« 富山ゆうたらますのすしですちゃ  「まつ川』 ~ 57/富山県のますのすし  | トップページ | 水の音が奏でる和の空間 「ことの葉」 »

流しそうめんで童心に返ろう 「早瀬亭」

ヤマダ電機の金泉寺店へiPadを見に行ってきました。実物を見て思ったことは、意外と小さいな、ということでした。アップル社のスティーブ・ジョブズ最高経営責任者がこれがiPadです、とCMしていたときは結構でかいな、と思っていましたが…そのサイズよりは一回りは小さく感じました。

あのCMのiPadは特注品なのか?それともジョブズさんが小さいのか!?そんなことを考えながら近くのソフトバンクのお姉さんに

「いま予約したらいつ入荷するの?」

と、尋ねたところ

「未定ですhappy01

と、満面の笑みで言われてしまいました。ふぅ~そのうちソフトバンクが本体価格無料で配り始めるに違いないと自分を納得させながら帰ってきました。

さて、今回は富山市猪谷に店舗を構える?「早瀬亭」さんにお邪魔させていただきました時の記事になります。

H220606_000

検索用ワード 富山 流しそうめん 41号沿い 夏の風物詩

詳しくは続きをどうぞ お店の住所、定休日等の情報も続きにあります。

Gurume


写真は「早瀬亭」さんの外観の写真です。「早瀬亭」さんは富山から41号線を高山・名古屋方面へ進み、細入の道の駅を越えたあたりの橋の手前にある「流しそうめん」の看板のあのお店です。あの場所に「本日終了」の看板があるのをご覧になった方も多いのではないでしょうか?あのわき道を登っていた所にある流しそうめん屋さんです。


あの看板の横の険しいわき道を車で登っていくと

H220606_012


常虹の滝と「早瀬亭」さんがあります。登ってくる最中にまず右手山側に駐車場、続いて左手崖側に駐車場があります。このどちらかの駐車場に停めて歩いていったほうが帰りが楽です。少し歩くことになりますが、この先には決まった駐車場がありません、車を切り返すことも難しくなるので駐車場はこの二つのうちどちらかをお勧めします。また、途中にあったトイレが現在故障中で使用不可です。トイレは道の駅細入まで戻らないといけませんので注意が必要です。

H220606_001

山の中です。凄い山の中ですw

H220606_011

「早瀬亭」さんの店内?です。全部で10席しかありません。

H220606_002_2

メニューはこれしかありません。大人も子供も500円です。「早瀬亭」さんは階段を下りたところに小屋があって、その小屋の隣がこの流しそうめん会場なのですが、まず、小屋におられるお店の方に代金を払う、先払い方式です。代金を払って席で待っていますと

H220606_003

つゆが運ばれてきます、このつゆで後はそうめん食べ放題です。あと当然ですが持ち込みは一切禁止です。

H220606_004

当然、流しそうめんなのでこのように高低差があります。

H220606_005

このそうめん投下口の水流はめっさ早いです。

H220606_006

流れているそうめんを写真で捕らえようとしても無理でしたwこちらの投下口席は上級者向きの席ですw

H220606_007

流れてきたそうめんをうまくキャッチしましたら、しばらくこのように持ち上げて水を切ります。水を切らずにつゆに入れてしまいますと速攻でつゆが薄まりますので、水はちゃんときりましょう。

H220606_009

つゆには生姜ではなくわさびがついていました。この手の薬味はつゆの味が薄まってから足しましょう。最初に全部といてしまうと後半薄い汁で味が単調になって辛いですcoldsweats01

H220606_008

なにやらいろいろ書きましたが、まぁお好みで味わうのが一番ですけれどね。冷たい水に冷やされたそうめんは美味しく、さらに流しそうめんは本当に童心にかえり楽しく感じてしまいますね。

そうめんはひたすら設置された水路を流れていきます。どのそうめんが誰のというきまりはありません。そのあたりは壁にマナーがかいてありますので、それを守り楽しく食べましょう。まぁ、凄い頻度でどんどん流れてきますので、10人座っていても食べ損なうということはないと思うのですが…

「早瀬亭」さんは6月から8月末までの期間だけ営業しています。今年は5月も週末は営業してたよ、と教えてもらって一番乗りではなかったのか、嫁と二人残念がってしまいましたcoldsweats01

H220606_013

マイナスイオンって感じ。そうめんを食べながら見る滝はまた絶景ですね。

お店情報

常虹の滝 早瀬亭

H220606_000_2

住所 富山市猪谷1071-1(猪谷駅前の店舗の住所です、滝横の店舗ではありません)地図はだいたいの位置です。


より大きな地図で 早瀬亭 (流しそうめん) を表示
TEL 090-3295-8818
営業期間 6月から8月末
定休日 6月は土日のみ営業、7、8月は無休(悪天候時は閉店)   
営業時間 AM10:00~PM14:00頃
 
上っていくとまず右手に駐車場、さらに少し上って左手に駐車場があります。こちらに駐車したほうが無難で しょう。この先は決まった駐車場というものはありません。先にお客さんがいると駐車場に戻るのが一苦労です、坂を歩くことになりますがたいした距離ではあ りません。席は10席ほどしかありませんので、夏休みシーズンは待つ覚悟で行きましょう。トイレはありません。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 富山ゆうたらますのすしですちゃ  「まつ川』 ~ 57/富山県のますのすし  | トップページ | 水の音が奏でる和の空間 「ことの葉」 »

コメント

見たことあります!流しそうめんの看板ww
気になってたんですよね~・・ってか人生で一度も流れてるそうめんを食したことがありません(泣)

相方はそうめんが嫌いな上に(爆)アウトドアが超苦手。。。
絶対に食べないと思われる。。。

いっそ、みかどんとお面で食べに行きますかね!
(面をかぶったままで、どれだけそうめんが食べれるんだろうww)

投稿: ラヴゥ | 2010年6月 7日 (月) 12時44分

どうも、この名前では初めまして!
お面女と言えば分かられますか?
ラヴゥが勝手な事を書いてたので
現れました!!しか~し流しそうめんは
惹かれますね!アウトドア大好きな私
ここは行っちゃう方向でちょっと考えますbleah

投稿: ケロ美 | 2010年6月 7日 (月) 21時37分

>ラヴゥ さん

気になりますよね、あの看板。
気になったので登ってみたのはもう何年も前のことですw

そんなに歩くことはないですから
アウトドアが苦手でも大丈夫ですが
相方様のそうめん嫌い、これは大きな障害ですね…
そうめんしかないところですからね

みかどんさんなら
そう、みかどんさんなら
きっとやってくれるはずです(何を?(^-^;)

投稿: zen_aiba | 2010年6月 7日 (月) 22時16分

>ケロ美 さん

おかえりなさいw
早速ブログを読んできましたw

是非とも流しそうめんを体感してきてください
本当に童心にかえって楽しめるものですよ

投稿: zen_aiba | 2010年6月 7日 (月) 22時27分

自分も記憶にあります 「流しそうめん」の看板
富山から高山へ行くとき 常虹の滝をみて
こんなところで流しそうめんやってるんや~
と思った覚えがあります^^
(ひとりだったので立ち寄りませんでしたが…)
早瀬さんというだけあって 猛スピードの流しそうめんなんですね^^

投稿: dendoroubik | 2010年6月 8日 (火) 19時19分

>dendoroubik さん

突然現れますからね、あの看板、いやでも目を引きますよね。
初めて高山に行く途中でみつけてから
いつも終了しましたってなっていたので
お店自体終了したのか、と思っていた時代もありましたcoldsweats01

途中で180度ターンしたそうめんを
最後まで運ばないといけませんからね
初速はめっさ速いですよ。
まさに早瀬の名は伊達ではありませんねhappy01

投稿: zen_aiba | 2010年6月 8日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/35106915

この記事へのトラックバック一覧です: 流しそうめんで童心に返ろう 「早瀬亭」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/06/07 09:37) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 09時37分

« 富山ゆうたらますのすしですちゃ  「まつ川』 ~ 57/富山県のますのすし  | トップページ | 水の音が奏でる和の空間 「ことの葉」 »