« 昼からモツ鍋 「博多もつ鍋 龍」 | トップページ | これぞ昭和のレバニラ炒め 「東華園」 »

カツ丼でもキャベツ 「とんかつ厨房 匠」

今日は朝から肌寒い一日でしたね。朝の布団の魔力や、夜のコタツの魅力に勝てなくなってきて、布団やコタツの中から動けなくなってきますね。

夏がとんでもない猛暑だったせいか秋がとても寒く感じます、もう少しゆっくりと四季が移りゆく趣のある気候のほうが嬉しいのですが…

とりあえず、風邪を引かないよう暖かくして過ごすようにしましょう。

さて、今回は富山市婦中町に店舗を構える「とんかつ厨房 匠」さんにお邪魔したときの記事になります。

H221103_000

検索用ワード とんかつ カツ丼

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「匠」さんの店内の写真です。ちょっと独特な細長い店内で、こちら側にはテーブル席とカウンター席、向こう側には小上がりの座敷席があります。

H221103_002

メニュー。~膳という名の定食です。とんかつ屋さんのスタンダードなラインナップですね。

H221103_003

丼物もありますが、夜だけの上ロースかつ丼とは気になりますね。

H221103_001

基本メニューの他にも季節ごとの時期メニューも登場します。

H221103_004

ロースかつ膳140g (1500円)

H221103_006

150gのロースかつはさすがに大きいですね。衣も見事なキツネ色、ふんわりと仕上がっていそうで美味しいです。

H221103_007

ソースにすりごまを混ぜていただきます。胡麻の香りがいいですね。どちらのとんかつ屋さんでもゴマがでてきます、やはりとんかつは日本発祥の料理ですね。


H221103_008

脂ののったいいロースでした。衣もさくりといういい音がして、サクサクでした。肉を噛むとじゅわと肉汁と脂、それとソースとゴマが混ざり合ってえもいわれぬ旨味になります。厚つ目の肉ですが、まったく厚さを感じさせずに食べることができる柔らかいお肉でした。

H221103_005_2

上ロースかつ丼(1080円)

H221103_009

しっとりとした卵とじのカツ丼です。上品な感じの出汁の香りがいい感じです。

H221103_010

「匠」さんでは丼物にもキャベツがついてきます。「匠」さんではご飯とキャベツはお代わり自由です。丼物でもキャベツのお代わりができるのは嬉しいですね。そして、気になるご飯のお代わりですが、丼物は最初にご飯大盛りが無料でできます。店員さんがちゃんと説明してくれて、キャベツやご飯のお代わりも率先して店員さんが聞いてきてくれます。しっかりとした目配りの出来る素晴らしい接客のお店でした。

H221103_011

衣に出汁が染み込んで柔らかくなって、普通のとんかつのサクっと感とは違うしっとり感があります。噛み締めるとじゅわと出汁が染み出る衣、肉からも出汁が染み出て美味しいお肉です。

H221103_012

上品な出汁がたっぷり染み込んだご飯も美味しい、最初に大盛りにしてもらったですが、その大盛りのご飯にもたっぷりと出汁が染み込んでいて、この辺の心遣いが嬉しいお店ですね。

H221103_013

綺麗な断面、これぞカツ丼の正しい断面、ですね。丼の底までしっかりと出汁、素晴らしいです。

H221103_014

キャベツのお代わりをすると山盛りキャベツがもらえますcoldsweats01丁寧な接客と細かいところの心遣いが心地良いお店でした。

お店情報

とんかつ厨房 匠

H221103_015


 

住所 富山市婦中町十五丁513


より大きな地図で とんかつ厨房 匠 を表示

TEL (076)466-5766
定休日 水曜日
営業時間 AM11:00~PM15:00
       PM17:00~PM21:00(LoPM20:30)

駐車場はお店の前のスペースになります。完全禁煙のお店です、おタバコはご遠慮くださいますようお願いします。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 昼からモツ鍋 「博多もつ鍋 龍」 | トップページ | これぞ昭和のレバニラ炒め 「東華園」 »

コメント

最近、年のせいかトンカツがきつくなってきた私です。(^-^;
海老丼かカキフライなら大丈夫というか、そそられます。
昔に比べておいしいトンカツ屋が増えましたね、昔はわざわざ新潟の銭形まで遠征に行っていました(^-^;
歳がばれますね・・・

投稿: やみちゃん | 2010年11月 3日 (水) 23時38分

Ohhh!! おいしそうheart04
私も行ったことあるでよ~ とんかつ匠。
1年ぐらい前だから、ブログやってなかったので、どんなのか忘れたけど~sweat01
やはり、日記に書き留めることは、忘れない。
って点でいいですねぇ。

キャベツおかわり すごい量だね!!
ご飯とキャベツおかわり自由って、
じょしはあまり不要だけど、
だんしにはうれしいね( ̄▽ ̄)

コメリ新しくなったねhappy01

投稿: ちま子 | 2010年11月 4日 (木) 10時05分

>やみちゃん さん

自分もとんかつはかろうじていけますが
焼肉やステーキは厳しくなってきましたねcoldsweats01
若い頃はとんかつ屋の敷居が高く感じたものですが
40前になって気軽にはいれるようになって
味がわかるようになってきたかな、と思っていますcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年11月 4日 (木) 21時40分

>ちま子 さん

ブログにアップするようになって
どのお店に行って何を食べたかが
一目瞭然でいいですよね

キャベツのお代わりは凄い量でした
そこまで入れなくても、という量でした
とんかつ屋さんはご飯とキャベツがお代わり自由ですと
だんしーな自分にはポイント高いです

コメリは夜遅くまでやっているので重宝しています

投稿: zen_aiba | 2010年11月 4日 (木) 21時48分

おいしそう!

以前は、「パン粉をつけて揚げたもの」が苦手だったんですが、それは美味しいトンカツを知らなかったからなんですね。
ある時、非常においしいひれかつに出会って以来、とんかつ大好きになりました。
とんかつ匠さん。。。ぜひ行ってみたいです。

投稿: ゆか | 2010年11月 4日 (木) 22時57分

>ゆか さん

お店の雰囲気もよく女性の方が
多く利用されているお店で
味も非常に美味しいので大変お勧めです
ひれかつも絶品でございますよ
是非、富山に遊びにこられた際は
とんかつを匠さんで味わってみてください

投稿: zen_aiba | 2010年11月 5日 (金) 23時10分

ランチタイムに行きましたぁ~
かつ丼の断面を見てから、食べたいと思っておりました。
(料理写真の撮り方って重要ですね)

かつ丼、丼の底まで出汁がしみていました(≧∇≦)
お肉もとても柔らかく、程よい甘からさで美味しいです!
お店の方が「ご飯の量は大盛りでも、少なくもできますが・・・」と聞いてくださいましたが、「普通で」とお願いしました。・・・ご飯、けっこうありましたね(^-^;


主人は匠ランチにしましたが、メンチカツが「肉汁たっぷりなハンバーグみたいで美味しい!」と驚いていました。主人はメンチカツ嫌いなのに!?

次回は普通にとんかつを食べたいです。

・・・でも、やはり不二屋さんのかつ丼を思い出してしまうのはなぜなんでしょうね 
∑(゚∇゚|||)

投稿: タン | 2011年2月22日 (火) 13時03分

>タン さん

写真の撮り方ももっと上手くなりたいと
日々努力中ですが、なかなか食べる方に集中して
上手くならないですねcoldsweats01

とんかつ匠さんは細かい所まで行き届いた接客がいいですよね
カツ丼も上品で美味しいですしね

メンチカツはまだいただいていませんが
美味しそうですね、今度はいろいろな
揚げ物を食べにお邪魔してみたいです

カツ丼と言えば不二屋さんをはずすことができないのが
富山のカツ丼事情ではないでしょうかcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2011年2月22日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/37515915

この記事へのトラックバック一覧です: カツ丼でもキャベツ 「とんかつ厨房 匠」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/04 09:34) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 09時34分

« 昼からモツ鍋 「博多もつ鍋 龍」 | トップページ | これぞ昭和のレバニラ炒め 「東華園」 »