマは「弥彦の杜」だそうです。

H221114_004_2

H221114_044

様々な菊が展覧されており、見応えがあります。

弥彦神社

住所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898

大きな地図で見る

菊祭りは11月1日から11月24日まで、期間中は歩行者天国等が開催されるため、道路規制があります。詳しくは弥彦観光協会HPか ら観光名所 弥彦神社をごらんください。駐車場情報もそちらにあります。神社脇駐車場に停めるのはほぼ不可能だとおもってください。こちらに向かいますと 交通規制さらに空き待ちで大変なことになります。弥彦駅前の駐車場は有料です。県道29号線弥彦交差点から弥彦競輪場第五駐車場に向かい、途中の第一 駐車場に停めようとせずに、第五以降の駐車場に停めて、こちらから歩いてこられることをお勧めいたします。第一駐車場は出るときに大変目にあうことが多い です。

H221114_006

弥彦神社から弥彦公園までは徒歩で向かいます。この区間には多くのお土産屋さん、食事処があります。

H221114_007

公園の入り口ではフリーマーケットも開催されております。

H221114_008

弥彦公園には「もみじ谷」という紅葉の名所があります。11月13日も見事な紅葉でした。今後は雨風の影響で散っていく葉が多くなる見込みで、今が最盛期とのことでした。

H221114_009

真っ赤に染まった紅葉を見ながら散策、贅沢な時間です。

H221114_010

見事な紅葉でした。

H221114_011


H221114_013


H221114_014


H221114_015

H221114_019

もみじ谷は上からと下から鑑賞できるコースがそれぞれあり、上から見る紅葉と、下から見る紅葉の違いを楽しめる、じっくりと散策できる紅葉スポットになっています。今年は園内におでん屋さんが新設されていたり、道がしっかり均してあったり、園内のトイレも清掃が行き届いて凄い綺麗であったりと、弥彦村の力の入れ具合の凄さをひしひしと感じましたね。

H221114_020_2


aiba家が毎年、弥彦に紅葉を見に行く理由はこちら、中村屋さんの温泉まんじゅうを購入するためです。

H221114_021

今年も大量購入o(*^▽^*)o

H221114_023


今年もいろいろな所に出かけ、そのつど温泉まんじゅうや、今年はかりんとうまんじゅうなどを購入していきましたが、中村屋さんの温泉まんじゅうを越えるところは、今年も見つけられませんでした。キングオブ温泉まんじゅう in aiba家ですwこれで賞味期限があと1日長ければお土産といて最高なのですが(;´Д`A ```

元祖 中村屋

住所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦957


大きな地図で見る

TEL (0256)94-2422

定休日 不定休

営業時間 AM10:00~PM17:00(イベント期間はAM9:00より)

駐車場はないので、弥彦神社近くの無料駐車場に停めてから散策の途中に買いにこられたほうが無難です。車で購入しに向かうとイベント中は規制に引っかかったり、渋滞に巻き込まれる可能性があります。10個入り700円です。消費期間は3日間程度でネット販売はありません。


H221114_017_2

弥彦の特産には「こんにゃく」と「寒天」があり、弥彦神社の近くでは、この時期、その「こんにゃく」を使ったおでんを売っているお店がたくさん有りました。しかし、こちらでは一本100円で売られているこんにゃくですが、園内では200円でした…さすが園内という一等地ショバ代高いですねw

H221114_018

いつもは弥彦神社駐車場横のお土産屋通りでいただくのですが、今回はこちらのお店からなんともいえない甘い醤油の香りが漂ってきたので、こちらのおばあちゃんの手作りおでんをいただくことにしました。

H221114_024

こんにゃく柔らか!甘口醤油でことこと煮られただけのこんにゃくですが、それがめっさ美味いです。

H221114_025

たまごと昆布。昆布が柔らかくてめっさ美味しいです。あまりの美味しさに

H221114_026

昆布を追加で食べました。この昆布がめっさ柔らかくて美味しい、たまらない味でした。来年はタッパを持ってきて、おばあちゃんのおでんを持ち帰ろうと、嫁と早くも来年の話で盛り上がりました。

H221114_027

この鍋から反則的な美味しい匂いがして、多くの人がおばあちゃんのおでんを買い求めていました。

H221114_029

午後1時頃にはあのがらがらだった駐車場もこの状態に…今年も凄い人手でした。

H221114_030

新潟県燕市のストックバスターズさんに移動。こちらは100社近い地元メーカー、商社の協力を得て、2002年にオープンした、ハウスウェア、キッチンウェアのアウトレットモールです。残念ながら店内は撮影禁止になっておりました。

ステンレススプーンが10円、マーブル加工のフライパンが600円など、物凄いお得なお値段でいろいろなキッチン用品が販売されておりました。見てまわるだけでも楽しいお店になっていまして、嫁と二人、これが100円!?えっ!?でも純チタンのカップは13000円?とかいいながら楽しめました。

ストックバスターズ

HP http://www.stockbusters.jp/default1.html

住所 新潟県燕市物流センター2丁目16番地

TEL (0256)63-2511

定休日 年始年末

営業時間 AM10:00~PM18:00

駐車場はお店の周りと、ストックバスターズさんののぼりのたった大駐車場があります

H221114_031

アウトレットショッピングを楽しんだ後は、新潟県見附市のプラント5に移動。「ケンミンショー」で紹介されていて、去年買いそびれた諏訪乳業の「ミルクヨーカン」のリベンジに向かったのですが

H221114_032

牛乳パック型の商品は売り切れ状態で、こちらのプリン容器型のミルクヨーカンを購入してきました。食べてみましたが、まさに牛乳のヨーカン、ババロア的なものを想像していたのですが、全然違いました。これはめっさ美味しい、知っていれば毎日買ってもいいレベルの美味しさです。富山の乳業屋さんも出してくれないでしょうかね。

H221114_033

見附市から今度は長岡市へ移動。これまた「秘密のケンミンショー」で紹介されていた、新潟B級グルメ「洋風かつ丼」を求めて、「レストランナカタ」さんへ。

H221114_045

なにやらお客さんの写真がたくさん貼られた細い階段を登った先にお店はあります。こちらの写真は50倍カレー成功者の写真だそうです。

TV番組「秘密のケンミンショー」にて紹介されて、その上、のちにご当地グルメランキング1位として再び紹介されて、大人気となった「レストランナカタ」さん、入れないかな?と思ったのですが、時間をけっこうずらしていったのが良かったのか、すんなり席につくことが出来ました。

H221114_035

「レストランナカタ」さんの店内、昭和臭漂うレトロな雰囲気がいいですね。

ちなみに「洋風カツ丼」は、長岡市の洋食屋「小松パーラー」さんが発案した、ご飯の上にとんかつをのせ、ケチャップやデミグラスソースなどのソースをかけた料理だそうです。「小松パーラー」さんは閉店されましたが、「レストランナカタ」さんの顧問が「小松パーラー」にて修行し、味を継承されたことから元祖洋風カツ丼のお店として認知されておられるお店です。いまでは、「洋風カツ丼」は多くのお店で提供されるようになり、長岡市のB級グルメとして「洋風カツ丼長岡ご当地グルメ化プロジェクト実行委員会」なるものまで発足されているそうです。

H221114_036

地元ではカレー屋さんとして人気があるとのことですが

H221114_037

せっかくなので「洋風カツ丼」のコースを嫁と頼みました。

H221114_038

コースには、洋風カツ丼の他にスープとデザート、ドリンクがついて1000円でした。

H221114_039

「洋風カツ丼」

H221114_040

カレーのような、とろみが強いソースがかけられています。色は薄い茶色、ところどころ赤味が感じられるソースでした。

H221114_041

ソースの下にはかつとご飯、かつは食べやすいように縦横で切ってあります。

H221114_042

これが「秘密のケンミンショー」で一位となった「洋風カツ丼」。嫁も自分もワクワクしながら一口目を口に運びました。

その瞬間の嫁と自分の顔はこんな感じ

( ̄■ ̄;)!?

冗談でも誇張でもなくこんな顔を二人してしていました。なんといいますか、富山市民の皆様にこのソースの味を説明しますと、「石谷餅屋」さんのあやめだんごの蜜に、醤油とケチャップを混ぜた味…

一言で簡単にいいますと

甘い

ですwいや~これは甘い、甘いソースです。しかも、洋風ですが、やたら和菓子っぽい甘さと粘度のあるソース。これは印象的です、面白くて奇抜な味です。富山県民でない自分に富山ブラックがあわないように、長岡市民でない自分と嫁には「洋風カツ丼」はあわないな、と思いました( ̄○ ̄;)!このだんごの餡的な味で、ご飯とカツは無理ですcoldsweats01でも、話の種に一度は食べてみるには面白い味でした。

レストランナカタ

住所 新潟県長岡市坂之上町2-3-6

大きな地図で見る

TEL (0258)34-3305

定休日 無休

営業時間 AM11:00~PM21:00

駐車場は平日は商店街共有駐車場、土日は近くの北越銀行の駐車場が利用できるそうです。

弥彦には6年ほど連続で紅葉を見に行っておりますが、今年も素晴らしい紅葉で、来年も足を運びたいと思いましたね。でも来年は今までどおり、寺泊に寄るコースにしようと、帰りに嫁と話し合いながら帰宅しましたcoldsweats01

 

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« お昼時の大衆割烹 「大衆割烹・仕出し・弁当 海老幸てんてん亭」 | トップページ | 不思議系ラーメン 「とんち屋」 »

コメント

 この時期はどこでも菊まつりやっていますが、プラス紅葉なら行きたくなりますね。
 実は夏に弥彦オートキャンプ場へ行く計画があったのですが雨で行けず・・・来年はaibaさんの記事を参考に周辺を散策したいと思います。

ストックバスターズ・・懐かしいです。
新潟への楽しみがまた一つ増えました。

投稿: ブログde付録 | 2010年11月19日 (金) 09時01分

>ブログde付録 さん

秋の風物詩、菊祭りと紅葉
同時に楽しめる弥彦は最高ですね

スットクバスターズ
今の大型店に比べると小さなお店ですが
いろいろあって時間を忘れられるいいお店ですよね

自分も久しぶりに行ったのですが
来年また行きたいお店です

投稿: zen_aiba | 2010年11月19日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/37662386

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~秘密のケンミンショーツアー 新潟県見附、長岡編~:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/15 09:33) [ケノーベル エージェント]
西蒲原郡弥彦村エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 09時33分

« お昼時の大衆割烹 「大衆割烹・仕出し・弁当 海老幸てんてん亭」 | トップページ | 不思議系ラーメン 「とんち屋」 »