« 千里の隠れ家 「Cafe Ceneva Sina」 | トップページ | 石川県の宝石とかりんとうまんじゅう 「モアイ農園」「むら井菓子舗」 »

始まりの地 「8番らーめん 加賀本店」 4 / 8番らーめん

8番らーめんのキャッチコピーというと「なんでやろ8番」ですが、これは平成11年にプロモーション用キャッチコピーとして展開されたものだとのことですが…

このフレーズができてまだ10年経っていないのですねぇ~、随分昔から、8番のCMといえばなんでやろ8番だったと思っていたのですが、意外と歴史が新しいのですね。8番めぐりを始めようと思って調べてみて、いろいろな新事実がわかって楽しいですね。

さて、今回は石川県加賀市にある「8番らーめん 本店」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。8番らーめんを語るのに本店を食べていないというのもおかしな話ですねと思い、今回、8番らーめん本店さんに初めてお邪魔してきました。

H221003_000


検索用ワード King of 8番 なんでやろ8番

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きに有ります

Kingof8

写真は「8番らーめん 本店」さんの店内の写真です。土曜日の午後1時半頃に着いたのですが、見事に満席。カウンター2席が空いていて、テーブル待ちの家族連れのお客さんよりたまたま早く席に着くことができました。この後も続々とお客さんが来店して来ます、すごいぜ、さすが本店!!

さすがに創業当時のお店ではなく、改装されて今風の店内になっておりますが、本店といえども基本的に他の8番らーめんさんとさほどかわらないキャパシティーのお店でした。しかし、ここが8番らーめんさんの始まりの地ということですね。

H221003_030

看板には本店とありますが、奥ゆかしいといいますか、目立たないといいますか…

H221003_001

変わらぬメニュー、22時以降はらーめん50円増し、見慣れたメニュー。本店だからこそこのメニューですよね~。自分達が訪れたときは禁煙タイムでした、禁煙席はないようです。

H221003_003

と、思いましたらなにやら見たことのないメニュー。「ねばとろざるらーめん」!?見たこと有りませんよ、こんなメニュー。

H221003_004

本店のみの限定メニュー!?

H221003_005

ねばとろざるらーめんを食べたい心を必死に押さえつけ、いつもの、Bセット(味噌)Cセット(塩)、餃子ダブル、そして、ねばとろご飯を注文しました。頼んでからねばとろらーめん(ねばとろ具材、ざるらーめん、タレ、ご飯)720円に対し、ざるらーめんのついていないねばとろご飯560円はちょっと値段設定おかしくね?ということに気がつきましたcoldsweats01

H221003_007

餃子のタレ、ラー油、8番特製胡椒、一味のテーブル調味料。他のテーブルも確認しましたが、みなこのセットでした。酢や塩が置いてないようでした。

H221003_008

Bセット(味噌)


H221003_009

Cセット(塩)

H221003_010

餃子ダブル。

H221003_011

ねばとろご飯。全部一気にきました。頼んでから5分も経っていません。さすが本店、凄い注文量でも的確に正確にすばやく調理してもって来ます。体感時間でここまで全部早く出てきた8番らーめんさんはありませんね。

H221003_012

Cセットのから揚げ……本店、から揚げちっさwちょっとこれは小さいですよ、本店なのにcoldsweats01

H221003_013

餃子はいままでのどの8番らーめんさんより大きく感じましたが、から揚げは今までで一番小さいような気がしましたw

H221003_014

味もちょっと薄味ですね。もう少しから揚げ粉をまぶしてあげてもらえた方がaiba家的好みです。しかし、本店のから揚げが小さいとは…驚きですcoldsweats02

H221003_015

Bセットの半チャーハン。量的には今までのお店の半チャーハンと遜色ないように感じます。綺麗な半球体なのがいいですね。

H221003_016

味付けが濃い。お米の一粒一粒から味が染み出てるかのように、チャーハンの味付けが濃いです。見ればお米の色も全体的にしっかりした色がついている気がしますね。ぱらぱら具合は変わらず味付けが濃い、スープが飲みたくなるしっかりしたチャーハンでした。

H221003_017

餃子の表面はしっかり焼かれていてばりばりです。もうちょっとしっとり蒸しぐあいのある8番さんの餃子のほうが好きですね。サイドメニューの味付けは富山のお店のほうが好みです、自分もすっかり富山県民になりましたcoldsweats01

H221003_018

ねばとろ。

H221003_019

なにこれ、美味しいんですけど!これが富山の8番にあったら、一週間に一回は食べに行っていい、と思うくらいの美味さ。さすが、本店、オリジナルメニューがあるとは。でも、ねばとろご飯560円はちょっとお高くないですかcoldsweats01

H221003_020

8カマ、本店にいるという思いからか、いつもより大きく見えます。

H221003_021

野菜、量も十分、見た目もいいです。そして、何と言っても歯ごたえ、しゃきしゃき感を残してそれでいて水分を含んだとても食べやすい野菜。これはさすがに本店、いままでのどの野菜よりも美味しいですよ。

H221003_024


麺も絶妙なコシ、弾力と硬度が見事なバランスで融合しています。麺の食べ応えが半端ない感じです。

H221003_023

味噌スープ。なんだこの味噌スープ、いままで食べてきた8番のどの味噌とも違う、味がクリーミーというかまろやか、濃いという感じではないのですが、味噌の味がじんわり口の中に広がって心地良いとまで思える味。なんてまろやかな味噌、美味しい。富山の自分の知っている8番のどの味とも絶対違いますね、嫁もこの味噌は美味しい、塩が一番だと思っていたけれど、この味噌なら食べたいと絶賛。8番の味噌ラーメンってこんなに美味しい味でしたっけ?

H221003_025

塩、嫁がいつものような野菜をかき混ぜた後です。8番の塩ラーメンを食べたことのある方なら8番の塩ラーメンの香りって分かると思いますが、どんぶりからかなり離れていてもあの塩ラーメンの香りが感じます。めっさクリアでダイレクトに伝わってくる塩らーめんの香り…これは凄い。

H221003_026

塩スープ。ああ、見事な塩スープ、8番の塩ラーメンってこれですよって断言できるくらい8番の塩の味。濃いって表現ではないのですが、味が本当に鮮明で強烈な味が舌に残ります。ああ、なんでやろ8番…感傷に浸りたくなってしまう味、これですよね、まさに自分のソウルフード、8番の味ですよ。

H221003_027

こちらの麺も食べ応えばっちり、スープに絡んで美味しさ倍増、この太い縮れ麺こそが8番ですよね、この太い縮れ麺にはこの硬さと弾力がよく似合います。

常に満席の8番らーめん本店、大勢のスタッフさんたちが働いておられましたが、皆さん、はきはきして笑顔でいい接客をなされておりました。これは居心地のよいお店です。

お会計のときにポイントカードはありませんか?とお尋ねしたところポイントカードはないとのこと、本店にはポイントカードがないと、これはちょっと意外でした。

お店情報

8番らーめん 本店

H221003_029

住所 石川県加賀市桑原町卜117


大きな地図で見る

TEL (0761)74-0500

定休日 年中無休

営業時間 AM11:00~AM2:00

禁煙席なし・喫煙タイム AM11:00~PM14:00

駐車場はお店の前にあります。大型車も停められる第2駐車場もあります。

駐車場はお店の周りにあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 千里の隠れ家 「Cafe Ceneva Sina」 | トップページ | 石川県の宝石とかりんとうまんじゅう 「モアイ農園」「むら井菓子舗」 »

コメント

8番らーめんに、本店があったとはっ!!
知らなんだ~note あ~ 知らなんだ~note

本店のみの、ねばとろ系!?
なんじゃそりゃー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
ちと、高いねsweat02

本店の味噌らーめんは、おいしいのですねheart04
味噌派の私は気になりますhappy02

投稿: ちま子 | 2010年10月 3日 (日) 22時45分

 富山からの 日帰り~での記事で
分らない 花の名前
 偶然 昨日 高山へ ラーメン(やよい)を 食べに行っていて  見つけました
名前を 聞いたら(コルチカム)だそうですnoodle

投稿: スキー日記 | 2010年10月 4日 (月) 09時41分

はっ、8番ラーメン本店…!
初めて知りましたよcoldsweats01


しかし、ラーメンが本気で美味しそう…!
本店だけあって、他店とは違うスープなんでしょうか??

しかし加賀…!笑。
ねばとろも是非食べたいけど、ちょっとやそっとでは食べれないかも。。。

投稿: ラヴゥ | 2010年10月 4日 (月) 12時34分

>ちま子 さん

本店といっても特に有名ではないですからね
富山では話題にもならないと思いますから
知らなくても当然かと、嫁も知りませんでした

本店だけの特別メニューとはいえ
ねばとろ、高いですよね
ご飯だとねばとろなら400円ぐらいですよね

味噌ラーメン
富山の味噌とは違う味でしたよ
味噌派の自分もびっくりの味でした

投稿: zen_aiba | 2010年10月 4日 (月) 22時26分

>スキー日記 さん

わざわざありがとうございます

「コルチカム」
やはりいきなり花が咲く
ああいう植物なのですね

花だけを切り取って地面にさしたのではと思っておりましたcoldsweats01

名前で検索してみると
いろいろなことがわかりました
本当にありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2010年10月 4日 (月) 22時29分

>ラヴゥ さん

黒部出身の嫁も知らなかったそうです
本店だから有名って感じの営業展開をしていませんからね

完全に味噌は別物では?と思う味でした
8番の味噌ラーメンには統一規格がないのでしょうかね?

加賀、高速で1時間ちょっとです
福井の帰りにでも途中下車するのもありですよ

投稿: zen_aiba | 2010年10月 4日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/37059686

この記事へのトラックバック一覧です: 始まりの地 「8番らーめん 加賀本店」 4 / 8番らーめん:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/04 11:20) [ケノーベル エージェント]
加賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 11時20分

« 千里の隠れ家 「Cafe Ceneva Sina」 | トップページ | 石川県の宝石とかりんとうまんじゅう 「モアイ農園」「むら井菓子舗」 »