« さらば エアストリーム 「屋台らーめん エアストリーム」 | トップページ | オムライスにはケチャップがよく似合う 「近代食堂 MORINOYA」 »

富山から日帰りで行こう ~噂のかりんとうまんじゅう 新潟・長野食べ比べ~

富山から日帰りで行こう 今回は最近、話題になっている「かりんとうまんじゅう」なるものを食べ比べるべく、新潟、長野を駆け抜けてきましたcoldsweats01

AM8:00 富山 

↓ 

富山IC 北陸自動車道、上信越自動車経由 新井PA 130.3km

↓ rvcar 4km

AM9:30
新潟県妙高市朝日町 「東京堂」
新潟なのに東京堂さんでかりんとうまんじゅうを購入
AM9:45

↓ rvcar 25km

AM10:30
長野県上水内郡信濃町 「ぼーしや」
aiba家のNO.1のフレンチトーストをいただきに
AM11:45

↓ rvcar 1km

AM11:50
長野県上水内郡信濃町 「ぼーしやjam工房」
「ぼーしや」さん兄弟店にてジャムを購入
AM12:00

↓ rvcar 5km

AM12:15
長野県上水内郡信濃町 「黒姫高原コスモス園」
満開のコスモス・ダリアを鑑賞 
PM13:40

↓ rvcar 6km

PM13:55
長野県上水内郡信濃町 とうもろこし
野尻湖から戸隠に向かう県道36号線のとうもろこし屋さんでとうもろこし
PM14:15

↓ rvcar 22km

PM14:55
長野県長野市大字鶴賀権堂町 「いむらや権堂駅前店」
長野B級グルメあんかけ焼きそばを食べる
PM15:30

↓ 
rvcar 12km

PM15:55
長野県長野市松代町 「蔦谷本店」
大名のおやきで有名な蔦谷さんで大名のおこびれ(かりんとうまんじゅう)
PM16:05

↓ rvcar 22km

PM16:45
長野県上高井郡小布施町 「エルバート」
小布施のジェラート店で栗アイス
PM17:00

↓ rvcar 3km

PM17:10

小布施PA 上信越、北陸自動車道経由 富山IC 180km

PM19:20 富山

あらためて書き起こしてみると本当に駆け巡ってますねcoldsweats01詳しくは続きをどうぞ、写真が多いので重いかもしれません。

Higaeri


H220912_000

第一の立ち寄りポイントは、新潟県妙高市朝日町の「東京堂」さんです。以前から美味しいと噂の「かりんとうまんじゅう」でしたが、福島県や群馬県での販売でしたのであきらめておりましたが、新潟県の「東京堂」さんでも販売されているとの情報をキャッチしましたので、購入してきました。

H220912_001

食感が持ち味のまんじゅうですので、時間ごとに決まった数を店頭に並べて販売しているようです。1個90円で、5個入りから10個入りまでで、もちろんばら売りもありました。

H220912_002

表面がつやつやしています。食感はカリッと歯ごたえがあり、味は黒糖の風味豊かな香りが口の中に一杯に広がり、餡の甘さがたまらないおまんじゅうでした。これは美味しいです、そして、なんといっても食感、かりんとう、まさにかりんとうの食感、こいつは面白いです。

しかし、このかりんとうまんじゅうにはちょっと問題が…油で揚げているため美味しく食べられる期間が次の日までということに、揚げて冷めた瞬間が一番美味しいとのこと、む~人に渡すお土産としてはちょっと問題ありですが、自分達で食べる饅頭としては美味しいお饅頭です。

東京堂

HP http://www.tokyodo.info/shouhin/karinto.html

住所 新潟県妙高市朝日町1-2-9

大きな地図で見る

TEL (0255)72-9981

定休日 元旦

営業時間 AM8:30~PM18:30

駐車場はお店の横に数台分のスペースがあります。

H220912_004_2

妙高市から国道18号線で長野県へ、そのまま野尻湖側の「ぼーしや」さんまで移動しました。こちらはaiba家のお気に入りの喫茶店の一つです。なんといってもフレンチトーストとお持ち帰りのパンの絶品さはaiba家のNo.1です。

H220912_005

「ぼーしや」さんの店内ですが、なにやら明るくなったような気がします。

H220912_006

テーブルクロスとか以前にはなかったのですが…以前の山小屋風の趣きもよかったですが、この明るい感じの店内も素敵でした。

H220912_013

以前にはなかった携帯用HPの案内、なんでしょうね?、ちょっとお店の雰囲気が様変わりしているようでした。

H220912_007

メニューは変わらずこの羊皮紙に書かれたメニュー、これはいつ拝見してもかっこいいですね。

H220912_008

お店の内装は様変わりしても、こちらのフレンチトースト(600円)の美味しさは不動のものでした。

H220912_010

トースト系をオーダーするとジャムが2種類ついてきます。この日は桃とブルーベリーのジャムでした。ぼーしやさんのマスターの弟さんが経営なされているぼーしやjam工房の手作りジャム、こちらもどれも美味しいです。

H220912_011

ぼーしやさんの手作りのパンにジャム、兄弟の競演は素晴らしい美味しさになって、自分達を驚かせてくれますよ。

マスターとこのあと長話、マスターからとうもろこしの美味しいお店を教えたもらって、予約したパンを受け取り、「ぼーしや」さんを後にしました。

H220912_012

お土産用のパン。バターボール2袋とビックパンハーフを2個。お土産用のパンの種類については携帯用HPを参照してくださいcoldsweats01パンは2日前に予約が必要です、電話による地方発送も行っております。

ぼーしや

 

住所 長野県上水内郡信濃町野尻353-1

大きな地図で見る

TEL (026)258-2577

定休日 無休

営業時間 PM12:00~PM22:00
       7月下旬から10月 AM10:00~PM22:00

駐車場はお店の前のスペースに寄せてとめてください。道を挟んで反対側はぼーしやさんの駐車場ではないのでご注意ください。

H220912_016

「ぼーしや」さんでパンを購入した後は、「ぼーしやjam工房」さんでそのパンに塗るジャムを購入しにいきました。

H220912_015_2

綺麗にディスプレイされたジャムの数々。みんな「ぼーしやジャム工房」さんの手作りジャムです。数十種類にもおよぶジャムが販売されています。そのすべてが近隣の農家で収穫された果物、木の実を使用しているとのことです。また、併設されていますカフェでは、コーヒーや手作りケーキも味わうことができます。

H220912_017

「ぼーしやジャム工房」さんでは、販売されているジャムすべての試食が出来ます。

H220912_046

試食を吟味して、aiba家が購入したのはこちらの三点。プルーン、ネクタリン、黒フサスグリのジャムです。黒フサスグリってなんだろうと試食をしていましたところ、お店の方から、「カシス」です、と教えていただきました。この黒フサスグリのジャムがめっさ大人の味で美味いです。今回の大ヒットです。

しかし、以前はこのような商品説明のタグはついていなかったような気がしますが…「ぼーしや」さんになにやら革命が起こったようですね。

ぼーしやジャム工房

HP http://www.mystaff.co.jp/boshiya/

住所 長野県上水内郡信濃町野尻257-5


大きな地図で見る

TEL (026)258-2787
定休日 無休
営業時間 AM12:00~AM18:00
       7月下旬から10月 AM10:00~AM18:00
営業時間は変動します。お店に行かれる前に確認することをお勧めします。駐車場は前の空き地が駐車場になっていました。

H220912_018

黒姫高原コスモス園に移動です。入園料は大人500円、小人300円ですが、リフト往復券つきのお得なチケットですと大人1100円、小人700円になります。

H220912_019

お得なリフト往復券つきチケットにて、リフトにのります。片道でもリフト券は販売されていますが、帰りはコスモスのない山道を歩くほうが長いので往復券をお勧めします。

H220912_020

リフトから見下ろす一面のコスモス畑は気持ちがいいです。黒姫コスモス園のリフトは四人乗りリフトなのでゆったりコスモスを見下ろせるのもいいですね。

H220912_021

リフトで登った先にある展望スペース。眼下に野尻湖を見下ろし、気持ちの良い風景がひろがっています。

H220912_022

気温は24℃、時折吹く風が本気で心地良い、朝出発時に33℃と表示されていた富山と比べると、ここは天国ですねwですが、去年の自分の記事では12℃でした、今年はやはり猛暑だったのですね~。

H220912_023

コスモス園にはダリア畑とコスモス畑があります。

H220912_024

ダリアもコスモスも綺麗なのですが

H220912_025

人の背たけよりもはるかに高く育ったコスモスは、ちょっとうっそうとしていましたcoldsweats01コスモスってもっとこう愛らしい花だといいのですがcoldsweats01

黒姫高原コスモス園

HP http://www.kurohime-kogen.co.jp/cosmos/

住所 長野県上水内郡信濃町野尻3807

TEL (026)255-3171

コスモス園開園期間 平成22年10月11日まで

営業時間 AM8:00~PM17:00

駐車場は誘導員にしたがってください。地図はメジャーどころなので割愛します。営業時間は日によって若干違うようです、詳しくは黒姫高原コスモス園HPをご参照ください。

H220912_026

この時期の黒姫高原から戸隠に向かう県道36号線沿いは、多くのとうもろこしの直売所が軒を並べ、「もろこし街道」と呼ばれています。とうもろこしは信濃町は名産農産物で、8月から9月はとうもろこしの旬の時期で、今が一番の食べ頃だそうです。今までは黒姫高原コスモス園内で食べていたのですが、戸隠に向かう36号線沿いのお店の方が値段が安く、朝どれの信濃町産とうもろこしのお店でお勧めだよ、と「ぼーしや」さんのマスターから教わってこちらにお邪魔しました。

H220912_027

焼きとうもこしを頼むと、その場で下茹でしてあるとうもろこしを焼いてくれます。焼きとうもろこしは200円、朝どれ生とうもろこしは120円、ちょっと形が悪いとうもろこしは100円とめっさお得です。ちなみに某所では焼きとうもろこしは300円しますw

H220912_028

イスとテーブルも用意されています、セルフですがお茶もありますよ。駐車場も用意されていますので、安心してゆっくりとうもろこしを味わうことができます。

H220912_029

醤油のいい香り、そして、めっさ甘い甘いとうもろこしでした。とうもろこしって甘いんですよね~それと醤油の旨味が絡まって最高の焼きとうもろこしでした。

H220912_030

当初の予定ですと、そのまま戸隠に向いお蕎麦を食べる予定でしたが、嫁も自分も蕎麦は蕎麦でも、こちらの焼きそばが食べたくなり、急遽、目的地を変更しました。長野のB級グルメ、(あんかけ)焼きそばの有名店、「いむらや権堂駅前店」さんです。

H220912_031

やきそば大盛り(570円)、この量で570円!素晴らしい!!

H220912_032

こちらのいむらやさんオリジナルマスタード酢をたっぷりかけていただきます。

H220912_033

最初はぱりぱりの揚げ蕎麦ですが

H220912_034

餡と絡まってしんなりしてくる食感の変化がたまりません。そして、この甘みのある中華餡とマスタード酢の酸味の組み合わせが最高に美味しいです。

H220912_035

嫁も自分も完食です。美味しいのでいくらでも食べれますね、「いむらや」さんのやきそばは。

いむらや権堂駅前店

住所 長野県長野市大字鶴賀権堂町2219 髙功ビル 1F

大きな地図で見る

TEL (026)232-6688

定休日 水曜日・正月・お盆

営業時間 AM11:00~PM20:00

駐車場はありません。お近くの有料駐車所をご利用ください、某ヨーカドーの駐車場は近いですが、お値段が高いので注意。

H220912_036

長野市松代にある「蔦谷本店」さんに移動しました。大名おやきで有名なお店ですが今回のお目当ては

H220912_037

こちらの「大名のおこびれ(かりんとうまんじゅう)」です。夕方に訪れまして、店頭に並んでいる分だけです、といわれ危なく買いそびれるところでしたcoldsweats01人気の商品ですので、やはり予約してから購入しに行くべきですね。こちらは1個80円、「東京堂」さんより10円安いですね。

H220912_038

「蔦谷本店」さんのかりんとう饅頭のパッケージ、真田六文銭が真田フリークの自分の心をしびれさせます。

H220912_039

表面がごつごつしていますね。こちらも食感はまさにかりんとう、かりっというよりばりっとしたよりかりんとう感がましているような気がしました。「東京堂」さんと「蔦谷本店」さんのかりんとう饅頭食べ比べは記事の最後にあります。

蔦谷本店

HP http://www.tsutayahonten.co.jp/

住所 長野県長野市松代町松代524

大きな地図で見る

TEL (026)278-2005

定休日 元旦

営業時間 AM8:00~PM19:00

駐車場はお店の正面と横手にあります。かりんとう饅頭は数量限定商品ですので購入の際は予約をお勧めします。

H220912_041

最後に須坂市でぶどう狩りをしようと向かったところ、受付時間が終了しておりましたため、お隣の小布施町の「エルバート」さんにてアイスを食べることにしました。

H220912_042

控えめな看板です。

H220912_043

左から「ブルーベリー牛乳」と「栗」のダブルコーン(400円)

H220912_044

信州産ももと栗のダブルコーン(400円)、やっぱり小布施に来たら栗は外せませんね。栗のジェラートは風味が豊かで栗をそのまま食べているかのような錯覚に陥るほどの美味しさでした。そして、ブルーベリー牛乳がブルーベリーの酸味と牛乳の濃厚さをうまく絡ませた一品で、大変美味しく頂けました。

アイスクリームの家 エルバート

HP http://www.elbert.jp/

住所 長野県上高井郡小布施町栗が丘220-5

定休日 不定休

営業時間 AM10:00~PM19:00

駐車場はお店の前にあります。ベンチがイスが店舗沿いに多く設置されており、のんびりアイスを食べることが出来ます。

予定では、最後に糸魚川のとんかつの名店銭形によって帰る予定でしたが、嫁からさすがに無理との声があがったので、「ぼーしや」さんのパンや、かりんとうまんじゅうをむさぼりながらの帰宅になりました。やはり「いむらや」さんのやきそば大盛りはきついですねcoldsweats01これが戸隠の蕎麦なら晩御飯も食べて帰れたと思うのですが…

おまけheart04

かりんとうまんじゅう食べ比べ

H220912_047

左が長野県「蔦谷本店」さんの大名のおこびれ(かりんとうまんじゅう80円)と、右が新潟県「東京堂」のかりんとうまんじゅう(90円)です。賞味期間はどちらもお店が推奨するのは当日ですが、次の日までは美味しく食べられますとの。

H220912_048

記事中にも書きましたが、左の「蔦谷本店」さんの大名のおこびれの方が、表面がごつごつとしてますね。「東京堂」さんの方は見た目もさわり心地もつやつやしてました。

H220912_049

左の「蔦谷本店」さんの方が食感は固い、ぱりっとというよりがりっときますね、中までがりっとしており、よりかりんとうに近い感じです。「東京堂」さんはかりっとした感じで、中はふんわりとしたお饅頭の食感に近くなってました。両店とも黒糖の風味がダイレクトに伝わってくる甘さのある皮です。

餡は「蔦谷本店」さんは上品で甘さ控えめな感じに対して、「東京堂」さんは甘さを強く前面に押し出した餡になっていました。aiba家的にはどちらも美味しく、人にお勧めできるお饅頭ですが、もうちょっと賞味期限がながかったらなぁ…と返す返す残念でなりません。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« さらば エアストリーム 「屋台らーめん エアストリーム」 | トップページ | オムライスにはケチャップがよく似合う 「近代食堂 MORINOYA」 »

コメント

さすが師匠!
見てるだけで満腹ですww

かりんとう饅頭は初めて見ましたが
黒糖で美味しそうですね!
ぅう~ん食べたい…happy02
でも、とうもろこしも、焼きそばも食べたい!

ウチで行くならどれかに絞っていかないと無理そうですが…coldsweats01

あ、ラヴゥの住んでいる町内の商店(田舎のコンビニみたいなw)
の前の自販機に紅茶販売してましたよ!普通にww

どうも師匠の影響(?)で買う気がなくても買ってしまいます(笑。

投稿: ラヴゥ | 2010年9月13日 (月) 12時21分

かりんとう饅頭、昨日松代SAでみかけて気になってたんですよー。
先にここ読んでたら、絶対買ってたのに…
でも日持ちしないものなんですねーそれはちょっとなあ゚゚(´O`)°゚

投稿: himachan | 2010年9月13日 (月) 19時06分

>ラヴゥ さん

今回はさすがに満腹です。
かりんとうまんじゅう
一人10個はお腹に来ましたよw
でも、美味しくてぺろりと食べれました
めっさヒットな饅頭でした。

自分の住んでいる周りには
まったくありません紅茶花伝(レモネード)
結構好きなのでもう一度買おうか迷っています

投稿: zen_aiba | 2010年9月13日 (月) 20時04分

>himachan さん

松代SAにもあったのですね
かりんとうまんじゅう…
先にその情報を知っていましたら
お店ではなくSAで買いに行ってたのにcoldsweats01

賞味期限は当日
がんばって翌日だそうです
どちらのお店でも購入時に
しっかり説明されました

もうちょっと日持ちすれば嬉しいのですけれどね

投稿: zen_aiba | 2010年9月13日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/36699612

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~噂のかりんとうまんじゅう 新潟・長野食べ比べ~:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/13 09:59) [ケノーベル エージェント]
長野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 10時00分

« さらば エアストリーム 「屋台らーめん エアストリーム」 | トップページ | オムライスにはケチャップがよく似合う 「近代食堂 MORINOYA」 »