« おわら風の盆のお膝元 「8番らーめん八尾店」 6 / 8番らーめん | トップページ | 超家庭的珈琲倶楽部 「珈琲倶楽部 あすか」 »

富山から日帰りで行こう ~滋賀県へ行こう ゆるキャラ祭りin彦根 キグるミサミット2010~

富山から日帰りで行こう 今回は滋賀県彦根市で開催されていました「ゆるキャラ祭りin彦根 キグるミサミット2010」へ行ってまいりました。

富山
AM5:15

↓ rvcar

富山IC 北陸自動車道、名神高速経由 彦根IC 241.9km

↓ 6km rvcar

AM8:20
滋賀県彦根市本町 「京橋口駐車場」
ゆるキャラ祭り最寄の駐車場へ

↓ 5分 shoe

AM8:25
滋賀県彦根市本町 「夢京橋キャッスルロード&四番町スクエア」
ゆるキャラまつりin彦根 キグるミさみっと2010会場

滋賀県彦根市錦町 「麺類をかべ」
彦根のご当地名物 チャンポンをいただく
PM14:00

↓ 15km rvcar

PM14:30
滋賀県長浜市南呉服町 「お旅駐車場」 
長浜黒壁スクエアの最寄駐車場へ

↓ shoe 5分

PM14:35
滋賀県長浜市元浜町 「翼果楼」
長浜名物焼鯖そうめんと滋賀県郷土料理鮒寿司をいただく
PM15:05

↓ shoe 10分

PM15:15
滋賀県長浜市高田町 お菓子処「居川屋長浜店」
滋賀県伊香保郡余呉町に本店を構える「居川屋」さんの長浜店さんへ
かりんとうまんじゅうを購入に向かうも売り切れ

↓ shoe

滋賀県長浜市元浜町 「黒壁スクエア」
長浜の観光地「黒壁スクエア」を散策
PM16:30

↓ rvcar 3km

PM16:40
長浜IC 北陸自動車道経由 富山IC 224.5km

PM19:30

富山

行きの道中福井で濃霧で視界が悪くなるなどの怖い目にあいましたが、彦根市は快晴でこころゆくまでゆるキャラ達と戯れてきました。詳しくは続きをどうぞ 写真が多いです、めっさ重いです、心して続きを押してくださいm(_ _)m

Higaeri


H221024_000

今年のゆるキャラ祭りは去年の3日開催から1日短縮され2日開催になり、開始時刻が10時から9時に変更されていました。福井で濃霧のため時速が制限されたため、予定をしていた時刻より遅れて京橋口駐車場に着いたのですが、会場から一番近い京橋口駐車場はAM8:20の段階で3割程度の駐車率といった具合でした。メイン会場の夢京橋キャッスルロードもまだ設営段階で人影はまばらでした。

H221024_001

ただ、開会式が行われるステージ前だけは、AM8:30の段階で人が殺到していました。嫁も自分も何とかステージを見える場所をゲットしました。もう少し遅ければ場所が取れないところでしたね。

H221024_002

あっ、(ピンクのズボンの方は)国木田かっぱさんですよ。ズームインの取材でおいでのようでしたが…去年同様、みんなの関心はゆるキャラに向いている状態でしたw

H221024_003

ひこにゃ~んheart04人と人の間からカメラを差し込んで撮影しましたよ。去年、カメラに収められなかったひこにゃんを今年はなんとかカメラに収めることに成功しましたヽ(´▽`)/

H221024_004

やちにゃんも最高ですね。

H221024_005

彦根のゆるキャラ達が一同に集まって行われた開会式は熱狂という言葉が相応しい状態でした。まぁ、嫁も自分もhappy02こんな顔して必死にカメラを構えていたので人のことはまったく言えませんがcoldsweats01

H221024_007

にゃんぶですよ、にゃんぶ!!去年は会えなかったにゃんぶを生で見れて感動しまくりの37のおっさんですw

H221024_060

 

開会式後に岐阜県柳ヶ瀬商店街の非公式キャラクター「やなな」さんのブースに足を運んでみたのですが…他のブースはまだ人もまばらなのに、ここだけ長蛇の列です。

H221024_010_2

去年は2ショット、3ショットも撮らせていただき、「やなな」さんご自身は会場所狭しと暴れていたのですが、ゆるキャラグランプリでも上位人気の「やなな」さんはひたすらサインをしていましたね。

自分たちが会場にいた間は長蛇の列が途切れることはありませんでした。

H221024_063

去年のお気に入りといえば、こちらの岡山県新庄村ひめのもちのイメージキャラクター「ひめっ子」さん。今年も人気の様子でした。今回も2ショット、3ショットに快く応じていただきました。ありがとうございます。

H221024_013

我等が富山県からは2匹のゆるキャラが参加しておりました。まずは、射水市の「ムズムズ」君。今年はメイン会場のAステージ近くという一等地にブースがありました。去年とはうって変わって軽快に踊る「ムズムズ」君。「絶対中の人がおっさんから若い人に代わった」とは嫁の予想。会場には射水市のブースで配られた厚紙で出来た「ムズムズ」君の王冠を被っているお子様が結構見受けられました。場所と中の人って大切ですねcoldsweats01

H221024_015

中の人の大切さを実感させてくれたのが三重県津市のゆるキャラ「シロモチ」君。去年はやななと並んで特筆物のサービス精神を発揮しておりましたが…今年は動きが少なくさびしく感じました。

H221024_014

同じく富山県から参加の小矢部市の「メルギュー」君。倶利伽羅合戦で木曽義仲が、牛の角に松明をつけて平家を打ち破ったという「火牛の計」の「火牛」をモデルにしています。せすから頭に松明がついているのですね。「メルギュー」というのは小矢部市の愛称「メルヘンの街小矢部」から来ているのでしょうね。「メルギュー」君は見た目の愛らしさで若いおなごさんたちに大人気でした。見た目って大切ですね。

H221024_021

基本的にゆるキャラさん達は2ショットの撮影に快く応じてくれます。まれに(構造上)耳の悪いゆるキャラさんが存在しますので、そのときは側におられるマネジャーさんにお願いすると大丈夫です。しかし、こちらの大阪の「とらとうちゃん」、2ショットの子供達がちょっと泣き顔です。

H221024_022

同じく大阪の「いしきりん」、何といいましょうか、子供は正直といいましょうか、とらとうちゃんさんの時と距離感が違いますね、同じ大阪のゆるキャラなのですが…見た目って本当に大切ですね!!

H221024_016

ゆるキャラの中にはこのようにかっこいいものから

H221024_020

H221024_019

愛らしいもの

H221024_023

リアルなもの

H221024_024

シュールなもの

H221024_025

渋いものと大変バラエティに富んでいて、ゆるキャラ祭りは一日中居ても飽きないですね。嫁と2人、2ショット撮影をお願いしに会場を駆け巡ってきました。ゆるキャラ祭りは大人も子供も楽しめる最高のイベントですね。

H221024_026

以前、彦根のご当地名物はちゃんぽんとのニュースを見たので、今度、彦根に行ったときはそのニュースで見た「ちゃんぽん亭総本店」さんでちゃんぽんを、と思っておりましたが、滋賀県在住のdendoroubikさんから、ゆるキャラ祭りの会場側にあるこちらの「をかべ」さんが、「ちゃんぽん亭総本店」さんの本家であるとのコメントをいただきましたので、「をかべ」さんに足を運んできました。

H221024_027

外観、店内ともに見事な昭和臭!!素晴らしい!昭和に憧れる自分にとってこれは最高の店構えですよw

H221024_028

チャンポン大盛(800円)

H221024_029

味噌チャンポン(750円)

H221024_036

焼き飯(680円)

H221024_030

野菜たっぷりのチャンポン。しかし、同じチャンポンの名前でも長崎のそれとはまったく趣が違いますね。塩ゆでしたあと炒めた豚肉は入っていますが、魚介の類は一切入っていないですね。チャンポンというよりタンメンに近い感じでしょうか?

H221024_031

喉越しの柔らかい細い麺がするりとお腹に入っていきますね。これまた長崎のチャンポンの麺とはまったく違いますね。なんでしょう、この美味しいのですがとてつもないあっさりとした感じは。

H221024_032

カツオ・昆布系のスープ。まったくとんこつは感じませんね。しかし、このスープに酢をあわせて飲むとめっさ美味い!!たまりません、レンゲが止まらないほど美味しいスープです。これは美味しい。

H221024_033

味噌チャンポンも美味しい。野菜が美味い、なんだろう、チャンポンというより富山県民の嫁と自分等にとって、8番らーめんの野菜ラーメンに近い感じです。

H221024_034

独特な甘い味噌スープ。味噌なのになんというあっさり感のするスープ。酢をちょっとたらしたあとの酢の酸味の後に来る味噌の甘みがたまりません。この味噌スープはいままでにない感覚、というかいままでで一番自分の好みにあった味噌ですよ、飲みやすさが本当にたまらない!

H221024_037

炒飯ではなくて焼き飯なところがいいですね。炒飯は卵を先に入れてからご飯を入れて炒める。焼き飯はご飯を先に炒めてから卵を入れる。ちょっと油が残った感じのご飯、後から来る胡椒の味と醤油の味…昭和の焼き飯ってこんな味ですよね、美味しいです。

H221024_038

しかし、なんといってもチャンポン。徐々に野菜も柔らかくなっていってどんどん美味しくなっていきます。そして、カツオ。昆布出汁のスープがお腹に優しいです。このチャンポンは自分の知っているチャンポンとはまったく違ったチャンポンでした。まさに彦根のご当地チャンポン、大変美味しかったです。dendoroubikさん、情報ありがとうございました!!

お店情報

麺類をかべ

住所 滋賀県彦根市錦町1-27

大きな地図で見る

TEL (0749)22-0464

定休日 月曜日

営業時間 AM11:00~PM15:00

駐車場はお店から少し離れたところに看板があり、そこに停めても良いようでした。その駐車場は周りの居酒屋さん達の共同駐車場でしたが、「をかべ」さんはお昼の営業だけなので昼間は停めても大丈夫という感じでした。ただ、「をかべ」さんは商店街裏道にあって周りは細い路地ばかりで、その駐車場へ車でどうやって行くのかわからなかったですねw

H221024_039


「麺類をかべ」さんで美味しいチャンポンをいただいた後に、メイン会場から離れた花しょうぶ通り商店街へ歩いていったのですが…

H221024_041

メイン会場へ歩いて向かう滋賀県甲良町の「とらにゃん」と遭遇。移動の最中だというのに気さくに写真撮影に応じていただけました。

H221024_042_2

ここからメイン会場まで結構あるのですが…あの着ぐるみで歩いていかれていました。ゆるキャラ祭りはもちろん運営の方々、イベントブースのスタッフの方々の尽力で成り立っておりますが、ゆるキャラさんの中の人の見えない絶大な努力で成り立っているんだなぁ……去り行く背中がかっこいいぜ、とらにゃん!!

H221024_043

午後に入ると、メイン会場の夢京橋キャッスルロードはもの凄い人だかりでした。ゆるキャラとの2ショットも撮りにくくなってきたので

H221024_044

たねやさんのたねや彦根美濠の舎にて、有名なバームクーヘンをお土産として購入しまして、ゆるキャラ祭りをあとにしました。

H221024_045

長浜市の観光名所「黒壁スクエア」へ。彦根から長浜まで15kmでしたが、彦根城を離れてすぐに琵琶湖の壮大な姿を見ることが出来ました。いつみても海にしか見えませんねw

H221024_046

長浜の第一目的地である「翼果楼(よかろう)」さんへ。店内への入り口は大通りに面したところではなく店に沿ってわき道を入っていったところにあります。

H221024_047

築200年の商家を利用した店内は趣があり、まさに観光地といった雰囲気でした。昼時を外していったので待たずにすぐに入れました。

H221024_048

目的はもちろん長浜名物「鯖そうめん(840円)」です、「翼果楼」さんは創業以来守り続けた郷土料理「焼鯖そうめん」の専門店です。

H221024_049

「麺類をかべ」さんのチャンポンがお腹に優しかったこと、ゆるキャラ祭りでハッスルしすぎたこともあり、しっかり一人前ずついただくことにしました。

H221024_050

焼いた鯖をさらに醤油、酒、塩、砂糖等の味付けした出汁で煮付け、その煮汁でさらにそうめんと炊き合わせる長浜の郷土料理です。甘く煮付けした鯖が簡単にほぐれるまで柔らかくなって、口の中で鯖の旨味と出汁の甘みが一体となってえもいわれぬ美味しさを奏でてくれますね。

H221024_051

出汁を吸ったほんのり温かいそうめんも美味しいです。煮汁の美味さを吸ったそうめんは、程よく柔らかくなってたまらない美味しさになっていました。

H221024_052

鮒寿司(600円)。こちらは琵琶湖の固有種であるニゴロブナを使用した滋賀県の郷土料理です。実はaiba家鮒寿司初体験。彦根から長浜にかけての琵琶湖沿いの通りには鮒寿司のお店がたくさん有りました。何件くらいあるのでしょうね?富山で鱒寿司を食べ比べている自分は鮒寿司も食べ比べてみたいですね、と軽く思っておりました。

「鮒寿司を食べられたことはありますか?」

鮒寿司を注文したところ店員さんからこのように聞き返され、初めてです、と答えたところ、一切れから注文できます、初めての方はとりあえず一切れ食べて見られてから追加で注文をなさったほうが、といわれました。噂には聞いていましたが鮒寿司は好みのはっきり分かれる食品だとか、といいますか、他県民が美味しいという評価をしたことを聞いたことのない食品でした。鮒寿司はなれずしの一種だそうで、富山の鱒寿しも最初はなれずしから始まっています、ルーツが同じの食品です、鱒寿司を極めようとするもの鮒寿司も味わねばなぬまいて、と今回、勇気を持って注文してみましたが、とりあえず一切れずつ頼んでみましたcoldsweats01一切れ300円、この小さな2切れで600円、めっさ高級料理ですな。

H221024_053

右の白いものはお米が発酵したもの。後で知ったのですが一般的は取り除いて食べるとあるのですが…なぜ皿に盛って来てるのでしょうかcoldsweats01とりあえず、嫁も自分も一口、いただいてみることにしました。

すっぱぁぃぃいいいいいいいいい!!!

松○勇優作ばりに「なんじゃこりゃ!?」といいたくなるようなお味!乳酸系の酸味が強すぎです。鮒の味なんてちっとも感じませんよcrying食べた後も舌がしびれるような感覚がしばらく続きました。……aiba家には鮒寿司のハードルは高すぎたようですcoldsweats01

お店情報

翼果楼

HP http://yokarou.com/index.htm

住所 滋賀県長浜市元浜町7-8


大きな地図で見る

TEL (0749)63-3663

定休日 月曜日

営業時間 AM11:00~PM21:00(売り切れ時店じまい)

駐車場はありません。黒壁スクエア周辺の観光用駐車場をご利用ください。お昼時は大変混み合っているようです。時間を外されて来店した方が安全かと思います。

H221024_059

焼き鯖そうめんを堪能したところで、長浜第二の目的地、「御菓子処居川屋長浜店」さんに歩いてお邪魔しました。黒壁スクエア周辺にあったので、てっきり駐車場がないかと思い歩いて向かったのですが、まず目に入ってきたのはどでかい「P」の文字でしたw

そして、中に入ってお伺いしたところ、かりんとうまんじゅう本日分は売り切れとのこと…今しがた出口ですれ違ったお客さんが、かりんとうまんじゅうと思わしき商品を持っておられたのでショックは2倍ですweep焼き鯖そうめんを後回しにすべきでしたね…

H221024_061

明治33年に建てられた国立第百三十銀行跡地を利用した黒壁ガラス館

H221024_062_2

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館などを散策して

H221024_055

なべかままんじゅう本舗さんでまんじゅうを購入したりしました。

H221024_058

6個3百円というお手軽価格なおまんじゅうでした。しか

し、温泉まんじゅうはもちろん、最近はかりんとうまんじゅうでまんじゅうにはちとうるさくなっているaiba家を唸らせるおまんじゅうではなかったですね。美味しいのですが、10円まんじゅうが50円になったらこんな感じ、というお手軽にいただくおまんじゅうですね、これは。

23日はゆるキャラとチャンポンの日でした。来年も彦根でゆるキャラ祭りがあれば、絶対に行きたいですね~。嫁もゆるキャラと戯れて大満足の1日だったそうです。

H221024_066_2

それでは今日はこのへんでサヨナラだワン!

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« おわら風の盆のお膝元 「8番らーめん八尾店」 6 / 8番らーめん | トップページ | 超家庭的珈琲倶楽部 「珈琲倶楽部 あすか」 »

コメント

今年も行っちゃいましたかー!
ゆるキャラ大好きなんで、ハアハアして見ちゃいましたよ(*´ェ`*)
TVチャンピオンのゆるキャラ王選手権なんて大喜びでしたもん。
やっぱり見た目と中の人って大事ですよね\(;゚∇゚)/

投稿: himachan | 2010年10月24日 (日) 21時57分

シュール着ぐるみにココロ惹かれました。
ストラップとかあったら欲しいくらい。
…しかし、モデルは誰なんでしょう???

フナずし、味というよりもにおいが有名ですよね。くさやとは、また違ったベクトルの強烈さのある郷土食ですね。

投稿: ゆか | 2010年10月25日 (月) 04時19分

こちらは「長浜観光協会」サイトを運営しております(株)プロクルーの金澤と申します。このたびは、長浜に来ていただきましてありがとうございます。
ブログを楽しく拝見いたしました!ゆるキャラまつり楽しそうですね!
「長浜観光協会」(http://www.nagahamashi.org/)の「長浜に来られた方のブログ」と
「びわ湖・近江路観光圏」(http://ohmiji.jp/)の「びわ湖・近江路を訪れた方のブログ」、
そして、当社運営のブログコミュニティサイト「コブログ」の「旅ブログ」(http://dp10063051.lolipop.jp/ko-blog/)では、
長浜・湖北・湖東のことを書いていただいた貴重なブログをサイト上で紹介させていただき、これからこちらに来られる方の参考にしてもらいたいと考えています。
そこでもしご了解していただければ、こちらのブログ記事「富山から日帰りで行こう~滋賀県へ行こう ゆるキャラ祭りin彦根 キグるミサミット2010~」を掲載させて頂きたいので、コメントかメール(info@e-ohmi.net)でお返事をいただければ嬉しいです。
また、このブログのおじゃまをしてしまいました場合は、たいへんお手数ですがこのコメントの削除をお願いいたします。

投稿: プロクルー金澤 | 2010年10月25日 (月) 11時50分

おしゃしんとってくれてありがとおなの|*’v’*|

投稿: やなな | 2010年10月25日 (月) 13時05分

レポート待ってました!

ずいぶんゆるキャラ増えましたね。
私も密かにメルギューくん、応援しています。

今朝のズームインで、ゆるキャラグランプリみたいなのを投票で決めると聞いたように思います。

やはり、№1はひこにゃんかな~

投稿: タン | 2010年10月25日 (月) 17時28分

うわあ!
やななからメーッセージが来てる!
いいな~ いいな~♪
そして プロクルー金澤さんからも^^
今回の「日帰りで行こう」も内容充実ですね
朝5時過ぎに出発されて 彦根から長浜まで
思いっきり遊ばれているのが 気持ちいいですね!
日曜は こちらも昼から雨だったので 土曜は天気がよくてよかったです^^
行けなかったのは残念ですが(><;)こちらで楽しませていただきました^^ ありがとうございます

投稿: dendoroubik | 2010年10月25日 (月) 20時03分

>himachan さん

今年も行っちゃいました(*^m^)
去年、ひこにゃんを見てから
嫁ともどもゆるキャラの虜になっていますcoldsweats01
見た目と中の人は本当に大切ですね
同じゆるキャラでも中の人で随分
雰囲気が違うと実感しましたよ

投稿: zen_aiba | 2010年10月25日 (月) 21時34分

>ゆか さん

このシュールなゆるキャラ?は
ロシアの文豪レフ・トルストイの没後100年を期に
一燈園資料館「香倉院」さんがトルストイ展を
行っているのですが、そのマスコットキャラクター「トルさん」です。
今年の12月まで開催中だそうでその宣伝に来ていたようです。

フナずし、本当に強烈な郷土料理でした
思い出すだけで舌がしびれてきますよcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年10月25日 (月) 21時44分

>プロクルー金澤 様

ご訪問ありがとうございます
当ブログの管理者zen_aibaです

長浜というより彦根オンリーに近い記事なのですが、それでも大丈夫でしたら…
掲載していただければ自分も大変嬉しいです。

このたびの訪問、誠にありがとうございました。

投稿: zen_aiba | 2010年10月25日 (月) 21時50分

>やなな さん

えっ!?本物でございますかΣ(゚д゚;)
昨日までのゆるキャラ祭りの激務の後のご訪問、大変ありがとうございます。

写真はありがたく使わせていただいております。ラスクも美味しかったです。

本当にありがとうございました。

投稿: zen_aiba | 2010年10月25日 (月) 21時53分

>タン さん

136体のゆるキャラが参加したそうです
これでも参加していないゆるキャラも大勢いるそうですよ
ひこにゃんから爆発的に人気がでて
すっかり市民権を獲得した感がありますよね

メルギューは会場でも人気がありましたよ
今では恋人のゆるキャラもあるとか

ひこにゃんは殿堂入りしているのか
ランキング表にいなかったような気がします
やななが僅差で2位というのはよく見るのですが
一位が何かは実は知らないですw

投稿: zen_aiba | 2010年10月25日 (月) 22時04分

>dendoroubik さん

コメントを読んだときはびっくりしましたよ
ファンを大切にするやななさん
人気があるのも納得ですね

長浜というより彦根のレポなので物凄い恐縮なのですがcoldsweats01
掲載していただけたら物凄い嬉しいですね

「麺類をかべ」の情報ありがとうございました
めっさ美味しかったです、また、行きたいと思う絶品でございました

投稿: zen_aiba | 2010年10月25日 (月) 22時07分

ブログの掲載許可をいただきありがとうございました!
早速掲載させていただきました。
「長浜観光協会」の「長浜に来られた方のブログ」(http://www.nagahamashi.org/blog.php)
「びわ湖・近江路観光圏」の「びわ湖・近江路を訪れた方のブログ」(http://ohmiji.jp/)
「コブログ」の「旅ブログ」(http://dp10063051.lolipop.jp/ko-blog/list.php)
お時間のあるときにでもご確認ください。
またぜひ長浜・湖北へいらしてくださいね☆

投稿: プロクルー金澤 | 2010年10月26日 (火) 10時30分

>プロクルー金澤 さん

こちらこそ掲載ありがとうございました
今度、長浜へ行く際は
是非、そちらのサイトを参考に
行程を組ませていただきたいと思います

投稿: zen_aiba | 2010年10月26日 (火) 20時38分

 TVで見ましたが、すごい人だったそうですね。この季節に見られるのがうらやましいです。夏に行った時はひこにゃんに会うだけでヘトヘトでしたから。
彦根&長浜エリアって意外に楽しみえる場所が多いですよね。
来年はキャンプを兼ねて行きたいです。

投稿: ブログde付録 | 2010年10月29日 (金) 10時33分

>ブログde付録 さん

今年は2日開催と言うこともあってすごい人でしたね
今年はひこにゃんがステージで見れてラッキーでした。
自分も去年、夏に見に行ったときは
蒸し暑い日に天守閣まで登ってばててしまいましたcoldsweats01

彦根&長浜は楽しみの宝庫ですね
プロクルー金澤さんのサイトで
まだまだ知らない楽しみを発見して
早くも来年も行きたい気持ちですhappy01

投稿: zen_aiba | 2010年10月29日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/37370047

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~滋賀県へ行こう ゆるキャラ祭りin彦根 キグるミサミット2010~:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/10/25 08:46) [ケノーベル エージェント]
彦根市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年10月25日 (月) 08時46分

« おわら風の盆のお膝元 「8番らーめん八尾店」 6 / 8番らーめん | トップページ | 超家庭的珈琲倶楽部 「珈琲倶楽部 あすか」 »