« その美味さ、特上! 「とんかつ勝亭」 | トップページ | 目から鱗 カフェ飯 「Forbito」 »

富山から日帰りで行こう ~塩尻・伊那 かりんとうまんじゅうツアー~

富山から日帰りで行こう 今回は前回、食べてみて大変美味しかったかりんとうまんじゅう、調べてみると群馬、福島以外でもかなり販売しているようなので、新しいかりんとうまんじゅうを求めて買いにでかけてみました。

AM6:30 富山

富山IC 北陸・上信越・長野自動車道経由 塩尻北IC 261.3km

↓ rvcar 4km

AM9:35
長野県塩尻市広丘原新田 「雲居鶴」
「塩尻短歌館」前の「雲居鶴」さんでかりんとうまんじゅ購入
AM9:45

↓ rvcar 5km

AM9:55
長野県塩尻市桔梗ヶ原 「フモンヂ観光園」
塩尻の特産ぶどう 「ナイアガラ」をぶどう狩り
AM11:05

↓ rvcar 4km

塩尻IC 長野、中央道自動車道経由 伊那IC 34.3km

↓ rvcar 5km

AM12:15
長野県伊那市山寺 「たけだ」
肉の専門店で伊那名物 ソースカツ丼と馬肉をいただく
PM12:50

↓ rvcar 1.7km

PM12:55
長野県伊那市山寺 「増田屋製菓」
「増田屋製菓」さんのかりんとうまんじゅう、「カリマン」購入
PM13:00

↓ rvcar 11km

PM13:20
長野県上伊那郡箕輪町 「赤そば祭り」
箕輪町の赤そば祭りで蕎麦と赤そば「高嶺ルビー」を鑑賞
PM15:45

↓ rvcar 8km

PM16:00
伊北IC 中央、長野、上信越、北陸自動車道経由 富山IC 292.8km

PM19:15 富山

今回も駆け足で美味いものだけピックアップして駆け抜けてきましたw詳しくは続きをどうぞ、写真が多めです、重いです。

Higaeri

いつもなら松本より南にいく場合は、下道で阿房トンネル抜けるルートで向かうのですが、なぜか前日から高速で行かなきゃ、という謎の気分になっていましたので高速で向かいました。下道で向かうなとの虫の知らせでしょうか?

H220926_000

第一の立ち寄りポイントは、長野県塩尻市の「雲居鶴(くもいづる)」さんです。塩尻の銘菓、塩羊かんで有名な同店ですが、かりんとうまんじゅうも販売しているとの情報をキャッチしたので、購入してきました。

H220926_001

もちろん塩羊かんも購入しました。塩が効いてて甘さ控えめな羊かんは伝統を感じさせるさすがの一品でした。

H220926_002

しかし、今回の目的はこちらのかりんとうまんじゅう(100円)なので塩羊かんのレポは他の方にお任せしましょうcoldsweats01「雲居鶴」さんでは、ばら売りしか行っていませんでした。個数に合わせてパッケージをしてくださいました。そのパッケージがまた渋くていいですね。

H220926_003

表面のまさに皮一枚がぱりっとしていますが、中はしっとりしたおまんじゅうの皮の感じを残しつつ黒糖の旨味が口の中に広がりますね。餡子の甘さも控えめで、これは塩が入っているのでしょうか?表面のぱりぱり感が最高で、全体としてもめっさ美味しいかりんとうまんじゅうでした。

まだ、かりんとうまんじゅうを食べ始めて3店目ですが、どのお店もお店で買ってすぐに食べた物が一番美味しかったですね、時間が経つとやはりぱり感が失われていきますね、オーブンで温めなおしても十分美味しいですが、買った直後の味に比べるとやはり若干もの足りなさを感じます。

雲居鶴

HP http://www.kumoizuru.jp/index.php

住所 長野県塩尻広丘原新田133-2


大きな地図で見る

TEL (0263)52-1511

定休日 年中無休

営業時間 AM7:30~PM19:30

駐車場は道を挟んだ正面のところに専用駐車場が完備されています。

H220926_004

地元の人でも通らないんじゃないのか?という狭い道を抜けて「フモンヂ観光園」さんに移動しました。我が家のナビ様はたまに恐ろしい道を選択するのが玉にキズですweep「フモンヂ観光園」さんは、aiba家が塩尻でぶどう狩りゆうたらここ、と長年通い続けているぶどう園さんです。

H220926_005

「フモンヂ観光園」さんには、いろいろなぶどう狩りのパターンがあるのですが、今回は「ナイアガラ&デラウェア食べ放題」コース、小学生以上一人800円、3歳~小学生未満400円のコースを選択しました。まずはナイアガラのぶどう棚から案内されました。案内されたぶどう棚に入った瞬間に強烈な甘い香り、この甘い香りがナイアガラの特徴ですね。いろんな種類のぶどうを食べ放題してきましたが、現段階でこのナイアガラ食べ放題がaiba家の一番のお気に入りです。

H220926_006

「フモンヂ観光園」さんによると、今年は夏が暑すぎて生育が遅れ、今週に入ってやっと朝晩が冷え込んできたので、ようやく満足の行く熟しかたに成長したそうです。

H220926_007

ナイアガラは実が黄色くなればなるほどよいそうで、嫁と二人して黄色のナイアガラを探し、広いぶどう棚を捜し求めました。

H220926_008

食べましたhappy022人で10房は軽く越えました、途中で数えるのを忘れるくらい夢中で食べましたhappy01塩尻特産のナイアガラ、本気で甘美味いです。

H220926_009

次にデラウェアのぶどう棚に移動します。ナイアガラを食べ終えたときに農園の人に声をかけると丁寧に案内してもらえます。「フモンヂ観光園」さんの園内の方の丁寧な対応も、数ある塩尻のぶどう園からこちらに通い続ける大きな理由です。

H220926_010

この段階での塩尻の気温は18℃。陽光が降り注いでいますが日陰に入ると肌寒さを感じます、暑く長かった夏もようやく終わったと実感できますね。

H220926_011

デラウェアの時期は8月中旬までですが、こちらの農園では10月中旬までデラウェアのぶどう狩りが行えます。

H220926_012

「デラはデラで美味しいhappy02」とは嫁の言。ナイアガラをお腹一杯に食べた後でも「お腹のスキマに入っていく(嫁)」感じで、美味しくいただきました。

「フモンヂ観光園」さんも、ぶどう棚の地面はむき出しの地面ですので、靴は汚れてもいい靴を履いたほうが安全です。また、ナイアガラ畑の近くには洗面所、トイレがありますが、デラウェア畑の近くにはないため、移動前にトイレを済まし、手を拭くウェットティッシュ等の準備があったほうが便利です。どのぶどう棚にもベンチがありますので座って食べられますし、時間制限がありませんので、本当にゆっくりして食べられます。

フモンヂ観光園

HP http://www.h6.dion.ne.jp/~fumondi/index.html

住所 長野県塩尻市桔梗ヶ原73番地66

大きな地図で見る

TEL (0263)52-0474

定休日 くだもの狩り期間中は無休(期間はHPを参照してください)

営業時間 AM9:00~日没

駐車場は第一、観光バスも停めれる第二と十分なスペースがあります。国道19号線沿いで塩尻警察署前と大変わかりやすい場所にあります。

H220926_013

高速に乗って伊那市に移動し、肉専門店「たけだ」さんに到着。高速に乗る前に塩尻でガソリンを入れたのですが、セルフで126円、ところが伊那はセルフで137円と、ここはどこの秘境か?と聞きたくなる値段でした。塩尻で入れといて本当によかったcoldsweats01

H220926_014

12時を越えていましたので満席になっており5分ほど待たされました。小上がりの座敷席だけのお店で、お昼はお得な定食とソースカツ丼、夜は焼肉のお店です。

H220926_015

伊那と言えば「ローメン」「ソースカツ丼」「馬肉」ですが、「たけだ」さんはその全部を提供しているお店と情報を得ていたのですが、今年に入ってメニューの改変が行われたらしく、ローメンの提供はなくなっていましたweep

H220926_016

上馬刺し(1200円)

H220926_017

馬刺し用醤油が二つ出てきて、辛口と甘口、二つで食べ比べてみてください、との事。薬味もしょうがとニンニクの2つありました。自分的にはしょうがと辛口醤油の組み合わせが最高に美味しかったです。

H220926_018

絶品!!口の中でまとわりつくような脂の多いお肉ですが、いつの間にかに淡雪のように消えていきます…一口食べただけでもこのお肉が上物であることが自分でも分かります。この馬刺しが美味しいです、さすがお肉専門店の馬刺し、鮮度が違いますね。

H220926_019

今回、「たけだ」さんを選んだ一番の理由はこちら「馬おたぐり」。馬のホルモンの煮込みです、こちらを食べてみたくて「たけだ」さんに来たといっても過言ではないです。

H220926_020

すごい大ぶりなモツ、そして驚くほど柔らかい、なにこれとろとろですよ!一緒に入っている蒟蒻よりも弾力があります。味噌との相性もばっちりで、これは美味しい!!伊那市も「馬おたぐり」に力をいれてB-1グランプリに出場すればいいのに、と思うくらい美味しいです。

H220926_022

お得ソースカツ丼(880円)名前が本当にお得ソースカツ丼で、店員さんも「お得ソースカツ丼お待たせしました」と運んできましたw

H220926_053

ちょ、なんという肉厚なとんかつ!富山で特厚ビックとんかつを出されていた「とんかつ勝亭」さんのとんかつよりも厚いですよ、これは!

H220926_024

嫁はミニソースカツ丼(680円)お得ソースカツ丼はとんかつが200g、ミニは100g、メニューにはソースカツ丼ジャンボ(980円)があったのですが、ジャンボだとどれだけあるのでしょうか?

H220926_025

ミニとお得の100gの差はとんかつの大きさではなく厚さ。まさに倍ですよ!

H220926_026

この衣にひたされたソースがまた甘みがあって、カツに良く合います。いままで食べたソースカツ丼に比べるとソースの量が若干少なくない?と思っておりましたが、このソースの量は肉の旨味を引き出す最適の量!!ソースよりも肉で勝負!!そんな意気込みが伝わってきそうです。

H220926_023_2

そのお肉!これだけ分厚く大きいお肉なのに筋とかまったくと言っていいほど感じさせません。これが本当に豚肉か、と思うほどの柔らかさ、なんだこれ、自分の中にあったとんかつのイメージをぶち壊してくれますね、このカツは!!美味すぎでしょ、これ。

いや、自分の中でのソースカツ丼ランキングに変化が出てきそうです。馬おたぐりと極厚ソースカツ丼、この二つはまた食べに行きたいですね。

たけだ

HP http://saucekatsu.hp.infoseek.co.jp/tenpo/takeda/takeda.html

住所 長野県伊那市山寺234-3

大きな地図で見る

TEL (0265)72-0100

定休日 水曜日

営業時間 AM11:30~PM14:00
       PM17:00~PM21:00

駐車場はちょっと離れたところに専用駐車場があります。席が少なめなので待つ覚悟が必要かもしれません。

H220926_029

ソースカツ丼と馬おたぐりの余韻に浸りたかったのですが、待ちのお客さんが大勢おられましたので、2kmほど離れたところにある「増田屋製菓」に早々に移動。こちらは地元で赤飯や冠婚葬祭時の御餅等を受注生産されているお店ですが、店頭で和菓子の販売も始められ、その中にかりんとうまんじゅうがあるとの情報をキャッチして足を運んできました。

裏になっていて申し訳ないのですが、のぼりのところにはかりんとうまんじゅう カリマンと書かれていて、その上にはなにやらア○パンマンらしきキャラクターが飛んでますが?これはイメージキャラクター カリマンなのでしょうか?

H220926_030

「増田屋製菓」さんではかりんとう饅頭は「カリマン(100円)」として販売されています。行ったときにはこの状態で売り切れと落ち込みましたがちょうど午後の販売分が補充されるところで購入出来ました。

H220926_031

口の部分がビニールになった可愛らしい袋に入れてもらいました。「増田屋製菓」さんの「カリマン」もばら売りだけのようです。

H220926_032

……いや、見たときから思っておりましたが、この形は…かりんとうまんじゅですから、かりんとうの形に近づけましたということは分かります、分かりますが…かりんとうほどごつごつしてないものですから…う○こに見えてしょうがないですcoldsweats01

H220926_033

表面から餡子の部分までの皮がかりかり、がりがりと音をたててしまいそうになるほどかりかりです。いや、これは皮はかりんとうそのものですよ、凄い香ばしい皮でこれまた美味しい、餡子も甘くてこれは子供さんが喜びそうなお味です。

増田屋製菓

住所 長野県伊那市山寺1492

大きな地図で見る

TEL (0265)72-2616

定休日 不定休

営業時間 AM8:00~PM19:00(売り切れの場合終了)

駐車場はありません。お店側に寄せて路駐しました。前の道路は一応駐車禁止ではないようです。

H220926_034_2

「カリマン」を味わったところで、箕輪町ではこの時期赤そば祭りというイベントが行われており、そのイベントと赤そばの畑を見るために上伊那郡箕輪町に移動しました。赤そば祭り自家用車専用駐車場(無料)に車を停め、山の中にある赤そば畑まで歩いていきます。

H220926_046

途中の赤そばの里では、地元の農産物の販売を行っておりました。赤そば祭りは無料のイベントでしたが、協力金の募金箱がおかれておりました。

H220926_035

いまにも熊がでそうな山道を歩いていきます。赤そばの里まで結構な距離がありました。そして、注意しておきたいのは、赤そばの里に簡易トイレがあっただけで、この先にはトイレがないということ。赤そばばたけで便意が来るとこの距離は死ねますw

H220926_036

山道を抜けてたどり着いた先には見事に赤というよりはピンクに染まった蕎麦(高嶺ルビー)の花が一面咲き誇っておりました。

H220926_038

約4.2ヘクタール、およそ東京ドーム一個分の敷地で咲き誇る高嶺ルビー。

H220926_054

このように一つ一つは小さな花が密集して一面の花畑になっています。

H220926_040

澄んだ青空、秋の清々しい風の中、一面のピンクの花畑は圧巻の景色でした。ただちょっと、こちらの赤そばは観賞用とはいえ、農作物として育てられており、ときおり肥料の匂いが風に乗ってくるのがご愛嬌でしたがw赤そば畑にはベンチもあったので、しばらく秋の風に身をまかせ、のんびりしてきました。

H220926_039

あぜのススキ、ときおり吹く風にちょっと肌寒さを覚え、あの暑い暑いといっていた夏もようやく終わり、秋の気配を感じ取った一日でした。

H220926_047

赤そば畑の近くの上古田区公民館では赤そば祭りのイベントが行われ、蕎麦打ち体験や手打ち蕎麦の販売が行われていました。

H220926_041

到着時には田舎そば、赤そばともに完売down赤そばは80食限定で開始早々に完売してしまったとか…

H220926_042


せっかくなので盛り蕎麦を二ついただいてきました。後で調べてわかったのですが、実はイベントは3時までで、ほとんど3時直前にやってきた自分達に快くお蕎麦を提供してくださった実行委員会の皆様に感謝です。

H220926_043

赤そばでなくともそこはそれそば処信州のお蕎麦、コシもあって風味が素晴らしく大変美味しくいただきました。

赤そば祭り

HP http://www1.town.minowa.nagano.jp/

住所 長野県上伊那郡箕輪町

開催時期、駐車場は毎年変わるそうです、詳しくは箕輪町HPにてご確認お願いいたします。今年の赤そばまつりは9月25、26日の2日間でした。赤そばの花は10月中旬まで見頃だそうです。

H220926_045

駐車場に戻るときに発見したのですが、地面から直接花が咲いていました。

H220926_044

初めて見る花?に嫁と2人でなにこれ?とその花を探しては写真を取り巻くってきました。しかし、なんでしょうね、これ?

H220926_049

最後に前回買ったかりんとうまんじゅう「大名のおこびれ」を購入すべく、松代SAにたちよったのですが、「本日は完売しました」と店員さんに言われてしまいました。かりんとうまんじゅう、人気かも。

おまけ

かんりとうまんじゅう食べ比べ

H220926_050

上が長野県塩尻市「雲居鶴」さんのかりんとうまんじゅう(100円)、下が長野県伊那市「増田屋製菓」さんのかりんとうまんじゅう「カリマン(100円)」です。賞味期間はどちらもお店が推奨するのは当日ですが、次の日までは美味しく食べられますとの。どちらとも表面はなめらかです。

H220926_051

「雲居鶴」さんのかりんとうまんじゅう。表面はかりっとしていますが、その下の皮の部分はしっとりしていて、その食感の差が面白くさえ感じます、餡子が甘さが控えめで、皮の黒糖の甘さを美味く引き立ててくれます。

H220926_052

「増田屋製菓」さんの「カリマン」。皮のがりがりとした食感はまさにかりんとうそのもの。餡子にいたるその時までこのかりかりの食感は続きます。今までの中で一番かりんとうらしいかりんとうまんじゅうでした。餡子も甘くてとっても甘い「カリマン」ですが、それはそれで美味しいかりんとうまんじゅうでした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« その美味さ、特上! 「とんかつ勝亭」 | トップページ | 目から鱗 カフェ飯 「Forbito」 »

コメント

 ソースかつ丼かなりおいしそうですね。
うまいもんより行って食べた方が絶対おいしいですよ!
私も行きたくなりました。

投稿: ブログde付録 | 2010年9月27日 (月) 11時01分

おおおおお…美味しそうぐるるるるぅ~coldsweats01
とんかつの厚みに釘付けですよ!笑。

蕎麦の花畑って綺麗ですね~(・∀・)
見たこと無いんですよね~奥様が羨ましいっ☆

そして…う○こなかりまんww
お土産に頂きたい一品ですなw

投稿: ラヴゥ | 2010年9月27日 (月) 12時10分

>ブログde付録 さん

ソースカツ丼と馬おたぐりは
この日のホームランでした
日帰りでいけるところはいいのですが
銀座はきびしいですcrying

投稿: zen_aiba | 2010年9月27日 (月) 21時41分

>ラヴゥ さん

とんかつの厚みは富山のどの店より印象あるものでした
富山ってとんかつ屋さんが多いですが
なかなかインパクトのあるお店が少ないって
実感させられましたね

白い蕎麦の花は見たことあったのですが
赤いのは初めてでよかった、と嫁も行ってましたので
連れて行ってよかったと思いました

○ん○なカリマン
これはお土産として渡したらインパクト大ですが
かりんとうまんじゅうは賞味期間が短いという
最大の欠点がありますからね~
う○こなカリマン
友人達に配りたいですw

投稿: zen_aiba | 2010年9月27日 (月) 21時45分

かりんとう饅頭はやっぱりビジュアル的に丸いほうがいいですね( ̄Д ̄;;

ローメンも馬おたぐりも初めて聞きました。
どっちもかなり食べてみたい!

投稿: himachan | 2010年9月27日 (月) 22時18分

>himachan さん

百歩譲ってもあの形はないですよねcoldsweats01
どう見ても、う○こですからねぇ…

ローメンも馬おたぐりも
伊那市の名物らしいです

馬おたぐりは自分の食べたモツ煮のなかでも
上位にくる美味しさでした

投稿: zen_aiba | 2010年9月28日 (火) 01時32分

 よく調べて 計画し よく走りますね
大感心です  僕らも400kmくらいは よく走りますが
 600kmは 気持ちの準備が必要です
 食べ物の 好きな ジャンルは少し違いますが
参考にしています
 コメントにあった そばの花 今大沢野でよく見れます
特に 富山カントリー方面

投稿: スキー日記 | 2010年9月30日 (木) 08時07分

>スキー日記 さん

ありがとうございます
調べて計画するまでが大好きですので
出かけるのはおまけみたいになってます(;´▽`A``

他県の花の見頃情報は必死に調べるのですが
富山のことはからっきしですcoldsweats01

富山の蕎麦の花については
サルの被害にあっているというニュース
をよく見る、という認識です(;´д`)トホホ…

たまには近場に足を運んでみたいと思います
ありがとうございました

投稿: zen_aiba | 2010年10月 1日 (金) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/36937336

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~塩尻・伊那 かりんとうまんじゅうツアー~:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/27 10:08) [ケノーベル エージェント]
伊那市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 10時08分

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/27 10:11) [ケノーベル エージェント]
塩尻市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 10時11分

« その美味さ、特上! 「とんかつ勝亭」 | トップページ | 目から鱗 カフェ飯 「Forbito」 »