« 祝 18周年記念 「市場亭」 | トップページ | Takt9月号の表紙の女性 「カフェ&雑貨 meso」 »

時価ってなんだ ためらわないことさ 「料理・仕出し 天勝」

富山こすぷれフェスタの前夜祭的なコンサート「兄尊漢祭り!」のことをいろいろ調べていくうちに、似たようなイベントがないかと調べていたら

まず、石川で昨日、今日とアニソンのコンサートをしていました。さらに、各地でさまざまなアニソンのイベントがあることがわかってきました。その出演者をみているとターゲットとなる年齢層がまさに、自分達か、その上を狙ったかのようなイベントになっていますね。

で、とあるイベントでは、水木一郎先生、串田アキラ兄貴、山本正之御大、ささきいさお大先生(敬称は自分の勝手な印象ですw)が一同に介するイベントもあるとか……なんだろう調べてからわかる富山という地方の実態wもうちょっと頑張れ、富山のイベント。

さて、今回は滑川市橋場町に店舗を構える「料理・仕出し 天勝」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H220811_000

検索用ワード カツ丼ロード 時価 仕出し料理屋さんでも定食メイン

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume_2

写真は「天勝」さんの店内の写真です。こちらのお店は滑川の美味しいカツ丼のお店としてネットで紹介されておりましたので、富山の美味しいカツ丼を探そうとしているカツ丼ロードの途中でしたのでお邪魔してみました。しかし、門構えからして昔の料理旅館という佇まいの同店、入り口のところはまさに旅館ロビー、案内されるときに通った赤い廊下は、まさに昔の旅館の通路そのもので、お高い雰囲気がひしひし伝わってきますcoldsweats01

H220811_001

メニュー。カツ丼を求めて場違いなところに来たかもと不安がっておりましたが、メニューはいたって庶民的な品揃えとお値段でした。

H220811_002

裏面。カツ丼をいただきに参ったのですが、カツ丼だけでは物足りないので何か頼もうとメニューを見たところ、麺類のメニューがまったくないお店でした。そして、そこにはうな重、うなぎ蒲焼の文字が…そして、訪れたこの日は7月26日、土用の丑の日!うなぎを食べなさいとの神様のお告げなのでしょうかw

しかし、『時価』、いや~久しぶりにみましたよ、時価の文字。この時価ってやつにはあまりいい思い出がありませんcoldsweats01

が、土用の丑の日に鰻をたべないのも何ですので頼んでみました。そのときの心境を最近聞きなおしているアニメ・特撮ソングでたとえて「宇宙刑事ギャバン」のOPの替え歌で歌ってみました。

男なんだろ ぐずぐずするなよ♪
腹のエンジンに 火をつけろぉ~
俺は食べるぜ 一足お先
鰻の蒲焼き 土用へ ダッシュさぁ~♪
土用 土用ってなんだ うなぎ食べることさ
時価ってなんだ ためらわないことさ~♪
アイバン あばよ 万札
アイバン よろしく 小銭
グルメ師匠 アイバァ~ン♪

……時価ってなんだ ためらわないことさ~♪の一フレーズを使いたいばかりに必死に考えてみましたwなんだ、アイバンってcoldsweats01

このフレーズがわからないかたは下の動画を是非ご覧下さい。「宇宙刑事ギャバン OP」魂の名曲ですよ。


ああいま聞いても最高ですね

H220811_003

カツ丼に鰻の蒲焼というカツ丼ロード始まって以来の豪華な組み合わせです。

H220811_004_2

ふんわり卵とじに玉ねぎのオーソドックスなカツ丼。

H220811_005

かりっと揚げられたカツがふわふわ卵に閉じられています。お肉が厚くて食べ応えがあって美味いです。

H220811_006

味付けがどことなく懐かしさを感じさせますが、今まで食べたカツ丼とは違う味、出汁も余りかかっていませんが、御飯全体から上品な出汁の味が感じられます。味付けが薄いようで、しっかりとその薄いという味を全体からしっかり感じます、なんでしょうか、とても不思議なカツ丼です。でもその不思議な味付けも美味しいです。

H220811_007

なんといってもこのそぼろのような卵の具合が、まろやかなな口あたりを醸し出していて、不思議な美味しさを演出してくれますね。

H220811_008

うなぎの蒲焼(時価)

H220811_009

ふんわり焼かれたうなぎが口当たりも良く、ほどよい上品な優しいタレの味が胃に染みる美味しい味でした。

H220811_010

うな重(時価)

H220811_011

蒲焼もうな重のうなぎもふんわりと蒸し焼きにされたような柔らかい焼き加減でした。北陸地方でうなぎと言えばこの焼き方ですよね。

H220811_012

うな重といえば、このタレのかかった御飯。このタレがかかっていれば御飯が何杯も頂けますね。

「あなたの好きなのはうなぎのタレじゃなくて?」

と、嫁に一度聞かれたことがありましたが、焼かれたうなぎから出る脂と混ざったタレでないとこの美味さはでない、と力説しときましたw

この日の時価を二つ含んだお値段ですが、昔ながらの料理旅館の雰囲気と時価という危険な文字がありお高い予想をしておりましたが3600円と良心的なお値段でした。

お店情報

料理・仕出し 天勝

H220811_013

住所 滑川市橋場町1805

大きな地図で見る

TEL (076)475-2525

定休日 不定休

営業時間 AM11:00~PM21:00

貸切宴会があればお店を閉めることもあるそうですが、基本的には無休だそうです。宴会時は営業時間を延長もしてくれるそうです。駐車場はお店の横に道を挟んだところにあり、さらに第二駐車所も少し離れたところにあります。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 祝 18周年記念 「市場亭」 | トップページ | Takt9月号の表紙の女性 「カフェ&雑貨 meso」 »

コメント

かような渋いお店(というか旅館殿)があるのでありますか。是非、行ってみたいであります。

しかし時価は久し振りにみたであります。
総曲輪裏の両国殿が時価のオンパレードでありますが、それ以来であります。
どうなることかとハラハラドキドキしたでありますが、蒲焼が3600円なら田んぼを売るほどでもないでありますね!

って、カツ丼込みでありますよね(爆)

投稿: 以学館 | 2010年8月11日 (水) 23時02分

こんにちは~

いつもブログ拝見してます。

今回は地元なのでビックリしました(こんなところまで・・・)

本当にフットワークが軽いですね(笑)

こちらのお店は天丼も美味しいですよ。

機会があればぜひ~

以学館さんもどうぞ~

投稿: まめ | 2010年8月12日 (木) 23時11分

>以学館 殿

到着してお店を拝見したときに
回れ右をしようと思ってしまいましたcoldsweats01

自分が苦い思い出があるのがまさに両国さんですcoldsweats01
二十代前半、いつもの秋吉のつもりで
飲み食いしたら……とんでもない額にbearing

5千円以上は飛びそうだと覚悟して
お会計をしたところ全部で
3600円といわれて
逆にビックリしてしまいましたcoldsweats01

投稿: zen_aiba | 2010年8月12日 (木) 23時51分

>まめ さん

初めまして、zen_aibaです。
いつもご愛読くださり、ありがとうございます

美味しいものがあれば富山県内なら
どこへでもいきますよ~wink
フットワークが軽いというより
食欲旺盛なだけですよo(*^▽^*)o

天丼も美味しいのですか
今度は天丼に刺身というコースで
食べに行ってみようと思います

投稿: zen_aiba | 2010年8月12日 (木) 23時54分

いつも美味しそうな記事をありがとうございます。富山には自分の知らない行きたいお店が沢山で、
迷います。

ひっそり訪れてひっそり読んでいたのですが、
魂の名曲につられてコメントさせていただきます。

ギャバンの歌は名曲です。

私も迷いのあるときは口ずさみそうになりますよ。

投稿: あけの | 2010年8月14日 (土) 13時07分

>あけの さん

コメントありがとうございます
zen_aibaです。

自分もまだまだ知らないお店が一杯で
どのお店に行こうか迷う日々です。

ギャバンの曲は魂揺さぶられる名曲ですよね
子供の頃は意味もわからず聞いていましたが
いまになってその意味がめっさ響いてきます

自分もよくyoutubeで聞きながら
口ずさんでいますよ、車の中で

投稿: zen_aiba | 2010年8月14日 (土) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/36121491

この記事へのトラックバック一覧です: 時価ってなんだ ためらわないことさ 「料理・仕出し 天勝」:

« 祝 18周年記念 「市場亭」 | トップページ | Takt9月号の表紙の女性 「カフェ&雑貨 meso」 »