« 老舗の割烹にてお昼ごはん 「割烹 本田」 | トップページ | 由緒正しき日本のオムライス 「大衆食堂 島田」 »

富山から日帰りで行こう ~幻の五色生菓子を求めて 富山編~

富山から日帰りで行こう 昨日はまだ新潟弥彦の紅葉が進んでいないので、たまには日々の疲れを癒すためにゆっくり休もうと嫁と決めていた日でしたが、それならばと、幻の五色生菓子を求めて車に飛び乗って出かけてみました。

富山
AM8:20

富山IC 北陸自動車道 小矢部IC 36.3km

↓ rvcar 2km

AM8:55
富山県小矢部市 村の駅 「きたかんだの郷」
自分が富山で一番美味しいと思う五色生菓子を買いに
AM9:10

↓ rvcar 2km

小矢部IC 北陸、東海北陸自動車道経由 五箇山IC 32.9km

↓ rvcar 9km

AM9:45
富山県南砺市下梨 「羽馬製菓」
五箇山の有名あんどーなつのお店であんどーなつ
AM9:55

↓ rvcar 2km

AM10:05
富山県南砺市上梨 「喜平商店」
五箇山豆腐の老舗で五箇山豆腐
AM10:35

↓ rvcar 8.5km

AM10:50
富山県南砺市西赤尾町 道の駅上平「ささら館」 「五箇山旬采工房 いわな」
「五箇山旬采工房 いわな」名物 いわなのにぎり
AM11:40

↓ rvcar 3.9km

AM11:50
富山市南砺市菅沼 「五箇山菅沼合掌造り集落」
世界遺産の合掌造りを散策
PM13:15

↓ rvcar 1.5km

PM13:20
富山市南砺市菅沼 「くろば温泉」
庄川と山々の紅葉を眺めながら温泉
PM14:20

↓ rvcar 2.9km

PM14:30

五箇山IC 東海北陸、北陸自動車道経由 富山IC 58.2km

PM15:20
富山 

詳しくは続きをどうぞ。続きには写真が多いので重いのを覚悟して進んでくださいcoldsweats01

Higaeri_2


H221107_000

村の駅 「きたかんだの郷」です。小矢部の市北蟹谷地区の住民と営農組合が運営する農産物直売所です。

H221107_001

ガソリンスタンド跡地を利用しています。9時開店の同店ですが、8時55分に着いた段階ですでにオープンされており、店内にはたくさんの方がおいでになられました。

H221107_002

店内では朝取れの野菜が販売されています。値段は生産者の方がつけるようです。下に見えるネギの束が「100円」という破格の値段で販売されており、お店の方が生産者の方に「安すぎますよ~もっと値段を上げて他のものと釣り合いをとってくださいよぉ~」とほのぼの?した会話が聞こえるくらい破格のお値段でしたcoldsweats01

H221107_003

小矢部名産、にしんの糀漬けも販売しています。にしんの糀漬けといえば「道の駅 メルヘン小矢部」が有名ですが、こちらで販売されている「にしんの糀漬け」は地元の方の手作りで、こちらも大変美味しいですよ。

H221107_004

しかし、自分の目的はこちら!!

H221107_005

※ 自分は未確認ですが、コメントに寄せていただきました情報によりますと平成23年3月をもって、「きたかんだの郷」では「竹田菓子舗」さんのお餅は販売終了となったとのことです。

「竹田菓子舗」さんのもちです。「竹田菓子舗」さんは小矢部市北一にあるのですが、もともと完全受注生産制のお店で、しかも一度閉店を考えられたそうで、地元の方の説得でもち作りは継続されたものの、現在は地元の方の注文しか受けていない幻の菓子舗です。その幻の「竹田菓子舗」さんのおもちを、これまた説得されて販売しているのが村の駅「きたかんだの郷」です。

自分が「竹田菓子舗」さんを知っていたのは、小矢部に母親の実家があり、法事になると、「はとや」さんのどら焼きと「竹田菓子舗」さんの五色生菓子が必ずでたもので、なんといいますか、ソウルフードのようなものです。

H221107_006

12個購入してきましたが、周りの方も最低10個単位で購入されていたので、開店30分ぐらいで売り切れるというのも頷けます。で、生菓子なので冷蔵庫に入れておくと硬くなったりするので販売数が少なく、暑過ぎても駄目になるのが早いので夏場は販売されていなかったり、「きたかんだの郷」自体が土日しか営業してなかったり、となかなか購入できなくて本気で幻の菓子になっていました。自分も実は4回目のトライでやっと購入することができましたcoldsweats01

H221107_008

「竹田菓子舗」さんではささぎ餅とかもありますが、やはり自分的にはこちら「五色生菓子」です。これが最高です(≧∇≦)

「五色生菓子」は金沢の文化なので富山市では販売されているお店はないようです。しかし、金沢に隣接している小矢部市では販売されている菓子舗も多いのですが、その中でやはり群をぬいているのが「竹田菓子舗」さんの「五色生菓子」です。なんといいますか、もちの柔らかさが違います。一度食べたらこのもちの柔らかさは忘れられませんよ。金沢の名店と比べても、「竹田菓子舗」さんの五色生菓子のほうが自分的には美味しいと思っております。

H221107_009

餡の中には栗も入っています。この餡が甘すぎず、絶妙の舌触り、やはり一味違いますね。自分がブログに洋菓子・和菓子のカテゴリを作った時に、一番に紹介したいと思った和菓子なのですが、ようやく紹介することができてほっとしています。「竹田菓子舗」さんの「五色生菓子」最高でした。嫁と一人六個、その日のうちに簡単に食べきることができました、やはり美味しいです。

お店情報

村の駅 きたかんだの郷(竹田菓子舗)

HP http://www1a.biglobe.ne.jp/tokusan/tyokubai-kitaka.html

住所 富山県小矢部市末友


より大きな地図で 村の駅 きたかんだの郷 を表示

TEL (0766)67-8000(問い合わせ先のJAいなば)

営業日 4月から12月 毎週土曜・日曜日
      1月から3月 毎週日曜日

営業時間 AM9:00~PM13:00(4月から12月)
       AM10:00~PM13:00(1月から3月)

お正月はお休みで1月は中旬から営業のようです。駐車場は店舗前空いているスペースを上手く利用してください。結構フリーダムに停めてありますので注意が必要ですcoldsweats01

目的は達成したのですが、せっかくの良いお天気だったので、五箇山の方まで足を伸ばしてみることにしました。

H221107_010

南砺市下梨にある「羽馬製菓」さん、とちもちももちろん有名ですが、一番有名なのはあんどーなつです。しかし、以前、訪れたときにはこのような立派な看板ではなかった気がするのですが…どうだったでしょうねcoldsweats01

H221107_011

店内は昔ながらの商店風です。

H221107_012

棚にはパンが並べられていますが、名物あんどーなつは置かれている数が違いますねhappy01

H221107_013

あんどーなつ。揚げあんぱんです。

H221107_014

店内には囲炉裏があり、そこで飲食可能ですので、早速、あんドーナツとカレーパンをいただくことにしました。

H221107_015

見事な揚げパン。直接手で持つと、手が脂ぎるくらい見事な揚げパンですcoldsweats01

H221107_016

ずっしりつまった餡。昔ながらの甘い餡と香ばしい揚げパンのコラボが見事な一品です。しかし、囲炉裏のそばで昔ながらの揚げパンのあんどーなつ、心が安らぎますねぇ~。ヒーリング効果抜群の揚げパンですよcoldsweats01

H221107_017

カレーパンもめっさ美味い。懐かしい昭和の味ですね。ほっとします。

お店情報

羽馬製菓

住所 南砺市下梨2096


大きな地図で見る

TEL (0763)66-2536

定休日 不定休

営業時間 AM7:00~PM19:00

駐車場はお店の前のスペースをご利用ください。羽場製菓さんのあんどーなつは五箇山のお土産屋さんでも購入が可能です。結構色んなところで販売をされています。


H221107_018

南砺市上梨に移動。上梨では無料の公共駐車場が何箇所かありますので、そちらに車を停めました。写真は重要文化財に指定されている「村上家」です。

H221107_021


「喜平商店」さん

H221107_022

縄で縛れる固い豆腐で有名な五箇山豆腐の老舗の「喜平商店」さんの店内です。店内に隣接するように厨房があり、そちらで豆腐を製作しておられるようでした。

H221107_023

「喜平商店」さんでは、このようなメニューが有り、出来立ての豆腐をその場で食べられます。店内には簡易の休憩スペース、外にはベンチがありそこで食べることが可能でした。

H221107_024

食べる豆腐(200円)2丁、のむ豆乳(150円)です。

H221107_025

醤油と一味をかけていただきます。

H221107_026

楊枝で刺して持ち上げてもびくともしません。この豆腐らしからぬ高度が五箇山豆腐の五箇山豆腐の由縁たる特製でしょうか。しかし、出来立ての五箇山豆腐は美味しいですね。弾力があるのですが、この柔らかいと硬いの間の説明しにくい弾力が、素晴らしい食感でほうほう、と謎の頷きをしながら食べてしまいますね。

H221107_027

のむ豆乳。豆乳のイメージを一新する豆乳でした。滑らかな舌触りとコクのある濃厚な味、暖かい豆乳がとっても美味しいです。

お店情報

喜平商店

住所 南砺市上梨608

大きな地図で見る

TEL (0763)66-2234

定休日 不定休

営業時間 AM8:00~PM19:00

駐車場は喜平商店さんにもありますが、上梨の公共駐車場に停めたほうがなにかと便利です。

H221107_019_2

ちょいと腹ごなしに上梨地区を散策。写真では緑が強く感じますが、実際はいい感じに紅葉が進行しており目に鮮やかで、天気も快晴で絶好の散策日よりでした。

H221107_020

庄川のせせらぎを聞きながら紅葉を眺めるのもおつなものでした。

H221107_028

時間を見計らって道の駅上平「ささら館」へ移動。「ささら館」といえば

H221107_029

「五箇山の旬采工房 いわな」さんですよ。開店前から並んで開店と同時に来店しました。

H221107_030

一番乗りでした。行楽シーズンには長い順番待ちのお客の列が出来るほどの人気店です。今回も自分達が食べ終えて出る頃にはすでに満席、順番待ちが何組かおられました。

H221107_031

いわなにぎり膳(1400円)。「五箇山の旬采工房 いわな」さんに来たら、とりあえずこれを食べておかないと、といういわなにぎりの御膳です。小鉢が全部、いましがた食べてきた五箇山豆腐料理だったのはご愛嬌coldsweats01

H221107_032

五箇山の清流で養殖されたいわなを、注文を受けてから捌く超鮮度抜群のいわなの握り。これは是非食べてみてください、美味しいとしかいえません(≧∇≦)川魚の握りがここまで美味しいと思えるのは、こちらだけかもしれませんね。

H221107_034_2

ささら館の裏手からも庄川の絶景が見えます。しかし、一番の絶景ポイントが男子トイレの窓からの風景なのが、いかんともしがたいですが(;´д`)トホホ…

H221107_035

五箇山名物ソフトの豆乳ソフト(350円)。わさびだのブルーベリーだの、百合、バラなど数々の名物ソフトがあれど、名前の通りの味がここまで強烈にするソフトはこちらの豆乳ソフトだけかもしれまんね。まさに豆乳でしたよ、このソフトcoldsweats01

H221107_036

世界遺産五箇山菅沼集落に移動。集落側の駐車場は有料ですが、ちょいと離れたところにある156線沿いの駐車場は無料ですので、そちらから歩いてきました。正直、たかだか数百メートル、有料駐車場は満車で待ち状態のことが多いので、最初からちょっと離れた無料の駐車場に狙いを定めた方がよいかもしれません。無料駐車場は砺波方面からですと、菅沼集落を越えたあとにある菅沼3スノーシェードの向こう側にあります。

H221107_042

そのちょいと離れた駐車場からの眺めも抜群ですよ。

H221107_037

この時期の菅沼集落は、合掌造りののどかな風景、山の紅葉とあいまって最高の観光地になっています。お隣岐阜県の白川郷は有名になりすぎて、観光シーズンには立ち寄りにくい観光地になっていますが、こちら菅沼集落は程よい人の入りでした。

H221107_038

のどかです。ゆっくり腰を下ろし、心地良い日差しのなか、山々の紅葉を眺め、のんびり過ごすのは最高の贅沢ですね~、嫁と何をするでもなく、ただただのんびりと時間を過ごしていました。しかし、なんといっても先人達の知恵の詰まった世界遺産の合掌造りを間近にみられるのは、感慨深いものがありますね。

H221107_039

菅沼集落には合掌造りを利用しての商店がいくつもあります。

H221107_041

軒先には所狭しと商品が並べられています。

 

H221107_040

…お隣飛騨のさるぼぼの類似商品のようなものが大量に並んでいましたcoldsweats01「けるぼぼ」、黄色はお金がカエル、金運上昇のお守り、緑は家に無事にカエル、交通安全のお守りだそうです。……どうみてもさるぼぼのパ○リ…いやいやオマージュ作品ですよねcoldsweats01

H221107_043

合掌造り集落の菅沼集落は観光名所になっておりますが、れっきとした人が今現在も生活を営む集落です。

H221107_044

昔ながらの合掌造りに備え付けられたBSアンテナが、昔のまま、生活を営む合掌造りの現在を垣間見せてくれたような気がします…

世界遺産、遺産となっておりますが、ここには今を営む、現在の姿がちゃんとあります。先人達の知恵とそれを受け継ぐ現代人との融合の郷、五箇山、悠久の刻をへだてた時の流れに思いをはせ、たまにはのんびりするのも良いものですね。

H221107_045

秋にしては重装備にて散策し、あまりの良い気候に汗をかいたので、「くろば温泉」にて汗を流して帰りました。露天からは庄川を眺めるいいロケーションの温泉です。観光シーズンに訪れるにはちょっと狭いかもしれませんが、時間が早かったので十分のんびり温泉につかることができました。有料ですが、貸しバスタオルやタオルの販売もありますので、準備無しで来ても入れるところがいいですね。


皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 老舗の割烹にてお昼ごはん 「割烹 本田」 | トップページ | 由緒正しき日本のオムライス 「大衆食堂 島田」 »

コメント

「きたかんだの郷」には多くの品物があるのですね。金沢へ行くときによく通るのですが、以前はガソリンスタンドだったのにこんな風になるなんて驚きです。
 五箇山豆腐おいしいですよね。先日利賀であったイベントでその五箇山豆腐のまわりにかつおぶしをまるで揚げ出し豆腐のようにした品物を提供していたそうで、お酒のつまみにはかなりおいしい品物だったそうですよ。

 くろば温泉・・私の好きな温泉の一つです・・最近足を運んでいないので、いつか行きたいですね。そしてお昼はお寿司とそば・・・おいしいだろうなあ。

投稿: ブログde付録 | 2010年11月 8日 (月) 14時37分

>ブログde付録 さん

「きたかんだの郷」には小矢部市の特産品が多く有ります
ガススタの跡地利用はいいアイデアだと思いましたね

五箇山豆腐、大好きです
わわわ、その揚げ出し五箇山、大変美味しそうです
どこかで出してくれないでしょうか?

くろば温泉、優しい湯質で気持ちよかったです
眼前の庄川が最高の景色でした
今度は人のいない時期にいきたいです

投稿: zen_aiba | 2010年11月 8日 (月) 18時44分

ずしりと重い五箇山豆腐、大好きで、わざわざそれを買うだけの目的で五箇山に行ったりもしています。

薄く切ってお刺身風にしても、崩れず箸でつまめる堅さが、いいですよねえ。

投稿: ゆか | 2010年11月 8日 (月) 20時53分

この色つきのお餅、「五色生菓子」っていうのですか・・・知りませんでした。

子供のころ金沢・高岡に住んでいたのですが、食べてたような気がします・・・

こしあん、美味しいですよね(≧∇≦)

ずっしりとした五箇山豆腐も、是非食べてみたいです。

投稿: タン | 2010年11月 9日 (火) 10時42分

>ゆか さん

五箇山豆腐は普通の豆腐とはまったく違った食感ですからね
五箇山まで買いに行かれる方も多いと聞きますよ

箸でもつかめて、楊枝で持ち上げても崩れない
豆腐らしからぬところがいいですよね

投稿: zen_aiba | 2010年11月 9日 (火) 12時58分

>タン さん

「五色生菓子」は昔ながらのものですから
そんなにメジャーではないかもしれませんね…

自分は両親の実家、どちらとも「五色生菓子」を
配る習慣のあった家なので知っていただけですねcoldsweats01

まんじゅうはこしあんが大好きです
おはぎは粒餡が好きですがcoldsweats01

五箇山豆腐は豆腐とはかなり違う食感の食べ物です
是非一度、その食感を試してみてください

投稿: zen_aiba | 2010年11月 9日 (火) 13時15分

いつも楽しく、拝見させてもらってます(^o^)
今朝、早起きして行ってきました。お餅は、もちろんのことパンやおにぎりに
漬物とた〜くさん買い込んできました!!

投稿: ミニボール | 2010年11月21日 (日) 11時41分

>ミニボール さん

初めまして、zen_aibaです。
いつもご愛読ありがとうございますm(_ _)m

早速のご来店、ありがとうございます
竹田菓子舗の五色生菓子
ミニボールさんのお口に合えばよろしいのですが
パンやおにぎり、漬物もお得なお値段で嬉しい限りですよね

もっと近かければ毎週行くのですがcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年11月22日 (月) 00時25分

贈り物にする和菓子を検索していたら、越山甘清堂さんに五色生菓子があり、香林坊大和で販売していることを知り買いに行きました。

越山甘清堂さんのHPにありましたが、五色にはそれぞれ意味があるのですね。
お米の粒がついた「いがら」(ですよね?)、懐かしい食感です。

aibaさんの写真を見なおしたら、竹田菓子舗さんのほうが、こしあんがたっぷりですね~(≧m≦)

主人は、越山甘清堂さんの焼まんといちご大福にくいついていました(^-^;
焼まんは富山の酒まんじゅうより、酒の風味がマイルドで、美味しいこしあんでした。いちご大福は白あんだったので、ヒットしたようです。
aibaさんと同じく、主人もこしあんが好きなので、竹田さんの五色生菓子は是非買いにいきたいです。


それと、和菓子ブログを書いている方が、白山市にある田中屋さんの「百なり」が美味しいとの記事がありました。aibaさんはご存知ですか?

投稿: タン | 2011年1月25日 (火) 22時10分

>タン さん

はい、五色生菓子には色ごとに意味があって
いろんなものを象徴しているとのことです

黄色の米粒のいがらは豊かな実りの象徴だったはずです
あの懐かしい食感はいいですよね

竹田菓子舗さんのこしあんは最高です
機会があられましたら
是非ご主人に試してもらいたいです

自分は饅頭はこしあん
おはぎは粒餡です
中ならこしあん、外なら粒餡
でもアンパンは粒餡ですがcoldsweats01

幼少の頃より田中屋さん知っております
自分は「百なり」よりも
松任芽と千代尼煎餅ですね
この二つは自分のソウルフードとも言える
大好きな和菓子ですhappy02

投稿: zen_aiba | 2011年1月26日 (水) 01時14分

田中屋さんのHPにのっていますね。

お取り寄せもできるようですから、食べてみたいです。

石川・金沢はお菓子やさんが多くていいですね~


2月の連休は、フードピア金沢がありますね。
aibaさんの記事を見てから、行きたいと思っていますが、やはり問題は天候でしょうか・・・
( ̄▽ ̄)

投稿: タン | 2011年1月26日 (水) 17時05分

>タン さん

あの田中屋さんにHPがあったとは知りませんでしたcoldsweats01
松任芽と千代尼煎餅、取り寄せようかな…
って実家に帰れって話ですがw

あと田中屋さんは昔ながらのアイスキャンディーが美味しいですね
夏に実家に帰ると冷凍庫に必ずありますよ

投稿: zen_aiba | 2011年1月26日 (水) 22時31分

 はじめまして。

 竹田菓子舗の関係者です。
 ご紹介くださりありがとうございます。

 残念ながら店主高齢のため3月いっぱいで”きたかんだの郷”での販売を終了しました。

 商売自体も夏には閉める予定です。

 目当てでお越しいただく方もいらっしゃるかもしれないと思い、アナウンスさせていただきました。

投稿: 幻の長男 | 2011年4月26日 (火) 00時11分

>幻の長男 さん

初めまして、zen_aibaです
コメントありがとうございます
長い間、美味しいお餅を提供してくださり
本当にありがとうございました

ご店主殿にもよろしくお伝えくださいませ

本当に美味しいお餅をありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2011年4月26日 (火) 04時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/37564427

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~幻の五色生菓子を求めて 富山編~:

« 老舗の割烹にてお昼ごはん 「割烹 本田」 | トップページ | 由緒正しき日本のオムライス 「大衆食堂 島田」 »