« Takt9月号の表紙の女性 「カフェ&雑貨 meso」 | トップページ | それでも秋刀魚は秋刀魚 「炊屋 いま泉」 »

遠い異国の食卓に瞬間移動 「イタリアン タボーラ フィレンツェクラブ」

お盆の帰省ラッシュが富山でピークを迎えているそうです。友人達からも連絡がありました。気温も少し下がってきて過ごしやすいお盆になりそうですね。皆さん、行楽もよいですが、ご先祖様への感謝の心を忘れないようお墓参りにいきましょう。

お盆は仕事のaibaからでした。

さて、今回は小矢部市八講田にある「イタリアン タボーラ フィレンツェクラブ」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります。

H220813_000

検索用ワード イタリア人シェフ マルコ 本場イタリアン

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きに有ります。

Gurume_2

写真は「フィレンツェクラブ」さんの店内の写真です。小矢部市ののどかな山間部のところにあります。

H220813_001

駐車場から見下ろす風景です。なんとものどかですね。母親の実家が小矢部市にあるので、以前からこちらのお店の存在はしっておりましたが、今回、初めてお邪魔してみました。

H220813_002

メニュー。aiba家にしては珍しくランチタイムにお邪魔しております。ランチコースは3つありました、もちろん単品メニューもあります。

H220813_003

デザートがたくさん食べれる「レディースコース(2580円)」にしてみました。レディースと名前は付いておりますが男性でもオーケーだそうです。

H220813_004

前菜盛り合わせ。

H220813_005

お肉のパテでしょうか?香ばしい香りと味が特徴的でした。一口目からめっさ伝わってくるのは、日本では珍しい香油による味付けで、これが日本人向けの味ではないということ。以前紹介した黒部市の「パスタ・カサリンガ」さんが日本人の日本人による日本人のためのイタリアンであるとするなら、こちら「フィレンツェクラブ」さんはまさにイタリア人のイタリア人によるイタリア人のためのイタリアンといった感じでしょうか。

こちら「フィレンツェクラブ」さんはイタリア人シェフ、マルコ氏が本場のイタリアンを提供するリストランテです。自分達のよくお邪魔させてもらっているイタリア人シェフ、ダビデさんのお店「Trattoria italiana Via Roma23(トラットリア イタリアーナ ヴィア ローマ トゥエンティースリ-)」さんが、日本人にあうように作られる料理とは、また違った味わいのお店です。

小矢部の山間部で遠く異国の地に来たような、この食卓だけまさにイタリアに瞬間移動してしまったかのような、そんな気持ちになってしまいます。

H220813_006

パンとサラダが間に運ばれてきたのですが

H220813_007

てっきりサラダのドレッシングかと思っていましたが、こちらはオリーブオイルでパンにかけて食べるそうです。

H220813_008

たっぷり浸していただいてみました。バターの溶けた味に似ていますが、バターほど濃い味ではなく、おそろしく爽やかにいただくことが出来ました。面白い、イタリアは何にでもオリーブオイルをかけると聞いていましたが、まさかパンにまでかけるとは思っても見ませんでした。

H220813_009

フィレンツェピザ(1350円)

H220813_010

日本でも見かけるようなピザなのですが、とにかく香ばしく酸味が豊かです。とろりとしたチーズが美味しいです。見た目は似ていますが、やはりこれはイタリア式のピザなのでしょうね、味の感じ方がまったく違います、いや、面白いし、また、初めていただく味は大変おいしゅうございました。

H220813_011

具も盛りだくさんで美味しいピザなのですが、唯一つ、耳の部分がめっさ硬いのはちょっと残念でした。皿に落とすとカチンって金属音みたいな音がするほど硬いですcoldsweats01

H220813_012

海老のクリームソースパスタ。

H220813_013

麺が見事なアルデンテ、ピンと芯を感じさせつつ、素晴らしい喉越しです。それに絡まるクリームソースもなんとも透明感ある味わいで口当たりがさらさらしている感じで美味しいです。クリームソースってまったりしていたほうが美味しいと思っておりましたが、そうではないということを教えてくれるクリームソースでした。

H220813_014

海老も大きくぷりぷりで美味しいです。

H220813_015

アマトリチャーナ

H220813_016

玉ねぎとベーコンのトマトソースのパスタです。

H220813_017

焦がし玉ねぎの香ばしい甘さと炒めベーコンのかりかり感、強烈に襲ってくるトマトの酸味、でもいままで食べてきたそれとは何か違う味、美味しいけれど謎が残るパスタでした。

H220813_018

レディースコースのデザート。「フィレンツェクラブ」さんの本日のデザートがほぼすべて味わえます。

H220813_019

オーダーした時にウェイトレスさんに「多いですよ?」って言われたのですが、確かに多いですwピザを追加したのも有りますが、レディースコースでお腹一杯になったaiba家でした。

お店情報

イタリアン タボーラ フィレンツェクラブ

HP http://firenze-club.jp/

H220813_020

住所 小矢部市八講田234

大きな地図で見る

TEL (0766)69-7030

定休日 火曜

営業時間 AM11:30~PM14:30
       PM17:30~PM21:00

駐車場はお店の前の道を奥に進んだところにあります。小矢部インターから近い場所にあるのですが、お店は山のなかにありちょっとわかりにくいかもしれません。お店のHPのアクセス方法を読んでから行かれたほうが安全だと思います。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« Takt9月号の表紙の女性 「カフェ&雑貨 meso」 | トップページ | それでも秋刀魚は秋刀魚 「炊屋 いま泉」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/36147812

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い異国の食卓に瞬間移動 「イタリアン タボーラ フィレンツェクラブ」:

« Takt9月号の表紙の女性 「カフェ&雑貨 meso」 | トップページ | それでも秋刀魚は秋刀魚 「炊屋 いま泉」 »