« 隠れ家シフォン 「手作りケーキとコーヒーのお店 シフォン」 | トップページ | がっつり豚もつ 「ホルモン にし川」 »

疾きこと風の如く 「中国料理 青龍」

アフィリエイトとはwebサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法です。

当然、いろいろ制約があって、自分で張ったアフィリエイトリンクにて自分で購入しても報酬は払われないし、同住所、同IPアドレスの嫁が作ったアフィリエイトリンクでも駄目のようでした。

そこでこんな発想をしてみました。

アフィリエイト交換リンク

自分は次回何千円のこれを通販で買いますよ、だれか同金額程度のアフィリエイトを互いに張って互いに利用しませんか、というアフィリエイトの交換を提案してみてはどうだろうか?これはまだ詳しく調べていないのですが、どこかでその手のコミュニティーがあってもおかしくないと思えますね。

まぁ、なぜこんなことを突然書いたかと申しますと、リンクを張らせていただいているちま子さんのブログにて紹介されていました、山崎製パンの「ブリザートL」という飲料を飲んでみたいのですが、どうやら富山市には置いてないようなので、通販で買おうかと思っているので、どうせ通販で買うのだから、誰かの役に立てればいいかな、なんて思ってみたものですから。

さて、今回は南砺市福光に店舗を構える「中華料理 青龍」さんにお邪魔させていただいた時の記事になります

H220818_000

検索用ワード 大盛り中華 マッハ中華

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります

Gurume

写真は「青龍」さんの店内の写真です。テーブル席の他にも、カウンター席、小上がりのお座敷席などかなりのキャパシティーを有したお店のようでした。

H220818_001

メニュー。

H220818_002


H220818_003

オーソドックスな中華の定番メニュー有り

H220818_004

ボードにはその日の特選メニューがでておりました。

いろいろ選択して、最後に嫁が生ビール、自分が烏龍茶を頼んだときでした。オーダーを取られていたウェイトレスの女の方が「ビールは先に飲まれます?」と確認されてきましたので、先に飲みますと答えると、「じゃあ、野菜炒めとお出ししますね」と答えるや否や、厨房に向かって「生ビール一丁、野菜炒めと一緒に」とオーダーを通されました。

で、自分達のオーダーの最終確認をして厨房の方に戻られて、生ビールを注いでお盆にのせたかと思うと、「野菜炒めあがったよ~!」と厨房から声が…えっ?まだ2分も経っていませんよ?違うテーブルのオーダーではないかと思っていたのですが

H220818_005

烏龍茶、生ビールと一緒に運ばれてきました野菜炒め(680円)

H220818_006

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!! 

驚きのあまり目が飛び出そうになりましたよcoldsweats01速い、速すぎる!最初のビールと烏龍茶が決して遅かったわけではないですよ、疾き事風の如くとはまさにこのことか!!大火力と手際のよさが中華の真髄と勝手に思っていますが、その真髄の一端を垣間見たような気がしました。

H220818_007

ほどよく炒められた野菜の数々、ボリュームも満点、そして、速さはマッハ級!これは素晴らしい野菜炒めですね。

H220818_008

大火力で一気に炒められた野菜は、しゃきしゃき感を残しつつ、中まで中華醤油の味が染み渡り、油の残り具合も絶品で大変美味しかったです。何と言っても、出てくるまでのスピード、このスピードは今までにない超絶なスピードで感動してしまいました。

H220818_009

天津飯(780円)

H220818_010

野菜炒めを半分消費したところで運ばれてきました。野菜炒めだけではなくほかの料理も速いです。しかし、なんという天津飯的な天津飯。この赤茶色の餡がかかって黄色の卵とじとの見事なコンスラスト、これぞ天津飯ですよね。グリーンピースがのっていて緑色がちょこっとあれば完璧でしたね。

H220818_011

この甘ったるい感じの中華餡と素朴な卵とじ、それと白い御飯の旨味、美味しい天津飯です。天津飯好きな自分(あんかけ好きともいう)が美味いと本気で思いました。

H220818_012

ニラレバ(980円)こちらはボードに書いてあったほうのニラレバです。

H220818_013

有機農法で作られた美味しいニラを使用しているとか、しかし、レバーが揚げてありますね。この調理方法は「口楽」さんでも見ましたが、どちらが主流の調理方法なのでしょうか?日本でも地方によって味付けが違いますからね、広い中国では、端と端で同じ名前の料理がまったく違っていても不思議ではないかもしれませんね。

H220818_014

ざくりという感じの食感が強くレバー独特の食感は若干感じられる程度です。ですが、味はまごうことなきレバーのお味、この方法ならレバーの食感が苦手な人も大丈夫かもしれませんね。

H220818_015

野菜炒めでもそうでしたが、「青龍」さんはボリュームたっぷりです。食べても食べても減らない、そんな気がするほどボリュームがありました。

H220818_016

こちらもボードから梅しおラーメン(780円)

H220818_017

ちょいと太めのこれまた食べ応えのある中華麺。

H220818_018

塩味が強めのスープでしたが、梅をほぐしていただくと、梅の風味がきいていてさっぱりいただけるスープに変化しました。なんだろう、この味は馴染みのある味…そうか、梅茶漬け、そうこれは梅茶漬けのあの味に似たスープですね。凄い美味しくいただけました。

H220818_019

デザートにはメロン(350円)

H220818_020

杏仁豆腐(400円)をいただきました。

H220818_021

寒天風のつるつる杏仁豆腐。冷たくて美味しかったです。

しかし、「青龍」さんは凄いスピードでメニューが出てきました。自分達以外にもお客さんは普通におられたのですが、なんとも見ていて気持ちのいいスピード感溢れるお店でした、中華ってこういうスピード感も大事だと思うので、自分達的には大好きですね。

お店情報

中華料理 青龍

H220818_022

住所 南砺市福光168


大きな地図で見る

TEL (0763)52-4513

定休日 隔週月曜日

営業時間 AM11:00~PM15:00
       PM17:00~PM21:00(平日)
       AM11:00~PM21:00(土・日・祝)

駐車場はお店の前にありますが、中のキャパシティーに比べ台数が少なく幅も狭いように感じました。駐車場内の車の移動には注意が必要です。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 隠れ家シフォン 「手作りケーキとコーヒーのお店 シフォン」 | トップページ | がっつり豚もつ 「ホルモン にし川」 »

コメント

いいですね~happy02その出てくるスピード。
私はお盆に、掛尾のアクセスで、お昼だったのですが、
出てくるまでに30~40分待ちましたがっsweat02
混んでいる時に行ったのも悪いのですがね。

ニラレバ? レバニラ?  大好き~heart04
野菜炒めも大好き~lovely
この2つは、外せませんsign03

あふりえいと??  聞いたことはありますが、
わたすにはチンプンカンプン( ̄○ ̄;)です。。
aibaさん。 ブリザードLを箱買いする気じゃあぁsign02  私はおいしいと思いますが、
好みがありますので、とりあえず、まじまで買ってはいかがでしょう。。。

投稿: ちま子 | 2010年8月18日 (水) 23時44分

>ちま子 さん

aiba家の外食の記憶を遡ってみても
ここまで早くでてきた記憶はないですね
本当に驚きのスピードでした

お盆ですからねぇ…
どこも混んでて大変でしょう
アクセスも普段は早いほうだと思うのですが

レバニラと野菜炒めは自分達も好きで
どちらかはよく頼んでいます
この日は珍しく2つともいただきました

もちろん箱買いする気でおりますよhappy02
口にあわなければそれはそれで
笑い話になってよしですよ

買えばよかったという後悔よりも
買ってしまったという後悔をしよう
これがaiba流ですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: zen_aiba | 2010年8月19日 (木) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/36233687

この記事へのトラックバック一覧です: 疾きこと風の如く 「中国料理 青龍」:

« 隠れ家シフォン 「手作りケーキとコーヒーのお店 シフォン」 | トップページ | がっつり豚もつ 「ホルモン にし川」 »