« 30年目の真実 「8番らーめん 安養寺店」  2 / 8番らーめん | トップページ | 千里の隠れ家 「Cafe Ceneva Sina」 »

お父さんのお店 「8番らーめん 大泉店」 3 / 8番らーめん

8番らーめん富山第一号店は昭和42年10月に高岡市桐木町(現在は御旅屋町)にオープンした「8番らーめん 芝生店」だそうです。8番らーめんの本店の創業が昭和42年2月でフランチャイズ事業の展開が同10月なので、ほぼフランチャイズ開始と同時にオープンしたお店ということになりますね。

「芝生店」の由来はオーナーが石川の芝寿しに勤務されていたことから付けられた名前とのことでした。現在、「8番らーめん 芝生店」はないのですが、呉羽店、小杉店などが同じオーナーさんが経営されいる8番らーめん富山発祥のお店の系列になります。

さて、今回は富山県の8番らーめん店の中で最も有名かもしれない富山市大泉本町に店舗を構える「8番らーめん 大泉店」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります

H220930_000

検索用ワード King of 8番 なんでやろ8番

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きに有ります

Kingof8

写真は「8番らーめん 大泉店」の店内の写真です。自分は久しぶりに大泉店にお邪魔させていただいたのですが、内装が以前とイメージが違いますので改装されたかと思います。ですが、カウンター席にテーブル席、8番らーめんにしては珍しい小上がりの座敷席がある席の配置は変わってないように思いました。

禁煙席はなく、AM11:00~PM14:00までが禁煙タイムでした。あと、こちらのお店には定休日がありました。8番らーめんさんは営業形態も各お店で違っています。

こちらの「8番らーめん 大泉店」さんは、おそらく富山県内の8番らーめんさんの中では有名な店舗ではないかと思います。こちらの経営者そして店長は、富山が産んだ名サッカー選手柳沢敦選手のお父様なのです。「柳沢選手のお父さん」のお店として抜群の知名度があります。

H220930_001

メニューは8番らーめん固有のメニューでしたので、野菜ラーメン部分を拡大してみました。野菜ラーメンには味噌、塩、醤油、とんこつ、バターがあって好きな味を選択できます。一応、8番らーめんさんのHP上では一番人気は塩となっています。「大泉店」さんも野菜大盛りのオプションはないようです。

H220930_002

セットメニュー。それぞれを単品で組み合わせるよりは若干お得なメニューです。これも今まで紹介したお店と同じ値段です。もちろん8番らーめんさんのPM10時を超えるとラーメン50円増しのオプションも健在でした。

今回はBセット(味噌)、Cセット(塩)、餃子ダブル、生ビールを注文しました。

H220930_006

胡椒、一味、ラー油、ニンニク、餃子のタレ、お酢のテーブル調味料。胡椒がギャバンの胡椒であったり、他のお店では冷蔵庫に保管してあってお願いしないと出してくれないニンニクがテーブルにありました。テーブルの上の調味料の配置でも店によって違うのですね、8番の胡椒って専用の胡椒があると思っていましたが、「大泉店」さんではギャバンの胡椒でした。

H220930_003

生ビールです。お通しはありません。

H220930_004

速攻で餃子ダブルの一皿分が運ばれてきました。ビールを頼むと餃子ダブルの半分を先に出すのが8番らーめんのマニュアル、と思っている自分の考えがまた、合っているとの確信を得ました( ̄ー ̄)ニヤリ

ただ、今回の餃子一皿分はこれはどこのオーダーミス分ですか?と聞きたくなる早さで持ってこられまして…絶対厨房にオーダーが通る前に焼いてないと持ってこれないと思う早さ、生ビールとほぼ同時に持ってくるって…どんだけマッハで焼いたのw

H220930_005

餃子の大きさはPhone3Gを置いておおよその大きさを観測しています。iPhone3Gは62.1mm×115.5mmです。一番右の餃子の大きさが不揃いのように感じました。あとは平均的な8番餃子の大きさと感じましたね。

H220930_007

焼き加減も強いのですが、蒸し加減もつよく感じました。表面がぱりっというよりじゅわとしている感じは蒸し時間が長いということなのでしょうか?……単にずっと餃子焼き器の中で放置されていたのか、と思いたくなりますねcoldsweats01

H220930_008

ですが、この蒸しの加減がわかるじゅわっと餃子が美味しかったです。サイドメニューは大きさにばらつきがあれど、味にはたいした差がないと思っていましたが、こちらの餃子は香ばしいのですがしっとりしていて、中の餡から旨味がたっぷりでていて美味しいです。

H220930_0098

餃子の一皿分がでてしばらくしたのち、Bセット(味噌)

H220930_010

Cセット(塩)が同時に運ばれてきました。実際に食べに行ったのは一週間の間に3回のペースでいったのですが、3日間連続で8番さんの記事を並べるて書いていると、から揚げの付け合せのポテトが4本だったり5本だったり、パセリがついてたりなかったりとお店によって違うことがわかりました。さすがにポテトの量は本数ではなくgなんだろうとは思いますがcoldsweats01

H220930_029

「大泉店」さんのから揚げは大きいですね。数は同じ4ピースですが、その4つともがどれもでかい、これは嬉しいですね。

H220930_014

いや、本当にでかい。そして、衣が美味い!かりっとしてその後に衣のしっかりとした味が口に広がって、鶏肉の肉汁と混ざり合ってなんともいえないハーモニーを奏でてくれます。そして、鶏肉も柔らかく、とんでもなくジューシー。8番らーめんのサイドメニューの味にはたいした差がないだろうとたった2軒で決め付けようとしていた自分が恥ずかしい。8番らーめんさんはお店によってサイドメニューにも味の差が有ります。「大泉店」さんのから揚げは嫁も自分も絶賛する美味しさでした。サイズも大きいしねwink

H220930_019

自分が最後に訪れたときには、「大泉店」さんにはチャーハン製造マシーンはなく、柳沢選手のお父さん自ら中華鍋でチャーハンを作ってくれましたが、今、厨房にはチャーハン製造マシーンがあって、そこでスタッフの方が作られて持ってこられました。

H220930_020

いまのところ、チャーハンには味の差はあまり感じられません。油っけのないぱらぱらなお米で味付けも誤差の範囲でしかないような気がしています。

H220930_012

野菜ラーメン(味噌)。

H220930_011_2

入っている野菜が細かい!キャベツが他のお店の半分くらいの大きさに刻まれていますね。目で見て一発でわかりますよ、。どちらかというと炒めというよりは蒸しか煮といった感じの野菜の歯ごたえ。しかし、この大きさは特徴的ですね。

H220930_017

麺がめっさ柔らかい。ちょっとこれは茹で過ぎな感じがしますね。「大泉店」さんだけ食べていたらこんな感じかなと思いますが、食べ比べてきた自分には、これは明らかに今までの麺より柔らかいと感じました。嫁の意見も同様でした。

H220930_018

スープも濃い。味噌の味がガツンと来ます。この濃いコクのある味噌はいいですね。他の8番さんと何が違うのってくらい濃い味噌の味がします。

H220930_015

8番らーめんの代名詞、8カマもちゃんとのってますよ。

H220930_021

野菜ラーメン(塩)

H220930_022

塩も野菜が細かい。「大泉店」さんの野菜が細かいのはデフォなんでしょうか?量的には満足する野菜の量でした。ただもう少し炒め具合が強く感じる方がaiba家の好みですね。

H220930_023

塩の麺も柔らかい、というかふにゃふにゃです。

H220930_024

塩スープの味も濃いです。香辛料とかで味付けしたという感じではなく、根本の味そのものが濃いという感じ、8番の塩ラーメンの味がばっちり感じ取れます。塩だぜって主張が舌の上で思いっきり感じ取れますね。

H220930_030

最後に餃子ダブルの残りを持ってこられました。蒸し具合が前半の餃子と同じ具合だったので、「大泉店」さんの餃子の特色なんでしょうか、焼きよりも蒸しが強く感じるのは。

H220930_025

カレーラーメン?といいたくなるような味噌らーめんの色。凄い味噌、これは濃いですね。味がとても濃いのでまろやかな味噌が好きな人にはあわないかも、でも自分はこの濃い味噌が好きですよ

H220930_016

しかし、なんといっても「大泉店」さんの一番はこちら、このから揚げ!衣の味、大きさ、肉の美味さ、断トツに美味しかったです!!

「大泉店」さんは柳沢選手のお父さん、その他、女性スタッフ3名とハー○ム状態coldsweats01それは冗談ですが、女性スタッフの華やかな感じと職人気質のお父さんの雰囲気がとても心地良いお店でした。から揚げの美味さは特筆ものでしたが、麺の柔らかさがなければねぇ…

H220930_026

会計を済ませましたが、何も言われなかったので「このお店のポイントカードはありますか?」と聞いてもらいました。レジは若い女の子だったので、新人なのかもしれませんが、ちょっと不慣れなところがあったように感じました。

他のお客さんのオーダーを聞いていたのですが。例えば多人数(特に家族)で注文したときに、一人が唐めんとから揚げ、他の人が野菜らーめんとチャーハンと言ったオーダーを通したとき、「野菜らーめんとから揚げをCセットにして注文するとお得ですので、Cセットにしておきますね」みたいなメニューの組み換えを自分がよく行っていた8番らーめんさんでは行われていたのですが、このお店では行われてなかったような気がしました。

……だんだん自分が嫌な客になっている気がするcoldsweats01

H220930_027

500円ごとにスタンプ1個で、スタンプ6個および12個で餃子一人前、18個で野菜らーめん1杯です。この形式が8番らーめんさんのスタンダードなポイントのような気がしています。あと、いままで書いていませんでしたが、8番らーめんさんにポイントは6個ごとに特典がつきます。こちらのカードでしたら18スタンプ貯めると野菜らーめん一杯ではなく、9000円使うと餃子、餃子、野菜らーめんがそれぞれ貯まったときにもらえるようになります。

H220930_028

King of 8番 これまでの足跡。内容は同じのがあっても形は全店違っています。

お店情報

8番らーめん 大泉店

H220930_000_2

住所 富山市大泉本町1-4-2


大きな地図で見る

TEL (076)422-1032

定休日 第1、3木曜日

営業時間 AM11:00~AM0:00
       AM11:00~AM4:00(毎週木曜日)

禁煙席なし・禁煙タイムあり・小上がり座敷あり

駐車場はお店の前にあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 30年目の真実 「8番らーめん 安養寺店」  2 / 8番らーめん | トップページ | 千里の隠れ家 「Cafe Ceneva Sina」 »

コメント

8番大好き~な私です。
行きつけは近所の新庄店ですが、お気に入りは黒瀬店と大沢野店。
野菜が他と違うんです~。
でも何年も行ってないから変わってるかな…
大泉店は麺の柔らかいのが苦手でそれ以来行ってなかったのですが、今も柔らかいのか~
8番シリーズ楽しみにしてます!

投稿: ねみちん | 2010年10月 2日 (土) 07時54分

>ねみちん さん

やはり皆さん、行きつけの8番ってありますよね
野菜が美味しいお店は人気が高いですよね~

大泉のあの麺の柔らかいのは
昔からでしたか…
ちょっと個人的には柔らかすぎました
から揚げだけならぶっちぎりのトップなんですがcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年10月 3日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/37008087

この記事へのトラックバック一覧です: お父さんのお店 「8番らーめん 大泉店」 3 / 8番らーめん:

« 30年目の真実 「8番らーめん 安養寺店」  2 / 8番らーめん | トップページ | 千里の隠れ家 「Cafe Ceneva Sina」 »