« 洒落たラーメン屋さん 「ひでお屋」 | トップページ | 人気食堂のカツ丼 「ますや食堂」 »

富山から日帰りで行こう ~長野県へ行こう 安曇野グルメロード~

富山から日帰りで行こう 今回は、長野県安曇野市に美味しいものとご当地丼を求めて遊びに行ってきました。

AM7:30 富山

↓ rvcar 134km

大きな地図で見る

またしても下道で長野県へ。6月からは高速道路無料化実験が開始され、途中の安房峠トンネルが無料になるはずなので、さらにお得に長野に遊びに行けるはずです。安房峠トンネルはETCカードが使えますが、現在、機械に自分でカードを通さないと使えませんので、料金所前でETCカードの準備が必要です。

AM10:00
長野県安曇野市穂高有明 「るんびに」
天然酵母パンで有名な「るんびに」さんでパンを購入
AM10:10

↓ rvcar 1km

AM10:15
長野県安曇野市穂高有明 「アートヒルズ ミュージアム」
ガラス館の展示館でショッピング
AM11:15

↓ rvcar 9km

AM11:40
長野県北安曇郡松川村 「かぼちゃやま農場」
いちご狩りといちごソフトを求めて
PM12:45

↓ rvcar 7km

PM13:00
長野県安曇野市穂高 穂高神社 「信州 有喜堂」
幻のざらめ味噌煎餅を購入
PM13:05

↓ rvcar 1km

PM13:10
長野県安曇野市穂高 「ふくらい家 笑福」
安曇野のご当地丼 「サーモン丼」をいただきに
PM14:00

↓ rvcar 2km

PM14:10
長野県安曇野市穂高 「大王わさび農場」
今年リニューアルオープンしたわさび農場へ わさびを味わいに
PM15:15

↓ rvcar 5km

PM15:30
長野県安曇野市豊科 「お茶元みはら 胡蝶庵」
抹茶スイーツで有名な胡蝶庵本店に抹茶スイーツを求めて
PM17:00

↓ rvcar 140km

PM19:30 富山
行きとほぼ同ルートにて帰宅

各場所の情報、感想は続きにありますが、写真多めです、表示されるまで時間がかかります。

Higaeri


H220530_000

最初に到着したのは安曇野市穂高有明にあるパン屋さん「るんびに」

H220530_001

「るんびに」さんは、通りから山道を入ったところに有ります。自分と嫁は7年前にもこちらにお邪魔しており、当時は電話で場所を教えてもらいましたが、現在は周辺道路に看板が多く出ており、それに従っていけば迷うことはないと思います。

H220530_002

開店時間に近い時間に訪れたので、焼きたてのパンが買えました。さっそくレーズンパンをほうばりました。表面はぱりっとしてますが、中は驚くほど柔らかなパンは溶ける様にお腹に消えていってしまいますhappy01有機栽培や無農薬農業で育てた食材で培養する天然酵母を使用して、国産の小麦や全粒粉を用い、地元の素材を使ってパンを焼き上げる「るんびに」さんのパンは、とてもお腹に優しいほっとする味のパンです。

H220530_003

明日の朝用も購入。一個250円から350円前後のパンです。トースターで温めていただいても美味しいパンでした。

H220530_004

ドリンクの販売もしており、こちらのオープンテラスでいただくこともできます。

るんびに

住所 長野県安曇野市穂高有明8011-1


大きな地図で見る

TEL (0263)83-8078

定休日 月曜日 (9月から4月は第1・3火曜日も)

営業時間 AM9:00~PM17:00 売り切れ時は閉店

駐車場はお店の前にある砂利のスペースを駐車場として利用してください。4台から5台は停められます。

H220530_005

次に「安曇野アートヒルズ ミュージアム」へ移動。館内はガラスの販売、体験工房等有ります。様々なガラスの商品が販売されており、見てまわるだけでも結構時間がかかります。館内は残念ながら写真撮影は禁止でした。

H220530_007_2


お土産に購入してきました。今年の夏はこれで冷たいものを飲みまくりです。

安曇野アートヒルズ ミュージアム

HP http://www.arthills-museum.jp/

住所 長野県安曇野市穂高有明8161-1

※上記の「るんびに」さんの近くなので地図は省略

TEL (0263)83-5100

定休日 不定休

営業時間 AM9:00~PM18:00(3月~10月)
       AM9:00~PM17:00(11月~2月)

駐車場は大無料駐車場が完備されております。農作物の販売所、イタリアンレストランも併設されており、観光施設としても利用できます。

H220530_008

北安曇郡松川村に移動しまして、かぼちゃやま農場へ。かぼちゃやま農場さんはいちご、モモ、林檎などを栽培、販売している観光農園さんです。いちご狩りは前日までの完全予約制です。60分食べ放題となっており、料金は季節で変動します。駐車場は10台分と、いままで訪れたいちご狩り農園の中では小さいほうでした。

H220530_009

しかし、なんとものどかなところにある農園です。

H220530_010

お目当てのいちご狩り。ビニールハウスでのいちご狩りなので、全天候に対応していて、また章姫を高台栽培しており、立ったままでのいちご狩りが楽しめます。練乳も使い放題ですが、受付の小屋まで一度戻らないともらえないので、ちょっと不便です。

H220530_011

5月末のいちごシーズン終了近くでしたが、立派な苺が食べ放題でした。

H220530_012

かぼちゃやま農園のいちごがそうなのか、シーズン最後で苺が熟れきっているのかは判断できないのですが、今年食べ歩いた苺の中で一番甘い苺でした。シーズン終了間近のいちご狩りの料金にしては割高に感じた料金でしたが、この苺が食べられるなら安いと思いました。練乳をつけなくても本気で甘いです。これは甘美味しい苺でした。

H220530_016

いちごをたらふく食べた後ですが、口コミで絶賛されていたいちごソフト(250円)を購入しました。こちらも甘美味しい!!近くには安曇野ちひろ美術館、とんぼ玉博物館と安曇野を代表する観光施設もありますので、観光の途中でこのソフトを食べに来る価値はあると思うほど、美味しいソフトでした。

かぼちゃやま農場

住所 長野県北安曇郡松川村西原3363-73

大きな地図で見る

TEL (0261)62-0187

定休日 水曜日

営業時間 AM10:00~PM15:00(4月から9月はPM16:00)

いちご狩り料金 3月31日までは  大人1500円 小人1000円
           シーズン終了までは大人1300円 小人800円
           3歳児未満は無料

シーズン開始、終了時期は要確認。いちご狩りは完全予約制。営業時間はソフト販売の売店の時間です。駐車場は10台分ほど確保されております。

H220530_023

安曇野市穂高の穂高神社の駐車場内にある「信州 有喜堂」さんに移動。本当は穂高駅前にある「カフェ・ギャラリー スプーンアート」さんにお邪魔する予定でしたが、同店はカフェなのでスプーンアートのみの見学はお断りさせてくださいの看板があり、お腹の具合からちょっと無理ということで、こちらでお土産だけを購入することに。

H220530_024

他にもココナッツ煎餅だの、きなこ煎餅、カスタード、チョコアーモンド、シナモンなど煎餅か?といいたくなるようなラインナップがありました。一枚一枚が馬鹿でかくて食べ応えのある煎餅でした。表面の硬さにくらべ中はふっくらやわらかめで、上品な味噌の味で甘さ控えめで美味しい煎餅、とは嫁の感想です。

信州 有喜堂

HP http://www.yukido.co.jp/default.asp

穂高神社店については情報がありませんでしたので、上の本店のHPを参考にしてください。通信販売も取り扱っています。

H220530_015

ちょっと穂高駅前を歩いてお腹を整えた後に、安曇野市穂高にある「ふくらい家 笑福」さんへ移動。

H220530_017_2

目的は安曇野のご当地丼「信州サーモン丼」をいただくためです。しかし、安曇野のご当地丼ってわさびか馬肉だと思っていましたが、サーモンなんですね。安曇野市明科にある長野県水産試験場が10年の年月をかけて開発した魚が「信州サーモン」とのこと。安曇野市では商工会議所が中心になって、この「信州サーモン」を使用したサーモン丼を現在、市ぐるみで売り出しており、市内の十数店舗の飲食店で様々なサーモン丼を味わうことが出来るそうです。

信州サーモンの取り組みについてはこちら

HP http://www.azumino-biz.net/food/index.html

H220530_018

サーモン丼(995円)

H220530_019

脂ののったサーモンが美味そうです。すでにヅケ状態であるので、味は十分についています。こちらの信州サーモン、まだ安曇野市内でしか食べられないそうで、希少価値がありますね。

H220530_020

口の中で溶けていく濃厚なサーモンの身は食べ応え十分。もっちりとしたサーモンの身は、魚にはうるさい富山県民の嫁も自分も美味い、と思いました。これで鱒の寿しならぬサーモン寿しを作れば美味しいのでは!?と思ってみたりw

H220530_021

ですが、安曇野ゆうたらわさびと

H220530_022

さくら肉ですちゃcoldsweats01サーモン丼の他にもわさび花芽のおひたし(420円)とさくら肉のたたき(1050円)を堪能しました。やっぱりわさびが美味しいわぁ~happy01

ふくらい家 笑福

HP http://www.fukuraiya.co.jp/

住所 長野県安曇野市穂高4579-1

大きな地図で見る

TEL (0263)82-2168

定休日 年中無休

営業時間 AM11:00~PM14:30 PM16:30~PM21:00(平日)
       AM11:00~PM21:00(土日祝)

駐車場はお店の前に第一駐車場、道を挟んだ斜め前に第二駐車場とあります。大宴会場もありますので、大人数でも受け入れ可能です。

H220530_041

安曇野市穂高にある「大王わさび農場」さんに移動。今年の4月に販売所、売店をリニューアルされたそうです。

H220530_026

「大王わさび農園」さんは広大な敷地内にあるこれまた広大なわさび棚を眺めつつ散策できます。入園は無料です。

H220530_027

この時期はわさび棚にカバーがかけられていてちょっと残念な風景です。

H220530_028

敷地内には黒澤明監督のロケ地にもなった水車小屋があります。

H220530_030

敷地内になぞの彫像。突然、何の予告もなく置いて有ります。

H220530_031

その手にはわさびが!バブル期の忘れ物でしょうかね、これはw

H220530_032

「大王わさび農場」さんにはいたるところに水場がありますが、どれも底まで見えるほど澄んだ綺麗な水です。足湯ならぬ足水もあり、悲鳴があがるほどの冷たい水を体感できますw

H220530_033

わさびの販売もやってます。250円のわさびと4000円のわさび、一体どれだけ味が違うのか大変興味があります。また、お土産販売所では、わさびを使った色んな商品が販売されておりますが、全品試食自由という太っ腹ぶりです。

H220530_034

広大な園内をゆっくり歩いて腹を調整した嫁と自分。嫁はまずわさびビール(500円)

H220530_035

わさびソフト(300円)

H220530_036

わさびコロッケ(200円)と名物料理をいただいていきます。どれもこれもわさびの風味がして大変美味しいのですが…7年前に食べたときの味とは違うような気がしました。あの時はもっとわさび!って強烈な香りと味がしまして、子供には無理だろ、これって商品だったような…現在はお子様でも食べられる美味しいものになっています。むぅ~これも時代の流れなのか…

大王わさび農場

HP http://www.daiowasabi.co.jp/

住所 長野県安曇野市穂高3640

大きな地図で見る

TEL (0263)82-2118

定休日 年中無休

営業時間 月によって細かに決められています。くわしくはHPをご覧下さい

農場正面に大駐車場完備です。お弁当等の持込、園内での喫煙は禁止されてますので、注意してください。

H220530_037

最後に安曇野市豊科にある「お茶元みはら 胡蝶庵」さんへ移動。明治七年に安曇野に創業のお茶の老舗です。こちらは本店で長野県内に7店舗の展開をしており、楽天でも御取り寄せができ、安曇野グルメで検索すると上位にでてくる人気のお店です。着いたときは大勢のお客さんがおられて、第二駐車場に2台分しか空きがありませんでした。

H220530_038

何が人気かといいますと、本店に併設されています喫茶店「茶夢(さむ)」の抹茶スイーツです。抹茶パフェ(680円)高さ30cmの巨大なパフェです。濃厚な抹茶ソフトと上品な餡子、中には抹茶寒天、抹茶わらび餅が入っており、食べ応えも十分すぎるほどです。本来、中にコーンフレークを使っている上げ底パフェは認めない自分ですが、この日は特別に認めますcoldsweats01さすがにソフトだけで本日3本目、そろそろお腹がw

H220530_039

こちらは嫁の頼んだ抹茶白玉パフェ(520円)。抹茶パフェに比べれれば小振りですが、それでも十分な量のあるパフェです。お茶屋さんの抹茶スイーツだけあって、抹茶ソフト、抹茶寒天が濃厚で美味しいですね。抹茶特有の香りを残しつつ後味も爽やかで子供でも美味しく食べられる抹茶スイーツですね。

H220530_040

抹茶パフェを堪能したあと、とろける生大福、抹茶生どら焼、ふんわりなどを購入しました。喫茶でもそうでしたが、お店の方が丁寧な接客で心地良いですね。時間に合わせた保冷剤をサービスしてくれたりよいお店でした。そして、生大福、めっさ美味い!!これはいい!!ムースのような抹茶餡が薄い大福に入っているのですが、まさにとろけるですよ、これは!賞味期間が短いのが難点ですが、こんどはもっと買って帰ろうと思う和菓子でした。

お茶元みはら 胡蝶庵

HP http://www.mihara-net.com/

住所 長野県安曇野市豊科5564-26


大きな地図で見る

TEL (0263)73-6666

定休日 無休(元旦除く)

営業時間 AM10:00~PM19:30
       和カフェ茶夢LoPM19:00

駐車場はお店の前に第一駐車場、裏に第二駐車場の計35台分あります。

安曇野グルメを堪能した一日でした。

皆さんの応援が自分の元気の源です。下は元気のボタンです。押していただけますと元気が貯まります。このボタンも元気が貯まると綺麗になっていきます(;´▽`A``

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

こちらをクリックされますとブログ村富山情報部門のHPにジャンプいたします。お帰りの際にでも押していただければ幸いです。

Kome

ご迷惑をおかけしております。ご協力お願いいたします。

|

« 洒落たラーメン屋さん 「ひでお屋」 | トップページ | 人気食堂のカツ丼 「ますや食堂」 »

コメント

 4月から安房トンネルETCがOKになったのですね。これで東京へ行くのにも便利ですね。

安曇野はパン、そば、いちご、わさび・・・おいしいものばかりですよね。
サーモン丼おいしそうですね・・・・食べてみたいと思いました。

投稿: ブログde付録 | 2010年6月 1日 (火) 11時25分

>ブログde付録 さん

あの料金清算の機会にETCを通す所が付けられていました。
位置が低いところにあるのでコンパクトカーの自分でも
乗り出す感じで使いにくい位置にあるのが難点ですが…

安曇野は美味しいものばかりでした
特にやはりわさびが最高でした
しかし、サーモンももっと食べてみたいと思いました

投稿: zen_aiba | 2010年6月 1日 (火) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056410/34955416

この記事へのトラックバック一覧です: 富山から日帰りで行こう ~長野県へ行こう 安曇野グルメロード~:

« 洒落たラーメン屋さん 「ひでお屋」 | トップページ | 人気食堂のカツ丼 「ますや食堂」 »